頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グタグタ。

2018年10月23日 | 私。


横須賀猿島まで、船に乗ったよ。
一万歩以上歩いても、階段登って降りても、足は痛くならなかった。
ただ、腰に巻いてるタオルとコルセットを取らずに歩いたから、秋だってのに汗だくで、恥ずかしかったのと、帰宅してから少し怠くなったのは、頭のせいかな。



旦那と、タンデムツーリングで。

その前は、、、

富士山の五合目まで行ってきた。


こうやって、旦那と外出出来るのも、父を見てくれているワーカーさんがいるからだよね、、、

ホント、感謝しなきゃだ。

いや、してるのよ。
ホントに、心から。

自分の時間を過ごせるのも、好きな事をして遊べるのも、父を預かってくれる特養があるから。

遊べるくらいなら、父を在宅介護に戻してあげれば良いのにね、、、

私は、一応、闘病中ではあるにはあるけど、まだ遊べるくらい元気だ。
ただ、いつ何が起きるか、私にも分からない。
分からないから、特養に父を預けたわけだ。


最近、なんか、疲れる。
気持ちが、疲れる。

血圧は、上がる。
薬を飲んも、なかなか安定しない。



特養に親を預けている人は、どんな気持ちでいるんだろな、、、

他人はどうでもいいこと。
誰に何を言われたり、思われたっていいじゃない!

そう。
そうだ。
それは別にいいんだ。

自分の気持ちがウダウダしてるから、疲れちゃうだけ。

特養に預けたのだから、出来ることを、出来る時に、すればいいのだろうな。

あとは、自分の人生なんだから、好きに使えばいいのだ。


分かってるんだよね〜〜



特養は何処も100人単位で待機者がいる。
建物は新しくできてもか、ワーカーさんがいないのよ。
自分の寝る時間を割いて、それどころか働きながら親を在宅介護している人も沢山いる中で、特養に預かって貰えたなんて、本当に有り難い以外ないわよ。
あんたは、自分自身の頭が、どうなるか分からない状態で、今だって病院三昧で、何かあった時にどーするの?

共倒れになりたいの?




そんなん、私が一番知っている。
多分。




民生委員で、他県で特養の評議員もしている叔母にも言われた。
その叔母は、今も家族を特養に預けている。
家族側でもあり、特養側でもある上で、ブチブチ言う私を怒る、、、って言うか、心配してくれている。



有り難い事よ。
割り切りなさい!
あんたは、会いに行き過ぎ。
あんたみたいな家族が、特養のワーカーさんにとって、一番めんどくさくて困った存在。
ワーカーさんが仕事を辞めたくなる理由の一番は、利用者じゃなくて、利用者の家族との悩み。
兄さん(父)のこと、構い過ぎ。


だ、そーだ。




分かってる。

分かってるんだ、そんなこと。





ただ、こんな風に、あーだこーだ、勝手に考えて、思って、、、
いろんな人にいろいろ言われて、余計に疲れちゃったりはしてない?

って、誰かに聞いてみたくなる。


中途半端な私だな。
そんな人間は、私くらいだろうかな。







私は、週に二、三回、果物やお菓子を持って会いに行く。
父が、痩せた痩せたと騒ぐから、太らせようとしてる。
確かに、入所して一年で10キロ近く痩せた。
でも、カロリー計算されて、キチンとした食生活の賜物で、私も食べたいくらいだ。
父は、それを癌だとか、特養のせいにしたりと、、、たまに呆れる。


本当は、、、週一でって思ってた。
でも。三日以上開けると、父から日に何回も電話がくるし、私を来させたいが為にか、いろんな理由を探して電話してくる。
私も、なんだか行かない訳にはいかなくなって、結局は週に二、三回行っている。


「実は、、、」から始まる父の電話の内容を、無視は出来ない自分もいてさ。
結局、心配ではあるわけだ。
間違いなく、親子だし。
私しか聞いてあげれないから、、、とも思ってしまう。
一人娘の辛さ?だ。


なんだかとっても疲れる。
せっかく預かってくれているのに、、、
私はやっぱり、父に似ているのかなぁ。
他人を信用出来ないのかな、、、


最近、携帯が鳴るとビクンとする。
また何かあったかと、、、




特養に入所した父は、どうも依存が強くなっているみたいだ。
家では一人で出来ていたことを、ワーカーさんにしてもらいたいらしい。
それで、ワーカーさんをおこらしたり、困らせたりしている。
本当に出来なくなっているのか、、、よく分からないのだけど、、、

一般的な老化なのか、認知症の症状なのか、よく分からない時もあるけど、体力的なものや、物忘れは別としたら、しっかり考えているとは思う。
特に、私には優しく、無理を言わない。
その分、ワーカーさんには、我慢できないのかもしれない。

不満は、、、不安と、不信になっていて、子供みたいに思えたり、、、
それでも父は父だから、私の心配もする。




私は、なんだか頭の中と、ココロの端っこが、ウダウダしてる。






コメント (2)

空と雲と富士山

2018年10月07日 | 私。
今日は、山梨県の見延まで、温泉入りに行ってきます。

腰の張り、治るかなぁ。


富士山は、、、





霞んでる〜



で、、、空を見上げていたら、、、





虹色の雲!
分かるかな?

遂に目がおかしくなったかと焦ってしまった。

綺麗だったよ〜〜


きっときっと、良い事あるね〜


ではまた!
コメント (2)

髄膜腫&すべり症のその後

2018年10月05日 | 髄膜腫
またまた、ご無沙汰しています。
おかげさまで、元気です!
体調は、、、変わりないかなぁ。
相変わらず右顔面は痺れています。
でも、複視にはなっていないので、有り難いです。
耳鳴り?頭鳴り?は、酷くなってきたかなぁ。

月に一回、脳神経外科病院に行き、院長先生に話を沢山聞いてもらっています。
ゆっくり話を聞いてもらい、ゆっくり今後の話をしてくださいます。

大学病院に通院している時の、三ヶ月に一度、しかも10分以内、、、ってこともないので、少し安心です。
ただ、少し遠いのがね〜
電車二本乗り換えて、その後はバス。
車なら自宅から30分なのに、免許の無い私は、毎回一時間半を掛けて病院に。
つまり、かなり不便な所にある病院です。

でも、すべり症の方は手術で良くなっているので、痛みなく歩けていますし、知らない町の探検気分で、買い物したり、ランチしたり。
良い気晴らしになっています。

何より、あの福島先生も、年に何度かその病院で手術をしているので、また診察を望めば、診て下さると思います。
残念ながら、私は手術はしない方が良い事で今に至っていますが、、、
いずれは、なんらかの治療をすることになるとは思っています。
頭の中に、良性とはいえ、腫瘍がある。
それは、間違いなく、、、このまま成長しないでくれたら良いのですが、今の時代、私はまだ医学的に若いから、成長していく確率の方が少し高い。
密閉された頭蓋骨、、、そこが問題。
どうなるかは、、、まだ分かりません。
来月またMRIを撮ります。
福島先生のお弟子さんの院長先生が、ずーっと主治医でいてくださるそうなので、頼って生きたいと思っています。

やはり、正直、日々ツライ。
目の周りの痺れ、頭の圧迫感や気持ちの悪い痛みは、家族すら分からないしね〜
i hornを長く見ていると、目が疲れて霞れるやらウットーシーやら。

でもね、辛がってばかりいてもつまらないし、家事は私しかする人いないし、父も施設で私を待っているし、、、
で、、、なんとか頑張っています。

ま、日によっては、何もせず、もしくは最低限の事しかせず、居間に転がっていますが。


食べたい物を食べ、安物でも服を買ったり、バックを買ったり(笑)
大丈夫。
普通に出来ています。

手術が出来なかったおかげで?旦那とは連休の度に、タンデムツーリングに行けています。
沢山歩いてますよ〜
痛みや痺れはありません。

つまり、すべり症の後方固定術の術後経過は、良好だと思います。


滑り症の手術後はどんなかとコメント頂いたので、次は経過を書きますね。

今もまだ腰の張りと、背中に鉄板を入れた?って感じの違和感はあります。
痛い!って言うより、張る。
でも、姿勢を良くすると気にならないので、もしかしたら、私の姿勢が悪過ぎるのかもしれないですね〜

あまり姿勢が悪いと、固定していない腰椎が滑るってこともあるそうなので、、、気をつけないとと思います。


術後11ヶ月です。
来月には一年検診があります。
早い!!
あ!っと間の一年でした。
術後半年で、タンデムツーリングを再開出来ました。
沢山乗っても、沢山歩いても痛くない。
張りは、、、あります。
たまに腰回りが痛くなったりもしますが、長く続く事は無く、ロキソニン飲んでしまえば落ち着く程度です。

私は、髄膜腫のせいか、こめかみを締め付けられるような頭痛があるので、ロキソニンを。
痺れの緩和でトラムセット、テグレトールを。
この三腫類の薬は、毎食後に服用しています。
だから、実は薬のせいで多少の今みは感じ無いのかもしれないですが、、、
術前、痛み止めなんて全く効かず、とにかく足が痛くて歩けない日もあったので、やはり術後に改善しているんだと思います。

薬で治る痛みなら、メスは入れなかったと思います。

完全にすべり症になる前の身体だ!
元通りだ!
とは言えません。

手術しなきゃ良かったって、、、全く思わないとは言えません。
どのくらいの比率かは、、、場合によって。
シチュエーションに寄って、、、とか。
いろいろ、、、ありますでしょ?

これは、嫌な書きかたかもしれませんが、してみないと分からないかなぁ。と思います。
医師も言っていますが、人それぞれの気持ちは、やらない人にはわからない。
医師にも分からないそうです。
実は、まだ私自身が、一番分からないかもしれない。

命にかかわる重大な影響を与えることがないならば、メスは入れないってのもありだと思います。
動くはずの場所を、動かなくするわけですから。

それと、、、術後2日目までは、しなきゃ良かったって程、私は、私はですが、痛かったので、大後悔しました。
でも、足が痛くないって事を実感した3日目は、感動(笑)
もちろん、寝ていても痛いって事も今は全く無いです。

しつこいですが、沢山歩けます。
登り坂は少し歩きにくい感じがありますが、平面ならかなり歩けます。

ちなみに、9月の連休は、旦那とタンデムツーリングで清里まで行ったのですが、、、

翌日も同じくらい歩きまわってましたが大丈夫でした。

私にとっては、かなり歩いた感じです。
私にとっては、上等。

だから、、、手術をして良かったと思います。
やりたい事、好きな事、わりと出来ています。
気持ちが付いて行かず、ダラダラしたり、ウダウダしたりの私なので、本来なら、もっと動けるんだろうなぁと思います。

それが、すべり症の術後の感じです。

術後の私の状態は、こんなです。

何より、信頼できる医師に手術してもらう事が一番かなぁと思います^_^
私、整形外科の先生には、なんでも話せちゃえます。
バイク、まだ乗ったらダメですか?
とかね〜よく聞いてました(笑)
いー歳をしたオバちゃんが、、、とは絶対に言わなかった先生です。

乗れるようにしてあげるよ!
って言ってくれたから、手術しました。

で、今も乗れてます^_^


バックミラーにいる私^_^
これが、全てかなぁ。



うまく書けなくてすいません!
長々とごめんなさい。
ちょっと目が疲れてきたので、このへんで。


気候の変動、台風、地震、自然には敵わない事もあると思います。
どうか、くれぐれも、お身体に気をつけて、ご自愛下さい。

皆さまに、楽しいと思える日が沢山ありますように。












コメント (4)