事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「人生パンク道場」 町田康著 KADOKAWA

2019-10-22 | 本と雑誌

町田康はご存じのように旧芸名が町田町蔵。パンクバンドINUのボーカリストだった。まさか芥川賞作家として降臨するとは。で、マジで彼が書くものはひたすら面白いのである。さすがだ。なにがさすがだかはよくわからないけれども。

この書は、そのパンク町田に人生相談をやらせようという無茶な企画。しかし、これが面白い以上に有用なあたりがすばらしい。凡百の回答者には絶対にできない回答に啞然呆然。

勝手に人生相談とか、わたしもいい気になっている場合ではなかったのだ(笑)

コメント   この記事についてブログを書く
« 開店閉店その2 | トップ | お仕事小説その7 「あしたの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事