NATURAL SOUND

音楽の話を中心に、日々のできごと‥

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

The Second Life

2017年04月30日 20時07分08秒 | ブログ
カラヤンが録音に注いだ情熱が並々ならぬものだったことは良く知られていますが、その実際の取り組みを映像化した貴重なドキュメンタリー。クラシカ・ジャパンで見ましたが、DVD化されているようです。インタビューで出てくるアンネ ゾフィー ムターやカラヤンと仕事をしたエンジニア、オケのメンバーなどが、懐かしそうにカラヤンを語るのも楽しい。彼が録音に情熱を傾けた理由も納得がいくものだったし、そのエネルギーも半端ではありません。滅法面白いドキュメンタリー。必見です!
コメント

LE NOZZE DI FIGARO

2017年04月29日 11時17分31秒 | ブログ
ベーム~ベルリン・ドイツ・オペラのアナログを手に入れました。名盤です。ジャケットだいぶいたんでいましたからなんと三枚組で800円。でも盤面に傷ひとつありません。今日は朝からずっと聴いています。アナログではやはり人の声が違います。マティスとヤノヴィツのレチタティーヴォなどを聴いていると良くわかります。A面を聴いて、裏返してB面を聴いて‥。至福の休日の朝です。
コメント

TANNHAEUSER

2017年04月23日 17時38分05秒 | ブログ
ワグナーの「タンホイザー」。ペーター ザイフェルトがタイトルロールを歌う「シュターツカペレ・ベルリン」による2014年のライヴです。新演出と謳う斬新な舞台。とりわけ序曲に続くバレエ(写真)は、かなりビックリもので、快楽の国に身をうずめるタンホイザーは、さぞ歌いにくかったことでしょう(?)。ヴェーヌスを歌うマリーナ プルデンスカヤというロシアのメゾ・ソプラノはなかなかの力量でした。
コメント

CHI-CHI-BU

2017年04月16日 11時32分21秒 | ブログ
大変忙しい一カ月で、先週無事入稿が二つまとめて終了。まだまだ校正が出てから忙しいのですが、とりあえず一安心。写真は、仕事で出かけた秩父でのワンカット。秩父はのどかなところです。

さて、久しぶりにデカい音で‥となるとベイシーですね。ルースト時代のベイシーから一枚。曲は「segue in C」。リラックスしたベイシーらしい演奏。このテンポ、ベイシー感満載ですね。良い休日です。
コメント