勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

X-ファイル:真実を求めて(2008年)

2008年11月08日 | 洋画(アメリカ系)
TVシリーズが終了して6年ですが、映画での復活です。FBIを離れていたモルダーとスカリーが、再び、不可思議な出来事に巻き込まれます。

連邦捜査官の失踪と言うのは、アメリカにおいては大事件であるのは確かですが、緊急とは言え、その程度の出来事でモルダー・スカリーのコンビが引きずり出されると言うのは、ちょいと疑問。まぁ、冒頭で、モルダーが渋るのも良くわかります(笑)。と、いきなりダメ出しから入ってしまいましたが、いまやFBIに追われる立場になってしまっているモルダーにしてみれば、当然の事かもしれません。

スカリーも、FBIを離れてから、元々所持していた医学の学位を生かして医師をしているのですが、医師として研鑽を積むのに重要な時期にFBIで勤務していた人物が、その後の医学の進歩に遅れずに医師として勤め上げられるものなのでしょうか? ちょっと不思議に思いました。でも、それができると言うところが、スカリーの頭脳が明晰なところなのかもしれません。

ある意味ダメ出し二連発の状況ですが、それはこの作品がダメだと言う意味ではありません。TVシリーズ当時のX-FILEの不思議さに比べると、ちょっとその不思議さ加減は低いですが、解決困難な難事件(そして猟奇的事件)と言う観点では、十分にX-FILEの世界を再現しています。

TVシリーズと決定的に違う点は、モルダーとスカリー二人の関係ではないでしょうか。TVシリーズのときは”ただの同僚”と言うところを二人とも意識して、ギリギリその線でキープしていたはずですが、FBIと言う組織を離れ、自由になったからなのか、二人の関係はより親密なものに進化しているようです。まぁ、あれだけ濃密な関係を続けていれば、当然なのかもしれませんが。

この作品は、X-FILEの摩訶不思議な世界を楽しむのは当然ですが、それよりも、モルダーとスカリーの二人の今を確かめると言う意味合いが強いかもしれません。

タイトル X-ファイル:真実を求めて
原題 The X-Files: I Want to Believe
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2008年/アメリカ
監督・脚本 クリス・カーター
出演 デイビッド・ドゥカブニー(フォックス・モルダー)、ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)、アマンダ・ピート(ダコタ・ホイットニーFBI長官補佐)、 ビリー・コノリー(ジョセフ・クリスマン神父)、アルヴィン“イグジビット”ジョイナー(モーズレイ・ドラミー捜査官)、ザンサ・ラドリー(モニカ・バナン捜査官)

[2008/11/08]鑑賞・投稿

コメント (1)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« テンプレート | トップ | ハッピーフライト(2008年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (シムウナ)
2008-11-09 16:45:59
TB有難うございました。
X-ファイルのLDからDVD-BOXを全巻買い換えたほどの
コアなファンです。
今回は、コアなファン向け映画でしたね。
もう今回の映画で終結・・・するのかな。
もうそうなら寂しい限りです。
是非、定期的に映画を作って欲しい!!

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

劇場鑑賞「X-ファイル:真実を求めて」 (日々“是”精進!)
「X-ファイル:真実を求めて」を鑑賞してきましたFBI捜査官モルダーとスカリーが、UFOやUMAなど超常現象の謎を追う、アメリカドラマの劇場版第2弾。全米での放送終了から6年を経て、主演コンビとTV版の監督&製作&脚本を務めたクリス・カーターが再び結集...
X-ファイル:真実を求めて (めでぃあみっくす)
「I Want to Believe」と願う人には一言「Don't Give up」と。まさにこの2つの言葉で成り立つのが「X-ファイル」の世界。そしてフォックス・モルダーとダナ・スカーリーの2人が織り成す世界がこの作品の魅力。TVシリーズは第3期以降は全く見ておらず、映画版に至っては...
X-ファイル:真実を求めて (Akira's VOICE)
ドント・ギブアップ!  
とうとう観たよ!Xファイル:真実を求めて (せるふぉん☆こだわりの日記)
11月7日より公開の「Xファイル真実を求めて」初日の昨日、早速観てきました! し
[映画『X-ファイル:真実を求めて』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆何故か、かなり期待していた作品だ。  ブームから10年以上も経って、リバイバル趣味とは違った雰囲気で映画化される様が、なんとも自信に満ち溢れているようなイメージに感じられたのだ。  また、多くの客を呼べそうなUFOネタでないのも、なんか凄い展開を見せ...
X-ファイル:真実を求めて (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリス・カーター 出演:デイビッド・ドゥカブニー(フォックス・モルダー)    ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)    ダコタ・ホイットニー(支局長)    ジョセフ・クリスマン神父(ビリ...
X-ファイル:真実を求めて (Memoirs_of_dai)
モルダーはFBIじゃなくてもモルダー 【Story】 FBIの女性エージェントが不可解な失踪を遂げ、モルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)とスカリ...
『X-ファイル:真実を求めて』 (ラムの大通り)
----『X-ファイル』か、懐かしいニャあ。 「そうだね。日本でのビデオリリースが、もう10年以上も前。 当時、レーザーディスクの仕事で少し関わったこともあって、 最初の頃はぼくもけっこう観ていたけど、 この手のTVシリーズの常でいつしか観なくなっていた。 でもいま...
X-ファイル:真実を求めて・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1993年から2002年にかけて、全201話が放送された「X-ファイル」は、間違いなくテレビ史上に残る傑作シリーズであった。 科学では説明のつかない...
X-ファイル:真実を求めて (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
人気TVシリーズの映画版第2弾は、お約束の宇宙人ネタではなく、普通のサスペンスをちょっと不思議にした程度の内容。FBI捜査官の失踪事件を調査するモルダーとスカリーは、透視能力を持つ神父が鍵だと知る。超常現象を信じるモルダーと科学を信じるスカリーの思考は...
X-ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE (いい加減社長の映画日記)
なぜか金曜日に公開の「X-ファイル:真実を求めて」を、レイトショーで鑑賞。 あまりテレビで観てもいなかったんですが、人気だったということで、とりあえず観ておこうかと^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーということで、人は少ない。 「X-ファイル:...
X-ファイル 真実を求めて (そーれりぽーと)
今更感たっぷりな、“あの”人気海外ドラマ『Xファイル』の続きを描いた映画『X-ファイル 真実を求めて』を観てきました。 ★★★ ほんと今更なんで『Xファイル』なんだろう。 どうせなら『ツインピークス』も、いっそのこと『V』も、そういえば『フレンズ』はいつにな...
映画感想『X-ファイル:真実を求めて』 らしい感じですね。。... (レベル999のマニアな講義)
内容FBIを離れ数年。スカリー(ジリアン・アンダーソン)は、とある病院で働いていた。難病の少年を担当しているスカリーは、治療法が無く、ただ死を待つだけという少年の状態を憂慮。だが、病院の管理者たちは、治療できないことで、転院を考えはじめていた。そんなな...
X-ファイル:真実を求めて (映画鑑賞★日記・・・)
【THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE】2008/11/07公開(11/07鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリス・カーター出演:デヴィッド・ドゥカヴニー、ジリアン・アンダーソン、アマンダ・ピート、ビリー・コノリー、アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー どんと来い、超常...
X-ファイル:真実を求めて/デヴィッド・ドゥカヴニー (カノンな日々)
『X-ファイル』なんてタイトルもあのメロディもすっかり懐かしい響きとなっちゃって何で今頃映画なの?って感じなんですが、それでも自然と足が向いちゃったのは久しぶりにモルダーとスカリーに会いたかったから(笑)。 出演はその他に、ジリアン・アンダーソン、アマン...
X-ファイル:真実を求めて (小部屋日記)
The X Files: I Want to Believe(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: クリス・カーター 出演:デヴィッド・ドゥカヴニー/ジリアン・アンダーソン/アマンダ・ピート/ビリー・コノリー/Xzibit 信じよ、真実のために 科学では解明できない超常現象に立ち向...
X-ファイル:真実を求めて - The X Files I want to believe - (個人的評価:★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく初日に「X-ファイル:真実を求めて」を観てきました。 特に地上波放送時にX-ファイルをかぶりついて見ていたわけでもなく、熱狂...
X-ファイル:真実を求めて★★★劇場84本目:ファンへのアンサー... (kaoritalyたる所以)
長らく見たことのない二人に再会した。私はこのTVシリーズ、最初は毎週見ていた。始まった頃はゴールデンタイムな20時くらいにやっていたと思う。モルダーの吹替えは風間杜夫だったはず。シーズン1は全部見たと思う。2の後半~3の頃には時々しか見てなくって、4か...
Xーファイル:真実を求めて (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
新たなる事件、そして伝説の幕開け__衝撃の猟奇殺人に秘められた<真実>とは FBIに戻ったあのふたりが、科学の常識を超えた衝撃の事件を解明!? 新たに浮上する謎に、復活した名コンビが挑む!物語:FBIを辞職し、今はキリスト教系の病院で外科医として働いてい...
『X-ファイル:真実を求めて』2008・11・09に観ました (映画と秋葉原と日記)
『X-ファイル:真実を求めて』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある時、FBIの女性捜査官が謎の失踪を遂げる。サイキックな透視能力“ビジョン”を駆使できるという神父ジョーは、FBIに捜査協力していた。ただ、それでは不安を感じるFBI担当官は、かつ...
Xファイル:真実を求めて (★YUKAの気ままな有閑日記★)
さて、簡単にサクサクっと感想を、、、あれま、テンション低め・汗【story】FBI女性捜査官が謎の失踪を遂げた。FBIを引退し隠遁生活を送っていたモルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)と、医師として活躍するスカリー(ジリアン・アンダーソン)は、捜査に行き詰ったFBI捜...
THE X-FILES: 「真実を求めて」 (You got a movie)
監督・脚本 : クリス・カーター 出演 : デイビッド・ドゥカブニー 、 ジリアン・アンダーソン 、 アマンダ・ピート 、 ビリー・コノリー 、 アルヴィン“イグジビット”ジョイナー  物語は比較的シンプルでそのスケールも前作のザ・ムービーや最近のメジャームービ...
『X-ファイル:真実を求めて』 2008-No79 (映画館で観ましょ♪)
容疑者の次はファイルで... 続けて “ X ” の鑑賞です! TVシリーズに思い入れがあるワケでもないのですが、 観に出かけました♪ ...
X‐ファイル:真実を求めて (Movies 1-800)
The X Files: I Want to Believe (2008年) 監督:クリス・カーター 出演:デヴィッド・ドゥカブニー、ジリアン・アンダーソン、アマンダ・ピート 90年代に人気を博したTVシリーズの映画版第2弾で、既にFBIを去っていたモルダーとスカリーが女性失踪事件の謎に挑むミステ...
映画『X-ファイル:真実を求めて』 (闘争と逃走の道程)
 『X-ファイル』を初めて観たのは、小学生のころでした。テレビ朝日系列でゴールデンタイムに放送してたのを、2回ぐらい観たことがありま...
初見者OK♪☆『X-ファイル:真実を求めて / THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
一昔前に一世を風靡したドラマの映画化。 なんで今更って感じだけど、最近は映画より面白くって人気のある海外ドラマが沢山あるから、それに便乗したって事なのかな? でも、私はあいにくこのドラマは未見。 あの当時は青春まっ盛りで、家にあまりいなかったのよねぇ(^...
X-ファイル:真実を求めて (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE X-FILES:I WANT TO BELIEVE) 【2008年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 1993年から2002年まで、全9シーズンが放映されたテレビドラマの劇場版作品第2弾。 ある日、FBI捜査官のモニカ・バーナン(ザンサ・ラドリー)が何者かに襲われ失踪してしまう...
Xファイル 真実を求めて (EURISKO2005)
 劇場でも観たが,DVDで観直してみた。テレビシリーズとしての完成度は抜群だった
映画『X ファイル:真実を求めて』を観て (KINTYRE’SDIARY)
91.Xファイル:真実を求めて■原題:TheXFiles~IWanttoBelieve■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:林完治■鑑賞日:11月14日、新宿グランドオデヲン座(歌...