千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 



この冷え込みで、越後三山も雪化粧!

そんな中、今日から毘沙門さまで菊まつりが始まりました。

私は今日も1日心配事相談、合間には境内の冬支度、お正月準備でした。

恐れ入りますが、お正月準備に専念しなくてはならないため、今年の心配事相談は11月15日までとさせていただきます。来年の2月から再開予定です。よろしくお願いいたします。

今晩はとても冷え込みが強く、外の様子を見ると、朝に雲がかかってこなければ、明朝は今年1番の雲海になりそうです。見に行けるかなぁ???

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、今日と浦佐は快晴!これぞ秋ってなお天気でした~。
こういうお天気になると雲海が現れます。今朝も結構な雲海だったと思います。足を運びたいところですが、朝は何かと慌しく・・・。
外の様子を見ると、今日はどのくらいの雲海かが大体分かるようになりました。
今年は天気が悪い日が多いせいか、昨年より雲海があまりでていないようです。

今宵もお月様と星がとっても綺麗で冷え込みそうです。この状態が朝まで続けば、今朝と同等の雲海に会えると思いま~す。

そんな中、2日かけて池の掃除と鯉の棚がえ、冬を越せるように消毒を開始しました。あわせて本堂、庫裏の網戸掃除を終えました。



今年も大きな病気にかからず、私たちの目を楽しませてくれました。
錦鯉は体調管理が難しいですね。真鯉(黒鯉)は本当に強く、多少の病気などものともしませんが、色鮮やかな鯉たちはとても敏感に反応します。



ただ、今年はオチビちゃん達が元気に秋を迎え、よく成長してくれました。
この中で、どれくらい来春を迎えることができるだろう?厳しい試練の冬に入っていきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のにいがた狼煙プロジェクト2017、浦佐城跡からの狼煙上げは荒天のため中止となってしまいました。

台風の接近にともない、朝から雨模様、今日は各所で色々なイベントがあるようですが、残念なお天気になりました。
台風の進路も気になります。明日にかけて大事にならないと良いのですが・・・。

こんな日は、屋内の仕事がはかどりそうです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






千手院裏の墓地の子育て観音様、信心篤いお方から寄付をいただき建立された観音様です。

観音様の周囲を草刈りするのに精一杯で、今まであまり整備できずにおりましたが、夏に正面通路を作り、右には灯籠を設けました。
通路も本当は石を張りたかったのですが、たまに車が入り、Uターンするなどの関係からコンクリートにし、灯籠は上部が紛失した状態で、境内中庭にひっそりと下部の石のみがあったものを、この場所に移し、火袋から上部を自然石で作り乗せる形にいたしました。灯籠も年代が刻まれていて、250年ほど前に建立されたものです。

夏に何とかそこまでの作業を行い、秋になって芝張りを始め、今日作業が終わりました。
しばらくは養生のため、車や踏みつけられないようにコーンを置きますので、お墓参りの方々にはご迷惑をおかけしますがご容赦ください。

もとは草地で、春にはところどころにスミレが咲いたり、それなりの風情もあって良いものでしたが、この度はきちんと整地させていただきました。しっかり根を張り、来春にはきれいなグリーンを見せてくれることでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風の進路・・・気になるところですね。

昨日、今日と浦佐は秋晴れ!爽やかなお天気でした。
ただ明日からは雨予報・・・22日は狼煙プロジェクトもあることから、お天気どうなることでしょう?



昨日は平日ですが、ご法事があり、午後からは狼煙用の大量の杉の葉を用意してもらうため、森林組合の方と浦佐城跡へ登ってきました。
三の丸付近から、気持ちいい秋の魚沼の光景です。

今日は1日心配事相談、合間はお正月準備。
あわせてこれからは、境内の網戸洗い、鯉達の消毒や池掃除などの越冬準備、境内や庭木の冬囲い作業など、お天気に左右される仕事が増えてきます。
早いものですね~、時間があっという間に過ぎていきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は長岡組檀信徒研修会のため、塩沢の大福寺様へ、千手院の役員さんと出かけてきました。
研修会の中で、音楽の力でコミュニティーを元気にする「100万人のクラシックライブ」からの演奏者が訪れ、ヴァイオリンとピアノ演奏を目の前で聴く機会に恵まれました。

目から鱗が落ちる・・・感動しました。
今まで感じていたクラシック音楽が別物のように、私の中に入ってきました。始まって数年の活動のようですが、これは素晴らしい活動だと感銘を受けました。

私たちお寺の世界も、大いに見習うべき活動だと思います。

今朝は小雨模様でしたが、11月8日の薬師様の御護摩にお供物として使う銀杏の実を落として収穫しました。
しばらく皮を腐らせ、きれいに洗って奉納します。

10時に休憩していると、知り合いから「浦佐の雲海がテレビで流れているぞ」との連絡、TVを見てみると県内の放送番組で浦佐の越後ワイナリーと、これから時期になる浦佐の雲海をリポートしていました。

浦佐からの雲海は南魚沼市の中では1番、県内でも有数の雲海スポットだと、地元自慢できますが、こうやって周知されるようになってきてうれしく思います。それになんと、南魚沼市には雲海予報士なる人がいるとか・・・、恥ずかしながら初めて知りました。

ただ残念なことに、まだ雲海が出始める時期を迎えたばかり・・・今日の映像の中には、「これが浦佐の雲海?」というような、確かにロケーションは良いものの、私から見るとまるで雲海らしからぬ景色が流れていたので、記録していた浦佐からの雲海写真を少しだけUPします。携帯で撮っただけの写真ですよ。



11月に入ると、こんな雲海が現れます。雲海の見られる確率が1番高いのは11月です。



12月に見られた貴重な雲海です。
11月から12月に入り、寒さが増すと、どんどんと雲海が深く、手前の方にまで上がってくるのが分かると思います。
日の出も、12月中旬になると八海山の八ツ峰から出てくる位置になります。この位置が八ツ峰です。

12月に入るとお天気も冬型になることが多く、八ツ峰の位置からのご来光と雲海がセットなって見られたのは、ここ10年間で平成22年だけだと思います。

何度見ても素晴らしい、癒される、浦佐の誇りになる光景だと思っています。南は谷川連峰、苗場から、北も守門岳方面まで、中心には越後駒ケ岳、八海山・・・魚沼の名峰がこれだけのロケーションで見ることができ、この地点まで車で行くことができるのですから。

狭い林道ですが、運転に気をつけて、是非ご覧になっていただきたい光景です。
すごいときには、午前10時過ぎになってもこのような雲海が消えずに見られます。雲海を見て、山を降り、毘沙門様をお参りし、菊まつりの品ある姿をご覧になってはいかがでしょう!!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の浦佐は1日雨模様・・・シトシトと降っています。こうして秋が深まっていくのですね。
連休後は、心配事相談の日々が続いています。

そして心配事相談の合間をみてはお正月準備を進めています。



千手院では奉書紙を1枚1枚、丁寧に折り、お正月の御札を手折りします。



完成するとこうなります。御札を置いてあるのはテーブルの上、決して廊下ではありませんのであしからず。
数珠や御札類は、畳などの上に直に置いてはいけません。

御札の種類は何種類もあり、それによって折り方も変わるのですが、御札や幣束もあわせ、2500~3000体ほどを毎年準備します。
どうしても間に合わないところは機械の力を借りる箇所もありますが、ほとんどは、ひとつずつ、手で折っていきます。そして御札の中にはご祈祷の文を入れ、封を閉じ、朱印を押し、筆を入れ、最後にご祈祷を厳修します。

こんな事はブログに書かなくてもいいのかなぁ~、と思いつつ、千手院のお寺での仕事はこういう事もあるのだと、知っていただくために綴っております。外からは全く見えないお勤めなものですから。

昨年まで住職と2人で行っていた御札作りも、今年から副住職の私がすべて引き継ぎました。
今からお正月に間に合うだろうかと、冷や汗を流して取り組んでいますが、新年の大切な御札であります。ひとつずつ、心を込めて作らせていただきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




三連休、皆様はどのように過ごされましたか?
千手院ではご法事の毎日でした。

10月は陽気も良く、各種行事がたくさんありますが、昨日も恒例になっている市民祭りが、八色の森公園で開催され、私は行けませんでしたが、大勢の人たちで賑わっていたそうです。

今は駅東が何かと元気がありますが、毘沙門様のある駅西も負けじと活気あるようになってほしいと願います。

そんな中、ポスターが2枚届けられました。



浦佐毘沙門堂で開催される「菊まつり」のポスターです。
10月31日から11月10日まで、是非足をお運びください。



もう1枚、にいがた狼煙プロジェクトのポスターです。
10月22日、選挙があったり、行事が目白押しの日かと思いますが、市内各地で狼煙が上がりますので、お時間になったら、どうぞ山の方をご覧いただければと思います。

今日も浦佐は良いお天気に恵まれました~。

その分、山際に建つお寺はカメムシがたくさん出現・・・、ほんの少し離れた駅周辺までいけばほとんど見られないのですが、まぁ、それだけ水がきれいなのでしょう。こちらから仕掛けなければ、臭いもだしません。秋が一歩ずつ進んでいく光景です。。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


山へ  


昨日は中秋の名月、皆さんの地域はご覧になれたでしょうか。
浦佐は曇り空でしたが、時折雲の間からお月様が顔を出してくれました。

たまたまラジオをつけたら、月桂冠の番組が流れており、良いBGMとともに般若湯をいただきながらお月様を愛でることができました。

何故、秋だけが名月なのでしょう。春にも夏にも冬にも、きれいにお月様が見えるのに、秋だけが特別なのは?
道教の中には、秋の色を白色としています。実は正確には「透明」。1年の中で空気が一番澄むのが秋だとしているわけです。

季節に色をつけるなんて、すごい発想ですよね。
青春、朱夏、白秋、玄(黒)冬ということになります。



昨日は1日フリーをいただきましたが、ついつい、草刈り機をかついで山へ登ってしまうのです・・・貧乏性だなぁ~。
ちょうど薬師様の祠がある付近から、多聞橋方面の1枚。

写真中央付近に白く、大きな建物が見えますが、魚沼基幹病院です。
この病院付近は、色々な建物やお店が増え始めて、浦佐の中でも1番元気のある町内です。



草刈りをしている最中に、美味しそうな「カタハ」を見つけました。
正式な名前は忘れてしまいましたが、子供の頃はよく食べていましたが、最近は腎臓に悪い?ということで、食してはいけないとされています。

これからキノコの季節。どんなキノコに会えるか楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )