事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

史劇を愉しむ 第21章「エクソダス:神と王」Exodus: Gods and Kings (2014 FOX)

2015-02-15 | 洋画

第二十章「ノア 約束の舟」はこちら

読者の社会科教師は夫婦で見て

「お~、ラムセスⅡ世か、ガナシュの戦い?戦車戦だ~。それにしてもテロまで……見方によればイスラムの狂信集団も同じかもねえ?」

と喜んでいる。なんだよモーゼのお話だったのか。っていうかエクソダスってタイトル(出エジプト)なんだから早く気づけよおれ(笑)。

モーゼとくれば「十戒」ですよね。チャールトン・ヘストン版(1956)でわたしにはおなじみ。あれ?お若い方にはどうなんだろう。

「『十戒』って知ってるよね。海が割れるヤツ。」

と飲み屋のお姉さんに確認。

「……お父さんがビデオ持ってました。」

あら。

「エクソダス」は、歴史好きか、その「十戒」を見た人なら何も解説しなくてもストーリーは知っているはず。あるいは、キリスト教徒。旧約聖書のお話ですからね。わたしは無宗教だし文学部出身だからいちおうおさらいしておくと……

時は紀元前13世紀。エジプトの王家で、王子のラムセスと兄弟同然に育てられた養子のモーゼは、出自がヘブライ人(ユダヤ人)であることで放逐される。放浪の果てにシナイ山のふもとで羊飼いの一族と合流し、妻もめとったモーゼは、神のお告げによってエジプトの圧政に苦しむヘブライ人たちを約束の地へと導くことになる。

脱出の過程で紅海が割れ、シナイ山にこもるモーゼのところへ炎が飛んで来て石に十の戒めが刻まれる……見たことあるでしょう?

ヘストンの十戒は見ていなくても、あなたはこれに関連した映画を観たことがあるんだよ。それは「レイダース/失われたアーク」。インディ・ジョーンズの最初の冒険においてお宝だったのが、十戒の石版をおさめた箱、それがアーク(聖櫃)だったんですよ。お勉強になりましたね。

今回のリドリー・スコット版は、おとぎ話に近いこの脱出劇を、かなりリアルな方向にひっぱったアレンジがなされている。ダーレン・アレノフスキーのノアにタッチは近い。以下次号

コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 「未知との遭遇」 Close Enc... | トップ | 史劇を愉しむ 第22章「エク... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
随分と (sakurai)
2015-02-23 16:39:57
力の入ったレビューになってますね。素晴らしい。
アタシ的には、見たかった方向性とまるで違ってた・・ということで、なんかなあ~でした。
ジョン・タトゥーロのファラオに違和感ありすぎて、ちょっと引いた。
専門の人には…… (hori109)
2015-02-23 20:25:21
……果たしてどう見えたのかなと気になってました。
キリスト者たちがどう考えたのだろうとも。
それ以前に、エクソダスの話がこのように語られる
ことをユダヤ人たちはどう思ってるんでしょうね。
わたしはこの映画けっこう好きなんです。
シガニー・ウィーバーが出てくると、およそ舞台が
エジプトとは思えないぐらい冷えてるのがいい(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings 予告編では理解し得ない、予想外の大満足に驚き! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...
エクソダス:神と王  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  クリスチャン・ベイル  ジョエル・エドガートン 【ストーリー】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスと袂を分かつ。その裏には、....
エクソダス 神と王 (もののはじめblog)
旧約聖書の「出エジプト記」に記されたモーゼの奇跡の数々を描いた大作。 紀元前1300年、栄華を誇るエジプトの王家で養子として育てられたモーゼが、兄弟同然に育った王ラムセスに逆らい、たった1人でユダヤ人を奴隷から解放して約束の地カナンを目指す。 「十戒」でチ....
エクソダス 神と王 (迷宮映画館)
弟、トニーさんにささげた映画は、史上最も有名な弟の話。
劇場鑑賞「エクソダス 神と王」 (日々“是”精進! ver.F)
人は、それを“奇跡”と呼ぶ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501300000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】『エクソダス:神と王』 オリジナル・サウンドトラック [ ...価格:2,592円(税込、送料込)
エクソダス:神と王 IMAX-3D/クリスチャン・ベイル (カノンな日々)
旧約聖書を全く知らなくても"モーゼ"や"十戒"という言葉はどこかで見聞きしたことあるんじゃないかと思いますが、今作は巨匠リドリー・スコットが「出エジプト記」に記されたモーゼ ...
『エクソダス:神と王』 (2014) (相木悟の映画評)
装いも新たに甦る“十戒”伝説! 昨今、流行の新解釈聖書モノの真打ちであり、唸る部分も多いのだが…。 本作は、老いてなおエネルギーみなぎる巨匠リドリー・スコット監督作。SF、ミステリー、犯罪サスペンス、戦争アクションとなんでもござれのスコット監督。今回の...
エクソダス:神と王 (Akira's VOICE)
叙事詩というより自伝的な。  
モーゼの信念 (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「エクソダス:神と王」を鑑賞しました。 紀元前1300年 エジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。 その裏には苦境にいる40万ものヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信....
エクソダス:神と王 (銀幕大帝α)
EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ 150分 アクション/歴史劇 劇場公開(2015/01/30) 監督: リドリー・スコット 『悪の法則』 製作: リドリー・スコット 出演: クリスチャン・ベイル:モーゼ ジョエル・エドガートン:ラムセス ジョン・タートゥーロ....