勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

スウィングガールズ(2004年)

2004年10月23日 | 邦画
タイトル スウィングガールズ

---感想---
東北の片田舎の高校が舞台の物語。って言うか、舞台は私の郷里であったりもするのだけど、確かに田舎。高校が舞台と言うとウォーター・ボーイズがあるが、こちらはガールズ。ちなみに監督は同一人物。

演奏シーンは、出演者一同合宿によって特訓した成果という吹き替え無しの演奏。いやぁ、ある意味、本当のスウィング・ガールズになっているとも言う。

出演者は、良く方言を学んだと思う。上野樹里の母親役の渡辺えり子とTVキャスター役(って言うか、本当のアナウンサーだが)の武田祐子は、この県の出身。武田祐子はTVキャスター役なので方言シーンは無かったが、さすが大女優渡辺えり子。貫禄の演技&方言(って言うか、ネイティブだが)であった。

とにかく見ていて飽きない。いろいろ問題が発生するが、天性の運で解決していく主人公達。結構滑稽である。あるいは、青春の一ページとも言うのか? 明るく、楽しい映画である。

公開年 2004年
監督 矢口史靖
出演 上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、平岡祐太、竹中直人、小日向文世、渡辺えり子、谷啓

[2004/10/23]鑑賞
[2006/01/09]投稿

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« アイ,ロボット(2004年) | トップ | コラテラル(2004年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

スウィングガールズ (ネタバレ映画館)
 「JAZZっておっさんの音楽じゃん」と言われようが、音楽の心は永遠なのだ。  スタンダードな名曲「A列車で行こう」、「シング・シング・シング」、「イン・ザ・ムード」、その中でも特に、「A列車」は彼女たちが最初に練習する曲だが、名曲そのものを楽しむんじゃなく、SW
スウィングガールズ (M・Bのお気に入り映画あーと図鑑♪)
2004年度の邦画では一番好きな映画です。 山形の女子高校生たちが、ビッグ・バンドを組みJAZZを演奏。 東北の雄大な風景と彼女たちの喋る山形弁とJAZZ。 ラストの演奏会でのガールズたちの姿 とてもステキです♪ チラシでは、主役(みんな主役ですが)の上野樹
DVD:「スウィングガールズ」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: 矢口史靖 出演: 上野樹里、平岡祐太、竹中直人、本仮屋ユイカ 脚本: 矢口史靖 制作: 2004 日本 評価: ★☆☆☆☆ えっと…「レオン」の次がこれで
スウィング・ガールズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 先週テレビ放映されていたのを録画して観ましたぁ♪  残りの容量が少なかったので、長時間モードで録画してしまったのが残念でなりません(´・ω・`)ションボリ  コレは高画質で録画して、DVDに焼きたかった!!!  それくらい楽しめちゃいましたぁ♪  実...