千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 



今日は午後から湯沢町へ行ってきました。
ご縁あって、湯沢町が主催する「こころが元気になる講座」の7回シリーズ、第3回目を担当させていただくことになりました。「自分の生き方から見つめ直す、こころの健康」をテーマに話をして欲しいという事で、難しいテーマでしたが私の述べられることをお話してきました。
最後に参加者のフリートーキングに混ぜてもらい、生の声を聞かせてもらってとても勉強になりました。

上手く伝えられたか?、参考になったか?ご法事などでのお話でもいつも思うことですが、今できる事を継続していくしかないかなと思っています。

夜には御詠歌の練習があったので、準備もあるため慌てて帰ってきてしまい、「あぁ、挨拶をちゃんとしてくるのを忘れてた~」とまたまた反省・・・。

こんな事ばかりしているので、デジカメを持ち歩いていても何にも撮らないできました。
皆さんにはバランスが大切だといつも言っているのですが、どうも今日の私はバランスが欠けていたかも。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日からとても寒くなりました~。

昨日おこなわれた柏崎産業文化会館での『響愛』、無事に終わることができました。
今回は400席の小ホールでの開催でしたが、聲明や和太鼓、沖縄音楽を堪能していただけたかどうか???お一人でも感動して下さった方があれば幸いです。

私はといえば、自分なりに思うようにいかなかったところもありましたが、それは練習不足・・・次回に同じ事をしないよう気を引き締めたいと思います。

今日はお葬式の助法(お手伝い)がありました。
寒くて山は雪のようですが、朝は晴れて出棺も雨にあわずに済みました。刻一刻と雪が近づいてきています。。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日28日は柏崎産業文化会館文化ホールで15時開演で聲明と太鼓のコンサート『響愛』があります。おかげさまでチケットは完売しました。

今日はその前日リハをしてきました。
本番を前に少しずつ緊張感が増してきましたが、無事成功するように頑張りたいと思います。

明日は寒くなりそうです。
お越しいただく皆様も気をつけておいで下さい。越後の若手?坊さんがお待ちしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






『葬式は要らない』島田裕巳著、幻冬舎新書を読みました。
たしかこの本は上半期の売り上げで上位にランキングされていたように記憶しています。

~葬式大国日本の葬式無用論~とあります。

日本は葬式の平均費用が231万円で世界一。そんな葬式は無用ではないかという内容ですが、著述の7割くらいは「お金」にまつわることばかりで、葬祭業者にいくら、お布施・戒名料はいくら、といったことが書いてありました。今の厳しい経済状況の中ではそんな費用はかけられない。人口の多い都市圏では「直葬」「家族葬」といった葬式の簡略化がどんどん進んでいくのも時間の問題であると・・・。

難しい問題ですね。

最初はどうやったら安く済むかというお金にまつわる話ばかりでしたが、最後にはこうありました。
「重要なことは、最後をいかに生きるかに尽きる。残された人々に、本当にかけがえのない人を失ったという気持ちを起こさせるものであるなら、葬式の形式や内容は問題ではなくなる。」

老僧から「生き方は死に方に直結する」と言われたのを思い出しました。

私もそう思います。
ただ形式などは関係なくても「葬式」はなくならないと思いますし、必要だと思います。葬式仏教やお寺がなくなっても、人を送る、別れを告げる、感謝を捧げるという儀式は人間が生きていく上でとても大切なものだと思います。もしかしたら人間の本能のひとつなのかもしれません。

実質、葬式無用論は昔からあったと思いますが結局今も残っています。

ぼったくりのようなことをする宗教者がいる事も事実だと思いますが、私は「葬式」は大切なものだと思います。ただ、このような内容の本がベストセラーになるということは、そういう宗教者が多いということなのかもしれません。

とにかく安く済めばよいとか、煩わしい人間関係やしきたりを避けたいからとか、そういうものは人の心を貧しくしていくような気がします。うわべだけのお付き合いが嫌だからという気持ちも分かりますが、何かが違うような気がする・・・。

う~ん、ハッキリと答えが見えずモヤモヤ状態ですが、ただひとつ私が確信するのは直葬、家族葬などと言葉や形式は変わっても、葬式はなくならないということです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




放射冷却で今朝は冷え込みました~。お寺の外気温はマイナス2度でした。
天気予報を見ていたら、今朝も南魚沼市は快晴。先日の雲海からのご来光が見てみたい・・・薬師尾根ルートまで行ってきました。



今日もすごい雲海でした。合掌!!!越後三山の越後駒ヶ岳(左)、八海山(右)の間、中の岳付近からの日の出でした。
寒かったので霜がおり、よ~く見ると中央手前の薬師尾根ルートも白く道がついています。

生かされているなぁ~、合理性とか科学的うんぬんが求められる日々ですが、この光景を科学的に分析したらなんとつまらないことでしょう。



六日町、塩沢方面を望む。
南の方を見てみると六日町、塩沢の街は全部雲海の下。遠くには苗場山、かぐらみつまた、谷川連峰もよく見えました。

今日は1日心配事相談で、夕方からは会議で長岡に行ってきます。
仕事の活力をもらえる、こんな光景は毎日でも見ていたいものです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






今日はお休みをもらって山へ行こうと思っていたのですが、境内の冬準備作業や宗派の仕事が間に合わず、結局1日外仕事をしました。

草木の雪囲いは終了しましたが、画像のようにお地蔵さまののぼり旗を片付けたり、細かな作業が結構あるのです。
という訳でして、本日をもちまして墓地のゴミ箱や水桶等は片付けさせていただきました。不自由をおかけしますがご容赦下さい。

雪国ならではの外仕事ですね~。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝は6時30分から門前地区の消雪パイプの清掃、整備作業があり参加してきました。
お天気が良いせいか、朝は冷え込みモヤがかかっていました。

こんな日は先日も見たような雲海が見られるはず・・・、そう思って作業が終わった7時30分くらいに車に乗り込みました。
先日は浦佐城跡から見ましたが、今回は千手院近くのヤゴ平林道を走り、車をおりてから5分ほど登った薬師様尾根ルート中の最高標高地点に行きました。



すばらしい!!!
想像していた通りの光景が眼前に広がりました。「すごいなぁ~」そんな言葉しかでてきません。浦佐でこんな景色を簡単に見られるのですから、なんという贅沢でしょう。
ちょうど手前中央の山の先端部分が浦佐城跡になります。右先は上山城跡、左部分は三十三番観音コースになります。

逆光で、もう少し早く来て日の出にあわせれば越後三山もよく撮れたのかな・・・とか、もう少し時間に余裕があってお日さまが上がったところで撮れたら良かったかな・・・、などなど思いつつ、この壮大な光景にみとれました。

しかしお寺の仕事もあり、あまりゆっくりできなく、すぐ戻りました。



午前中は心配事相談があり、午後からは境内の消雪パイプの清掃を行いました。
豪雪地帯ですから、この作業を怠って真冬にうまく作動しなかったら大変なことになります。



住職と2人で作業を何とかこなし、もう暗くなってきたと思いきやお月さまが登ってきました。明日あたりが満月になる頃でしょうか、毘沙門堂の山門の向こうにまん丸いキレイな姿を見せてくれました。

今日は朝のお日さまと雲海、夕方にはお月さまがいつも以上に有り難く感じられた1日でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日も良いお天気でした。
越後三山は雪化粧をしていますが、まだ里には雪は降りていません。このようなお天気には冬準備が急ピッチで進められます。

千手院となりの毘沙門堂・普光寺境内にあるモミジの木です。
ケヤキの大木からの木の葉も90パーセント落ち、モミジがキレイに色づいています。

浦佐ではこのモミジが真っ赤に染まるようになると里に雪が降りてくると云われています。
モミジの様子をみると、もう少しで雪が降ってくるでしょうか・・・。

春には雪渓を見たり、秋には紅葉をみて次に何をするべきかを判断してきた私たち・・・。
天気予報など科学の力も大切ですが、自然界の移ろいに謙虚に目を向けることが何よりの基本だと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






気持ち良いお天気でした。
お日さまを浴びて越後駒ヶ岳、八海山も雪化粧しながら、ホッ一息ついているような姿です。

今日は午後から御詠歌の練習があり、終わってから急いで柏崎に行ってきました。
28日に行われる聲明コンサート『響愛』のリハーサルがあって、遅ればせながら参加してきました。

朱鷺メッセで開催された『響愛』以来、特に若手のお坊さんが一生懸命になって太鼓や聲明の研鑽を積んでいます。またコンサートという形をとることで、普段では交わることのない方々との交流も増えるおかげで、いろんな事も学べます。

こういう事を続けることで、お坊さんとしての資質や総合的なレベルアップがはかられたり、仏教青年会の底上げになるよう大いに期待しているところです。私もお坊さんの世界ではまだまだ子供ですが、それでも少し中堅世代に突入しはじめています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






境内北側の池に咲くマユミ・・・ほとんど人目につかないが今年もキレイに果実をつけてくれました。

今日は午後から予定変更になり時間ができたので、残っている雪囲いをしました。このマユミもこのままにしてあげたいところだったのですが、そうもいかずに雪囲いをする前に1枚パチリ。

「マユミ」とはじめて名前を聞いた時、赤い実と可憐な姿から私は女性の名前を連想しました。しかし、調べてみるとそうではなくて「真弓」弓の材料として使われていたそうで、私だけでしょうかね、そんな風に連想したのは・・・。

ジーッと見ていると何か品のあるお花ですよね。

そして今日も寒かったです~。
三山も雪で真っ白。湯沢から来た人から聞いたら三国峠あたりは雪だったようです。雪囲いももう少し残っています。ピッチを上げねば・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ