頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再会。

2007年02月27日 | 私。

今回の母のショートもあと少しで終わりです。
今頃もう・・帰る気分でホッとしてるだろうかナァ。
夜中のトイレ、我慢してなきゃいいけどなぁ・・。
今度こそ「もう、絶対行かない・・」って思ってるかもしれない
でも、二ヶ月先まで・・予定は入ってるのでした。しかも次回は10日後・・。申し訳ない



結局、土曜日に父も母のショートのある特養のディサービスへ出かけていきました
というのも、前日ケアマネさんの月に一度の訪問の際に、調子が悪いから行かないかもしれないと言ってた父だったので、キャンセルするんだろうと思っていました。
父がディを休むと、母は「私も休む!お父さんだけサボるなんてズルイ!!」と怒ります。
だから、父はこっそり母のいない部屋でキャンセルの電話を入れるつもりだったのです
ところが・・忙しさにかまけているうちに、忘れちゃったんですねぇ~電話するのを。
昔気質の律儀な父は、当日のドタキャンも・・前日夜遅くのキャンセルさえも出来ない人なのです。
朝起きて、具合が悪くなる事もあるので・・本当は当日にキャンセルするのも仕方ないとは思うのですが。
優しくない私は、あえて父にそれを言いませんでした
身体の調子は確かに良さそうではないけれど、父は先週マルッと、全然外出してないのです。
一週間、新聞を取るためだけに家の外に出るだけ・・病院の受診もなかったし、家族以外とは挨拶すらしていないんです。そんなの・・いいわけないんです。
狭い部屋の中をフローリングモップ持って歩くだけの足・・本当に歩けなくなったら困るって思っているから、大事にした方が良いのか・・痛くても動かした方がいいのか・・それは誰にもわかりません。
週に3回の訪問マッサージさんも、父にいろいろアドバイスをしてくださいますが・・父もナカナカ頑固だし。父の持ってる知識が、無理をするなとささやくようです

父としても、母だけをショートに預けて自分だけがベットへ横になることに少し躊躇いもあったのでしょうね。
私としては、父の昼ご飯を作らないで済むことの楽チンさも捨てがたいし・・「大丈夫?」とは言ったものの「無理しないでね」の裏側に「頑張ってきな~」が隠れていました。

しっかし・・そうなると、父は父で出かける支度をしなきゃいけないので、母の朝のお世話も全て私になってしまいます。
母だけのショートですが、いつも利用しているディの日と重なると、ディの迎えのワゴンに乗ることが出来て、父と一緒に出かけることが出来ます。
お迎えの時間は8時50分から9時20分までの「いつか
三十分の誤差は・・一番に乗り込むか、最後に乗り込むかの違いで、最後に乗り込む日はディから電話がかかってくるのです。でも・・どういうわけか、電話があっても一番に迎えが来る事もしばしば。
なので、のんびりしてると・・慌てて出かけなくてはならなくなるのですねぇ。
どうも、そのへんがよくわかりませんが、施設の伝達がうまくいってないのでしょうか。

そして、今回のお迎えは・・時間の伝達どころではなく、完全に行き違いがありました。
母の乗る場所が・・なかったんです
通常のショートの迎えは、ディの迎えの後なので10時半。
母の配車は、通常のままになってたのですねぇ。
今回が初めてではないこういう日(父がディで母がショートの初日)今更なのに・・なんででしょ。
母ったら「乗れないんだから仕方ないわ。私が行かなきゃいいんだものぉ~」なんて言い出すし。
父だけ先に行く事もありだけど、コートも着て・・すっかり支度が整ってる母ですからぁ~。
再び迎えが来るまでの一時間、このまま車椅子にいるのもなんですし・・。実に焦った私です
慌てたのは私だけでなく・・お迎えのスタッフさんも同様でいた。
「サービス業」だと常日頃言っているケアマネさんのいる施設です。「ごめん」で終わらせるわけにはいかないのでしょう。

結局、二人揃って出かけられたのですが、バタバタ出かけることになってしまいました。



で、帰ってきた父は、確かに足元が揺れていたような・・久々の外の空気と、気疲れでしょうか。
ディの途中に母にも面会したそうで、思ったより母が寂しそうではなかったと、安堵の父でもありました。
身体は疲れていた父ですが、気持ちが元気になってる様な気がしたのは、私のひとりよがりでしょうか。
昨日になって、腰が痛いと・・入浴するのも止めた父、今は訪問マッサージさんの施術の後でぐっすり眠っています
私は昼食を1階に持って行き・・残りの時間を



旦那は先週も休日出勤でした。週休二日どころか、日曜までも仕事です。
旦那と一緒に映画に・・とか思っていたのにそれも出来ないし、家族の為に働いてるにしても・・身体を壊してしまっては、それこそ一家崩壊それでも働かないといけない・・サラリーマンの悲しさですねぇ。

三泊四日・・あっと言う間に終わります。
母にしたら、物凄く長い時間なんでしょうね・・。

私は、珍しく・・外に出ようとしていました。
日曜日は、無理やり娘達を付き合せて・・父の昼ご飯も遅くまで待たせて出かけました。
思いがけず・・携帯も、新しい機種に変更してしまいました・・わけわからなくて参っている今です。
ピカピカのシルバーです(指紋がバッチリホントは白が欲しかったのにぃ)
台所のステンレス見てるみたいです・・・すぐに手に入る色が余り無くて・・母のショート中に制覇しようと思っていたので・・ある色から決めました。
長女の合格祝いと、夏生まれの次女の誕生祝いってことで、三台分。
機種代が分割だってビックリ現金一括だとすると・・眩暈がしそうな金額でしたねぇ。
そうそう・・掃除機も買いましたぁ。ぶっこわれちゃったんで・・。
休日出勤してる旦那様~ごみんなさぁい

ゆっくりのんびりパソコン三昧するつもりだったのに~思惑が外れてしまいましたぁ。

いつの間にか、ブログに沢山救いを求めているし・・ここに座っている時間は、自分の中で処理できないような想いや、逆に吐き出したい気持ち(辛い事とか、嬉しい事もモチロン)いろんなことが、整理出来る場所です。
ナカナカ新しく友達も出来なくなりつつある現状、お友達って呼ばせてもらえるような方達にも出会え、まるで近くにいてくれるような安堵感・・。
自分以外の方のブログには、元気の出る魔法があったり、時として・・自分と重ねてシミジミしたり。
介護する側としてだけでなく・・生きてるってことで沢山の学びが出来る場所だと思っています。
奇麗事だけじゃない・・哀しくなるようなホンネも、オブラートに包んだ文字も、強い意志も、切ない誠実な気持ちも、いろんな想いはあるけれど、見えない電波だけど、どこかで繋がっていたいなぁ。
あなたともずっとです。どこかで会えるような、今はそれを思っています。
あの時は・・あの時・・って、そんなこともあると思います。
前言撤回・・沢山すると思います。いえ~既に、してると思います。
そうそう・・知らないうちに・・消えてる記事もあるかもですよぉ~。

そんなことを思っていた私でした。
全然わかってないかも・・しれませんが、気分を害した方がいたら・・本当にごめんなさい。

今年は、なんとかお雛様を出すことが出来ました。
母のショートの一日目・・いつもの場所へ硝子のケースに入ったお雛様、2年ぶりの再会です。
このお雛様の硝子のケースの天井・・ないんですぅ。
母の退院の為に部屋の移動をした時に・・壊してしまったぁ私でした。
箱入り娘の天井は・・見通し良いと・・いうことで

さぁ~母が帰って来ます

自分のために、家族のために・・出来る事だけですねぇ。

コメント (32)

ヘルパーさん

2007年02月22日 | 福祉・手続きのお話。

オレンジだったハズなのにピンク?

黄色もなんだか・・薄くなった~?



今日は、元気にディに出かけて行った母でした
久しぶりの木曜ディサービスです。
月に二度だけ、
木曜日にもディを入れて頂けましたが~ナカナカ行けませんでした。
どうも木曜日はイロイロ起こります
入浴出来るのが、月曜の通所リハと土曜日のディサービスだけだったので、木曜日にディで入れるお風呂は特別なのです。
欲を言えば・・毎週だといいんだけど・・ね。ディにも許容量がありますから仕方ない事ですね。それでも今日は「お風呂に入れる

なので、久々に「行かない」とは言わない母でした。
そして、お誕生会までして頂いて・・楽しく?過せてきたようです。

「今日は久美子母さんの、お誕生日会です・・2月12日で72歳になりました」
って、スタッフの方の紹介があって
「若い~」の声がかかったそうです。
「若いって言われちゃった」って、母はチョッと複雑な顔してました。
70代で、ディに行ってる方・・少ないんでしょうね

昨日も通所リハビリがあったので、連日・・続けての外出でした。
めったにそういう週はないので、なんだかとっても得した気分です。へへ。ゴメン母
とりあえず、肋間神経痛らしき激痛も緩和している様子だし、時々痛みはあるようんですが、ちょっと落ち着いてきたみたいです。
大変ご心配、おかけしました。
主治医の診断に任せていきたいと思います。
嫌な顔ひとつせず、一生懸命考えてくださっている先生だと思います。
母の調子をしっかり伝えつつ、よろしくお願いしていきたいと思います


それから火曜日、ヘルパーさん二回目の訪問がありました。
残念ながらの雨天でしたので買い物は中止、手足の沐浴に変更です。


「綿の軍手ありますか?」って。
「百均で買った、チャリ用の手袋なら・・新しいのがあります」
「それを貸して頂いていいですか?」


母の足の指の間もそれできれーに一本ずつマッサージしてくれましたぁ

足を浸すバケツは「ピクニックセット」が入っていたプラスチックケースです。
いつか、フットバスも買ってあげたいと思います・・宝くじ当たったら~


雨の日などの、お買い物以外の利用の時は、一時間だけ沐浴と言う事で来て頂きます。他にすることなくてぇ。何か他にやってもらえること・・ないかなぁとは思っているのですが・・。
そんな勝手な申し出も、気持ちよく了承してくださったのであり難いです。
こちらの気持ちも、実はイロイロありますが「長い目」でいたいと思います。
慣れてきたら、私もその時間を心配なく過せそうです。
ヘルパーさんも、一生懸命にやってくださって、何よりも沐浴が気持ち良かったと言っていた母でしたのでヨカッタァです。

おまけに、来月中学を卒業する娘の最後の懇談会も、ヘルパーさんの力を借りる手筈が整って・・欠席しないで済みそうです。
丁度ヘルパー利用日の火曜だったのですが、午前から午後に時間変更していただく事が出来ました。
訪問看護士さんが帰った後を引き継いで、自宅に来てもらえる事になりました。
時間を心配しないで、久しぶりにママ友達と会って来れそうです。
もう、なかなか会えない人もいるので・・諦めつつも行きたかったから、嬉しいです。

ヘルパーさんの利用、介護保険の自己負担は三十分毎に250円位かかるってことです。介護保険・・30分2500円・・。
貴重なお金を使うのだから、その分しっかりと・・お互いに充実しなきゃ申し訳ないですね

たかが一時間半だと思っていました。
でも、されど一時間半なのですね。
その間・・仮に私がいなくても、トイレの心配がないのですもの。

と、言うのも・・今日はトイレ様のことで・・母を泣かせてしまった私でした。

ディから元気に帰ってきたのはいいのだけれど、トイレを我慢してきたようで。
帰ってくるなりトイレ・トイレ・トイレ。トイレ~。
ウンチ君が出そうで、出ないマッサージさんが来ても、トイレ行きたい
いったいどしたらヨカンベで、私もいささか辟易でした。
おまけに私の入浴中も・・父が私を呼びに来る。

髪を洗ったところで、母をトイレに移乗して・・待ってみたけどダメでした。
仕方ないので、Pトイレ君登場
ホントは、ウンチ君だけはトイレでして欲しかったんだけど・・風呂の途中で出てきた私、ちょいと冷えてしまいまして・・。
母をPトイレに座らせて、トイレ用のひざ掛けを掛けて・・風呂場へ戻ったわけなのでした。

急いでアガってきた時に・・母はやっぱり出ないと涙顔。
何度も「ごめんね」を繰り返して・・寝る寸前まで泣いてました。

なんだか無理して出そうとしてる母に、私の言葉もかなり・・キツカッタです。
「出るときは出るから・・無理しなくていいんだってば!」
なんて・・言ってしまった私です。
「娘にまでこうだもの・・ショートの人が嫌がるのも無理はない・・」って。

私が優しくないばっかりに、またまたショート・・不安にさせてしまいました

情けないとか、辛いとか・・迷惑ばかりかけてるっていつも言ってる母なのに全然優しく出来なくて。もっと情けなく、辛くさせてしまった私・・トホホの自己嫌悪で今日は終わってしまいましたあ~ぁ・・。

コメント (28)

新企画パートⅡ

2007年02月19日 | 福祉・手続きのお話。


桜草も満開になりました

     この中にいたのでーす! 

これも多分~桜草でしょうか・・ゼラニュームの中に、怪しい葉っぱ!これは雑草じゃないぞぉ~。
も・もしやと・・寄せ集めて植え替えてみました。そしたら蕾がグングン伸びて
去年・・この花は我が家にはなかったはず、母に聞いたら・・何度か咲かせてたことがあったそうで。
何年か前の種が・・芽を出したんでしょうか
1センチほどのミニ桜草もあります。咲くのが楽しみです


そして、本題。
木曜日、我が家に新しく介護用品がやってきました!新企画パートⅡ

       ポータブルトイレ君 

今回は、早い決断と・・購入でした。
これから長く使うことを想定し(実は・・教えてもらったのでしたぁ)どっしり家具調タイプの便座暖房付き、両肘が上るタイプのものに。
トイレのアコーデオンカーテンとシートの色が同じで、フローリングに合うわせた色にコーディネート(父が決めマシたぁ)ホントはね、可愛い色にしたかったんだけど・・まぁ、いいでしょう。

消臭剤を入れるタイプです。脱臭機能は無しにしました。一万円位違います。
とりあえず・・夜中ののみ、ってことで。ウンちゃんはトイレでしてねぇ万が一の時は頑張ります。

介護保険の介護用品購入の限度額は10万円だそうで、このPトイレ君は7万円弱(自己負担は一割)
長い目で・・と書きましたが「年間10万円まで」だということですから・・四月になれば、買い換える事も可能なそうです。もちろん、買い換えるなんて事・・まだまだ先の話にして欲しいです。
なるべく昼間はトイレへ頑張って行って欲しい~・・これもリハビリなのですもんね

我が家はトイレに手摺を付けましたが、こちらは改修工事費だそうでした。二十万円が限度だそうです。
もっとも、去年の話・・なので今年、もしも何かをするならばOKなのかなぁ。
背もたれに100均で買った座布団を。
麻痺側に倒れるので、これまた100均クッション小を父がくくり付けました。
ペッタンコになってるぬいぐるみ(・・実は犬)も、長いトイレの時は背中に当てます。
介護用のトイレではないので、フタが平らじゃないのです。
母の身体はグラグラなので、よっかかって用をたすわけです。
が・・・気をゆるしたあの時・・そう、ここから前に落ちたのでース

我が家のトイレは母のベットから一メートルの所にあります。

なので、Pトイレは必要ないカナァと思っていました。
しかぁ~し・・ ベットから車椅子へ移乗→車椅子からトイレへの移乗→トイレから車椅子への移乗→車椅子からベットへの移乗となってるわけで。
それがポータブルトイレにすることで ベットからPトイレへの移乗→Pトイレからベットへの移乗で終了なんですねぇ。
ゼリちゃんにコメントで書いてもらうまで・・気がつかなかったオバカな私

夜中のトイレ介助が多くなってしまった今・・考えたらわかることでした。
でも、Pトイレ・・知ってたんだけど、わかりませんでした。 それくらい、なんだか・・日々、冷静ではなかったんですねぇ。 ゼリちゃん始め、ブログ友達のコメントに「Pトイレいいよ!」って教えてもらって。目から鱗。今更だけど「あ~そうか・・」 でした。今回は、対応が早かったです。 ケアマネさんに連絡して、レンタル業者さんに来て頂いて、カタログ検討。そして、やって来たのがこのポータブルトイレ君です。

早速晩に準備~これで大分楽になる Pトイレ用の消臭剤を投入して・・母のベットの横に置いて

そして・・それはとっても早い「良かった・・」を生んだのでした。
まづ・・12時に私が自室に行こうとした瞬間に呼び出しベル。早速・・Pトイレの出番です。
なるほど~これは便利です。
母をいつものように起こして(ベットの頭部を少し上げて、足をベットに先に下ろし、ズボンのゴムを持って「セーノ!」で母に立ってもらいます。母は私の首にしがみつき・・私は右手で母の腰を支えて左手でパンツとズボンを一気に下げます)
そして、そのまま90度ずらしてPトイレ
その間、父はベットに入ったままでいられました。なんて簡単

しっかし~それからは、大変な夜中になってしまったのですねぇ~・・。
母の胸痛が著しく・・。母は眠ることが出来なかったようです。
一時間もしないでベルが鳴る・・。
起きているからトイレも気になる。
とにかく胸が痛くて・・背中が痛くて・・結局その日は一時間毎のベルの呼び出し。
五回のPトイレ利用となりました・・・Pトイレ君、初日から大活躍でした

母の胸痛は「逆流性食道炎」ではないかと言うことで、一応「タケプロン」という胃酸を押さえる薬を処方していただいてます。でも、どうやら・・そのせいだけではない痛み?
リハビリ後、決まって痛がってるような、麻痺側(左)でもあるし硬直痛かもしれないとも言われています。気圧の変化にもあるような・・。骨ではないことは、マッサージ師さんも療法士さんも共通の見解。
主治医には何度も痛みの相談をしていますが、ナカナカ痛みは消えません。
ちょうど・・心臓の下辺り。肋骨の下。そう、心臓のある辺り。
病名を付けたがる父は・・心臓病では先輩です。「心筋梗塞」を心配していたようです。
私ときたら・・流石の5回の呼び出しのベルに、眠くて眠くて
痛がってる母なのに「仕方ない」で済まそうとしてしまいました酷い娘だぁ~。
母は父に「救急車呼んでくれ」って言ってたそうなのでした・・

で、結局・・金曜日にマタマタ大学病院へ受診することに。
丁度主治医が外来日だとわかっていたので、直接外来受付に事情を話して予約外受診を頼んでみました。主治医はOKしてくれて・・介護タクシー頼んで・・今回は父も同伴で出かけました。
前日父は血圧が180、体調は最悪でしたが・・いつも私だけが主治医に会って話を聞き、父は又聞きだったので、自分の耳で聞いて欲しかったのです。

これで5週連続・・私は主治医に会ってしまったのですねぇ

大学病院の待合室は沢山の人でした。
それでも・・さほど待たずに看護士さんが呼んでくださって、ベットに横になって脈拍と血圧を測り、至急で血液検査もしてくださいました。

主治医が顔を出してくださった時・・母は大分落ち着いていましたが、電話で少しオーバーに私が言ったので、父が思ったとおり「狭心症か、心筋梗塞」を思い浮かべていた主治医のようでした。
心電図もとって頂いて・・結果は心臓でもない。
不整脈も実は出ていたのですが、心配するほどのことでもないようで・・。
血液検査の結果も、内臓には異常ありませんでした。

そして主治医の診断は「肋間神経痛?」
「テグレトール」という痛み止めが処方されました。一日二回まで、12時間は開けなさい~の強い薬。
「ロキソニン」が効かない時に、更に飲んでみてくださいって。

神経痛・・痛いらしいです。断続的な痛み
結局、金曜日の訪問リハビリもキャンセルして・・母はウダウダへコンでいました。
翌日のディは、なんとか入浴もあるので行ってくれたけど、ワゴンが来るまで「行きたくない」ばかり。
父も昨日の疲れがドッと出て、ディは休み。母はそれもあって・・益々行くのを嫌がって。
それでも結局行かせちゃった私って

今日は月曜日の通所リハビリでした。
母、ちゃんと行ってきましたよ~。頑張って来ました。偉いです

胸痛は・・まだあるみたいです。
「テグレトール」飲むと・・なんだか母の様子が・・・。
以前、アレビアチン飲んでた時みたいに・・呂律が回りにくくなって、身体がクニャ~。気のせいか・・。
なので、今はロキソニンで頑張ってます。

さぁ~明日はヘルパーさん、二度目の訪問です。
訪問マッサージさんと、訪問看護士さんも午後から来て頂く日。母は大忙し~。
私も元気で明日はお掃除しなきゃでーす。
それは・・水曜日、母が通所リハビリに行ったらば、ノーンビリする為なのですねぇ
 

コメント (22)

新企画パートⅠ

2007年02月15日 | 福祉・手続きのお話。


春一番に、雲がぐんぐん流れていきます。
三寒四温、春までもう一辛抱。
それにしても、春のような気温ですね。

 
スミレの花が次から次へと咲き始めています。
春にさいた花より、ちょっと色が薄いかなぁ。

 

今週から・・週に一度、火曜日の午前中一時間半、ヘルパーさんをお願いすることにしました。
ずっと懸案事項だった「ヘルパーさん」です。
迷っていました
娘の私がいるのに、家にいてまでも他人様に母のことお願いすること。
母も・・嫌だってきっと思うだろうなぁって、実際そんなことまでしなくても、って母もヘルパーさんは拒みぎみでしたし。

しかしながら・・母の家にいる日、私はちょっとばかり愚痴が多くなってしまって、良くない~
これはストレス溜める元・・もう、突発性難聴はこりごりなので、思い切って「お買い物(実はお散歩)ヘルパーさん」契約することにしたのでした。


母が家にいる「火、木、金、日」朝から私は家の中を走ってます。
(場合によっては、夜中から走ってます

難聴気味の父、母との会話が成り立たなくなると私をすぐに呼ぶんですねぇ。電話の子機が呼び鈴代わりで、ともすれば数十分間隔に鳴る電話の音。
それも実は何でもない話だったりしてるのですが、父が止めても母はベルを鳴らすわけで、なんとか父にわからせてもらいたいのだけど・・ダメなんですねぇ
何故か父は母を説得するのを諦めて・・私に振ってくるわけですよぉ

結局、電話の子機をベットの脇に常備してるわけなので、母は勝手にベルを鳴らすってのもあるんですが。
私が三階にいようが、外にいようが・・火を使っていようが、風呂に入っていようが。
元気になってきた母は、昼寝はほとんどしません。
実に喜ばしいとも言えます
テレビも、左側空間無視がある為に見ていても飽きてしまうようです。
おそらく、画面の半分は何も母の目には映っていないのでしょうから

私が「待ってて!」って叫んでも、内線の音が鳴り響きます。近所迷惑・・。
父には内線のベルが聞こえないので、鳴ってること、鳴らしていることすら気が付いてないのですね。
病院にあるナースコールのように、マイク付の機械を購入することも考えたけど・・常に同じ場所にいるわけでもない私だし・・同じかなぁ。ってやめました。
いっそ画像を映せるように・・とも考えましたが、父にはやっぱりプライバシーも。

それから、立派なウンちゃんが出ていても、なんとなくお腹に溜まった気配があると、母は何度もトイレに座ります。
今日も今日とて、トイレへの移乗回数は間違いなく20回移乗・・じゃない、以上。
出るときもあれば・・空振りもあり。それは仕方ないことですが。
もちろん出なくて苦しかったことを思えば、出るときにだしておきたいのはよくわかります。
長く座っているとお尻のホールが悲鳴をあげて、それゆえ短時間しかトイレにはいられません。と、言っても・・長いですが。

で「エーまたぁ」って・・言っちゃうんですね私ったら。
何かをやりながら母と喋ることの出来る住宅事情なら、良かったのですが・・どうあがいても無理な構造。トイレの前で待ちわびる。


そして何より、母の記憶は上手に蓄積されません。昨日のことも、明後日のことも・・今日の出来事になったりするわけで。トイレも同様・・朝の快便を忘れます・・。
思い出しては口にする母に、その都度説明するわけです。
母がいる日は・・気が付けば・・夜

加えて、これから暖かくなって・・窓の外に青空が広がってる時は、なるべく外に出してあげたい。
だけど私の要領の悪さで、それがナカナカ出来ない。
これ以上早く起きて、家事をツツガナクこなす事は私にはちと難しく。やってやれないことは無いでしょうけどねぇ。
父も、母の車椅子を押して散歩出来るほど健康体ではないし。
少しくらい家の中がグチャグチャになっても、せめて何も無い日のお天気の良い日くらい・・私が散歩に連れ出せばいいことなんですが、娘達もこの頃何となく母に嫉妬してるような・・。

リハ病院を退院してから7ヶ月と少し・・近くのスーパーへ行ったり、散歩したり・・最近は主治医の出向先の受診へも車椅子で出かけていますが・・その日はもうヘロホロ。
ホント、我ながら・・どうしてこうも時間の使い方が下手なのかって思うけど、母の支度から外出までに時間も気力も体力も帰ってからも追われてしまってる感じです。
夕飯の支度で娘との会話も途切れがち
。座ってる時間がな~い
「外に行かなきゃ!」の変な強迫観念で、自分自身が妙な罪悪感持っちゃったり。
だから、何もない日は本当に忙しい。気持ちも、忙しい。
誰に言い訳してるんだですが。少し怠ける時間を頂戴・・って感じです。

そして火曜日・・ヘルパーさんが11時にやってきたのでした

自転車で・・多分、近くの方ですね。見慣れた小学校名の入った「防犯」のシートがカゴについていましたから。
私よりちょっと若そうな女性で、メガネを掛けた優しそうな方でした。
そしてもう一人、契約の時にもいらした責任者の方。私より年配で、体格の良いパキパキとした女性です。どちらも、ご近所の奥さん・・みたいな感じかなぁ。
交替で母の買い物に付き添ってくださるそうです。
お散歩・・ということでは、現在の介護保険制度ではヘルパーさんを頼めない。
しかし、それが買い物ならばOKだというのだから不思議な感じですね。

まづ、ベットで寝ている母を起こし・・外出の為にスエットから着替え。

フェンスをムンズと摑んで・・床にデン!・・あ~床暖房なんで丁寧にお願いしますよぉ~(言わないけど)
ベット平らなマンマ、おまけにベットの高さが低くなってることも気にしてないぞぉで、母を無理やり起こしてる・・エッと、腰痛めますよぉ。(私が、車椅子に合わせてあげました)
あ~・・左手から着せなきゃ無理では?!(喋ってて間違えちゃいましたぁって苦笑い)

最初だから、意地悪じゃなくて・・ツイツイ口を挟んでしまいました。お願いする以上は最低限、お互いにやりやすいように・・でも、言わなきゃいけないことは、追々やんわり言わなきゃッて思いました。
どうやら、まだヘルパー歴は浅いような気が・・?!
厳しいですかね・・・私。
つい、プロとしての技量を確認してしまいました。だって、お金払ってるし・・。
もちろん、感謝もします。それはもう、深く。

初日ですが、母をいつものスーパーよりちょっと遠いスーパーまで連れて行ってくださることに。
車椅子で片道15分程の、いつもよりは少し大きめのスーパー。母の行きつけの店でした。
丁度その日はバレンタインデーイブ。明日の通所リハに持ってくチョコと、夕方来ることになっている知人の為のお茶菓子を買ってきてもらうことにしました。

45分程して・・母は帰宅。
チョコレートと、母の好きな御煎餅が三種類・・お菓子だけで二千円弱。まぁいいか。大事なチョコだし。
車椅子の車輪を拭いて、母をスエットに着替えなおして、うがいと手洗いをしてベットへ移乗。
トイレは、母の心情で私が後ほどすることに。

いろいろと、喋ってる時間が長かったので、丁度1時間半のお仕事でした。

ヘルパーさん、母の感想は?母に聞くと・・・。
「私にゆっくり買う物見せてくれなった・・

う~ん・・・母が遠慮して言わなかっただけだと思いますが、馴れてくれば我儘も少しは出せるかなぁ~。

私はその間、昼ご飯の準備と夕飯の下ごしらえが出来ました。
ノンビリは出来ずとも・・少しだけ余裕。
何かあった時、緊急事態にはお願いできるってことでしたので・・・実はそれが大きな目的

さ~・・これからどんなかな
いろいろ利用しています。それがいいのか、悪いのか・・考えながらやってきます。
とりあえず、要介護5・・されど要介護5の母。

新企画パートⅡも今日届きました。
こっちは、また後日。

コメント (25)

母、今日で二歳♪

2007年02月12日 | 母の話

今日は母の誕生日です。

72歳。

まだまだ若い「おばぁちゃん」です。

去年の誕生日は大学病院でした。
今年の誕生日の朝は、ショートスティで迎えてしまいました。
(来年も・・その可能性ありだなぁ~県立高校に合格していなかったら、私立の試験が今日だから)

いろいろ想いはあるけれど、とにかく誕生日を迎えることが出来た母です。

振り返るのは・・去年の母から。
やっと少しだけそう思えるようになったこの頃です。
去年に比べたら・・確かに良くなってる

だから、今日は二歳の誕生日・・かな?
沢山リハビリして、頑張ってきた一年でした。
私も、いろいろ凸凹したけど・・なんとか頑張ってきた一年でした。
来年73歳になった母・・三歳の誕生日に、確かに良くなってるって書けたらいいなぁと思います。

 

それから、未歩さんのブログでコメントのお返事頂いて・・未歩さんの家の日めくりカレンダー、母の誕生日に書いてあった言葉を教えてもらいました。
心の中にスーッと入ってきたので、これからの私の為に・・書いておこうと思います。

  「アノネ がんばんなくってもいいからさ
            とにかく動くことだね」


この言葉が好きで、実行しています。
まずはできることから一歩ずつ。
階段の飛ばしは危険だもの。確実に一歩ずつ。(未歩さんから)

 



訪問マッサージさんの事業所から、母宛てにお花が届きました。


オレンジのバラ・・挿し木出来ないカナァ~
 

ショートスティから戻った母・・言いたい事が一杯みたいで、ずっと喋りっぱなしです。
相変わらず、ショート先のスタッフさんは親戚や姉妹。利用者さんは昔住んでた近所の方々・・。
母にしかわからない時間、母なりに過してきたんですねぇ。

父は調子が悪いそうで~お昼寝タイムです。帰ってきたばっかりなのにね~大丈夫か

母も昨日の夜に余り寝てないらしくて、トロトロとした顔をしながら~テレビ聞いてます
「家に帰ってきたかった」そればっかりの母でした。安心顔の母でした。

特別なことは何もしてあげらんないけど、今日はしっかりと・・母の好物を作りますです

コメント (34)

エンドレスレイン。

2007年02月10日 | 歌の題名。


天使の羽・・なんちゃって!

昨夜は、久しぶりに雨が降りました。何日ぶりだろう・・
それゆえ水道代が今年はかかってるんですなぁ。大事な御花様の水遣りです。
今日はまた・・雨は落ちてきません。少しだけお日様も覗きました。
しっかし・・青空の写真をupしといて、今日はホントはです。へへへ。

雨が降ると、いつも歌ってしまう歌があります。

I'm walking in the rain
行くあてもなく 傷ついた身体濡らし
絡みつく 凍りのざわめき
殺し続けて 彷徨う いつまでも
I until I can forget your love

X-JAPAN「エンドレスレイン」です。

かつては、ビジアル系の派手派手バンド・・全然好きじゃなかったのに、ある日見たテレビの中継・・解散間際のXJAPANにすっかり夢中になってしまったのが・・不思議だった私です。
ボーカルのtoshiのバラードが、yoshikiの作る歌が、大好きなのでーす。
それにね、ちょっと・・解散間際のtoshiの姿・・昔の旦那に似てたのぉ~なんて。
違う世界?に今は行ってしまってるtoshiです。でもいいんだぁ、実のところ・・yoshikiが好き最近時々テレビで見れるので、その時は母をホッポッテ・・テレビに噛り付いてます。
○木数子がyosikiの手を握って話さなかった時・・思わずムキ~娘達に大笑いされてしまいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて、昨日から又・・母はショートです。
実は行く直前に私ったらば・・大失敗。
朝、父が突然気持ちが悪いとか言い出して・・ベットの上に引っくり返っちゃいました。毎度のことなんだけど、私はしっかり動揺してしまい・・耳は再度、換気扇の爆風状態。
そんな中・・母の薬・・間違えちゃいました
朝なのにぃ~夜の分を飲ませちゃって・・薬は全て一包化してあって、朝は赤いラインが袋に引いてあります。
なのに・・夜の青いラインの袋を飲ませちゃいました・・。夜は朝の倍の量だから、わからないはず・・ないのに。血圧と、尿を出やすくする薬が朝の分には入っています。
数時間でショートの迎えの車も来るし・・。
母は・・何か理由を探しては・・ショートに行きたくない事をアピールしてるし・・。

とりあえず・・いつもの薬局に相談の電話をしましたが、医師に確認するしかやっぱりないと。
運の良い事に、主治医の金曜日は大学病院での外来担当日・・外来に電話するしか・・ない。
そしたら、先生出てくれました
今月5回目のお声を聞くことに・・すみません。

今日だけ、朝と夜の薬をチェンジでいいってことでした。
ヨカッタです。ショートに持ってく薬もちゃんと交換。

ホント・・人のせいにしてはいけないけれど・・疲れちゃってマシた。
もう間違わないように最善の気を使います。あ~ぁびっくりしたなぁ

父も一日たって、なんとか復活・・今日は無事にディへ行ってくれました
午前中に一度母に面会してきたそうで・・思ったよりは母も元気(気持ちね)だったみたいです。
しっかし、今頃・・帰りたがってるだろうナァ。
面会に行った叔父が、さっき母に電話をかけさせて来ました。
なんとか頑張って来てって言ったけど・・。
すっかり・・里心がついちゃった母
叔父に悪気はないのだろうけど、そりゃないなぁ。
わかんないんだろなぁ・・叔父には。ハー・・。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そして・・いろいろと、やっぱり忙しい毎日で、ナカナカノンビリできないもんなぁ。

休ませて~。なんてことも思いますが、今はまだ・・お預けでも仕方ないと思ったり。思えたり。

娘の合格に伴って、いろんな面倒なこと(娘よ、ゴメン)も始まって・・制服作りに行ったり、書類を書いたり。つまりは・・お金の用意ですねぇ~私立の十分の一とは言え・・今月はまっカッカ

加えて今週も・・先週に引き続き、主治医のS先生に会って来ました。
逆流性食道炎・・てことでタケプロンを処方して頂いているのですが・・一向に治らないと言う母で。
ちょうど今週もディは他の利用者さんがいるので、母は休み・・。
暇になると母は私を呼びつける~どうせなら・・リハビリ兼ねて受診してきましょう。天気も良いので・・坂道車椅子で行ってきました。ホント、道が悪い病院廻り。お願いだから、歩道に車を止めないで中古車屋さんの前は、いつも歩道に車があるのでーす。車椅子で傷付けちゃっても怒るなよ

私なんて・・なんだかんだで4週連続先生に会ってます(声は5回・・ね)。
いい加減・・先生も「あれ?!」ってなもんでしょね
正規の2月の受診、検査結果聞き、大学病院での受診、CT検査と結果。
結局、内臓も骨も・・異常なし。背骨を支える筋肉あたりが痛むってことから、湿布で対応しかないようです。
ゲップもまだ出てるから、まだ逆流性食道炎の方も症状がなくなったわけでもなさそうですが。
リハビリ頑張ってるからかなぁ。温暖とは言え・・まだまだ冬の真っ最中ですもねぇ。
麻痺側でもあるし・・硬直の関係もありそうです。
あちこち痛みだしてます。
気持ちも、身体も・・母は折り合いつかず、家族も・・ナカナカ思うようにはイキマセンぜ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

私の突発性難聴の薬が先週の末から変わりました。
おかげで大分楽になり、今日は殆ど元に戻っています。
かなり強い薬だそうです。ホルモン剤だと訪問看護士さんが言ってました。
急にやめてはいけない薬。なので、徐々に減らしていきます。

まだとっても高い音の耳鳴り「みみずの鳴き声」はしていますが、日中は気にならないですんでます。
(ところで・・みみずって・・鳴く?)
母が・・よく、雨上がりに「ジ~・・・・・」って聞こえるのはミミズの鳴き声だって言ってたんですがぁ。

可愛いストラップでしょ?携帯にジャラジャラ・・ smile dayも 目指してます。

少しまた、自分の器の小ささに気が付いちゃった感じです
まぁ・・それも、大事なことだと思いました。
要介護5・・それだけの大変さは、もう覚悟の上でないといけないのでしょう。
覚悟だなんて・・変かも知れないけど、本当の意味では、全く無かったに近かった覚悟でしたからぁ。
ただ単純に・・家に母を連れ帰ることしか考えてなかった私だったもので。

まだまだまだまだ長生きしてもらいたい母ですから。
その為には・・一人でなんとかしようとしても出来にくい事は・・何かを見つけていけばいいのかなぁと。
来週から・・更なる見つけたもので、突発性難聴もぶっ飛ばそうと思っています。
第二段・・介護生活のステップアップは・・いかに
                 
               それでは、また・・後程~・・
                       何しろ書きたい事がてんこ盛りなのです。久々の更新ゆえ。
                           すみません・・毎度長くて良かったら・・又来てね。
                                        さてと・・飯飯

コメント (14)

風の音・・。

2007年02月03日 | 家族のお話。

御心配、おかけしました。
月曜日に打ってしまった母のオデコ・・木曜日にCT撮った結果は大丈夫でした。
タンコブもなくなりました~麻痺側ゆえか、ヒリヒリする程度の残痛はあるらしいですが。
もし切れてたら・・恐らく縫ってたろうなぁと思います。眉間は切れやすいって言うから・・ホントに打撲だけで済んでラッキーでした。
月曜日以来・・見張りが厳しくなって・・母は文句ばっかり言ってます。
・・まるで小学生に言い聞かせてるような父の長いクドイ説教で・・私もゲゲ
結局、左目頭・・紫色、殴られた後みたいになってしまって今日は
、左目のまわり・・黄色に変色しています。もう少しで完治かなぁ。
本当に、御心配ありがとうございました。母の頭蓋骨は丈夫みたいです。
とにかく一安心、良かったです。
そして・・水曜日、母の通所リハビリでの定期検討と、見学に行ってきました


日・月・火と、三日間家にいて・・訪問マッサージさんと訪問看護士、家族だけの三日間だったので、母はなんだかイライラして、メソメソ泣いたり怒ったり・・ちょっとばかりクタビレてしまいました。
何度も行ってるのに知らないところに行かされるような気になってしまって、リハビリなんて行きたくない・・とか言ってましたが、私がリハ室へ行ったときは・・ニコニコと笑顔の母がいましたぁ~。



0.5キロの重りを付けて右足の強化です。

  
輪投げを使って、左側空間無視のある母の重要なリハビリ。
右のものを、左に移動させる。単純な作業だけれど、左側を認識できない母棒の場所が見えないので迷ってしまいます。
リハビリのお陰で、左側があるってことは大分わかるようになってきました。
見ようと努力することが出来る様になったようです

介護度5、一級障害者の母の現在です。

自立度 B2/認知自立度Ⅲa

脳梗塞、廃用症候群/高血圧・高脂血症・糖尿病

左麻痺手指筋緊張、感覚重度鈍麻、左側空間失認、麻痺手の擬人化、記憶障害
(他にも作話、幻視、場所・時間の失認等・・)
HDS-R 21/30(三ヶ月前は17/30でしたので前回より4UP

自宅に戻って丸7ヶ月、認知症の検査に関しては順調に回復しているようです。
それでも日々、てんてこ舞いさせられる・・高次脳機能障害は・・沢山ですねぇ

そして・・コメントで書きましたが、私もまた医者通い。
突発性難聴になってしまいました。
眩暈と右耳の中で強風が吹いているような耳鳴り、自分の声が反響して聞こえてしまう感じ(エコーがかかって聞こえるんです)人ごみのざわめきが金属音のように聞こえてしまったり。
火曜日、あまりに眩暈が強くなってしまったので、訪問看護士さんの来訪時間に耳鼻咽喉科へ行ってきました。
前回の喉の違和感に続いて・・耳鼻咽喉科へ。私にとっては、この先生・・精神科の医師みたいです
やはりストレスと寝不足からくるようです。
細切れでも寝なさい。・・・寝たいけどぉ~なかなかねぇ。
で、薬を二種類頂いて。それでも改善されなかったら、月曜日に強い薬に替えなきゃいけないそうです。
メニエール・・に移行しない為に。ヒエー怖い。
 

 
しっかり飲んでますが・・まだ治りませーん。メソメソ

いろいろあった今週で・・トホホなことも多かったですが、良い事も一つ。
無事、長女は県立高校に合格致しました沢山のお菓子のお陰、買ってあげた私のお陰
トドノツマリは・・私を応援して励ましてくれてる皆さんのお陰ありがとうございましたぁ
受験勉強は塾通いのみ・・内申点と偏差値のギャップがモノスゴークある娘は、ペーパーテストを受けないで、日々の努力(?)のみの前期試験に賭けていたので・・一安心です。
もう気分は高校生、合格祝いは「縮猛矯正パーマ」ですって
おまけに、定期試験が目の前なのに・・明日は友達と映画を見に行くんだとぉ。

まぁ・・とりあえず、心配事が一つ片付いたわけです。
しかし・・今度は次女の番なのでしたぁ。この娘がまたまた・・どうなることか

まだまだ心配事・・なくなりませんねぇ。そこで潤いを・・・。


またまた新顔!私のストレス発散でぇす綺麗な色でーす

コメント (38)