勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アイ,ロボット(2004年)

2004年10月10日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル アイ,ロボット

---感想---
アイザック・アシモフの小説がモチーフになっている。ロボット三原則がその根底にあり、それを理解しないと、この物語は辛いかも。ウィル・スミスは、何故か刑事役が多い。今回もそう。って言うか、元々はミュージシャンのはずなんだけどね。

ストーリーの大体は、”ロボットモノ”といって想像がつくような内容。とは言っても薄っぺらな内容ではなく、きちんと見せる仕上がりになっている。物語の舞台は、2035年のシカゴだが、いまからあと31年。ああ言う世界になっているのかなぁ。多分なっていないと思うけど。って言うか、本来であれば、21世紀は車が空を飛んでいたはずだしね。

劇中には、アウディのクルマが登場する。これは実際にアウディと協力して作り上げたそうである。あと、ロボットの会社だが、USロボティクスと言う会社になっている。USロボティクスといえば、嘗て実在した会社で、3Comと合併して、無くなっちゃった会社なんだけどね。ルーターの会社でした。知ってる人って、少ないんだろうなぁ。って言うか、ホンの数年前の話なのだが・・・。

英語版HP:I, Robot from Yahoo!

公開年 2004年
監督 アレックス・プロヤス
出演 ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン

[2004/10/10]鑑賞
[2006/01/09]投稿

コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ハリー・ポッターとアズカバ... | トップ | スウィングガールズ(2004年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

【アイ、ロボット】 (ココアのお部屋)
ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン 出演のSFアクション。 公開日:9月18日 ☆ストーリー☆ 西暦2035年。今からわずか30年後の近未来、 家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。 そしてさらに、革新的な技術による新世代ロボットが.
アイ,ロボット (Akira\'s VOICE)
2035年のシカゴで謎の死を遂げた博士。 捜査する刑事の前に,サニーと名乗るロボットが現れる。
★★★★「アイ,ロボット」ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン (こぶたのベイブウ映画日記)
サクサクした展開、緊張感の続く物語に最後まで引き込まれ、2時間があっという間!ロボット、サニーの謎めいた表情、ウィル・スミスのアナログ具合も魅力的!こだわりを感じさせるデザインやインテリア、新旧融合した近未来を垣間見た気分です。ロボットが人間を守るためと...
アイ、ロボット (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ウィル・スミスのSF映画の中で、これは結構好きーDVDを持っていて・・・かなりの回数観てま~す。【story】2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は三原則によって守られていた。一、ロボットは、人間に危害を加え...
アイ,ロボット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ルールは破られた、未来は守れるか。』  コチラの「アイ,ロボット」は、「アンドリューNDR114」の原作者でもあるSF小説界の巨匠アイザック・アシモフの短編集「われはロボット」をモティーフにしたSFアクション・ミステリーです。  この映画にも登場する「ロボ...
アイ,ロボット (のほほん便り)
それにしても、ウィル・スミス、なんてSF作品のCG画像、というか虚構世界に似合うんでしょう! 彼のもつ存在感、キレのいい身体のリズムがフィットしてる感じ。 じつは、原作は古典的名作、『アイザック・アシモス』のSF小説「わたしはロボット」にインスパイアさ...