事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第四回「挑戦」

2016-01-31 | 大河ドラマ

第三回「策略」はこちら

前回の視聴率は初めて下降して18.3%。うーん、よくわからないな。あんなに面白かったのに。

速報を久しぶりに熟読して、むかしの視聴率オタクとしてはやはり色々と面白かった。スマスマの30%超えは一種のイベントなので当然。「あさが来た」の好調も、大河+どてらい男(女だけど)だと思えば納得できる。いまは極貧の「おしん」よりも、金をひたすらに稼ぎ、そしてうまく使った女性の一代記の方がうけるんだろう。

それでは、遅咲きの智謀の人と言える真田信繁の物語の人気はこれからどうなるんだろう。今回のタイトルは「挑戦」。あ、やっぱりディック・フランシスの競馬シリーズのように全部二文字でいくのか。いくつかはダブるんだよねきっと。

「度胸」「帰還」「敵手」「奪回」あたりはいかにも。名作「利腕」はともかく、「重賞」「配当」は無理か(笑)。

先週、信繁が紐を細工しているシーンが挿入されていることからもわかるように、史実を取り入れながら奔放にやってやろうという三谷幸喜の意図は見え見え。今回も真田信繁が、信長(吉田剛太郎)のあの名ゼリフ

「お主が何をした!」

と明智光秀を面罵するシーンを現場で見ていたという設定。「新選組!」の初回で、近藤勇、土方歳三、坂本竜馬、桂小五郎がいっしょに黒船を見に行っていたシーンを書いて壮絶に批判されたのにこりてない(笑)。先週の密書の件を、まずは信長の息子が疑い、家康が裏事情を把握し、結局は単に真田家が“生き残るだけ”だったことを冷徹に。

信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)はそれぞれに工夫して姉と義兄を守ろうとするが、なんといきなり本能寺!え、まだ第四回なのに?

おいおいちょっと待て。肝心なキャストが発表になってないんじゃないのか。豊臣秀吉は誰なの?……あー、そう来たかあ。

で、わたしは予想するんだけれど、これからこのドラマにはジャニーズ系がじゃんじゃん起用されるような気がするんですよ。特にSMAP。三谷ドラマでNHK大河は手打ちにかっこうの場だ。まずは「笑の大学」の稲垣吾郎から始まって……視聴率はちょいと回復して19%台と読みました。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今月の名言 2016年1月号 正... | トップ | ぼくのわたしの2015 読者篇2... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事