千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 



今年も残すところあとわずかとなりました。浦佐は午後2時くらいから雪が本降りになってきました。
さて、みなさんは今年どんな1年でしたでしょうか?

お寺でも毎年恒例の行事をはじめとして、他にも他町の講演会に行ったり、青少年研修会が浦佐の普光寺さまで開催されたり、仏教青年会の『響愛』コンサートが柏崎であったりと、充実した1年でありました。

ただ残念な事に、私の祖母が7月に転倒して骨折、その後は痴呆がすすみ介護施設のお世話になるようになりました。気は強いが人柄は本当に爽やかで、ばぁちゃん子だった私にとっては残念なことになりましが、幸い近くの施設で楽に通える所なので、お正月が一段落したらまた顔を出そうと思っています。

しかし、日々バタバタしている私を癒してくれたのは山とホタルでした。
山は季節ごとにいろんな表情を見せてくれ、ホタルは生物多様性の象徴なような生き物で、あらゆる条件が揃わないと生きていけないと知りましたし、真っ暗闇のなかホワ~ンと光りながら飛ぶ姿は本当に気持ちが落ち着き、自然のありがたさを身にしみました。幼虫を育ててみたのもおもしろかったです。また来年以降も浦佐のホタルと山と共に生きていきたいと思います。

あとは心配事相談を受けていて感じたことですが、あまりに物質的に豊かになり、加えて情報も溢れ、インターネットの情報を全く鵜呑みにしたり、本などの情報を疑うこともなく信じ切っている人が多いなと思いました。「本に書かれている事は全部正しい」などとは思ってはいけません。これもバランスが大切なのだと思います。私などは最初はできるだけ半信半疑でかかり、それから信頼出来るものかを判断します。ですから周囲の方達も千手院に対してそうあって欲しいと思います。

そんな風に今年が終わろうとしています。今年も何の飾り気もないブログを見て下さった方々には心より御礼申し上げます。
また来年も気の向くままに書きたいと思いますので、たまに覗いてあげてくださいね。これから本堂で最後の法要が始まります。

それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日が御用納めで今日あたりは大掃除をされている方も多いのでしょうか?

浦佐は今朝から水分をたっぷりと含んだ雪が降り続きました。
浦佐スキー場も始まったようで、年末年始は賑やかになりそうですね。

千手院ではすす払い、本堂のお掃除が終わり、今日は神棚のお掃除と年始の間の飾り付けを始めました。明日は稲荷大明神様の大掃除をするのですが、これが結構大変で白虎を全部きれいな布で拭き清めます。100体近く?あるので落として壊さないように、毎年ヒヤヒヤもののお掃除になります。

しっかりと今年の汚れを落として、良い新年を迎えたいものです。

新年に良いスタートがきれるポイントのひとつに、今年中に仏壇や神棚、また信心している神社仏閣に今年の御礼参りをすることがあります。
みんな忙しくて忘れやすい行為ですが、これが実は大事だと老僧から教わりました。時間がなくて二年参りで済ませる方は、新年のお願いの前に必ず前年の御礼をすることです。

物事を必ず対にして考えること、大事な教えのひとつです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一気に大雪になったこともあり、今日から墓地積雪状況もあわせていきたいと思います。



昨晩からどんなに積もるかと覚悟していましたが、深夜にはお月さまが顔を出すようになり、今朝は快晴でした。
しかし、墓地に通じる道路はもうこんなになって、到底お墓まで行くことはできません。



段野にある一段高い墓地もご覧のよう。お墓もかなり雪に埋もれてしまいました。



雪が降ったあとの毘沙門様のケヤキは雪の花が咲いているようでキレイです。

今日は1日晴れて気持ち良かったですが、また今夜から寒気が流れてくようです。あとはちょうど良く降ってくれるのを期待しましょう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の日中は大した降りではなかったのですが、夕方から夜にかけて凄い降りになり、あっという間に雪に覆われてしまいました。



降りたての柔らかい雪だったので、計ってみると85㎝くらいありました。



そんな雪が屋根から落ちるので、庫裡の玄関先はあっという間にこんなになってしまいます。まだ屋根には雪が残っているというのに・・・。
おかげで今日はお正月準備はさておき、除雪機が初出動しました。30年近くも使っている機械ですが、何とか頑張ってくれています。

しかしスキー場には良いクリスマスプレゼントになったことでしょう。この雪も大切な自然のサイクルですので、大変ですが楽しんで雪と付き合っていきたいと思います。

まだ勢いよく降っています。明日の朝にはどうなることでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今朝は暗かったです。。。
朝から雷が凄くて、お昼前くらいから雪が本降りになってきました。天気予報を見ていると、この雪が根雪になりそうです。
境内も真っ白になりました。この調子だと結構積もりそうですよ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




浦佐は朝から雨模様・・・時折アラレが混じり、バチバチと屋根がすごい音を立てていました。
夕方からは雷が鳴り出し、この雷が過ぎると雪になるのだろうと思います。

雷がすごく鳴った後には雪の降り方がすごいことが多いので、このあとの天気が気になります。

今日も1日中机仕事です。
同じ姿勢でいるので肩や腰、背中がバキバキしています。

今、住職は御日待ちの御札や幣束を切ったり、たたんだり、お年始に配る御札を刷ったりしていますし、私の方は星祭りの御札と幣束を作り、また千手院で出している祈念札を書いています。

話は変わりますが、昨日のテレビ番組で報道していましたが、今、子供の精神疾患が多いのだそうですね。
あまりに物に溢れ、そして今は情報も溢れていますから、子供たちがそうなるのも分かる気がします。
山や川で遊んでいる子もすっかりいなくなりました。学校で禁止されていることも多く、子供の遊び場がどんどん無くなっています。

教えの中には、精神を健全に保つためには人間関係が上手くとれることが必要で、そして人間関係をよくするには、伝統や文化、お年寄りとの交流、宗教や哲学から学ぶ事が必要だと説かれています。精神疾患が増えるということは、この部分が欠けているのではないかと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




年賀状・・・皆さんは用意されましたでしょうか?
25日までに投函を・・・と思っていますが、まだ用意できていません。

今日の浦佐は朝から霧がかかって、お昼近くまでモヤモヤとしていました。
天気予報を見ていたら、明日から雨でその後は雪になるとのことだったので、午後から本堂裏に張りついた苔はがしをしました。

本堂裏はちょうど北側になり、日当たりも悪く沢が近くを流れているので苔がよくつきます。
苔は見たところいいのですが、消雪パイプの水がよく流れなくなり、結果雪がよくとけなくなってしまうんです。ですから苔を残す所とキレイにしておく所を決めてあります。

久しぶりに外仕事をしたら、何故かすっきりしました。
最近は机仕事ばかりですから、やっぱり身体を動かすと気持ちがいいです。

たわいもない事ですが、今日も無事に終わりそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今朝は放射冷却現象で冷え込みました。
このような日はきれいな雲海がでているはずですが、今日は見に行くことはできませんでした。

昼間はお天気のおかげで気持ち良かったです。本堂前の雪もほぼ溶けてしまいました。

今日は日曜日でお天気だったせいか、この時期ですが浦佐西山三十三番観音巡りに入っていく人を何人か見かけました。
いいなぁ~と思いつつ、私はお寺のお仕事です。がんばりまーす!!!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






千手院の中庭です。
今日は朝から雪模様・・・しかし積もるような雪ではなく、水分をたっぷりと含んだボタン雪のようでした。

今日も長岡から来た業者さん曰く、長岡の方が雪があるとのことでした。
南魚沼市も12月に入ってスキー場には雪が欲しいところでしょうが、まだまだといった具合です。

私は朝から夜までお札作りの毎日です。
身体を動かしている方が性に合っているのですが、1日中机に向かっているとさすがにきつくなります。しかしこれも修行のひとつか・・・などと言っている余裕はありません。毎年のことなのですが、この時期になると仕事が間に合うかどうか焦ってしまいます。

そんな時ほど丹田から呼吸をして、「何とかなるさ」と気持ちを静めつつ、しっかりと努めたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






午後から良い晴天に恵まれました。
山全体が雪をかぶった越後三山!毎年思うことですが冬山は威厳が漂います。人も生き物もよせつけない厳しさが神々しさを際立たせます。
生きていく上には良いときもあるが、厳しいときもあるのだよ・・・と諭してくれているようです。

今日は105歳の生涯を全うしたお婆さんのお葬式にいってきました。
明治、大正、昭和、平成を駆け抜けた人生・・・戦争など、私には想像もつかない激動の時代だっただろうと思います。

まさしく今日の越後三山はそれを教えてくれました。

1人の人間がこの世に生まれ、旅立って行くということは本当に凄いことだと思います。そしてそこでご縁をいただいた人達がまた次の時代を生きていく・・・みんなどこかで繋がっていて、そうやって時代が移り変わっていく。

繋がっているいう意識・・・生かされているということにも繋がりますが、こんな意識が今の世の中に一番欠けているのかもしれません。その意識が欠けると自然と心の病が生まれてくると思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ