事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「世界の半分を怒らせる」 押井守著 幻冬舎

2016-06-23 | 本と雑誌

ミリタリーオタク、制服(誤解なきよう)フェチであることを隠そうともしない押井の言いたい放題。

それはけっこうだと思う。わたしは怒らない方の半分だから。劇場版の機動警察パトレイバーにおいて「なぜ自決しなかった!」と凄んだセリフは押井の本音か。

軍事オタクの観点からすれば、世の政治家や一般人のやっていること、考えていることのほとんどはあほらしいとしか思えないのだろう。その意味ではわたしもいわゆる“お花畑の住人”だ。オスプレイに騒ぐ人間への軽蔑を隠そうともしない押井よりも、インタビューされている沖縄県民の真後ろを、“普通に”オスプレイが飛んでいくドキュメンタリー映画「戦場ぬ止み」の映像に驚く人間だから。

軍事の観点からだけ考えていては、世の阿呆たちによって世界が動かされていることに我慢できず、かなりしんどいはず。あ、だからこんなにいらついているのか。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「清作の妻」 (1965 大映) | トップ | うまい店ピンポイント~七兵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事