頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天使。

2007年12月28日 | 福祉・手続きのお話。


ガラスの天使がやってきましたぁ。

今年も・・もうすぐ終わりです。
大掃除も・・御節料理の準備も・・頭の中では完璧ですが、一向に進む気配もなく。

まぁ~いいかぁ。ってことで、なるようになるでしょう~・・・か。

 

今週、新しいケアマネさんとの契約が完了しました。
今までのケアマネさんとの最終面談も終わって、次回からは新しいケアマネさんと母の自宅介護をより良いものにすべく、頑張っていきたいと思います。

今度のケアマネさん、もう・・60歳を過ぎてるらしいぃです。
前回のケアマネさんは60歳の定年を迎えて、交代ということだったのに?
居宅介護支援事業所・・を、立ち上げたケアマネさんだから・・所長さんで、定年はないそうです。
元看護士さんで、ケアマネ経験も豊富な女性です。
今までお願いしていたケアマネさんが所属していた施設(ディ&ショート&特養)にも、所属していたそうで、辞めて移ったのがヘルパー事業所で、そこから独立して居宅支援事業所を立ち上げたそうです。

この事業所には、他にケアマネさんが二人。
施設所属のケアマネさんではないので、メリット・デメリット・・これからですね。
とりあえず・・今まで通りのサービスを受けながら、少し見直しもあるかもです。

心配なこと・・は、ショートの予約。
今までは、ケアマネさんが所属してるから・・か、空きもすぐ確認できて、いろいろと便宜を図ってもらえていました。
娘の学校関係や、父の体調、私の疲労なども考慮して・・元ケアマネさんは気も使ってくださってたし。
それが、今度はどうかなぁ・・・。
二ヶ月前の予約では・・見えない部分も多くて。
母の介護を父と一緒にしているとは言え・・父一人では母を見ているのが精一杯。
私が家にいられない日は、母も家にいられないというのが現実なのです。

早速、お正月明けには三月のショートの予約を入れてもらわなければいけません。
でも・・なんだか、自信無さげなケアマネさんでした。
今は、大体がFAXでの申し込みだそうです(この辺だけかな?)が、母のお願いしているショートは電話予約なんですねぇ~。予約日は、朝から電話は鳴りっぱなしのお話中だということでした。

今月末からお休みですし・・心配でした。
三月、四月は学校行事が多いからです。それも・・義務教育の終了学年。
で・・ショートの相談員さんに、根回しぃ~させてもらっちゃいました。
ケアマネさんも・・ちょっと・・それを薦められました。
う~ん・・ズルか・・な。
ケアマネさんが自信がないなら、私が直訴するしかないですもんねぇ。

結果は、大丈夫!
私だって、本当はズルはしたくないけど・・卒業式に入学説明会(まだ、受験もしてないですが)行けなくなったら大変。
でも、来年からはこの施設も、FAX予約になるそうで、今後も極力ご希望には添えるようにしますよって言ってくださいました。
母が以前、ショートで骨折してしまったこと・・は、関係ないですね。
きっと、相談員のKさんが・・暖かい人だってことでしょう。
それとも、私が普段一生懸命やってるから・・わかってくれてるのかもしれないです(ウソでーす。あんまりへタレなんで、可哀想だと思ってくれてるんでしょう・・多分・・ハハハ)

なんだかんだ・・言っても、ショートがないと、やってけないので助かりました。
その実・・家の近くにある老健のショート・・来年、見学しに行こうと思ってる強かな私でもありまする。

元ケアマネさん、私と父のために・・ちょっと疲れ気味の私と父を心配してかな・・最後の置き土産に年末に一泊ショートを入れておいて下さってました。
明後日、30日~31日の一泊。
母は、今年最後の入浴をして帰ってくることになりました。

少しは、お正月の準備・・頭の中だけでなく出来るかなぁ~と思います。
いやぁ・・しなきゃぁ~ですねぇ・・せめて窓くらい拭こうかなぁ。

 

そうそう、うちの旦那の健康診断のその後ですが・・今年中の再検査は難しく(そりゃ・・そうですよねぇ。今頃予約したって・・)でも、来年早々に予約が取れました。
結局、なんだかんだ言って、予約すら来年に引き伸ばそうとした旦那・・検査結果が出てから数日間、私に責められ・・最終的には無視され・・やっと電話したんです。
怒り狂った?私の・・今年中に予約電話だけでも入れてくれという願いを・・とりあえずは聞いてくれました。

聞いてくれなかったら、離婚する!って、私・・言ったんですよぉ~。
それでも返事ばっかりの何日か・・。
終いには、私も強硬手段・・仕事から帰って予約を入れてこなかった旦那に「嘘つき!」と一言だけ言って、口をきいてやりませんでしたぁ。
あ、翌朝の「いってらっしゃい」はしましたよ~そしたらその日に「予約したから」ってわざわざメールがきました。
もちろん帰ってきた旦那に、その日からは、いつも通り?優しい妻でおります。

旦那の身体はもう、旦那一人のものではないんですものぉ。
稼いで貰う、貰わないはさておき・・生きていてもらわなくっちゃ。
いつか・・旦那と二人でいろんなところに旅行とか・・したいですもんさぁ~。

 

いろいろありましたが、とにかく二つ・・来年に向けて、良い塩梅になるように・・。

私の最愛なる人が、私にご褒美だって下さった三人のガラスの天使。
それぞれが願いを叶えてくれるなら・・なんて思う私でした。

えっと・・願い事は、内緒~フフフ。 

コメント (8)

大丈夫です。

2007年12月19日 | 福祉・手続きのお話。

バラの花の下、イチゴの花を発見しましたぁ~。

いいこときっと、ありそうだぞぉ~。

 

 

なんだか・・いろんな今年もあと少しで終わってしまうという12月なのに、いろんなことが起こりすぎて、私の頭の中は飽和状態です・・。

なんでこんなに、心配事ばかり増えちゃうんだろぉ。
私のこれからって・・どんなんだぁ~。
なーんて、思ってないけど・・ちょっとばっかり、この野郎!!気分です(実は既に・・なるようになるか・・と開き直りというか・・考えてないです)

父が先日、整形外科で腰のMRIを撮ってきました。
ずーっと、人口弁が心臓に二個存在するので、MRIは無理だって言われてたんですが・・何故か今回は撮れると言われ・・聞くところによると、レントゲンで写らない弁なら大丈夫ってことらしいのですが・・。
もう・・随分前のこと・・9年前かな・・なので、実のところ弁の種類は失念してしまいましたが、金属ではなかったとは思います。

で、腰に痛みがあり・・足にも影響がある父で・・いろいろ整形外科を変えてみたりしましたが、病名の特定は出来ていなかったのでした。
病名の特定が出来ないってことは、治療方法も特定できないってことです。
ただ・・病名が特定出来たとしても、ワーファリンを飲んでる父に万が一手術・・なんて治療方法は選べない(選べないわけでは無いですが、年齢と・・体質を考慮して難しいってことです)
ゆえに・・痛みを逃す術を探して、整形外科を渡り歩いていた父でした。
なかなか父の痛みに、寄り添ってくださる医師はみつかりませんでした。
でも・・漸く、一年くらい前から・・今お世話になってる医師が、父を診てくれることになったわけです。

父は、心臓以外にも沢山薬を飲んでいるので・・いわゆる薬の副作用を受けやすい身体になってしまっています。
副作用というか、相互作用とでも言うのでしょうか。
痛み止めを飲んだり打ったりすると・・全身に発疹が出てしまうとか・・。
それゆえ、シップを貼って紛らす以外・・整形外科で治療の術もなく。
ブロック注射も試しましたが、痛みはナカナカ手ごわいようです。

で、何故かここにきて・・整形外科の医師が「MRIを撮ってみましょう!」と言い出して。
いろいろ調べたら、撮れるってことがわかった・・ってことらしいです。

結果、予想していたけれど「脊髄管狭窄症」という病名が・・父の腰に貼られました。
いつだったか・・みのもんたさんが、手術をした病気です。

このまま放っておくと・・悪化した場合、歩けなくなるそうです。寝たきりになる可能性も・・。


ハー・・参ったなぁ。


重いものは一切持たず、妊婦さんみたいな生活の父です。
介護保険は、今年はひとつUPして・・要支援1になってしまった父です。
今は、車の運転もしていて、病院へは自家用車を使ったり、痛いときはタクシーで通院してる父です。
すべて一人で、なんとか生活には支障なく過ごしています。
それどころか、心不全だと言われながらも・・母の介護のサブリーダーとして、出来る範囲で活躍してくれています。
時々病気の巣窟のような父の身体に、親不孝ですが・・私自身がいたたまれなくなってしまいますが(歯茎が痛くて、硬いものが食べれないとか・・神経内科で不安神経症のカウセリングを受けなくてはいけない父の精神とか)それでも、大事なたった一人の私の父。

病名がはっきりしてなかったから・・見て見ないフリ・・してたところもあります。
父が動けなくなったら、ハッキリ言って・・母の自宅介護は本当に困難になってしまいます。

それどころか、父自身をも・・介護しなきゃいけなくなるかもしれないって・・ことです。

ヒー・・どうしよう。

フー・・困ったぞぉ。

へー・・どうなってんだぁ~。

ホー・・そうかい・・。ま、そうなってから・・考えるかぁ。

で・・もう、しょうがないから・・今後のことは訪問看護士さんとケアマネさんと相談してみようと思います。

手術をすることになれば、一ヶ月の入院が必要。それも、完治するとは限らないどころか・・リスク付き。
ワーファリンを止めることも今は絶対無理だし。
では・・普段の生活をどのようにしていくか・・・。

それでなくても・・病気を沢山抱えてる父は、不安神経症と診断されてて心療内科にもお世話になってるし。
将来・・歩けなくなるかもしれない・・どころか、寝たきりになる可能性もある病名が付いて・・父自体も同様が隠せません。
自分自身も、どうしたらいいか・・考えるのがシンドイみたいです。
私・・も、どうしようもないもんなぁ。父に任せるしかないなぁ。

渋々と、月に一度だとしても行ってたディ・・こりゃ・・完全に止める方向になるかなぁ。
母と一緒に、一応毎月入れてるショートの予約も、もう行かないって全部キャンセルして・・せめてディに行ってくれたら、私も月に一度は自由かなぁ~なんて思ってたけど、それどころじゃ・・ないかも。

手術をしないことにして・・どのようにすれば、少しでも寝たきりってのを先送りに出来るか・・って、そこが大事だと思うのですが・・父も動揺してしまったのか、聞いてこなかったみたいで。
次回の予約の時に付き添って・・聞いてこようと思っていますが、何分母のいる日だし。
うまくヘルパーさんにお願いしてでも・・聞いてこなきゃなぁ。

って・・なことがありました。

で・・また、次の日のこと。

私の大事な旦那様の、年に一度の健康診断。
去年は、忙しすぎて・・とうとう行きそびれた旦那ですが、今年は行ってくれました。
会社手配の健康診断、会席料理付きの・・結構シビアな一日がかりの細かい検診です。

で・・詳しい結果は後日ですが、その日のうちに、ある程度の判断もつき・・医師とのカウンセリングもあります。


旦那・・ひっかかりました。

胃の検査、バリウムを飲んだら・・・。
十二指腸あたり・・バリウムがもりあがって落ちていく場所があるって。
つまり・・何か出来てるっいうわけです。

癌かもしれないんだってぇよぉ~なんて、平然として言う旦那です。

ポーカーフェースの旦那は、全然動揺して見えないけど・・私はぶっ倒れそうでした。

頂いてきた書類には「要精密検査」の印鑑が押されていました。


私、未亡人になんてなりたくないよぉ~。
旦那がいなかったら・・パソコン壊れてもどうしていいかわかんないもん。
旦那がいなかったら、私は誰に寄りかかったらいいんだぁ・・。

今更だけど、やっぱり旦那は私の掛け替えのない人だったんだぁ。

 

なのにぃ~旦那は急ごうとしないんです。
もう・・今日にでも再検査の予約を取って来い!と言ったのに。

胃カメラなんて、あんなもの飲めるか!だとぉ~。

馬鹿言ってるんじゃなーい!!!あんなもの、鼻からでも口からでもスルスル飲めるさぁ~。
(私はバリウムさえ飲んだことないんですけどねぇ)


とにかく・・なるべく早く、検査を受けてもらいます。
私の言うことを聞かなければ、鳥取に電話して・・お母さんに言ってもらいます。

遠く離れている親を心配させて・・いいのか!!

旦那が私の言うことを聞いてくれないとき・・これを言えば一発です。
いくつになっても、母親は大事な大事な男の子ですから。
マザコンじゃないけど、母親の言うことは素直に聞く耳を持つ旦那です。
そんな親を心配させられるはずないから・・きっと行ってくれると思います。

再検査を受けることすらまだだけど・・まだだから・・実はとっても怖いです。

これでもし・・旦那までもが・・・。

考えたくないので、これで考えませんが・・。


先日、検診を受けるちょっと前に・・鳥取の帰省の話をちょっとしてた私と旦那。
「もう、二年も顔を見せてないから・・見せてやりたいんだよなぁ」ってポツリと言った旦那でした。

孫たちの?って聞いたら

「いや・・俺の」って。

普段は、そんなこと言ったこともない旦那です。
時々送ってもらってる宝箱のような野菜の宅急便のお礼の電話をする時に、旦那がいれば代わるけど、声もあまり聞かせてあげれてない駄目嫁の私です。

これは、何が何でも・・来年は鳥取に帰らなきゃねぇ~。って・・しみじみ言ってたばかりでした。

なんだか・・なんだかです。


 

もう・・次から次へ・・どうなってるんだろなぁ。

人間には、不幸なことと・・幸せなことが・・同じ量与えられてて・・分母が不幸で、分子は幸せ。
で、いつか必ず1になるって。
今は、なんだか分母がとっても大きくて・・参っちゃうけど。
いつか必ず1になるんだから・・きっときっと大丈夫。


今日もまた・・普通に一日が終わりました。

明日も、無事に過ごせますように。

今は、なんだか・・明日のことまでしか・・祈れないようになりました。

 

それでも、明日があるから・・大丈夫なんだと思います。

 

明日は、母の友達が三人・・家でランチの忘年会をするそうです。
母はとっても楽しみにしていて、この何日かとっても穏やかです。

あ、新しいケアマネさんも決まりました。
元看護士さんで、50代後半かなぁ・・居宅支援事務所を今年立ち上げたベテランさんです。
その事務所の所長さんが、母のケアマネさんをしてくださることになりました。
私の話を一生懸命聞いてくださいました。

その話もゆっくり書きたかったんですが、それはまたこの次に。


皆さんのブログにも、コメント残したいのだけど・・読みふけってるうちに時間が・・。

今週末の母のショートの時に、ゆっくりお邪魔したいとおもいます。

私は、元気ですから、大丈夫です。

皆さんもどうぞ、寒さ厳しき折・・お身体どうぞご自愛くださいねぇ。

コメント (19)

一生懸命。

2007年12月15日 | 私。

昨日の晩は・・いろいろと、考えてしまいました。
自宅介護も一年とちょっとが過ぎて、母が歩けなくなって二年が過ぎて、それで~今がある。

考える時間が、今はあるってことですね。

結局、考えても仕方ない・・やるっきゃないことをやってくさ・・の今なんですけどね。

 

優しさは・・きっと、自分じゃわからなくていいのかもしれないです。

冷たいようでも、実はとっても温かい人・・世の中にはたくさんいるし。

優しいようでも実は、打算だらけで心のない人も。


私にとって・・私がどうだか・・今は考えなくてもいいかぁ。

ただ、優しい人になれるように・・心のある人になれるように・・なりたいなぁ。

 

まだまだ、悩み多き年頃だけど・・沢山の優しさを頂いた私は、また一生懸命に戻ります。

 

母とは違うけど、母のように病気の後遺症に苦しんでいたり・・家族に迷惑をかけてるとか・・もしかしたら、死んでしまいたくなるような想いを・・自分のためじゃなくて思ってる人がいるとしたら・・。

違いますからね。
生きててくれて・・それだけで嬉しいんです。

生きて、一生懸命になってるあなたこそが・・かけがえのないただ一人の人なんです。

生きて、私を励ましてくれる・・大きな力を持っています。

時々一生懸命じゃなくなっても、そのほうが私も気楽です。

 

母は、病気のせいで・・感情のコントロールがうまく出来なくて・・今日もベットから物を投げたりしてたけど。
でも・・やっぱり母は母だから・・。

考えたら、母は逃げようとしてるわけでも、自分が辛いから死んでしまいたいっていうわけじゃなくて、それが・・家族の為になると思ってしまうから・・死んでしまった方がいいと・・思ってしまうだろなぁ。


母は、自分が生きていることで・・まわりがどんなに言葉を尽くしても、迷惑をかけると思っているからこそ・・時々、どうしようもない気持ちになるんだと思います。

 

昨日は・・なんだか腹がたってしまうばかりだったんですが、一日たって・・ちょっと落ち着きました。

本当に、今更なことばかりなんだけど。

 

私に出来ることは・・母には伝わらないかもしれないけど「生きていて欲しいと言うことだけ」ですね。

死んでしまって、風になったとしても・・それ、うれしくないもん。

母の気持ちなんて・・関係なく、私は生きていることを嬉しく思うばかりですから。

母にとっての生きる意味は・・なかなか母にはわからないかもしれないけど・・しつこくそれを言っていきます。

 

どうしたって・・しんどくなることは、これからも一杯あるだろうし。

そのたびに、ウジャウジャと・・立ち止まってしまうけど・・。

そんなこともあったねぇ~って、いつか笑っていられるようになりたいなぁ。

 

どんなに母の気持ちを理解して、病気に寄り添おうと思ったところで・・私の身体ではないからわからない。

母だって、きっと・・混乱しながらも・・いろいろ思い直しているんだろし。

 

偉そうなことばかり、書いてしまったけど・・だから何でも許せるかは、また別の話です。

だってねぇ~眠いんだものぉ。

眠いものは眠いから、怒っちゃう。

 

そう・・昨日も・・母は夜中に何度も起こすんです。

12時、2時半、3時、4時半・・最後は6時半。

もう・・眠いし、足はフラフラだし・・いくら土曜日だって、旦那は仕事で娘は部活・・。
私は忙しい土曜日なんだものぉ。

ってことで・・また、日々の生活の中で・・あっけなく優しさは、消えていくのでしたぁ。

 

またきっと、いろいろ思っちゃうんだろけど・・そん時は、そん時です。

 

段々・・単純に、シンプルに・・そういつだったか・・決めたんでしたねぇ。 

一日で、考えるのをやめた私を・・どうか許してくださーい。

コメント (14)

優しさって・・何だろう。

2007年12月14日 | 福祉・手続きのお話。

さて、今年最後の脳神経外科の受診も、木曜日に終わってしまいました。
あと半月で・・今年も終わりですねぇ。

生憎の雨模様・・始めて診察券を前もって出しに行かずにいたのですけど、帰る時間は全然変わらなかったでしたリハビリを先にして・・待ち時間の調整。
もう・・次回からも出さなくていいなぁ~。

この日の母は、とーってもクリアで明るくて・・高次脳機能障害なんて嘘みたいに、いろんなことがシャンとしていました。
主治医との会話も、私が何も言い出さずとも・・聞きたかったことを伝えていたし。
私に対する嫌味や・・父に対する不満まで・・主治医に言ったりしてたのでした。
リハビリでも、立ちが良くなって・・健常側の右足「強くなったねぇ~」って褒めてもらったって喜んでましたし、介護タクシーの中でも、とっても明るくて・・朝から晩までいい感じでした。

そういう日は、父も調子が良くて・・夕飯も楽しく・・。

 

 

だけど・・今日は違ってました。

どうしてなんだろなぁ~続かない母の気持ち。
長谷川式は、24/30

認知症のボーダーラインは、しっかり超えているそうです。


今日は一日、怒りっぱなしで・・無茶苦茶、滅茶苦茶な母でした。

そういう日は、父も調子が悪くて・・夕飯も無口。

 

もちろん、そんな日もあるってことは、もう学習してる私と父です。
昨日と今日の違い・・それどころか、数時間前・・数分前・・の違いだってある時はある母です。

シッカリしてる部分と、そうじゃない部分。決まってないから・・どうしていいかまだわからない。
感情のコントロールが、上手く出来ない日もあること・・わかってるはずです。多分・・。

時として、何もかもわかってて・・昔と全く変わらない母なのに。
時として、全てを悪くとってしまう母に。
まるでスイッチでもあるみたいに、なんだかワケがわからなくなる母にもなってしまう。

言ってない事を言ったと言ったり・・。
何度言っても、どう説明しても、そうなんだと思えない母。

適当に話を合わせれば・・何故か適当に合わせたことだけをシッカリ覚えてて、後で困ったことになるし。
本当のこと、私や父にとっては本当のことでも・・母にとってそうかと言えば・・そうじゃないらしいです。


本当のことを言って、わかってもらおうと思っても・・伝わらないもどかしさ。
どうしてなんだろ・・どうして・・わからないんだろう。

わかって欲しいと思う気持ちは一緒なのになぁ。


いつでも・・二対一になっちゃう我が家の図式。

 

 

 

これ以上、わからなくならないで欲しいなぁ・・。
だけど、母にとっては・・私や父に・・わかってほしいんだろうなぁ・・。

幻想も・・母にとっては、幻でも偽りでもなく。
ちゃんとそこに・・あるし、いる・・らしい。

難しすぎて・・どうしていいか・・。


脳は学習するし、アルツハイマーのような認知症とは少し違うから・・って、主治医はそう言ってたから・・。

極力・・私が住んでる現実を・・母にもう一度・・思い出すんじゃなくて、覚えてもらおうと・・焦る私。

でも・・もう、無理なのカナァ。
必死になって・・なんとか・・わかってもらおうとすることに、ちょっと疲れたぞぉ。

なんだか・・無茶苦茶、滅茶苦茶・・しんどかったなぁ。

投げ出したりはしないけど・・何か、間違ったことをしてる私かもしれないなぁ。

 

いっそのこと・・そうだね、そうだよ・・って、言ってあげたほうが母のためなんだろうか・・。


朝からずっと私と父は「嘘付きで、薄情者」と言われっぱなし。
今更だけど・・流石に来る人、話す人・・みーんなに切々と語られると、良い気持ちはしないです。
聞かされてる側が、どう思おうとそれはもういい。

ただ・・そんなに私や父が、信じらんナイのかってことが・・切ないナァ。
家族だから・・甘えられるから・・そんなの、もうどうでもいい。

高次脳機能障害・・脳梗塞による認知障害・・そんなことはわかってるし。


母のホンネの・・おそらく・・普通だったら言わないけど・・って部分ばかりを聞いてると、なんだか空しくなってしまいます。

母に対する気持ちが・・恩着せがましくなってる自分にも・・なんだかなぁ~とも思うし。

自分が好きで・・っていうか、自分が認めて・・決めて自宅介護をしているのだし、これも私の生きる道~なんて、ちょっと思い始めたこの頃だけど。

 

あんまり・・死にたがってる母の・・本当の気持ちを聞いていると・・情けなくなってしまいます。

これ以上・・どうしてあげることも、今は出来そうにないなぁ。

 

もう・・生きていたくはないんだと・・母の口から聞く度に・・そうだろうなぁ~と、思ってしまう私は・・そこまでの人間かもしれないなぁ。
なんとか・・生きていれば・・と思ってもらおうと必死になるけど・・説教じみて、偉そうな私になるだけだし。

母は、いつまでも母なのに。

私は、いつまでも母の子供なのに。

何をどう・・認めたらいいんだろ。

何も考えないで、なるようになるから・・今までと同じように・・少しづつ・・こうしてイロイロ考えながら・・違った方向に例え行ってしまっていても・・自分でおもうようにすれば・・いい・・のか。

 

なんだか・・今日は、わかんなくなっちゃった。
あ・・始めから、わかってるわけではなくて・・それでいいと、その都度思ってただけなんだけど。



数時間前の、短い記憶がうまく重なっていかない母にとって、数時間前も、何十時間後も・・なくて。



頭がおかしい・・。おかしくない・・・。
母にとっては、訂正されることで・・そう思わされるらしい。

そうじゃなくて・・それは病気の後遺症だから・・。
後遺症だなんて・・そんなの・・わかんないよ。

それは、聞き流せない私に対しても・・生きることが辛いとばかり言う母にも。


だけど・・もし自分だったら・・やっぱり死にたくなっちゃうだろカナァ。


このところ、言わなかったのに・・言わなかっただけだったんだなぁ。

 

あんなに元気だった母で・・あんなに動き回ってた母で。
いつのまにか、その母を昔の母だと思いすぎてた私で。

一緒に・・哀しんだり、切ながったり・・そのことではもう泣かなくなった私。


それは・今の母だって十分だから。生きていることが、嬉しかった事は変わらないんだモノ。

そう思いすぎたから・・なのかなぁ。


明日を信じて・・前を向いて・・とにかく、どんなことがあっても・・きっと大丈夫。
笑っていさえすれば、そのうちナンとかなってくさぁ。

そう思いすぎたから・・なのかぁ。

 

母にとっては、いくら今が少しづつでも回復してたとしても・・昔とは違うってことが・・まだ認められなくて。
いい加減、諦めなさいと言ってしまう私が、冷たいのか。
母のことを我が儘だとか、我慢が足りないとか・・前向きじゃない・・とか・・そんな風にばかり思ってしまう私で。


私のしてることは・・もしかしたら・・お門違いなんかなぁ。

 

たまには・・一緒に哀しんで、泣いてあげるくらいじゃないと・・いけないのかなぁ。 
一年前の私は、母の今を受け入れられなくて・・何かと泣いていたけれど・・今より、ずっと優しかった気がする。

母の左側が動かない事・・当たり前になりすぎて、今を今だけしか考えられなくなった私になって。
とにかく・・前を見ようって・・。

胸を張って・・頑張ってるもん私。
別に・・褒められたいとか、認められたいとか・・そんなことを考える余裕もなく。

当たり前のことをしてるだけなんだけど。

 

夜になって・・一人になって・・思ってしまった今日、今です。

だからどう・・ではないんだけど。
きっと・・このまま・・自分のいいように・・過ごす私なんだろけど。

私・・確かに強くはなったけど・・優しくなってはいないなぁ・・・。

きっと・・春になったら、青いチューリップが。

コメント (8)

旦那のおかげ。

2007年12月10日 | 福祉・手続きのお話。


いいなぁ~飛行機・・どこ行くんだろぉ。

先ほど、母がショートスティから戻って来ました。
やっぱり・・微妙に怒った顔で送りのワゴンから降りてきました。
昨日は日曜日で、何人かの利用者さんの家族が迎えに行ったそうです。
「家族が心配してる人は、うらやましぃ~私はどうせ、邪魔者だからねぇ」だそうです。
帰ってくるなり、嫌味だものぉ。トホホです。

昨日は叔父が母を近くの公園まで連れ出してくれたようです。
心臓・・良くないのに、本当にありがたいことです。

なのに・・車椅子の車輪の汚れがひどいって・・父は、車輪拭きながらブツブツ。
綺麗好きなのは良いことなんでしょけど・・ちょっと神経質過ぎってなもんです。
私が、母をトイレに連れて行って、ベットに移乗し終わっても・・まだ車輪を拭いてる父
私はもう・・太刀打ち出来ないので、早々に二階へ避難しましたぁ。

また二週間後のショートまで、背中を伸ばしていかなきゃねぇ

 

さて、今日はこれを書いておきます。

テレビ・・ね。
もしかして、買い換える人もおられるかと思うので・・私のように知らないと損かもぉ・・ってことを少々。

旦那が、新しいテレビを買って来たのが~・・何ヶ月前だったかなぁ。
私の財布(生活費)に触れることなく・・旦那のポケットマネーで「買ったから・・」って。

 これどぇす。「世界の亀山モデル」ってとこが渋い


で、そのお金・・実は旦那の指で稼ぎました。
指の体操(我が家ではパチンコとは言いません)の戦利品。
時々、行ってるんですねぇ~。お酒を飲まない旦那の・・プラモ以外の趣味。。。というか。
結婚以来、例え昇給しても・・上っていない旦那のこづかい。
上げずに済んでるのは、旦那の指がうまいこと稼いでくれるからなんです
たまーに、足りなくなってしまう時は、少しだけ補給はしますがぁ・・滅多にありません。
無駄使い・・全然しない旦那で、買うのはデカイモノばかり。

で、コツコツと貯めたお金で買ってくれたのが、BS付きのテレビでしたぁ。
もちろん、アンテナもしっかり三階のベランダに即日付けましたね~。

それから数日後。

来ました!

NHKの集金の人。

「通常の受信料にBS料金をプラスすることに同意してくださーい。」ってことです。

「なんでわかったんでしょ?」

「テレビを買ったことで、信号が発せられるんです。」

旦那が言うには、本当は、アンテナを見て回ってるんだぜ・・・(ホントか?)

「あんまりNHKって、見てないんですよ。見たい番組も無いし~介護をしてるので見てる暇もないし~解約したいくらいなんですけどぉ」

なんてことを言ってみましたが、ダメでしたぁ(せこい・・?)

「国の決まりですから、もし払わないと裁判所から督促が来ますよ」

だ、そうです。

「あ、でも・・介護されてる方は、身体障害者手帳とか持ってますか?」

そうなのです。
ここから始まったのです。

NHKの受信料免除とってもとっても嬉しい私でしたぁ。


NHKの受信料は、旦那の名義で銀行引き落としをしています。
免除の話は知っていましたが、名義が父でないわけだから・・無理だと思っていました。

とっころが、名義を変更すればいいんですって。
引き落とし口座は替えずとも、同じ家に住んでいれば名義は父でOK。

役所の、福祉課の方の助言ではありませーん。
もっと早くわかってたら・・

「一度、福祉課の方へ問い合わせてください。該当者であれば、申請書を発行してくれますから、それをNHKまで送ってください」

そう言って、送り先の載っているパンフレットを置いていってくれました。

早速、電話しましたとも~。

そしたら、我が家は該当者。
それも、父が障害者手帳を持っていて・・非課税所得者ゆえ・・全額免除なんですって。

早速、申請書を発行してもらって・・NHKからも受託の電話がありました。


金額的には、そんなに高いものではないかもしれません(我が家には高いものですが)
衛星契約だと、一ヶ月2.290円です。それを二ヶ月に一度支払って・・。
まとめて支払うと、少し得するようですが・・例えば一年だと25.520円になるようです。
こういうのって、毎月引き落としだと・・このくらいなら・・とか、思っちゃうんですよねぇ・・。
が・・実際、全額免除だったわけです。

25.250円・・・父が手帳を頂いてから、ボチボチ9年。大きいですよねぇ~

確かに・・役所で頂いている『福祉のしおり』に掲載されていました
でも・・我が家のような場合は、無理だろうって思うような記載の仕方だと思うんです。
よく聞けば、大丈夫だったわけです。


自宅介護をされていて・・同居はしていても、世帯主になってる方が手帳をお持ちだったら。
是非・・聞いてみてくださいねぇ。
世帯主でなくても、非課税所得者であれば・・やっぱり全額免除になるそうです。
全額免除にしろ、半額免除にしろ・・受けられるものは・・受けた方が絶対にいいと思います。
リハパン一セット、買える額ですもの~。

水道料金の基本料金の免除とか・・も、そうですね。

65歳以下の方が、新規で障害者になった場合・・障害者福祉年金も頂けるそうです。
これは・・残念ながら母は該当しませんでしたが。

受けられる側が、申請しなきゃいけないんだけど・・知らないことあります。
これは、ケアマネさんも、役所も・・細かく教えてくれません。
教えてくれたかもしれませんが、申請するので一杯一杯の時にアレコレできませーん。

頂いた冊子をザーっと読んで、申請できるものはしてくださいって・・確かに言っては下さいました。
ハイ。確かに・・聞いたです。
でも、他にも沢山やらなきゃってこと・・あったんだもーん。

だけど、申請するのは・・家族・・って、どうなんでしょね。
当てはまるものがあるなら・・役所で手配してはどうです?
そしたら、随分と親切だと思うんですけど。

家族が・・動ける者ばかりでは決してないと思います。
もっと、キツキツに日々を送ってる方だって、老々介護・・されてる方も・・。
も少し・・そういうとこ・・親切でもいいんじゃなーい・・と、思った私はせこいでしょうか

 

旦那のおかげで、BSテレビが我が家に来て、NHKの受信料も・・免除になりましたぁ。
払ったつもりで・・今年は宝くじ・・20枚買おうかなぁ~とか思ってます。
これで当たったら、旦那は本当に偉い

 

あ、おまけ。

最近・・旦那は、これも買ったのでース。
パソコン、買ってくるから・・」って。
ビックリしてる私が正気に戻るとそこには・・。 
BS内臓、パソコンさんが。
                                                                                
そして・・集めたポイントで・・新しいプラモデルと、両親に新しい血圧計を買って来てくれた偉い旦那でした

で・・私にはあるわけ・・ないか。 

 

                     今日の最後に、一言。   弟よ、また姉ちゃん・・頑張ってくよぉ~。

コメント (26)

今年最後のバラの花。

2007年12月08日 | 福祉・手続きのお話。


今年最後のバラの花が、咲きマシたぁ。
なーんて綺麗なんだろナァ~私みたい(なんて、誰も言いませんが・・

花が重くて、おじぎをしちゃいます。
必死に吊ったら・・ツインズになっちゃいましたぁ

 

今日から母はショートスティです。
何日か前から、伝えてあったし・・母の見えるカレンダーにも、さりげなく書いてあるんだけど。
「すっかり騙された」とか「どうも長い事お世話になりました」なんて、プンプンしながら出かけました。

短時間の記憶が蓄積されません。
記憶障害、ショートの前後は強くなります。

一年以上・・お世話になってる施設ですが、母はちっとも慣れませんねぇ。
母の気持ちは、とりあえず・・ぐっと抑えてもらって。
私も父も・・送り出すことに一生懸命でしたぁ

 

少し早いけど、今日は旦那と二人でお墓参りに行ってきました。

もうすぐ、弟の命日です。
12月10日(詳しくは、こちらをポチっとね)
生きていたら、バリバリ働く・・お父さんだったんかなぁ・・
母の介護、弟のお嫁さんと一緒にしてたかなぁ・・
もしかしたら、弟が両親と同居してて・・私は小姑で、イビッテタかぁなーんてことを、必ず考えてしまうこの時期です。

長女は部活、次女は特別授業とかでお弁当持ちです。

母ショートの一日目は、いつもと変わらぬ忙しい朝から始まりましたぁ。

ヘルパーさんに母を任せて、私も出かける準備と父の昼ご飯の用意をして。
本当なら、父もディの日だったんだけどなぁ~・・行かないでやんのぉ。
心臓が・・足が・・腰が・・痛いんだそうです
そのくせ、床暖をセッセとクイック○ワイパーで掃除してるんだもん~。
そんなら・・ディに行ってくれたらなぁ~母だって、父が送ってくれたら喜ぶのにさ。

最近、父はまた少し下向きです 先週、整形外科で腰のMRIを撮ってきました。
人口弁が二つ入ってる父の心臓、MRIは無理だと思っていたのですが・・レントゲンに写らない人口弁なら、問題ないそうで。そんなら今までの医師は・・うぅ~む。
もっとも・・腰椎狭窄症だと確定しても、ワーファリンを止めてまでの手術が出来るわけではなく。
それでも、今看て頂いている整形外科の医師は、病気のマンションみたいな父を、なんとか楽にしてあげようって・・今までいない、有り難い先生です。
結果を診て、改めて考えようって言って下さったそうなのです。
しっかし・・おかげで、昼ご飯を用意して出かけなきゃいけなくなりました。ブツブツ・・・・。


母が出かけた10時半、最近遅くまで仕事をしてる疲れぎみの旦那だけど、気持ち良く、連れて行ってくれましたぁ。

ちょっと疲れてるからこそ・・お参りしなきゃ~強迫観念ぎみぃの私。
明日は寝坊をすると決めているので、なんとか今日中に行きたかったのでしたぁ。

空は青く、雲ひとつない好天。
寒いけど、コートを着るほどではありませんでしたよ。

お墓の周りは紅葉が、久々に・・景色を見たって感じでした。
今年は、葉っぱが赤くなる時間が足りないらしいですね。すぐ茶色になっちゃうんですって。
    確かに・・紅色は・・見えないぞ。

旦那も、一生懸命掃除を手伝ってくれました。
しっかし、集めた落ち葉・・お墓の横で燃やしてぇ。・・・遊んでました。オネショするぞ~


帰りの楽しみ、美味しいもの・・は、中華のファミレス○ミアンのフカヒレ丼。旦那はネギラーメンのランチセットでしたぁ。
旦那は、全くグルメで無さ過ぎ。折角のデートもこんなもんですぅ。ケッお腹がふくれりゃいいのね。


2時半に帰ってきて、洗濯物を取り込んで・・後は、何もしませんでした(何故か拍手?)
コタツにモグって・・ウトウト

今夜は、レトルトのカレーにしちゃうからぁ~サラダも袋入りの15品目さぁ。
何もしたくないから・・これでいいのさ誰も文句言わないし。

本当に何もしないで済んじゃいました。
明日、遊びに行きたい長女が・・二千円で夕飯の用意、片付け、米とぎ・・を全部、引き受けてくれましたぁ(高い時給だ・・けど、まぁいい)おまけに、浮腫んでる私の手足・・マッサージしてくれて
次女はさっき、お風呂を洗って出てきました(もう夜中の一時になろってのに

今日は、ホント・・楽チンさせてもらっちゃいました

母のことでは一人だと・・思ってしまうことが多いこの頃ですが、こうして助けてくれる家族がいること・・いいときばかりじゃないけど・・今日はありがたかったナァ。
時々切れて、ムカつく可愛くない娘達だぁ~し。
何より・・あまり親(私)の良い背中を見せてないなぁって思うので・・こんな優しさはうれしいぃ。
実際、介護は大変だって・・身をもって教えてしまってるような今なので・・。

それゆえか・・どうかは実際わかりませんが、長女の療法士になりたいなんて言ってた夢が・・イラストレターになりたいに変わっている~のでしたぁ美術の学校は高いからねぇ・・稼げないしぃ

でもまぁ、好きな道・・目指すのは娘達。
考えて、進んでいけば良いので・・一生懸命勉強してちょうだいって、感じです

今日は旦那のパソコンと、NHKの話を書こうと思ったのに・・・またそれは次回にします。 

コメント (12)

今年最後のバラの蕾。

2007年12月02日 | 福祉・手続きのお話。

うぅ・・12月になってしまってる。

なんだか・・ブログの更新が全然出来ない毎日です。
それは・・忙しいからでも、面倒だからでもなく・・書きたい事や残したい事も沢山あるのに、気力がないというか・・。
そんなこと、今まであんまりなかったのになぁ。どうしたんだろ私。
どんなに忙しくてバタバタしてても・・ココにいることで・・落着けたのになぁ。

みんなのブログへも・・コメントしに行きたいのに。

皆・・頑張ってるナァ~。ポチ!

気が付けば最後のカレンダーがヒラヒラと揺れてる今日この頃。

バラの蕾が二つ。今年はこれで終わりカナァ~なんて・・しみじみ眺めてみたりしてぇ。

 

 

 

そんなこんな・・で、いつのまにか終わってしまう毎日、同じ事を繰り返してるようで、結構・・中身は充実してるんだって思える毎日なんですが。

誰かと比べて不幸だとか、幸せだとか・・そんな風に思う余裕はないはずの、そのくせ時々溜息の出る毎日。

だけど、生きてることが何よりも掛け替えないことだってことだけは・・知ってる私なんだけどなぁ。

だから・・誰のためじゃなくて、自分の為に毎日を生きてる私なのですがぁ。

親の介護も、子育ても・・あんまりやってないけど奥さん業も。
全部私が好きでやってることなんだけど。

うまく・・マワッテいかなくて・・誰かのせいにしたり、勝手に切れて怒ってるのは私です。

うまくやってこうなんて・・思わなくても、ナントかなっていってるのにね。



あ~あ・・もう、どうでもいいやぁ~・・どっか行っちゃおうかなぁ(行きませんが)

ちょちょっと何処かへ・・行った方がいいのかもしれませんねぇ~。

思い切って・・プチ家出!(いつも、こればっか・・・言ってますが)

そうこう・・・してるうちに、今年もきっと終わるんだろナァ。


でも・・ひょっとしたら、これが私の日常に?!

ひたすらバタバタと、慌しく過ぎた日々が・・落ち着き始めた証拠かもしれないです。


いろんなことあるけど、当たり前の毎日に・・なってきてるのかもしれないなぁ。

特別なこと・・してるような気ばかりしてたけど、目指してるはずの当たり前の日々が・・訪れてる?



・・・うぅ~ん、なんだか書いてるうちに、ちょっと気持ちが落ち着いてきたぞぉ。


さぁ~気分を変えて、前を向き直さなきゃ。



先週も、いろんなことがありましたぁ。

週初め、高校時代の友達のお父様が亡くなったと知らせが来て・・それから何日もたたないうちに、今度は別の高校時代の友達の旦那様の急死の訃報を受けました。
日曜日が葬儀、出席は出来ませんでしたが・・思うことは沢山ありました。
そして・・こんなことでもないと・・連絡しなくなってしまった友と・・久々に話もしたり。
いずれにしても・・切なく、悲しい出来事でした。

火曜日は、親子喧嘩に・・夫婦喧嘩に・・もう、滅茶苦茶荒れた私。

水曜日は忙しい日で、一日中・・走り回ってて・・午前中は母の通所リハビリに行って、担当の若くて笑顔の素敵な男のPTさんの一生懸命さに、感激しちゃったこととか。
午後は、次女の三者面談があって・・くたびれ果てた日となりましたぁ。

両親と、介護タクシーで半年振りのちょっと遠出・・お歳暮を買いに行ったのが木曜日で、エレベーターがない我が町の○カドー。商品搬入のエレベーターに乗ったことととか・・。

それから・・NHKの受信料が、免除になったんですよぉ~BS付きのテレビを買ったおかげで・・国営放送の営業マンがやってきて・・ちょっとムッとしちゃったけど・・おかげで免除の道を知り~。

今日は旦那が新しいパソコンを突然買って来た話とか・・・。

 

イロイロいろいろありますねぇ。

切ないことも、楽しい事も、とりあえず・・クリア。

そのいろんな事を、どうしてその都度書けないんだか・・せっかくの日記なのにねぇ。
12月こそ、マメに書いてみたいと思います。


何か・・聞いてあげよう~って・・思った話ありますかぁ・・ないか・・。へへへ。
NHKの受信料の話・・これは後日・・改めて書きますぅ。

 

しっかし・・相変わらず・・まとまりのないブログです。

読んでくださった皆様・・・ごめんなさーい

コメント (18)