今日も髪はクルックル

コーヒーロースターの毎日です。

2021-06-21

2021-06-21 11:56:14 | Weblog
昨日とおなじく湿気がなく気持いい。
焙煎終え昼前ビール。
これぞ休日。
最高の天気の日にどこにも行かず犬とうたたね。
これ以上、何がいるっていうんだ。
心が平穏であること。
身体が健康であること。
それがしあわせというのだろう。

深煎りガテマラ、土曜日の店頭で完売しました。
かなりいい出来だったと自画自賛していたらたくさん買っていただきました。
また焙煎しようと思っています。
その際はこちらでアナウンスしますね。
よろしくお願いします。

昨夜息子がお菓子をたくさんプレゼントしてくれた。
高一なのにかわいらしい。
そんでもってハウスプリンミクスも買ってきてくれて作ってくれた。
子供のときによく食べてたという話を覚えていてくれたみたい。
今朝食べた。
40年ぶりくらいかしら。
舌が味を覚えていた。
そうこれこれ。
記憶は決まって美化してしまう。
そんなことはなく、昔食べた以上においしかった。
そう言うと妻が「トモロウが作ってくれたからじゃない」と言う。
そうかもしれないな。
科学的じゃなくても、エビデンスなんてなくても、確かにあるものはある。
そんなことを思った。


















































































2021-06-20

2021-06-20 13:31:28 | Weblog
父の日。
ということでなんにもせずに休むことにした。
とは言え、いつもの時間に目覚め布団の中でスマートフォンを触ってゴロゴロしていたけれど
つまんなくなってなぜか散歩。
湿気がない素晴らしく気持がいい。
帰宅後、水槽の掃除と水替え、犬の散歩からのシャワー。
スーパーマーケットに特売の玉子と油を買いに行き、帰って遅めの読書。
ドラッグストアにもろもろ買いに行き(スーパーマケットと使い分ける能力を持ってます)
帰宅後、読書。
娘が玉子焼きを作ってくれたのでレモンサワーとハイボールの昼食。
マグカップをくれた。
そういえば娘とふたりの食事なんていつ以来だろう。
以前呉れたマグカップは熊の絵が描いてあった。
今回の青みがかったグレー。
17歳、大きくなったなあ。

息子の試合は勝ったのかしら。
妻は14g、忙しくしてないのかしら。
そんなことを思いながらスワローズ戦をテレビで見ながらハイボール片手。
そのうち犬と一緒に昼寝するんだろう。
私にもこんな日があってもいいんだよね。

2021-06-19

2021-06-19 07:47:52 | Weblog
6時前に娘を学校に車で送って行った。
今日が最後。
いろいろ大変なときだけど、がんばれよー、ってもちろん声には出せなかったけれど
心の中でそう言って見送った。
そろそろ雨が上がりそう。

なぜか北村薫の「私」シリーズを最初から読み直している。
今更だけどいいシリーズだな。
最近また読みたい小説がたくさんある。
そういうときは書けない。
書けないというより書く必要がない。
コーヒーの時もそうだった。
私が何かを作るのは自分が欲しいと思ったとき。
自己を満たすためが動機。
不純だ。
だけど、そこからしかはじめられないのだからそれはそれでいい。
そう思えるようになってからいろんなものを始めたり止めたりすることが苦じゃなくなった。
そして、それを必要としてくれている人が少なからずいるとわかった今は幸せだ。

それもこれもコーヒーという背骨があるから。
ううん、コーヒーが背骨になったから。
コーヒー飲んでくれているみなさんのおかげです。
ありがとう。
もっといいコーヒーになるようがんばります。
始まりは自分のためだったけど、今は全然違う気持。
人は変わる。
それでいいんだと思う。

2021-06-18

2021-06-18 09:40:41 | Weblog
創造と労働のバランスをキッチリとるのが自営業で生き延びるコツだってさっき気付いた。
どっちかだけでも辛いし、バランスが悪くなると苦しくなる。
何対何って単純な話じゃない。
人によって違うし、自分の調子によっても変わる。
日々自分と対話しながらそのバランスを調整するのが一番の仕事なのかもしれないな。

娘、部活高校最後の四国大会(なぜか全国大会は中止)。
マネージャーは会場に入れないらしい。
学校から一緒にバスで行って外で待機。
なんなんだろう、これ。
首相は子供たちに希望を与えるためのオリンピックって昨夜テレビの中で言っていた。
希望って誰からもらうものなのか?
自分がやることを奪われるのは絶望じゃないのか?

国は五輪、徳島市は阿波踊り。
怒ってます。
いや、もうね、悲しみロックフェスティバルです。
今度の衆議院選挙は本気で考えないと大変なことになりますね。
いや、徳島市長選も、市議会選も、そう、すべての選挙を真剣に考えないとだ。


2021-06-17

2021-06-17 07:43:00 | Weblog
自営業が自分に合っているのは、時間を自分でコントロール出来るからだなと思う。
時間だけじゃないか、人間関係とか、大体のものを。
イヤなことをしなくてもいいんだもんな。
だけどそのためにキツかったり大変なこともたくさんある。
でもね、キツかったり大変なことはイヤなことをするよりはずっとストレスが少ないみたい、私には。
自営業がいいっていってるわけじゃなく、ただ私には合っているっていうだけ。
たまに会社をやめて自分ではじめたいって相談をされるときがあるけれど、
きちんと答えられたことがない。
みんな違うし、その人の本当のところがわからないから。
ビジネス本とか自己啓発本を開業前にたくさん読んでわかったことは、
この人は私ではない、ただそれだけのこと。
それだけのことを知るためにたくさん読んだ時間は全然無駄ではなかった。
少ない量や時間でわかるものは薄っぺらくて耐久性がない。
ひとつのことをやり続けないのならそれでいい(別にそれが悪いなんて全く思ってません)
だけどそれでやっていくって決めたのなら、たくさんの時間と量を使ったほうがいい。
薄っぺらい知識や人間関係は邪魔なだけ。
ニセモノでも続けていくことは出来るんだ。
真面目にやっていればね、必ず。

2021-06-16

2021-06-16 09:22:49 | Weblog
アルヴァーブレンドの話。

ここ最近アルヴァーブレンドをたくさん焙煎している。
いや、最近だけじゃない、たぶんずっとアルヴァーブレンドを一番焙煎している。
アアルトコーヒーじゃなく、もはやアルヴァーコーヒーでいいのかもしれない。
いやいや、よくない(笑

だけど私はあんまり深煎りコーヒーを飲まない(味見はする)
毎日アアルトブレンドを飲んでいる。
今朝ひさしぶりに昨日焙煎したアルヴァーブレンドを淹れて飲んだ。
あれ、思ってたのと違う。

全然苦くない。
深煎りなのに。
どうしたアルヴァーブレンド。
なぜ人気なのだ。

ズシッとした重さはある。
そして丸い。
なにより甘い。
これ悪くないんじゃないか、いや、いいよこれ。

って、自慢みたいないやブログになってますね。
そうじゃなくて、おんなじことをずっと繰り返してたらこんなとこまで来れるんだなあと。
って、やっぱ自慢じゃん(笑
なにが言いたいかというとアアルトコーヒーのアルヴァーブレンドを飲んでくれてありがとうってことです。

いやいや、アルヴァーブレンド以外のコーヒー飲んでくださっているみなさん、ありがとう。
まだまだコーヒーよくなるはず。
お付き合いいただけますよう、祈るように焙煎していきますね。
無神論者だけど(笑


2021-06-15

2021-06-15 14:33:54 | Weblog
今の時代に当たり前に行われていることが出来ない。
技術的であったり心情的であったりするけれど、
結局のところ誰かに迷惑や不便をかけている。
わかっているならやればいいじゃないと思うのだけれど、
うーんと頷かない私がいる。
面倒くさい人だ、あいかわらず。
時代遅れや頑固であることがいいなんてちっとも思っていないのになあ。

そうなんだ、よく考えれば生まれてこのかた一度だって時代と合ったことなどない。
ずっとズレて違和感だらけで羨ましそうに遠くから見ていた。
ベストセラーの音楽や小説がちっともわからず、
好きな音楽や小説を読んでいると変わってると言われ、
それがスタイルなんでしょみたいな揶揄をされ、
そうこうしているうちに自分でもそういう人なんだと逆にそっちに寄せていき、
さほど好きでもないそっちよりのものを好んでいるふりをしていた。
なにやってたんだろーな、オレ。

時代になんて合わなくても楽しく生きていける。
今なら心の底からそう言える。
だから自分の思うことをやるし言う。
そうすると生きにくくなるのは間違いない。
だけど自分で責任をとればいいだけのこと。
こっちのほうが全然ストレスが少ないんだ、私には。

家族が出来たおかげでやるべきことが見つかった。
感謝しかない。
人は人のためにしか生きられないのかもしれないなあ。
って、もちろん人それぞれだけど。

2021-06-14

2021-06-14 13:25:48 | Weblog
父の日が近いせいかギフトの問い合わせがちらほら。
ドリップパックやリキッドパックなど。
作ってないと言うと結構な確率で驚かれる。
そしてギフト対応(ラッピングや箱など)していないというと
さらに驚かれる。
そりゃそうだよな、今どき。

鮮度が命だって言ってるから加工品は作りません。
ギフトは送られるかたが箱や包装紙を選んで包むことが大切なんじゃないかしら。
そう言ってます。

偉そうにすかしてんな―って自分でも思います。
でもね、自分で基準を作って守らないとブレブレになっちゃうんですよ、わたくし。
これと言ってこだわりも信念もないから、決めたことは守ることにしたんです。
ご不便をかけることもあると思いますが、あいつまたやってんなーって笑いながらお付き合いいただけるとうれしいです。

全部は出来ない、ならば何をやらないかだ、仕事で大切なことは。
人生もそうなのかもしれないな。
全部はいらない。
必要なものは何?
それを自問自答し続けている16年目のアアルトコーヒーです。

2021-06-13

2021-06-13 08:55:54 | Weblog
至る所にガタがきている。
なーんにもせずボーっとしていることが得意だったはずなのに、
いつからかなにかをしないと無駄な一日になると思うようになった。
ずっと無駄な時間を過ごしてきたからだろう。
でもね、なーんにもしなかった時間に知らず知らず身に付いたもので、
なんとかやっていけている事実がある。
音楽や本は役に立たないかもしれないけれど、
それらのおかげでコーヒーをロースト出来ている。
直接的な因果関係はないかもしれないが、私の中では確実なことなんだ。
で何が言いたいかというと、妻が仕事に行っているときに休む自分を正当化するいい訳です。
でもって、男が働き女が家を守る的な時代遅れの差別主義的な思想が、
まだまだ自分の中に存在するという事実と向き合わなければいけないなあと。
親と子供の関係もそう。
理不尽に叱るときがあるのは、自分に非があると知っているうしろめたさなんだと自覚すること。
ダメな自分を少しでも更新出来るよう書いてます。
自分の中で処理できるほど強くないんだなあ、わたくし。

そういうわけで、今日は全力で休みます。
よい日曜日になりますように!

2021-06-12

2021-06-12 09:36:48 | Weblog
ひさしぶりの雨予報だったけれど起きたら風が強い曇り。
あーあ。
焙煎前に庭に水撒き。
シャワーキャップが緩んでいたらしく短パンがびしょ濡れ。
びしょってなんだ?
会社員、いや大学生の時も雨に濡れるのがイヤだった。
高校まではレインコートなんか着ないで雨の中を自転車で走っていたはずなのに。
自営業になってから傘をさすことが減った。
雨に濡れるのもいいもんだ、なんて思う。
Tシャツに短パン、ビーサン、そりゃ濡れてもいいよ、っていうか濡れるためにそんな恰好しているのかも。
服を着たまま水に濡れるって気持いいんだよ。
そういえば、田島列島の漫画の主人公たちは服を着たまま海の中に入る。
それを見ていいなあって思った、いや、今これを書いていてそう気づいた。
うらやましかったんだ。
服を着たまま海に飛び込むのはイケナイことだ、いつからそんな風に思うようになったんだろう。
自由でなくなる原因は自分なんだな。
いつから本当に好きなものを正直に言えなくなったんだろう。
自然に言える人がうらやましかった。
自然に出来ない私は意識的に本当に好きなものを言うようにした。
不正直者の意識した正直。
良い人じゃない私にはそういうやり方しかできない。
でもね、ラクになった。
だって、誰もそんなに自分のことなんて見てないんだから。
そう考えると有名人って大変だな。
そして、自然に見えてた人も本当に自然だったのだろうか。
がんばってたのかもしれない。
想像力が足りないな。
今度、海に飛び込んでみよう、服を着たまま。
いや、海はべたべたするから川にしよう。
いやいや、そこは海でしょう、どう考えても。
川じゃ絵にならないじゃない。
でもね、川のほうが気持よさそうだよね、正直なところ。