千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 



少し日があいてしまいました。

娘もちょうど8ヶ月になり、特別大きな問題もなく「順調、順調!」などと思っていたのですが、ここへきて風邪を引いて高熱がでてしまいました。

初めての経験に、一体何からしてあげたら良いのか???う~ん、こういうときはやはり女性が頼りになるなぁ・・・、冷静に「こんなん大丈夫よ!」と、うちのがひと言。水分補給や着替え、水枕などテキパキとこなしてくれました。

おかげで、今日は少し落ち着きました。

基本的に女性は「子供を産める」「身体を授けることができる」・・・、女性は現実、男性は精神という陰陽の教えに再度納得してしまいました。

今晩はご詠歌の練習日。
ちょっと空が曇って、夕立がくるかも・・・、練習が終わるまで、何とかもってくれると良いのですが。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


  


梅雨の晴れ間が広がりました。
昨日までとは、うってかわり爽やかな晴天、午後にはかなり気温も上がりましたが、日が沈んでからは沢風がとっても涼しく、寒いくらいです。

この沢風・・・、これは都会では感じる事ができません。

学生時代、一番思った事です。
都市部にはそれなりの良さがありますが、田舎には田舎なりの良さがあり、「お互い様」といった感じでしょうか?

私が25歳くらいだったでしょうか、東京から奈良に移り、地元に帰って来て、最初の薬師さまの御縁日で山に登って、1日を過ごしたとき、「風の道がある・・・」って、強く感じました。

今でもあの日のインパクトは忘れる事ができません。

1日を山で過ごしていると、風には風の通り道があることに気づきます。一定の法則があるんですね。

それからかなぁ~、自然の法則に目が向き始めたのは・・・、そう考え始めたら仏典もそうだし、他の宗教関係に関しても、視点が大きく変わってきました。

視点が変わることで、説かれている内容も随分納得させられました。
宗教の奥深さを感じる事ができ、妙に納得・・・。

これからも常に発見の毎日、人間の本能、自然の法則・・・、そんなことに目を向けて行こうと思います!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日も暑かったですー。30℃近くなったでしょうか。

境内の紫陽花も花が開き始めてきましたが、なにせこの暑さ、ちょっとかわいそうな感じです。

しかし、明日からは天気予報に雨マークが続いています。梅雨らしい空になるでしょうか。

ニュースで四国の水不足をやっていました。ガソリンスタンドでは洗車用の水も使わなくなっているそうです。

四国といえば、「ため池?」。満濃池という有名なため池があります。
弘法大師空海が指揮をとって1200年前に作られたため池です。今でも使用されている四国最大のため池。アーチ状に作られ、強度を高めた工法は現代の専門家に見てもらっても驚きなんだそうです。しかも1200年前に・・・。

昔の高僧は、仏教の教えだけでなく、医療、土木、芸術、農法などあらゆる知識を備えていました。本当に恐れ入るし、見習いたいと思います。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




お天気の日が続いています。
越後三山もすっかり緑が濃くなり、残雪もごくわずかになりました。

もう少しすると、ホタルがでてくるかなぁ~。
私が小さいときは、千手院の脇を流れる祓川も河川改修がされていなかったので、たくさんのホタルがいました。そして捕まえては、夜のお寺の本堂にはなしてホタルの明かりを楽しんでいたのを思い出します。

河川改修されてから、ほんの少しはいるものの、めっきり数が減ってしまい、とても捕まえるなどとはいかなくなってしまいました。

魚沼にはホタルが見られるところは、たくさん残っているのでしょうが、お寺のまわりで見られなくなるのは少し寂しいです。

夏の夜、ホタルを観賞したり、蝉の幼虫が柱にのぼり殻を破って飛び出す光景、そんな姿をいつまでも残したいものですね。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




暑い1日でした。

墓地の工事も順調に進んでいますが、この暑さ・・・、工事関係者の体力にはホント脱帽です。

ここのところ会議や何かで、忙しない日々が続いています。

ある時、家族がこんなことを言いました・・・「何で家はこんなに忙しいんだろうね???」先代の老僧曰く「うちは本尊様が千手観音様なんだから、忙しくて当たり前、何しろ手が千本あるんだから、お役目がたくさんあるってことだー!」高校生のときに聞いたこの言葉、今でも記憶に残っています。その当時は「マジかよー」って思いましたけど・・・。(笑)

話は変わりますが、今日お参りにこられた方に「こちらのお寺はなんで大悲山(だいひざん)って、悲しいという字がついているのですか?」と質問されました。

この「悲」の字、実は観音様の大きな慈悲の心、専門には「大慈大悲(だいじだいひ)」といいます。大きな慈悲の功徳が観音様にはあり、何事も手を合わせる方と共に喜び、共に悲しんでくれるという教えを表しています。

そこから「大悲山」としているのが由来です。
ですから、観音さまを本尊としているお寺には結構同じ山号がありますよ。今度いろんなお寺に行った際には、少し意識して見てみるとおもしろいかも知れませんね。どんなお寺にも必ず「山号」というのがついてますから。

ドタバタしている時ほど基本が大切、今一度「大慈大悲」の精神を確認してみました。今日お参りを頂いた方に感謝です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




会議で東京の護国寺さまに来ました。やっぱり荘厳な本堂に境内です。

本堂の裏には歴史ある、そうそうたる方々の墓地があり、サンシャインビルもそびえ、なかなか不思議な光景なんです。

境内では紫陽花の花が開きはじめていました。やっぱり浦佐よりは早いですね。
久しぶりの東京は、やっぱりアグレッシブでした。体力が必要ですねぇー。駅の階段を登ると年を感じてしまいます。(笑)しかし、いい意味で刺激を受け、明日からの糧になりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、午後から旧上川村のお寺さんへ行って来ました。高徳寺さん。

毎年、夏に会場を移動させて、子供たちをお寺に集め、青少年研修会を開催しています。座禅や読経の体験、夜には本尊さまから灯をいただいてキャンプファイヤーをしたり、盛りだくさんの内容なんです。

今日はその打ち合わせ。。。
浦佐からだと2時間くらいはかかる距離なので、いい温泉もあるし、せっかくだから帰りに入りたかったんですけど、時間がなくって残念!!!

また何回かいくので楽しみにしてます。しかし、新潟県は広いなぁ〓。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





墓地造成工事が着々と進んでいます。

ここのところ夕立のような、不安定な天気が続いているので、業者さんには大変です。お疲れさまです!

7月中には終了する予定でいますが、今後どうなるか???

写真の奥には薬師さまを祀っている山があり、前にブログに書いた薬師さまの清水がパイプで2本、境内に引いてあります。

その1本を引き込み、墓地になんとか水場ができそうです。
ただ、水量があまりないので、枯れないか・・・ただそれだけが心配です。しかし、薬師さまの清水ですから、「大丈夫でしょう!!!」多分・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は午後からご詠歌の練習がありました。30人くらいかな・・・、お唱えしたり、お茶を飲んだり、楽しいひとときでした。

練習を始めたら、ゴロゴロゴロゴロ、凄い音がし始め、ほんのいっときの間に雷雨が凄かったです。風もあったから、皆さんの自転車は転ぶわ、植木鉢は転ぶわ、いやぁ~、凄かったのひと言でした。

ご詠歌の練習が終わる頃には、雨もあがり、畑にいってみると、なんとトマトの苗木がすべて折れてしまっているではありませんか!

尾根と尾根の間には水が池のようにたまっていて、泥だらけになりながら倒れた苗木をまた差してきましたが、はたして根がつくかどうか???

トマトソースが大好きなワタクシにとって、大打撃でした。

私は気がつきませんでしたが、すごいヒョウが降ったとか・・・、高気圧と低気圧、大気が不安定の時に起きるのでしょうが、人間界にもそんな現象があるような気がします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一昨日あたりから、少し風邪を引いてしまったみたいです。

1年の中に、身体のリセット期間があって、自分自身ではいつも2月か3月、8月の終わりくらいになると、疲れがでてくるのですが、今年は今頃まいっています。

身体がだるく、ボーッとしてしまいます。

これまた、いつもの事ながら「修行が足りーん!!!」といったところでしょうが、ホトケサマ、一応生身の身体ですのでどうぞお許しを。

さて、今日は早めに布団に入りたい~。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ