頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3秒前。

2006年06月30日 | 福祉・手続きのお話。
バーちんは、自分の身に何が起こってしまったのだか・・イマイチわかっていないようです。
最近、やたらと「何でこんなことになってしまったの?」って。
始めから説明しても・・すぐにわからなくなってしまって。
何度も同じ説明をしました。
でも・・少しだけ、意識がハッキリし始めたとも言えるかなぁ。未だに、時々歩けるし、料理も出来るって思っているバーちん。
動かない身体の一部がわかってきたのかなぁ・・。
わかってくれれば・・危険が少し回避出来る。それゆえ・・嬉しいのですが。


今日は叔父が病院に。
本当は私が行くつもりでいたのだけれど、トイレの改修工事(取り付け)があったり、電話がきり無く・・とうとうバスの時間が過ぎてしまい諦めてしまいました。

で、昨日に引き続き、またまた叔父に電話して・・顔だけ見に行ってくれぇ~と頼みました。
叔父は私が頼むと、大概喜んで聞いてくれます。
叔父は自営業・・水処理の会社をやっています。なので、現場が病院の通り道だったりすると、必ず顔を見に来てくれていました。
それももうすぐ終わり。
だから、最後の日曜日もお願いしてしまいました。私は最終チェック

で、やっぱり・・バーちんは叔父に「何でこんなになっちゃったのか教えて・・。」って言ったそうです。
叔父が説明すると、わかったような・・わからないような。
入院して丸8ヶ月・・本人にもそうは思えない時間のようです。
わからないことが・・良いのかも・・・。辛かったヨネ。本当に。






昨日、夕方にレンタル車椅子が届きました。今度こそバーちん専用。
バーちんの好きな紫で、シートは黒。
介護者のみならず・・利用者の乗り心地を考えて作られたっていう・・ぬぁんとスエーデン製。
ゼリーちゃん入りクッションを付けて・・900点。
ちょちっと高めの車椅子?です。
痩せてしまって、皮が骨に刺さる感じ・・特にお尻と背中・・のバーちんゆえに、考えて考え抜いた車椅子。
肘の部分と、ペダルが抜けます。
背もたれクッションが微妙に調整できます(左に傾きがちなばーちんの肋骨を少し押す形に)安全の為に、今は自走出来ないようにワッカは外してあります。

レンタル会社の若くてカッチョいい担当者さん(結婚指輪をしてました・・)車椅子の勉強をしているんですって。
勉強させてくださいって・・その車椅子を薦めてくれるにあたり・・なんとリハ病院のPTさんにアポイントを取って・・病院まで行ってバーちんに合った車椅子を二人で選んできてくださったのです。
そして・・一応家族に見せてくださった上で・・今度はバーちんを乗せての調整を取るために・・再度PTさんとアポイントをとり・・家に来てくださったその足で病院へ車椅子を持って行ってくださいました。
普通そこまでしてくれるものなのかわかりませんが、おかげで今日から3日、バーちんは自分の車椅子でPTを受ける事が出来ます。
本当に、嬉しくて・・レンタル会社のYさんに、抱きつきたい気分でした
で、バーちんは・・やたらと叔父に「いくらしたの?」って聞いてたらしいです
コメント (4)

当たり前のことだけど・・。

2006年06月29日 | 私。
梅雨はどこ??ってなくらいの暑さです。
小ひまわりがとうとう一本咲きました。
風船葛も、毎日凄い成長振りです。
バラも色を付けました。
こちらはまだ蕾がぎっしり付いています。
毎年本当に一輪しか花を付けなかったのに・・私って凄い!?


今日から娘達も平常授業。
修学旅行から戻った長女は、代休の1日目はひたすらバーちんに尽くそうと努力をしてくれていました。
修学旅行から帰った日に・・ちょっと私が失礼なことを娘に言ってしまったので・・大反省をしましたが、娘なりに一生懸命にバーちんのこと考えてくれてはいるんだと再認識しました。
一人で大変がってる私に、気を使ってくれてるのがわかりました。
代休の二日目は、美容院に行って・・友達と遅くまで喋ってたようです(まったくね・・散々修学旅行で喋ってきただろうに)私はバーちんを病院に送って行ってたので・・安心して遅くまで喋ってた?塾ギリギリで帰って来たらしいぃ。

次女は、職場体験で近くのディサービスに3日間無事終了。
朝の8時半から4時半まで、利用者さんたちにお茶を出したり、おやつのお皿やコップを洗ったり・・最後の日は話し相手もしてきたようです。
本当は、ミスドに行きたかった娘だけれど、第二候補にディを選んだのも、おそらくバーちんのことを思ってくれているからだと思います。
どの方も、バーチンよりはお元気だったらしく・・次女なりに、今後のバーちんのことを心配してくれていました。
バーちんのような状態で、果たしてディでやっていけるのか・・マイペースでシャイな次女がバーちんの今後を心配してくれたことが何よりの成果だった気がします。
今時の中学生の娘達・・いろいろむムカつくこともありますがぁ・・二人とも一生懸命。面倒くさい・・が口癖の娘達も、やるときゃやるってことですね。
本当は、一番私が知っていたはずなのに・・。時々忘れてしまいます。
とにかく、元気で学校に行けること、それが何より私にとっても娘達にとっても幸せなことだって忘れないようにしなきゃです。




今日は午前中、やっとまともに掃除をし・・ジィーと買い物に行ってきました。
いよいよジィーとバーちんの2階の部屋から、1階の元駐車場の部屋へお引越し。
細かいものの運び出しのために、7箱収納ケースを買いました。
箪笥は一つ納戸に下ろせたけれど、他の家具の移動が大変なので・・いずれその部屋に移動する孫一号がそのまま使うことになりました。
年子の姉妹・・一緒の部屋でもいいじゃん!と思っていましたが、好都合にそれぞれの部屋が持てるので結構喜んでる娘達です。

やっぱり娘達のことも・・しっかり見てかなきゃな
まぁ・・勝手に育つとは思いますがぁ。


バーちんのことでだけは、絶対に喧嘩しないように・・私が気をつけようと思います。
そうそう・・旦那とも。




今日はこれから車椅子の納入です。
ので・・病院は伯母にお願いしました。
どうしてるかなぁ~バーちん。
明日はトイレの改修工事が入ることになってしまいました。
退院前でよかったんだけど・・。う~ん・・病院行けるかなぁ~
コメント (6)

とりあえず・・。

2006年06月28日 | 福祉・手続きのお話。
なんとか、一日外泊は終了しました。

いろいろありました・・。
もう一杯かきたいことあるけど・・やることも一杯なので改めて・・。


無事、病院へ帰っていったバーちんです。
「やっぱり、家がいい・・。」と皆に言ってました。(看護士さんやリハの先生に)
家より病院がいいと言われなくて・・良かったですぅ。
なんか・・リハの時間がなくて、ゆっくりできちゃった・・ってのも問題!なんて言って、ちょっと皆で笑ってましたが~本当はもの凄い疲れさせてしまったみたいです。
病院に着くなり、よれよれで、車椅子からも落ちそうに身体が傾いてしまっていました。
夕飯を遅らせていただいて、ベットで安静に。ごめんねバーちん。


退院までの4日。もう少し改善策を考えねばと思っています。
いろんな意味で・・今はやっぱり大変だろなぁ~と再認識もして。


まー1ヶ月後を楽しみに・・私の出来ることをやってくだけですね。


とりあえず・・。
コメント (4)

一時外泊(1)

2006年06月27日 | 母の話
流石晴れ女の私ですな。

今・・バーちんのお友達が二人来て下さってるので・・私はチョイと休憩です。
でも・・実はバーちんはお昼寝してます
ジィーがそのお友達の相手をしています。

いやぁ~本当に・・ゼリーちゃんの言ってた通り・・トイレ・飯・ベット・・の繰り返しで、一日が終わりそうですよぉ

今、3時。
家を8時半に出て、病院に迎えに行ったのが10時前で(バスが朝の渋滞にはまってタクシーも使いました)修学旅行から昨日帰って疲れてるだろうに、娘も同行してくれて。
で、着替えをさせてもらって(これが、超新人のヘルパーさんなのか看護士さんなのか・・全くもって変!!麻痺手を最後に服に押し込もうとしたり・・三角巾の縛り方もわからず)薬の説明を受けてた私は、気が気でなく。
たまらず私・・「一度脱がして麻痺手から着せましょう!」って言って手を出してしまいました。まずかった??

で、市の介護車に送って頂いて・・タダで自宅に戻りました。ラッキーです。
バーちんは、モゴモゴと相変わらず言語が良くないけれど・・帰れることはとっても楽しみにしていたようで、STさんにも「9時半に迎えにくるの」っていってたそうです。(遅れちゃったけどね)
STさんが、自宅で出来るSTリハ・・口の体操のやり方を書いてくださって、パウチしてくださいました。う~優しいよぉ・・。

疲れ果ててるバーちんを着替えさせて、ベットに移乗し、少し寝たら?といった矢先。
「トイレ・・」
寸前で間に合いませんでした・・残念。でも大丈夫、なんとか慌てず始末は出来ました!(キャーこの程度で大丈夫もないですねぇ)

それから昼ご飯は焼きうどん(半分食べるのがやっとでした)・・トイレ(出なかったけど)・・二回のトイレでもう背中までビッショリな私。バーちんに風邪をひくから着替えたら?って言われてしまいました。

で・・帰宅後5時間して・・やっと少し落ち着きました。

ナカナカ・・オホホ・・・です。

その間も、娘とジィーとで軽く揉めたり・・私とジィーとがムッとし合ったり・・。なかなか楽しく迄はいきませんねぇ

まぁ~なんとかなるさケセラセラです。

さて、第二ラウンド開始です




コメント (9)

おかえり。

2006年06月26日 | 家族のお話。
今日は、ディサービスの契約をしに・・担当者である介護主任さんが自宅にいらした。
とても暖かい言葉で、とにかくバーちんにとって・・介護する側の私や父に、少しでも負担が少なくて済む様に・・協力させてくださいねとおっしゃってくださった。ばーちんの体調を見ながら・・無理しないように預かってくださるそうだ。
土曜日には入浴も出来るし・・バーちんにお友達でも出来たら・・最高なんだけどなぁ。最初は慣れるまで大変だと思うし・・バーちん、頑張ってくれるといいなぁ。

それから、レンタルの担当者さんもいらしてくださって。
ケアマネさんも同席で、車椅子を決定(座りやすく、安全で、介護しやすいってことを第一に)ベットマットも、ゼリー入りの無圧タイプに替えて貰った(ゼリーちゃんが入ってるから、無ニュ無ニュして気持ちよいのだぁ)


トイレの手摺の住宅改修の申請をして。
なるべく早くつける為に・・償還払い(全額一時負担で約5万)で申請できることになった。
リース10回分だから、この場合はお得かもしれない
このリース屋さん。すごい親切で優しくてカッコいい兄ちゃん
商売だから・・ってのもそうだろうけど、まるで療法士さんみたいに・・いろいろ教えてくださった。


そんなこんなで今日も終了。
病院に行ってくれた叔母にお礼の電話を入れたら、明日の外泊をとっても楽しみにしていたって言ってくれて。
なんだかとっても安心してたって。ウレイシィ


でもって・・娘も無事修学旅行から帰ってきて・・それぞれにストラップのお土産を買ってきてくれた。
楽しかったみたいで、本当に良かったねぇって・・久々に喜んで話を聞いてあげたりしたんだけど・・。

最後は何故か・・喧嘩に。
まぁ~私が期待しすぎで・・あまりにも娘に頼りすぎ・・ってやつなんだわね。
反省もしてるけど・・どっと疲れた。


気を取り直して・・何より家族が明るく楽しくなければね。
バーちんに心配掛けることだけはしないようにしなきゃね。

明日の外泊・・市の介護車が迎えに来てくれることになってます。無料だよん

なるようになるさ・・ケセラセラで・・ね


コメント (7)

一時帰宅。

2006年06月25日 | 母の話
梅雨らしい今日です。

しみじみと・・昨日一時帰宅して、良かったなぁって、思った今日なのでした。
来週、一泊したら・・もっとリアルになるのでしょう~ね。
怖気ずいてはおりませーん!!
待ち遠しいですもちろんたっぷりと不安だけどね正直な気持ちです。

やっぱさ・・いろいろ一人では大変だぁと・・想像がちょっとリアルになった昨日だったので、少しでも家の中を整えておこうと、今日は病院をパスして朝からずっと動いていました。
昨日も、いつのまにか目が閉じていて・・なんだか興奮してたし・・肩こり凝りの一日だったです。
でも、バーちんは帰る実感を持てたと思います。
本当に、家でのバーちんは、しっかりとしてました。
いつもより、声の出方も家の中ではよかったのですよぉ~

心の中・・きっといろいろ考えていたんだろうなぁ・・。と思います。


やっぱり疲れたバーちんは自宅から、病室に着くなり目を閉じて。
身体はぐったりしてました。本当に、お疲れ様の一日でした。

片道30分。介護タクシーの運転手さんは、これで2度目の利用です。
大学病院から転院する時に、SWさんに紹介していただいた方で「でしゃばらず・・楽しく」バーちんを迎えに来て、再度送ってくださいました。
我が家と同じ、ノアの改造車えりちゃんとこも一緒ね
リフト付けたいなぁと想いマシした。でも60万と聞いて・・・絶句
一生懸命にバーちんや、私を心配しアドバイスしてくれたりしました。
個人でやってる介護タクシー。これからもお願いすることにしました。


自宅にいたのは一時間半位。

八ヵ月振りの帰宅に、バーちんは家の前に着くなり泣いていました。
思い切り、泣いていました。

私はしみじみしている暇もなく…バーちんの為に来て下さった方達の車の誘導に忙しかったのでした。
ジィーはバーちんに付きっキリで回りは全く目に入ってなかったみたい。部屋の外
で病院のPTさんを待たせちゃってました…。

訪問リハビリ以外の担当者さん達が、全て今日に合わせて家まで来てくださいました。
まだ、本契約を終えていないディと、通所リハの担当者さんも、それぞれが「ゆっくりやっていきましょう」と言ってくださいました。
どちらも、受けてくれる気持ちを固めてくださったと思います。
ただ・・今のバーちんの状態を、それぞれが心配な様子だったので、今後のことはゆっくりと。その時々で受け止めていこうとも思いました。

リハ病院のPTさん、、ケアマネさん、レンタル業者の担当者さん、訪問看護士さん、それぞれが一生懸命バーちんの為に考えてくださいました。

ベットの設置でまづ悩み、車椅子にまた悩み。
フローリングの床の上に直に皆さんは座られて・・丸くなっての担当者会議です。
座布団も出さず・・飲み物も出さず・・・私って本当に余裕なかったです。
それぞれのモチベーションで、真剣にバーちんのこと考えてくださいました。

結局、話し合いで、ベットマットの変更(布団を敷かないタイプに)と、車椅子の変更がありました。
本当は、自走式の低い形にするつもりだったのですが、介助方や移乗のし易いタイプに替える事になりました。
それは、バーちんの危険を防ぐ為に。部屋の中での自走は、やはり危険かもしれないってことと・・今は、それよりも座りやすく、介助しやすいことが良いってことに皆さんの意見が一致したのでした。
今後の回復によって・・・それも変更していこうということに。
いつか・・・自走式になれることを祈って。
もしそうなれなくても・・今はバーちんが安心して生活出来れば・・それが一番なのですねぇ・・。
ケアマネさんは、あまり現状が変わることを期待しないようにと言われました。
わかりました・・とは言ったけど・・それでも希望もあれば夢もあるのでーす。
それは・・私の心の中に

ベットの位置や、トイレの手摺と介助方法。PTさんの直接指導。
とりあえず・・バーちんの帰る家として・・問題はなさそうでした

一時間半はあっという間でした。

途中バーちんは設置途中のベットへ横になって疲れた顔で大欠伸~。
ジィーとなにやら喋ってました。

次は一時外泊です。
今度はご飯の心配もあるなぁ~。
バーちんの好きなもの・・考えなきゃぁ。
これはなんだか、不安より・・楽しみになってるから不思議。

イロイロと・・頑張っていきまっしょい


コメント (8)

ケセラセラ。

2006年06月24日 | 歌の題名。
無事?!一時帰宅終了しました

私はやっぱり晴れ女でしたねぇ・・予報では確か雨のはず?へへん

今日は孫1号の修学旅行出発の日で「5時に起こしてね!」ってので起こしました。
で・・そのまま娘が出かけるギリギリまで寝てたダメ母。
いつまでたってもご飯を食べに来ないのだもの。待ちくたびれて横になったら熟睡してたみたいです。
髪をね・・ずーっといじってた娘です。30分以上だものぉ
まぁ・・器用にショートヘアーを編みこんで・・ある部分は、アイロンで綺麗にストレートにして。
結局、朝ご飯を食べる暇なく・・友達が迎えに来ちゃって・・私は目覚めたのでした。
で・・逆立った髪の毛のまま「いってらっしゃーい
お友達にも「気をつけるのよぉ~」「お土産ねぇ~」って言ってしまいました。また・・帰ってきたら怒られるんだろうなぁ
期末テストの点が怖すぎた受験生の娘ではあるけれど、中学最後の修学旅行がうんと楽しめたらいいなぁと思います
登校拒否で・・結局約90名中、3名の生徒が参加できなかったようです
毎月5千円ちょっとの積み立てをして・・6万弱。二泊3日の奈良京都。
荷物は前日に宅配でホテルに送りました。今時の子供は~甘すぎだよねぇ。
大きな荷物が、通勤ラッシュの邪魔になるってのが理由らしいです。
小田原駅までは、それぞれで向うので。
ちなみに、お土産代(おこずかい)は一万円。それに私鉄フリーパス代と、一回あるグルー行動の際の食事代(京都に来てまで・・食べるのがカレー
バーちんにかまけてて・・実は予定表のコピーも取ってないんです。
だので・・今どうしてるのか枕投げはしたかしら?
イヤイヤァ~おそらく女の子同士・・密談に興奮してる頃でしょね
土曜日に出発なので、月曜日に帰宅。火曜・水曜日は代休です。
遊びに行ってるのにねぇ代休アリ。
その時、ちょうどバーちんの一時外泊。
頼りになる娘なので・・実はその日に合わせた私なのでしたぁ

病院から自宅まで帰るだけでも結構ドキドキしてた私でした。ひとりだと心細いものです・・テヘへ。

丁度ご飯を終える前のバーちんで、半分くらい残してたかなぁ・・。なんだか床が凄いことになってたぁ
歯磨きをして、トイレに行って、着替えて(左の腕は、木の枝のように細くなっていました、。やっぱりそれは悲しかった)装具をつけて・・それだけで汗まみれの私でした。
移乗も今日は結構大変でした。
気持ちは、とっても元気そうだったけど、身体の方はフニャぎみで。

とにかく、やっぱさ・・いろいろ一人では大変だろなぁと・・想像がちょっとリアルになった今日だったのでした。
家族も含め、バーちんももちろん、皆で一緒に介護生活やっていくのです

ケセラセラ・・・なるようになるさぁ
なんとかやってきますよぉ

コメント (6)

栄養指導と清拭指導。

2006年06月23日 | 母の話
バーちんは、療養棟に移りました。
思っていたより・・全然大丈夫だったし、バーちんの移った3階は・・もしかするとバーちんよりも元気そうな患者さんが沢山いらしたのでした。
私の認識不足・・いつも通ってくる1階の病室が、とても静かだったので・・。
沢山の方が・・いろんな状態で、一生懸命に頑張っているのですねぇ。

栄養相談。
糖尿食というか・・高血圧食というか・・高脂血症食といか・・。テンコ盛りのバーちん。
オドオドしながらの栄養士さんの指導を受けたのでした。
素朴な感じの若いオネェさん。
私が糖尿病の本なんかを読んでたってことを看護師さんに聞いていて(読んでたんではなく見てただけなんだけど
栄養士さんは「あまり気合を入れなくて大丈夫ですよぉ」って言ってくださったのでした。エガッタァ~
気合を入れようにも・・本当に料理は得意ではありませーん。
手抜き料理をしたくても・・これまた案外難しい

今のところ、薬無しでも血糖値は低め。100を切ってるそうなのでした。
なので、ほどほどのカロリー制限でよいって事らしいのでした。
なるべく完食めざして・・う~ん・・バーちんのくしゃみってさ、食事中に良く出るのよね

結局、一日のカロリー数1440kcalを取るってことを前提に、メニューを考えていけば良いそうなのでした。
一日18単位。6項目の食品をバランスよく・・。一応・・計量はしないとなんないですが・・。
例えば、バーちんの場合・・ご飯に関しては、一日9単位(450g)食べて良くて。
三食を等分にすると、一食は3単位。
ご飯は1単位がお茶碗半分50gなので、1杯半の150gで3単位一食分。結構ご飯は食べれそうです。やっぱりおかゆから。

残りの9単位を5項目で、振り分ける。またまた三食に振り分ければ良いそうなのです。野菜は単位カウントしなくていいんだそうです。
結果・・結構粗食になるのですねぇ。

本当は、チンプンカンプンだったはずの私、これまた「勉強されてますね!」って褒めて頂けたのは・・全てcamelさんのおかげです。
食品交換表なんて言葉・・知らなかったし・・80kcalを1単位で計算なんて技は聞いたこともなかったので。これを知ってるってだけで「前向きでよろしい!」って栄養士さんに、ニコニコしてもらえちゃいました
実はね・・本を読んでもいまいち??結局、バーちんの好きそうなメニューはないか見てたって感じだったのでした。
本当に、いろんな場面で皆さんに助けてもらってます。今回もしみじみ。

薄味を基本にバランスの良い食事をということ。これは家族全員がやっていけば、皆健康になれちゃうってこと。
基本的に、何を食べてはダメってこともなく・・食べ過ぎず、食べなさ過ぎず。
1時間近く、お勉強させて頂いたのでした。
勉強・・好きじゃないけど・・家庭科は苦手だけど、バーちんの為、布いては家族の為に頑張ってみましょう~かね


清拭指導。
バーちんの福与かだったお尻。もう・・すっかり肉が落ちていました。
10キロ以上痩せてしまったんで・・仕方ないか。
薄々は知ってたけど・・本当にこれでは車椅子に座ってると、たるんだ皺が挟まるって言うか・・よれるって言うか・・骨が刺さる感じもするだろうなぁ。
可哀相というよりも・・やっぱり、余分な肉は常日頃から付けてはいけないものなんだなぁって、自分のデカイ尻・・なんとかしなきゃって思っちゃいました。
トイレでやる方法と、ベットでの方法を教えてもらって・・今のトコロ、入浴が週に2日なので・・私の毎朝のお仕事になります。
身体の清拭は・・ジィーが担当してくれるらしいです

自宅のお風呂・・使える日が・・ってことをケアマネさんに言ったら。
きっぱりと「そこまでは期待しないで下さい。バーちんのプレッシャーになるので、考えないように」って言われてしまいました。

いずれにしても・・明日バーちんが帰ってきます。
やっぱり・・嬉しい。とっても嬉しい

ジィーとバーちんの部屋の掃除に一日がかりでした。
ワックスもかけたし、ケアマネさんも今日来てくださって、おおまかな計画も完成しました。明日・・バーちんに係わってくれる人達も来てくださいます。
どうぞ・・どうぞ・・バーちんをお願いします。


去年の10月29日にマサカノ入院になってから、8ヶ月。
バーちんは、10日程度入院して退院のつもりだったのにね。
今まで生きていた45年間で、一番長い・・そして短い8ヶ月でした
コメント (4)

食事代。

2006年06月22日 | 福祉・手続きのお話。
バーちんに会いに行く前に、本庁へ。
長期入院の食事代の補助金返金の手続きです。
入院が長期(90日以上)になると、食事代が安くなります。
ここまで長くなるとは・・と思っても、申請だけは早めにするといいです。
本当は一回で済んだのでした。でも知らなかったばっかりに、2度も行かなきゃなんなくなっちゃった。
こちらから動かないとダメなことが多いから、知らないと損ですねぇ。
入院90日を越えたら、即申請。そうすればよかったんだけどねぇ。
「入院三ヶ月たちましたから、食事代が安くなりました」
そんな親切はしてもらえないのでーす。


ジィーの障害者1級。非課税所得者ゆえに
一日¥150の食事代が、戻ってきます。8ヶ月の入院で、5か月分、153日×150円返金。
いくらだ?!
今回は150円×45日分の¥6000で宝くじが20枚買えるので~す
6月分からは申請に基づいて、やっと病院の請求書に反映されます。

少し花を増やしたいなぁ・・バーちんのベットの横の窓からも見えるように、バーちんの好きな花をね。でも・・入金先はばーちんの通帳だったのでしたぁ・・

風船葛の花も咲いたのでーす。小さい白い花です。小さすぎてボケてしまったので、もう少し沢山咲いたら又写真取ります。
おまけに、なんだか沢山バラの蕾がついてきたのでした。
バーちんが退院するころ、もしかして5つ位花が咲くかもぉ既に2つは終了して・・ラッキー7のバラの花


コメント (2)

反省と宿題の答え。

2006年06月22日 | 私。
いろんな意味で、私の不安や浅はかな心配が・・現在いろいろな形で介護されてる方、ご本人に・・切ない・悲しい想いをさせてしまったなぁと反省しています。
本当に・・ごめんなさい。
皆、それぞれが一生懸命で・・現実をみつめているってこと、わかってるつもりだったのに・・全然わかってないんだなぁ~と思いました。
修行が足りない・・ってことでお許しください。
一個づつ・・クリアしていきたいなぁと思います。
そいでもって・・本当に・・肩の力を抜くこと心がけたいなぁ。
ガチガチで・・一杯一杯過ぎて・・こりゃ先が思いやられるって・・ですね。
気持ちに余裕・・難しいけど、私の場合それが一番の課題なのかもしれません。
でないと・・全然優しくなれなくて・・家族中が不幸だものねぇ。
強くもなりたいけど、やっぱり優しい人でいたいです。
甘い人ではなくて・・優しい人を目指して・・今更だけど修行修行。

私にしか出来ないことは、私が頑張っていきますです。
コメント (4)

洗面台です。

2006年06月21日 | 私。
洗面台も完成

車椅子で突っ込めるタイプにしたら・・シャワーが取り付けらん無かったのです。
探せばあったかもなのだけど・・これも旦那が考えてくれたので任せちゃいました。
うーん・・もう少し考えたら・・洗髪出来たかもしんなかったぁ・・。
バーちんの髪の毛を、なんとか染めてあげたかったぁ・・。

スプレー式の髪染めで、洗わなくてもいいのがあるかなぁ~どなたかご存知ないでっしゃろか・・。

でもって、鏡を頼み忘れてしまったので・・今日100均で買ってきちゃいました。もう予算オーバーなので、100均グッズ様様でぇっす
コメント (10)

トイレです・・。

2006年06月21日 | 私。
トイレ完成

実は・・アコーデオンカーテンの位置・・ちょっとヤバイかもしれません実際に24日使ってみてどうか・・。
おまけに、旦那が気をきかしてリモコンでウォシュレット操作できるように、便座の横に何もない最新式タイプを選んでくれたのですが~これが大問題!!
跳ね上げ式の両手摺タイプの補助具が・・なーんと設置出来ないことが今日下見に来てくださった業者さんから発覚
おまけに巾を取りすぎて、別のタイプだと突っ張り棒が届かない・・。
なーんと付けられそうなタイプだと、レンタル出来ないのですって

結局、介護保険で改修工事扱いの、買取りになっちゃいます。
で・・それも2ヶ月位の手続き後。
それまでは、なんとか付けられそうなもので賄うことになりました・・。
・・・トイレの便座・・発注前に相談すればヨカッタァ・・大後悔です

でも、レンタル料(500円)×10ヶ月分位で工事とレンタル料が賄えるそうなので・・長い目で見たら・・特かもしれないって慰めてもらっちゃいました。

一つ目の・・ありゃりゃ・・でした。

コメント (6)

10秒前。

2006年06月20日 | 福祉・手続きのお話。
今、旦那がネットでいろいろ調べてくれて、パソコンが復活した
なんか・・ボタン電池を一回外してどうの・・。って。
よくわかんないけど電源がはいったぁ!!
再度、旦那様様ありがとう・・。

昨日までの部屋を見てくださーい。ちょっと斜めってます・・。
ヘタなアングルです・・壁は明るくなるようにアイボリーがかった白地で柄が少々。玄関は、元駐車場ってことで斜め部分のため、スロープを介護保険で借りることになってます。

今日は、トイレと洗面台も付いたので、明日。
ちょっと・・トイレが失敗したかもぉ・・。絶対に、クレームつくなぁ~。

いよいよ本格的な準備が始まったので、忘れないようにメモ。
とりあえず・・一時帰宅の予定はこんな感じ。
慌しいとは思うけど、バーちんにはこれくらいが良いそうです。


6月24日(土)
13:00病院へ(着替えを持って私のみ)
14:00介護タクシーにて一時帰宅(タクシー手配済み)
リハ病院PTさんも同行です。

14:30~15:30
 自宅。バーちんの部屋お披露目とバーちんのお助けマンとの顔合わせ。

16:00 自宅~病院へ。
介護タクシー(手配済み)

本当に短い時間なんだけど、バーちんに新しい部屋を見てもらうだけでも十分だって言ってもらった。
これからバーちんに係ってくださるケアマネさんを含む5名の方が来て下さるそうだ。
 
ケアマネさん
ディサービスセンター(職員・ケアマネさんの所属ホーム)
                 土曜日(入浴含む・休憩ベット有り)
訪問看護士(ジィーと同じ方に決定)
                 火曜日(ジィー30分とバーちん1時間)
訪問リハビリ士(訪問看護ステーションにて派遣ST兼務)
                 未定(週一回)
通所リハビリセンター(相談員)
            月曜(入浴・リハビリ40分。休憩ベット有り)
            木曜(リハビリ40分・20分はST・休憩ベット有り)

バーちんに負担のないように、調子の悪い日はお休み。
病院の受診がある日はそちらを最優先(当たり前か・・)

月に一度・二泊三日のショートを予定。

病院のリハビリ士さん全員から、週3回のリハビリを入れてくださいってのが申し送りだったので、ケアマネさんが作ってくれた計画。

通所リハビリでは、休み休みで良いといってくれているので、月曜日に申込書を提出してきた。後は、バーちんと一度会いたいってことなので、帰宅の時に会いにきてくださることに。
訪問リハビリ士さんについては、バーちんの病院からの指示書を見てからってことなので未定。決まるといいなぁ・・。

なんだか、こうしてみると最初から凄いなぁ~と思うけど、始める時期は少しづつ遅らせて、バーちんの様子を見ながらにってことになった。
とりあえず、入浴2日だけは・・出来たら早めにってことで。

どうしても、私一人で余裕を持ってってのが難しい。
ジィーの付き添いや、娘達のこともあるし。

これでも一杯一杯になるだろって・・ね。朝のヘルパーさんも考えてる。
もっとチャッチャと出来る娘なら良かったんだけどねぇ~。
やっぱり私を見てると心配なんだろなぁ・・病院も、ケアマネさんも。
でもね・・バーちんがなるべく居心地良く生活する為だと、割り切ろうと思ってる。自分自身の為にも・・最初から、お願いできることはお願いしてしまう。
なんだか、情けないかもしれないけれど。
へタレな私は・・これで良い。
バーちんが私の為に我慢してくれるなら・・ごめんね。ってことで・・。
それも・・きっと親子の深い愛情なのさね。
コメント (7)

肩の力を。

2006年06月20日 | 私。
今日は朝、ジィーの整形外科の診察券を出しに・・朝からボッサ頭を帽子で隠して、娘達の登校前にチャリンコで国立病院へ
二度目の注射。今日はジィーが一人で行くって。よかったぁ~。
病院の待ち時間を少しでも減らすために・・なのにカード入れがまだ出てない
たった一人だけ待っている患者さんに聞いてみたら・・30分後には受付が開くらしい。
でもさ・・朝の30分は貴重なのだぁ・・。

仕方ないから再度来ることにして・・。

娘達を送り出して~再びチャリンコ暴走族

8時ちょっと過ぎなので、カードはまだ2人だけしか入れてない。
これなら、少しは待ち時間短縮ね。
実際、9時前に出たジィーは10時半には戻れたのだ・・。
あと3回。注射しに行くのだって。でも、来週はバーちんの外泊を迎えに行くから朝はバーちん係り。ジィーは頑張って来てね・・ってなもんだい

今日は伯母が病院に行ってくれるので・・私は美容院。
ばっさり、さっぱりしてきたのだぁ


今日はそんなこんなで、一日・・肩の力を抜きました。

パソコンが壊れてしまったので、旦那のパソコンで打っています。

優しい旦那・・昼間は自由に使っていいって
昨日も遅くまで、パソコンと格闘してくれたけど・・。
どうやら修理が必要らしく・・しばらく写真がはれません。

クロスも貼り終え、便器と洗面台も付きました

あとは仕上げと水道、電気、ガスの点検。
木曜日には完成確実になりました。

いろいろゴチャゴチャ書いてしまって・・お見苦しくて本当にごめんなさい

来年の今頃は・・バリバリ大丈夫な久美子になっていることを約束致します

ケアマネさんとの宿題、今日はちょっと実行出来たかなぁ~

気持ちがイロイロな方向へ行ってしまって、自分でもオロオロしてたけれど・・。


けして前を向いてないわけではないことを
せっせと頑張ってまいりましょう



コメント (2)

大丈夫。

2006年06月19日 | 母の話
いつもの時間にちょっとドキドキしながら病棟へ行ったら・・バーちんはまだ同じ病室にいて・・
看護士さんが言うには「今日お二人の移動がありましたが・・。お母様はまだですよ。」
なんだか拍子抜けではあったけれど、まぁ~いいかぁ。

バーちんはリハ室でPTのリハ中。
いつもの療法士さんは休みということで、別の方にマッサージを受けていた。
気持ち良さそうにしているバーちんに顔を見せた

「今日は移動しないんだってねぇ」と言ってみると、バーちんは看護師さんに聞いたよって、全然大丈夫だった。
思ったよりずっと気持ちの変化はなさそうだった。
心配し過ぎだったかもしれないね。

相変わらず呂律は悪くて、声が出てなくて吐息のような喋り方だけど・・何度も聞き返すうちに聞こえるくらいの声にはなってくる。
マッサージを受けながら、欠伸の連発のバーちん
孫を呼んできてと言うから・・「試験中だよ」って言ったらうなずいたけど・・リハ中に何度もそれを言ってた。
会いたいのかなぁ~最近、顔見てないからね。

孫の方は・・期末テストでそれどころでは無いらしいよぉ。
普段のツケが山ほどで・・ジタバタしてる真っ最中
週末には修学旅行だし・・中学三年は忙しいんだってさぁ

それから廊下に出て、手摺に摑まって起立の練習。
こんなの始めて見た~。車椅子から直接廊下の手摺を摑んで右足踏ん張りぃ!!

これが出来たら、トイレも楽勝だねぇ・・
バーちん踏ん張ってトライ二度ほどPTさんに手を借りながら、頑張ってた。

そして・・そのまま病棟へ。

「頑張って、車椅子、自分でこいでみましょう!!」

右足使って、右手を使って・・。

わーい!!車椅子が動いてる。少し前へ出るよぉしばらくぶりに見る自走だった。これだって成果だよね

バーちんに聞いたら、いつものPTさんとはやることが違うらしい。
そうなんだぁ・・リハもイロイロあるんだなぁ・・。
今日は特別メニューなのか
いつもは自宅に戻るための訓練が主だから・・移乗中心だって言ってたし。

帰ってきたらイロイロ・・やれちゃうとぉ・・いいなぁ


病室に戻ったら、看護士さんがやってきた。

病棟移動のほうは、移動する日の朝にSWから連絡くださるそうだ。
バーちんには、ちゃんと説明してくださって、バーちんも了承したって言っていた。しっかりしてますってことだから、大丈夫だね

結局・・私がジタバタしてたんだしっかりしなきゃね


私からも、退院前のスケジュールや、退院後の決まったこと等の説明をした。

そうそう・・。
一つとっても良いこと?が。
糖尿食の本を読んでた私に気がついた看護師さん。

「お母様、実は血糖値が低いくらいなんですよ。インスリンも投薬もしていない期間が大分たちましたけど、先日の血液検査では、逆に栄養が少し不足気味くらいで。なので、特別糖尿食や、カロリー計算はいらないかもしれません。」

ワーイ!!
料理に関しては、頭が痛くて仕方なかった私。
もしかして・・なんでも食べて良いのかなぁ。
もちろん、血圧のこともあるから減塩食・・嚥下障害も全くないわけではないから、柔らか食だけど・・。これはジィーが既にそうしてるから・・なんとかね

木曜日の栄養相談で、詳細は、いろいろ教えてくれるそうだ。
栄養不足ってのが気になるけれど・・カロリー計算をしなくて良ければちょっと嬉しいかもしれない。何しろレパートリーが子供の好きなオカズばっかだもので。

もちろん、バーちんが帰ってきたら・・家族の健康の為にも・・和食も一杯作るヨン~
コメント