football smile

the days turn into months and years

J2横浜FCvs徳島(三ツ沢)

2005-04-23 | J2
Jリーグ・ディビジョン2 第8節
2005年4月23日(土)14:00キックオフ
三ツ沢公園球技場
横浜FC 1-1 徳島ヴォルティス


久しぶりのJ2です。川崎と大宮がJ1に昇格した今シーズン、案の定観戦機会は減ってしまいました。でもJ2独特のあの雰囲気というのはやはり忘れられず、レッズ戦の合間にまた今年も足を運ぶことになりそうです。

京都と福岡が開幕から好調で、それを追うのが湘南と山形といったところでしょうか。ここ数シーズン、3位争いのメンバーですね。しかし注目はなんと言っても徳島ヴォルティスです。J2初参戦の同期ザスパ草津が最下位で苦しむのを尻目に、現在2勝2敗3分という成績で6位につけています。立派です。もともと大塚製薬というしっかりした母体があったので、クラブ運営やチーム作りも上手くいっているのかもしれません。なにしろ初めて見るチームなので、一体どんなサッカーをするのか、期待に胸を膨らませて三ツ沢公園までの長い坂道を歩いて行きました。

結果は1-1の引分けでしたが、自分達のサッカーを明確に表現していたのは、断然徳島の方でした。大島と羽地のツートップの動きは良いし、片岡と金の両サイドもしっかりしています。特に右サイドの金は、突破ありパスありと攻撃の基点になっていました。ボランチからのパスの精度がもう少し良ければ、と思う場面が多々ありましたが、それでもしっかりとゲームを作っていました。その中心にいたのがベテラン司令塔の伊藤彰です。なんとこの選手、埼玉の武南高校出身で、川崎→大宮→鳥栖→徳島と渡り歩いた苦労人。典型的なトップ下のプレースタイルはまだまだ健在で、この日もフル出場でチームを引っ張っていました。パスの出し所とかスペースの作り方とか、渋いんですよね。

一方、個人技では上回る横浜FCですが、どうも中盤でボールの収まり所がありません。守りから攻めへのつなぎが今ひとつで、城と久保田に預けた後のフォローが続かず、二人の突破頼りでは徳島の3バックは破れません。結局シルビオのミドルシュートで同点に追いつくのがやっとでした。

この日の試合で知っているのは、横浜FCのFW城彰二(元日本代表)とGKコーチの田北雄気(元浦和レッズGK)くらい。しかしサッカーマガジン特別付録の選手名鑑を見ながらの観戦は、それはそれで楽しいものです。「へえ、あの上手い選手、やっぱりJ1でプレーしていたんだ」みたいな。何だかのんびりしていていいよね。観衆5024人、天気の良い土曜日、青い空と緑の芝に挟まれたスタジアムは、いつだって幸せいっぱいです。
コメント (2)   トラックバック (1)