日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。好きなものアレコレ。食べたり、読書したり。観劇、ガーデニングに京都も。

いなご会2月例会@旬亭に紫川

2020-02-19 | そとごはん

広島ブログ

いなご会2月度例会は、移転リニューアルオープンしたばかりのオカミのお店『旬亭 に紫川』へ。

オカミの店なのに、到着してみたら当のオカミはいないという(爆)
やがて遅れて入ってくるなり、店内見まわしながら「良いお店ですねぇ~」という小芝居を打つ(苦笑)
「いなご会」例会ですからオカミも今日はお客さま。ご主人のお店なのに、お金を払うそうです(爆)

「いなご会一同(1人除く)」からのリニューアルオープンの花束をもって艶然と微笑むオカミ。
オーナーにはバレンタインデーの
チョコ。anchanが手渡したからか、満面の笑みで受け取っていただけました。

今回はふぐコースを4人前。大食い6人ですが、コースは4人分で十分な量とのこと。
キターーーーふぐ刺し。こぉ~んなに盛られてこれで驚異の2人前(驚愕)。

ズスズーーと箸ですくう、というお約束の儀式はぬかりなく実施しました。
ふぐ刺しの身もおいしいけど、皮がコリコリして美味しい。
もみじおろしがすごくおいしくて、ふぐ刺し食べ終わった後も、ずっともみじおろし舐めてたWWもみじおろしがおいしかったと言っても、うれしくはないかな。

ふぐの唐揚げ。「おいしい。お肉みたい」という感想を漏らしたGちゃんは、「お肉じゃないから!!魚だから。ちゃんと魚の味するでしょ。」とnakkaちゃんにバッサリ斬られてました。
職場の人間関係でお悩み中のケーコさんの悩みをみんなで傾聴していると、今までの人生で聞いたこともない「まえびろ」という言葉を初めて知ることに。
これは現在ケーコさんとバトル中の上司が3分に1回使う言葉なんですって。
なによ???「まえびろ」って???
それは、キャリア公務員独特の霞が関用語で「前もってつまびらかにする」みたいな意味を持つことを初めて知る市井のわれわれ。

「お肉みたーい」じゃなくて、本当のお肉出ました。レアなステーキがとろける。あえての薄切り。

この薄切りステーキに、葉ワサビの佃煮を巻いて食べるのが「に紫川」流。ツーンと辛い爽快さがサーロインにあってました。 

揚げ物頼みすぎな人達。茄子天、新玉ねぎ天、タコ天、牡蠣天、カマンベールフライと「もう揚げ物はいいんじゃない???」とストップかけるまで頼みまくる。
ちなみに「新たまねぎ天」は、オカミも知らない新メニューだそうです。 

鍋、キター。この山盛りの野菜のこんもり感がすごい。オカミが手慣れた感じで鍋を作ってくれました。さすが!!
野菜談義に花が咲く中で、某メンバーは「しめじが冷蔵庫に入ってないと、心配でたまらない」という。しめじがねぇ~。

ふぐコースの最後は雑炊。もうお腹いっぱいなのに、雑炊ならサラサラとお腹に入る不思議。ふぐのお出汁が効いてほっこりする。 

広大な安佐南区の中でも、結構な奥まった場所に位置するオカミの店から、アストラム⇒JR(山陽本線と呉線)⇒バスと乗り継いで、自宅に戻ったのは12時前。
遠いけど、あのお値段であれだけのふぐを食べられるなら、遠征する価値はあります。
次は「うなぎ会」をすることにすでに決定。

 直近「いなご会」例会は、安佐南区開催続きだったので、次回の例会は中区開催を主張し死守しました。

広島ブログ

コメント (4)

ランキング参加中です。ポチッとね

広島ブログ