今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

シドヴィシャスのマイウェイ

2019-07-31 09:32:19 | Weblog
毎晩YouTubeでシドヴィシャスのマイウェイを見て眠る。
ショービジネスの華やかな舞台に迷い込んだ野良犬のようなシドの恐がっている目。

自分の立つ場所は自分で決める、なんて嘯いているけれど、流されて流されてここにいるような気がする。
コーヒーロースターになる、って決めたのも、どこにも居場所がなく、出来ることもなかったから。
追い込まれた先にあったたったひとつの場所。

シドはどんな気持であの舞台に立っていたんだろう?

普通の人、普通の暮らし

2019-07-31 09:32:19 | Weblog
最近、チェーホフをずっと読んでいる。
普通の人の普通の暮らし、どこにも感情の逃げ場がなかったり、
何か信じられるものがあれば救われる人がいたり。
やぱり、神がある国の話だなあと。

神様っているのかしら。

トマトと氷をジューサーでトマトジュースにして毎朝飲んでいる。
焙煎を繰り返し、梱包を繰り返し、店番を繰り返す。
たくさん飲んで、眠る。
繰り返しを繰り返す毎日。
生きている意味があるのだろうか?
なんて昔は考えていたんだけれど、今考えると不思議だ。
無神論者だったくせに、意味は必要だと思い込んでただなんて。

神様がいたらよかったのに。

目が覚めるから今日を生きる。
一秒後に人生が終わるかもしれない。
だから、やるべきことをキッチリと。
普通の私は、今いる場所で繰り返しを繰り返すんだ。

このまま、掛け違えたまま生きていくのか、それとも直そうとするのか

2019-07-30 10:17:51 | Weblog
昨日延長戦で150球をこえた投球をした投手が、30度をはるかにこえる炎天下14時プレイボールでまた投げている。
決勝戦、甲子園、たぶん17歳。
なんだか辛い。
良いとか悪いではなく、ただただ辛い。
夢ってなんだろう?
誰かが作ったシステムは、長い年月が経つと誰も変えることが出来ない化物になるんだ。
誰か、そう、人が作ったんだ、だから人が変えようよ。
ケガが無いことを祈ります。

N国に投票した比率が一番多い県に住んでます。
なんだか辛い。

自分が無力であることを辛いと思ったことはない。
きっと、力を持っている人は私とはくらべものにならないくらい辛いことがたくさんあるんだろう。

どこかで、掛け違えたんだ、きっと。
このまま、掛け違えたまま生きていくのか、それとも直そうとするのか。
どっちを選ぶんだろう?
そして、私はどうするのだろう。

私が本を出す必要などあるのだろうか?

2019-07-29 08:19:38 | Weblog
自分の知っている人もほとんどいなくなり、社会は変わっていく。
そんな中で生きているって、どんな気持なんだろう。
101歳の祖父と会い、そんなことを思った。

全部自分で抱え込むことを止めた。
がんばれば出来ることは、がんばらなくても出来る人にやってもらう。
出来ないことは、出来る人にやってもらうんだ。

酒量と睡眠時間が増えた。
その上、もりもり食べるようになった。
ゆえに太った、ズボン(パンツとは言わない)がキツイ。

知らぬ間に子供たちは夏休みになっていた。
娘は補習、息子は部活、なーんだ、いつもと同じじゃないか。
なんだか、世界にひとりだけおいてけぼりにされているような感じがする毎日。

昨日、息子とブックオフへ行った。
チェーホフとカミュとクライムリーを買った。
3冊で324円、私が本を出す必要などあるのだろうか?

金曜の夜、図書館でのイベントを終え館内を出ると前の公園から、阿波踊りの練習の音が聞こえてきた。
イベントとしての阿波踊りは苦手だけど、一生懸命練習している人たちの気を感じられるこの季節は好きだ。
この町にうまれて育ってよかったと思う。


甘いコーヒー

2019-07-27 08:27:07 | Weblog
毎朝ごはんのあとはアアルトブレンドを飲む。
渋い日もあれば、濃い日もあり、酸が立っている日もある。
最近、甘いんだ。
コーヒーの甘さってなんなんでしょうね。

先日大阪の純喫茶店でアイスコーヒーを飲んだ。
やけに大きなガムシロップのピッチャーがついてくるなと思いながら飲んだ。
苦い!
たっぷりシロップを注いで甘い甘いコーヒーを飲んだ。

オーダーミスで粉にしたマンデリンを飲んでいた。
2週間くらいたって、淹れるときの膨らみも弱くなり、あーそろそろダメかしら、
なんて思って飲んだコーヒーがとても甘くやわらかだった。
あれ、挽きたてが一番おいしいってオレ言ってなかったっけ?

わからないことばかりだし、うまくいかないことがほとんど。
人生もコーヒーも。
これからもずっとそうなんだろう。
だけど、甘いコーヒーがあれば、それも悪くない、うん、全然悪くないよ、ね。

14gで働いてくれる人、引き続き募集しています

2019-07-26 10:07:58 | Weblog
11月から14gで働いてくださる人を募集しております。
14gがまあまあ好きな人だとうれしいです。

なにも出来ない、なんにもないって人がいいな。
自分がある人は自分で始めれるべきだ。
言われたまま受け入れキチンとやりあげられる才能を持った人に来てもらいたい。
イエスマン?ただの労働者?
仕事に自分を出さないというのは立派な仕事なんだ。
言われたことをキッチリやり続ける、それが出来るとそこには自分が出ているんだ。
意識的なものより無意識に出る自分。

偉そうでごめんなさい。
黙っていたら何も言われません。
聞かれれば正直にすべて話します。
応えるように努力します。

あいかわらず何言ってるからよくわかりませんが、求人案内です。
よろしくお願いします。

「信じられないかもしれないけれど、毎日楽しいんだよ」

2019-07-25 09:08:03 | Weblog
梅雨明けしたようです四国。
あいかわらず毎日焙煎してます。
この季節にこんなに焙煎出来るなんて考えたこともなかった。
ほんと感謝です。
どんなに焙煎したくても、オーダーがなければ焙煎出来ません。
趣味じゃなく、仕事ですもの。
とても恵まれているなあと思います。
普通のコーヒーしか作れませんが、誠実なコーヒーを作っていきます。
人としては全然ダメダメですが、お付き合いいただけているみなさんの
おかげで普通に暮らさせてもらってます。
ありがとう。

もうすぐ8月、あいかわらず焙煎して梱包して店番して、たくさん飲んでたくさん眠ります。
たまに妻が「生きてて楽しい?」と私に聞くことがある。
そんなときは決まってこう答えるんだ。

嘘をつくこと

2019-07-24 10:50:43 | Weblog
人は嘘をつく。
保身のために。
いや、ただなんとなく。
理由もなく嘘をつくこともある。
ばれたら謝る。
それでいいやん。

じゃ、ダメなみたいだね、世の中。
嘘をついたのが悪い、って言っている人は嘘をつかないのだろうか?

嘘をついても権力があれば謝らなくていいみたい。
っていうか、嘘が本当のことのようになる。
嘘であったことが嘘になる。
それはいいんだよね。
だって、みんな怒ってないじゃん。

嘘はよくないよ、どうせバレる。
バレなければバレないで、自分の中に澱のように溜まっていく。
そんなことを感じない人は、どうどうと嘘をつけばいい。
でも、普通の人は苦しくなるんだ、そうだろ。
もっと、怒らなきゃいけないこと、たくさんあるんじゃないのかしら。

なんてこと思いながら今日も焙煎しています。
とにかく、嘘のないコーヒーを。
私は嘘つきだけどね。

って、クレタ人のパラドクスみたいな話に着地しました。

憧れられたくない、ずっと誰かに憧れていたい

2019-07-23 14:11:06 | Weblog
音楽が好きだ。
若い音楽家(本来はこういう言い方は好みじゃないんだけれど)の音楽を聴いていると、
すごいなーって思う、もはや洋楽(こういう言い方も好みじゃない)との境が無くなってきているように思う。
器用だなあと思うし、センスがいい。
なんてことを考えながら20歳の女性シンガーの歌を聴きながら、あれ、これってきっと、
コーヒーも小説も飲食店も雑貨店もそうだよなあと気付いた。
全部自分にかかわるものだけど、あまり気づいてなかった。
基本的に、自分のやっていること以外に目が行かない視野狭窄、そう余裕がないんだよなあ。
かっこいい先人に憧れながら、いろんなことを真似しながらやってきた。
これからは、若い人たちのやっていることに憧れながら、ドキドキしようと思う。
憧れられたくない、私は一生誰かに何かに憧れていたいんだ。

希望は、どん底にいるものにしか見えないんだよ

2019-07-22 22:01:24 | Weblog
デカルネロカステ大阪でのコーヒー教室。
とても楽しい時間をありがとうございました。
また行きます!
あっ、三重にも!

今日は家族サービス。
朝は家族四人で純喫茶でモーニング。
女性チームと分かれて、息子とミナミをブラブラ。
本を買ったり、串かつ食べたり、ボーリングしたり。

夕方梅田で合流。
たくさんの買い物袋を持ったニコニコ顔の娘。
中2で色気づきはじめた息子の服を買い、みんなでお好み焼き屋。
たくさん歩いてたくさん食べた。

大阪に2日いる間に、選挙が終わり、大きな芸能事務所が混乱していたらしい。
実家に犬を迎えに行って帰宅。
明日からまた早起きして焙煎。
生きてるっていいな。

ちょっと、疲れが溜まってるみたい。
いろいろありますが、自分のやるべきことをコツコツと。
大阪にいる間に世界は動いていたけれど、社会は簡単には変わらないと実感する。
選挙が終わった瞬間、山本太郎の演説を流すニュース番組を見ながらそんなことを思う。

希望は、どん底にいるものにしか見えないんだよ。
だから、大丈夫だ。