きょうは!

思いつくまま

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちゃお

2015-11-02 | ちゃおたん

 

 

   

 

 

 

     あれから、

     パパが出勤するとき、おかあさんも一緒にでかけるよ。

     朝6時半家を出て、

     歩くのが苦手になってからは、

     ちゃおはバッグ、公園まで来たら歩いて

     お店を開けたばっかりのスタバで泡、

     パパは10分くらい休んで関内駅へ。

     それからふたりですこしゆっくりしてから、

     帰りはおかあさん、坂がきついからとタクシーで帰った。

     今は、ちゃんと歩いて帰ってるよ、すごいでしょ。

 

     ずっとお世話になったジョーカーさんからも、

     お花が届いたよ、

     「いつも可愛いちゃおちゃん、

      長いことありがとう。」 って。

     次のトリミングの予約キャンセルしてちゃおの死を告げたら、

     電話口の向こうで泣いてくれたってパパが言ってた。

 

     堀井先生も、ちゃおちゃん、小さい体で長いことよく頑張ったって。

 

     ももちゃんや、じんくん、スキップくん、べるちゃんのママたちも

     みんなちゃおを撫でてくれたよ。

 

     お世話になったペットシッターさんたちも、

     かわいいお花持ってきてくれて、最後のちゃおをみつめてくれた。

     ひとりで寂しい思いすることの少なかったちゃおちゃんは、

     とっても幸せだったと思いますよって、言ってた。

 

     おかあさんは、あいかわらず、

     家族の予定表をみては、あ、今度の土曜日、パパ、ゴルフだから私は一日ちゃおと一緒。

     その次の日曜は、パパお休みだから、出かけて用事を済まして来よう、なんて頭が考える。

     長年の習慣だったからね。

     まだまだ、ぴょいと家を出かけることができない。

 

         

     ちゃおと一緒に行かなかった場所でも、どこ行っても、思い出しちゃうんだよ。

     ここの用事済まして、ちょっとぶらぶらしていこうかな、

     いや、ちゃおが待ってるから早く帰らなくっちゃ、とか考えた自分を。 

     その度、もう待っててくれるちゃおはいないんだって。

 

     バスに乗ってたり、ぼんやり歩いていても、ふっと浮かんでくる。

     おかあさんは慌てて、体のどこかにグンと爪をたてたり、ひねったりして

     涙があふれてくるのをこらえる。

 

 

     ちゃおのばか!

     ばか!   なんで食べなかったんだよ!!

 

 

 

       

 

 

     死の一日前、池の周りを歩いた写真。

 

 

    

     

 

      夜だって、

      いつものように枕元にきて。

 

     ちゃおがてんかん起こすようになってから、

     すぐわかるようにいつだってそばで寝てた。

     よく、

     ちゃおがお布団のど真ん中占領してすやすや寝てて、

     おかあさんは布団からはみ出て、   

     くしゅっとなって寝てた。

 

 

 

 

     きょうまた仙台のおばあちゃんのところに行ってくる。

     もういつ何が起きてもおかしくないみたいだ。

     仙台の陽ママが言うんだよ、

     「実は、ちゃおが亡くなった日の朝、夢をみたの。

                 茨城のお父さんと仙台の母が、二人でしゃべりながら歩いていて

      そのすぐ前を、ちゃおが後ろを振り向きながら

      わんわんわん!って元気にほえて小走りに。」

     ちゃおは、時期を見計らってくれたのかな。

     でも、おかあさんうれしかったよ。

     ちゃおが、元気に走ってたってきいて。  

 

 

    

 

          

     茨城のおじいちゃん、ちゃお、仙台の母を考えるとね、

     死は苦しみからの解放なのかな、とも思ったりする。

     でも、絶対それだけじゃないはずだ。

     義父は95歳の時に、「私、95歳、老齢者です。

               すべて止めます。」 と書き置いて

     見事な芯の通った生き方と死に方をした。

     あんなに美人でしっかりした母は、数年前から常軌を逸した状態になり、

     姉たち夫婦が必死で支えた。

     それもひとつの生。

     ちゃおも、数か月前から薬でよくならない気管虚脱を抱えながらよく耐えた。  

     前の日、ご飯粒をおいしそうに食べたこと、

     スタバの泡を美味しそうに何度もなめたこと、

     あれ、ひょっとして「ありがとう」って言ってくれたのかな。

     そして、誰にも迷惑かけず静かに逝った。

 

         

     死ぬって、生きた時間も含め、後に残った大切な人たちに、

     言葉では表せない大きなものを残してくれることなのかな。

 

 

 

 

     昨日、金太郎ちゃんがお花持ってきてくれたよ。

     「わんわん、いない。」って何度も言って、

     で、何度もちゃおの写真をじっとみてた。

 

     

 

 

      帰る時、ちゃおの写真をなでていたよ、金太郎ちゃん。 

 

 

 

 

     ちゃお、

     これからおかあさん、頑張っていっぱい歩くようにする。

     ちゃおが歩きたくても歩けなかった分まで。

     みててね、ちゃお、

     おかあさん、まだ気持ちが集中できなくて手につかないけれど、

     ペットシッターさんたちにちゃおをお願いして続けたフランス語、

     もっと頑張るよ、

     もっとしゃべれるようにする。

     

     15年間、ありがとう、ちゃお。

     いっぱいいっぱいありがとう。

     いつも一緒だったちゃお。

     おかあさんは、きみのおかげで、

     暖かい心を持てた、

     そしてちょっとだけ広い人間になれた気がする。

     ありがとう、ちゃお。

 

 

 

 

          暖かい言葉、メール、お花、ありがとうございました。

          読む度、戴く度、暖かさに大泣きしました。

          皆さまの思いやりに、悲しさが包まれていくように思います。

          一度、あんこちゃんが私と留守番しているときに、

          大泣きしてしまったことがあって。

          そしたらあんこちゃん、不思議な顔でじっと黙ってみていて。

          これではだめだと、涙を拭いたら、

          手に持っていたおもちゃをひとつづつ、私に渡すのです。

 

          戴いたお花、メールにいまだお礼ができず、

          無礼を働いています。

          いろいろあってなかなか落ち着くことができません。

          ちゃんと時間がもてるようになってからゆっくりと。

          

          あいかわらず、悔しい悔しいと叫びながら大泣きしたり、

          自分の至らなさを責めたり、

          いるはずのないちゃおの姿を追い求めたりしていますが、

          仕方のないこと。

          動物と一緒に暮らす人は、みんな通らなくてはいけない道なのでしょう。

          時にまかせるしかありません。

      

          続けてきたブログ、3つはほんとに宝物となりました。

          ありがとうございました。

          元気でおすごしください。

          たくさんの感謝の思いで、ブログを閉じます。

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

          

     

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

ちゃお

2015-10-29 | ちゃおたん

 

         7歳までは怖いもの知らずで、

   何の屈託もなく過ごしていたけれど、

   突然てんかんを発症してからは、いつ来るやも知れぬ重い発作に怯え、

    (怯えたのは私、

     ちゃおはそんなこと

     思いもしなかっただろうことが唯一の慰め)

 

 

      

 

 

     (発作で息ができなくなってやっと意識が戻ると興奮状態で、   

     30分から1時間必死でちゃおを抱いていた。      

     初めは一回きりの発作で済んだが、

     2回3回繰り返すことになり、発作止めの注射を打ちに病院へ。
 
     一度目の発作が終わると、時計を何度もみて、
 
     6時間経った、もう次のは来ないかなと思ったり。
 
     そのうち6時間が12時間と長くなり,
 
     早く時間が過ぎて安全帯になることを息を詰めるように祈った。)  
     
     

 

 

   2年ほど前から発作がなくなり、「奇跡」と感謝したのもつかの間、

   白内障によるものか外をのびのび歩けなくなって・・。

   発作があっても、普段は元気いっぱいに歩けたのにね。

 

 

   ちゃおの一生は幸せだった?

 

 

   このごろ目もほとんどみえないようで、

   耳もきこえなくなって、

   家の中でひとり立ち尽くすことも多くなって。

   正直のところ、

   ちゃおの元気だった姿をぱっとおもいうかべることが難しくなった。   

 

 

 

   きょう、改めてみてみたよ、ちゃおの写真。

 

 

 

      

 

   

      私が脳動脈瘤の手術を終えて退院してきたときの

      ちゃおの喜び様!

      大変で大変で、落ち着かせるのにタオルが必要だった。。

      本人は、私が入院した日に、

      今までにない(急に駆けだしてふすまに激突)発作起こして

      皆を驚かせたんだって?!

      昨日初めて知った。

 

 

 

       

 

 

      冷蔵庫が開くと、ぱっと寄ってきて、

      ご飯の支度の時も至近距離@

 

 

 

     

 

 

      帰ってくると、

      パッと駆けつけて大歓迎!

 

 

 

     

      

 

 

 

         みんなが幸せもらったよ。

 

 

 

         

 

 

 

          ふわふわちゃお*

 

 

 

         

 

 

 

           小さいときは、ほんとにやんちゃ。

           でも、たくさんのわんこが人懐こくてくっつくのが好きなのに、

           ちゃおは、ネコみたいな性格だった。

  

           べたべたするのも、べたべたされるのも好きでなくて、

           ひとりでどこかにいるのが好きだった。

 

 

 

          

 

 

 

          でもいつも、私のことはみつめててくれて。

 

    

 

 

 

          

 

 

 

          ほんとに 綺麗な子だった。 

 

 

 

       

 

 

 

 

         歩く後ろ姿は、まるでバレリーナのようだった。。

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

        スタバが大好きだったね。

 

 

      

 

 

   

        横浜公園スタバは、   

        お店ができてすぐからの常連客。

 

 

 

        

 

         

 

           いつも親切なスタッフがいて、声をかけてくれた

 

 

 

 

 

 

          

 

 

         初めは嫌がったバッグも ちゃんと入るようになって。

 

 

 

 

         ブログを書いてて良かった。

         ちゃおの元気いっぱいの姿をおもいだすことができる。

 

 

 

       

 

 

 

 

         

 

       

         きらーん

 

 

 

 

       

 

      

 

 

 

 

         ちゃおのこと大好きな金太郎ちゃんは、

        今度家に来たら、きっとちゃおを探して聞くよ。

 

 

 

        

 

 

       「ちゃおちゃんは?!」って・・。

        理解してくれるかな・・。 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

         あんこちゃんも、寂しくなるよ。

 

 

 

 

 

 

         

 

 

 

          ちゃおは、

           幸せだったかな。

 

                 

 

 

 

       

 

 

         6月1日生まれのちゃお

         もうちょっと長生きできただろうに。

      

         嗚咽と共に、最後の悔いだけが込み上げる・・。

 

         

         最後、お家に戻ってきたのはわかってくれた?

 

         おねえさんが言うには、

         死の当日、ちゃおを病院に連れていってから、

         ちょっと出かけていた私が帰ったら

         急にちゃおの呼吸が静かになった、 

         きっと、ママが帰ってくるの待ってたんだよ、って。

                 

         まさかあの日、逝ってしまうなんて。

 

         また二日後、補液注射って・・、

         死の意識の欠如、打ちのめされる。

 

         前日、横浜公園の池の周りもちょっと歩いて、

         泡も美味しそうに何度もなめて!

          

         まさか・・。

 

 

         いつ呼吸がとまったかわからなかった。

         それくらい静かだった。

 

 

 

 

       

 

         

 

         また落ち葉の季節がやって来るよ。  

         

          ちゃおがいない冬だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちゃお

2015-10-28 | ちゃおたん

 

   10月27日13時、息を引き取りました。

 

   あまりの成り行きでした。

 

   13日夜病院にちゃおを預け、19日引き取りに行ったら、

   軽い・・・、

   なんと体重が2.3㎏から1.9㎏に減っていて。

   初めは少し食べたものの、ほとんど食べることなく、

   前日に吐いたので朝補液点滴したとのこと。

 

   家に着いて下ろしたら、立つこともできず。

 

   病院に電話したら、家に戻って安心して食べるようになれば大丈夫の繰り返し。

 

   いくらなんでも、この状態は・・・。

 

   でも、少し寝て目が覚めてからポカリスエットを飲ませ

   ヨーグルトご飯をあげたら15粒ほど食べました。

   

   なんとか立てるようになったかな、と

   好きだった散歩コースに連れて行ったら、

   いつものように歩いて!

   スタバの泡も美味しそうに!

 

   でも、翌日・・。

 

   近くの病院にも連れていきましたが、

   2日ごとの点滴をということだったので、まさかこんなにすぐ逝ってしまうなんて。

 

 

   今日、荼毘に付しました。

   きれいな毛並のわんちゃんですね、とほめられました。

   そしてきれいな顔でした。

 

 

     

 

 

 

    悔いだけが残ります。

      ごめんね、ごめんね、

       最後の最後で寂しくさせて。

       ちゃおはたくさんのしあわせをみんなにくれたのに。    

         ごめんね、ごめんね。

 

 

      いつもちゃおのことを気にかけていただいた皆様に、

      深く御礼申し上げます。

      最後にこのような形でご報告しなければならなかったこと、

      胸の張り裂ける思いです。

      すみませんでした。

      皆様と、ちゃおへのいっぱいの感謝、

      それに悔いだけが残ります。 

  

 

 

 

     

     

     

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

今晩から1週間。。

2015-10-20 | ちゃおたん

 

          

 

 

     いいぞ!

     食べてる食べてる*

 

 

 

     

 

 

    

       そのまま最後まで いけいけドンドン!!

 

 

 

 

   

       

 

 

        あ、止まっちゃった。。

 

 

 

        

        いいこと思いついた!

        どうかな、魔法のトッピング?!

 

 

       

 

 

         おおっ、

         見事 完食!!

 

        毎回毎回創意工夫でちゃおの完食目指して!

        でもね、今日お昼、義父が死去、99歳。

        ちゃおたん、

        今晩から病院ホテルだよ@

        家をこんなに長く離れるのは初めてのちゃお。

        ご飯も心配、足腰も心配、発作もぶり返さないか?!

        ストレスで体調崩さないか・・?!

        心配だらけで目がくぼむ。。

 

        がんばるんだぞ、ちゃお。

        

           

    

      

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

元町に SABON !

2015-10-19 | 横浜

 

 

      

 

 

        見覚えのある、 あの『たらい』、

        なんと、

 

        元町プラザ、サブウエイ後に

        SABON がオープン!

        一気にお洒落度UP*

 

                    元町プラザはここ数年、

        いろんなお店が閉店して寂しくなっていた。

        でも、奥の方にはペットショップ、

        2階には ecomoBAKERY と、

        最近なかなか特徴あるお店ができてきて。

 

 

 

        

 

 

        女性に人気の SABON、

        賑わいを運んでくれるかな*

 

 

 

 

 

 

      

    

               

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加