勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

2004年10月03日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

---感想---
こちらもオーストラリアからの帰国便内にて鑑賞。日本語吹き替え版。

本も事前に出版されているので、こちらはむしろストーリーに関してあまり多くを語る必要が無いだろう。

正直、良く判りません。って言うか、シリーズモノなので、これまでの作品を見ていないと、前二作に含まれていた伏線などがわからないので、完全には楽しめないかも。まだまだシリーズは続くようなので、お好きな方は、続けてご覧になられてはどうでしょうか。

英語版HP:Harry Potter and the Prisoner of Azkaban from Yahoo!

公開年 2004年
監督 クリス・コロンバス
出演 ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント

[2004/10/03]鑑賞
[2006/01/09]投稿

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« テイキング・ライブス(2004年) | トップ | アイ,ロボット(2004年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (TRUTH?ブログエリア)
原題:Harry Potter and the Prisoner of Azka
みんな大きくなったなぁ 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 (毎日が映画日和)
本日の映画:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ホグワーツ魔法学校の3年生になったハリー、ロン、ハーマイオニー。牢獄アズカバンから脱走したシリウス・ブラックから学校、そしてハリーを守るため吸魂鬼ディメンターたちがやってくる。しかしブラックが両親の死に関わ.
ハリーポッターとアズカバンの囚人 (のほほん日記)
ハリーポッターとアズカバンの囚人(2004年 アメリカ)ストーリーホグワーツ魔法学校の3年生になったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)。しかし街ではヴォルデモートの手下の凶悪犯、シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)の脱獄の話題で持ちきり ...
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 さぁハリーよ!出て来いやぁっ!ってなワケで男祭を見ながら、書いてますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ ってなワケでいよいよ今夜のメインの吉田vs小川じゃなくって、第3作目です。  こちらは最新作のダークさには及ばないまでも、ちょっとダークな感じがしてますよねぇ~。...