頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

同じ時間に。

2012年04月24日 | 携帯電話

今日もまた・・午前中、特養の相談員さんから電話が。

もう・・心臓がバクバクしちゃいます。

 「お母様、差し歯をしていましたよね。」

確かに、母の前歯は差し歯です。まさか・・飲み込んだとか?ドキドキ。

 「今朝、お母様のお盆の上にお母様の歯が置かれているのを、ワーカーが見つけました。訪問歯科が木曜日に来るので、見てもらおうと思うのですが、了承して頂けますか?それで、口角から出血もしていましたので。」

うぅ~~~差し歯が取れたのか・・そうか、車椅子から落ちた時・・顔から落ちたし、確かに唇も血が出た痕がありました。
歯にも衝撃があったんでしょうね。って・・私はすぐ思ったのですが。
そのことには一言もふれなかった相談員さん。

あの時、そこにいなかった相談員さん・・一言ないんでしょか?って・・思っちゃいました。
母が車椅子から、顔から落ちてなかったら・・もしかして差し歯は取れなかったんじゃないでしょか?って言いたかった。

でも、言えないから・・言えないけど・・
「母が車椅子から落ちて、顔打ったの知ってますよね?」って聞いちゃいました。

 「はい、聞いております」
なんだか・・それがどうかしましたか?って・・感じに聞こえてしまったのは、私がひねくれているのでしょうか。

母の担当の・・相談員さん、一言も・・謝罪の言葉はないんですね。
別に、無理に謝る必要ないことかもしれません。
でも・・他の方は・・みなさん、申し訳ないって言ってくれたから・・。

「いろいろと、ご迷惑やご心配おかけしました。」って私は言っているのに。

せめて「お母様には申し訳ないことをしました。」って・・思ってはくれないんでしょうか・・。

言えないですけど・・・ね。

母が落ちた時に、車を運転して病院まで連れて行ってくださった相談員さんは、特養全体の相談員さんで上司です。
今日電話を下さったのは、母の担当の相談員さんで、その方の・・部下です。

あ~また、小姑根性・・というやつでしょうか。
昔から・・根に持つタイプなんですね~~私。娘や旦那にも、クドイ!って言われちゃうし。
でも、一番・・母のことを考えてくれる人だと思っていたから・・私。
まぁ・・もう、いいんですが。


昼過ぎに、母に会いに行って来ました。
もちろん、私は、ワーカーさん達や付き添って下さった相談員さんにも、看護士さんにも「いろいろご心配おかけしました。ありがとうございました。」って言えましたよ。
もう、私の中では・・仕方なかった・・って、解決したことなので。

母は、オヤツを終えて、いつもいるテーブルではなく、ワーカーさんのいるカウンターの近くにいました。
はい。ちゃんと・・対処してくださっているんですよね。感謝です。

「おばぁちゃん、差し歯が取れたって?あ~んして」

  ・・・・・何?????上の前歯が全然なくなってる~~~~~

なんと・・母の前歯は、五本のブリッジになっていて・・差し歯は両脇の二本。知らなかった~~~。
電話では、ただ差し歯が抜けたと言うから、てっきり一本だと思っていたので・・ビックリするやら可笑しいやら。

ワーカーさんも、五本の歯が並んでテーブルに置いてあるのを見つけた時、さぞかしビックリしたろうなぁ~と思いましたよ。

これでは食事・・大変ですよね。
それでなくても、麻痺側・・最近食べ物が上手くおさまらず、水もこぼれ易くなっています。
ワーカーさんが、健常側の右側の奥に、食べ物を入れてくださったそうです。

相談員さんは、木曜に来る訪問歯科さんを、お願いすると言っていましたが・・・それまで前歯が五本なくて・・大変。
ワーカーさん、母がお粥が大嫌いなのを知っているので、常食でなんとか食べさせてくださるって・・有難いです。

と・・思ったら、課長さんが「今日、なんとか見てもらえないか訪問歯科さんと交渉してます。」って言ってくださいました。

なんやかやと喋っていると、母が「シィ~」って口に指一本・・私が喋り過ぎだって・・目配せします。
今日は暖かいというより、暑くて夏模様・・それじゃ、って・・お散歩へ。

菜の花も、すっかり花びらが落ちてしまいました。
今年の菜の花は、少し変だって、母が車椅子から落ちた日の帰りに乗ったタクシーの運転手さんが言っていました。
いつもなら、一斉に咲いて散るらしいのですが、何故か今年は真ん中から散っていくんだそうです。
この写真ではわかり難いですが、菜の花畑の真ん中が緑色で、まわりが黄色なんですよ。

お散歩から戻って、母をワーカーさんに寝かせて貰ってる間に・・「帰るね~~」って。

夜6時過ぎだったと思いますが、特養から「今、歯医者さんに診てもらっています。後程、歯科医の方から説明があります。」って電話が入りました。

ちょうどその時、父にも訪問歯科医さんが来てくださっていました。

父の歯・・何とかして欲しい・・・です。
もう、ミキサー食は・・というか、サンドイッチ食べられるようにしてください~~そしたら、昼食が簡単になる・・・。

とっころが、なかなか上手くはいきません。
父は痛くて食い下がるし・・歯医者さんは・・もう、なんだか辟易状態。
それでも八時過ぎまで調整してくださって・・本当に申し訳ないやら・・困ったやら。
まだまだミキサー食は続きそうです・・。

その間、母の方は治療が終わったと、訪問歯科医さんから連絡が入り、入れ歯を作ることになりました。
応急処置と、レントゲンも撮ってくださったようで、暫くはワーカーさんが、母の食事を全面介助してくださるそうです。

そうそう・・母は一級障害者で、有難いことに医療費は無料なんですが、特養に来ている訪問歯科が県外なので、一応支払いをしなくてはいけないらしいです。
障害者手帳は全国共通ですが、支払いについては、各市町村なんですって・・なので手続きをした上で、返金されるそうです。
その辺のことを、説明してくださったのが・・歯科衛生士さんでした。
とても感じの良い方で・・おもわず「うちの娘も、歯科衛生士になりたくて短大に行ってるんですよ~」なんて言っちゃいました。
なんと・・うちの娘が行っている大学出身の方で・・なんだか嬉しくなっちゃいました。
うちの無愛想娘・・こんな風に、優しげに穏やかに人と喋れるのかしら?と思ってしまいました。あはは。

それにしても・・夫婦揃って・・同じ時間に、訪問歯科医さんにお世話になっていたという・・なんとも不思議な日でありました。

コメント (5)

またしても転落。

2012年04月22日 | 携帯電話

あり得ない…

出掛けようとした五分前
電話が鳴った

母のいる特養から。

母が車椅子から転落したと。

意識はシッカリしていますが、鼻血が出ていると。

今はベッドに横になっているらしい。

行ってきます…母のところへ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

特養へ向う、車の中で・・あまりにやり切れなくて、上の記事を携帯から投稿して・・もう夜になりました。

母は、無事です。
無事・・でもないか~鼻とホホ骨の左側は腫れて、唇が切れて・・鼻血も出てたようでした。

朝食の為に、食堂のあるロビーのテーブルに、車椅子をセッティングしてもらってた母でした。
ワーカーさんが、別の利用者さんを部屋から連れて来た時には・・母の姿は既に無く・・車椅子から落下していたとのことでした。

2人のワーカーさんで、約20人の利用者さんを食堂に誘導していたようです。
ワーカーさんがそこにいなかった時間は、ほんの数分。
テーブルに向わせて、車椅子のブレーキロックもかけて母の側を離れたそうです。
でも母の健常側の右手の力に、車椅子のタイヤは難なく回されてしまいました。
確かに・・あることです。
一分たりとも母から目を離さないなんて・・出来るわけないです。
危ないので、母の車椅子は自走式になっていないんです。手回し要のリングは、外してあるんです。
でも、タイヤを回しちゃっては・・・どうすることも出来ません。
私も試してみましたが、力を入れたら簡単に・・車椅子は動いちゃいました。

旦那と出掛ける寸前だったので、旦那に車で送ってもらいました。
特養に着いて・・なんだか怒りしかありませんでした。
特養に入所して三ヶ月・・これで二度目の転落です。一度目は・・ポータブルトイレでしたね。

看護士さんや相談員さんに会った時、次は悲しい気持ちで一杯でした。
昨日書いたブログ・・なんだったんだろ。
それでなくても少し情緒不安定ぎみの私・・泣く必要なんてないのに、涙が一杯こぼれてしまいました。

母は、ベットに寝ていました。
私に会うなり「帰りなさい・・みんな忙しいのに」って・・私が誰かと喋っていると、なんだか気が気ではないようでした。
もう、車椅子から落ちたことを忘れていました。

「名前、言ってみて」と言えば「○○○子」って、ちゃんと言えます。
大丈夫そうな気もしましたが、顔から落ちたことは明らかで、顔の左側が腫れていました。
顔だけならまだいいですが、顔の後ろには頭があります。
鼻血も、出ていた痕があります。
やはり、脳神経外科に行ったほうがいいと・・特養の看護士さんがアチコチに電話をしてくださいました。

母の主治医のいる大学病院は、既に運ばれている患者さんがいるらしく・・主治医もいなかったようなので断られてしまいました。
その大学病院は、三次救急センターなので、仕方がないですね。
いつも行っている整形外科も、日曜診療をしていますが・・前にも書いたように、常駐医師が一斉に三人辞めてしまったし、脳外科の医師がいないので心配な気もしました。

結局、特養で何度か看て貰っているという、日曜にも開業している脳神経外科病院に連れて行ってもらいました。
ワーカーさんが付き添ってくださって、相談員さんが運転してくださいました。
出発までの間、車中、待合室・・特養の方達と沢山、お話しました。
最初は泣きが入って、今考えると全然冷静ではいなかった私でしたが、少しづつ落ち着いてきました。
母の方がずっと、落ち着いていたような気がします。

片道30分近くかかる病院ではありましたが、脳神経外科と眼科専門の病院で、あまり待つこともなくCTを撮って診察して貰えました。

頭に関しては出血しているようなところもなく、頭蓋骨も大丈夫とのことでした。
若干・・頬の骨にヒビらしく見える箇所もあるような感じですが、CT撮影中に、母が動いてしまったらしく、ブレなのかもしれないとのことでした。

見てくださった医師が、主治医ではないので「母の通常の頭の様子を比較出来ない。」とおっしゃるので「主治医に見せたいので、CT画像の写真を撮ってもいいですか?」と聞いてみました。
「そういうことなら、CDにおとしますよ」と言ってくださって、頂いてきました。
丁度、来週薬を貰いに行くつもりだったので、一応その時に主治医に見て貰おうと思います。

そういうわけで、大変なことにならず、本当に良かったです。
腫れも、最初に見た時と変わっていなかったので、多分このまま・・大丈夫だと思います。

特養に帰り着いたときは、既に12時を回っていました。
母は、朝ご飯もまだでした・・。
「皆、よくしてくれるから大丈夫。あんたはうるさいから帰りなさい。心配ないから、バイバイ」って母。
なんだか、車椅子から落ちて・・しっかりしたみたいです・・。

母の様子は、暫くはしっかり見て下さるそうなので、クタクタな私はタクシーでそのまま帰ってきました。

帰りには、もう怒りは治まり・・素直にお礼が言えました。


さて・・別の特養にショート中の父・・どうしたものか迷いました。
ショート中でも、家にいる時と同じように、母に一日三回ラブコールをしているわけです。
後でワーカーさんに聞かされて、余計な心配をするよりはいいかと、家に帰ってから連絡しました。
珍しく、朝の母へのコールをしそびれてたようでした。
事のいろいろを、話すと最初は父も驚いていましたが、ちゃんとCTも撮ってCDも貰って来たことを告げると安心していました。

「せっかく温泉に行く予定だったのに、おまえには本当に申し訳ないな・・」
その父の言葉に、なんだか救われた気がしました。

朝早く起きて・・準備万端。
さぁ~出掛けようとしていた矢先。
車を駐車場から出して、家の前に停めたばかりでした。
タイミングが、あまりにも良かったです。

旦那は「退屈だから、仕方ないから行ってくる」って、昨日に引き続き・・・・指の体操。
結局、昨日勝った分を負けてきたという・・哀しい話のオマケ付きです・・は~~~アホ。

今日は雨も降って、寒い一日でもあったので露天風呂もつまらなかっただろうと思います。
実は、あっちの湯・・こっちの湯・・のある「ほったらけ温泉」に行くつもりでした。
露天風呂から、富士山が見れる日帰り温泉です。

晴れたら、来週にでもバイクで行こうって旦那が言ってくれたので・・楽しみです。

コメント (12)

あっちと、こっち

2012年04月21日 | 携帯電話

今日は、父が新しいショートスティのお試しに行ってくれました。二泊三日です。

旦那は「ガソリン代が大変だ・・」とかで、今日はハーレはお休みだそうです。
確かに・・ハーレのガゾリン代は、旦那のお小遣いから出してますし・・最近、ガソリン代もお高いようですしね。
でも、勝てばガソリン代に出来ますが、負けたらどうするんでしょ・・って思いますよね。ようするに、パチンコしたいだけじゃん・・ですよね。

次女は、昨日の晩から友達と、夜行バスに乗って大阪へ行きました。バイトで稼いだお金で、USJだそうです。
短大二年生・・青春を謳歌しています。

長女は、今日も明日も仕事です。接待業ゆえ、土曜日曜は仕事・・楽しく、頑張っています。
昨日、お昼の番組を見ていたら、娘の勤め先のブランドが写りました。
娘の職場ではありませんが、なんだか嬉しくなって・・おもわず写メをして娘二人と旦那にメール。
返事はありませんでした・・・親バカですね。 niko and・・・ 

誰もいない昼・・。

カップ麺を食べて・・二時過ぎに母に会いに行きました。

 ちょっと寒かったけど、外の空気を吸いに外へ。
菖蒲かな?施設のまわりには、いろいろな花が咲いています。母が名前を教えてくれます。
今日もまた「早く連れて帰って」って言われちゃったけど、もう・・いいか。

今日は例の・・斑ズボンを作ったワーカーさんが母に付いてくれました。
いい人なんですよ、とっても可愛い女の子。斑ズボンのこと以外は(しつこいですね)全然文句ないワーカーさん。
帰り際、母をベットに移して貰いながら、ちょこっとお喋りをしました。
なんと!うちの長女と一つしか違わないことが判明・・・。まだ22歳なんだそうです。
元気で明るくて、ちょっとだけ大雑把かなぁ~と思うこともありますが、とても素敵なワーカーさんです。
特養で、こんな若いお嬢さんが・・なんだかいつまでも斑ズボンのこと書いてる私はダメですね。
以前のブログにも書きましたが、そのワーカーさん、最近結婚されたんですが・・旦那様とは遠距離婚をしてました。
今年の夏・・旦那様の元へ行かれるそうです。
幸せになるためだから・・良いことなんですが、ちょっと・・残念です。

在宅介護をしていた頃は、家に来てくださっていた沢山の介護職の方とお喋りをしたり、愚痴を聞いてもらっていましたが、今はそれもなくなって、ちょっと寂しくなりました。
だから、特養のワーカーさんとの何気ないお喋りは、私のストレス発散にきっとなっているのでしょうね。
母に入所してもらって三ヶ月・・そんな風に思うようになりました。

母の特養をあとにし・・次は父がショートスティをお願いしている特養へ。

 こ~~んな坂をママチャリで・・上って降りて・・。迷うし・・腰は痛いし・・ヘロホロでした。
地図上では、母のいる特養から近いはずなのですが・・方向音痴の私には地図を見た所で着けるわけもなし。
途中でみつけた宅急便屋さんで、教えてもらいました。

 そこは別の坂の途中・・みつけた時はホッとしました。

行くことを言っていなかったので、父はビックリしていましたが・・ちょっと嬉しそうでした。
4月にオープンしたばかりの特養で、150床。ショートスティは定員10名。
特養の方は、ほぼ満室で・・この一ヶ月の間に皆さん入所していくようです。
10部屋で一つのユニット。一つのユニットがショートスティ専用になるそうです。
廊下の先、大きな窓のあるところがショートとなるユニットです。
これまたビックリしたのですが、エレベーターは面会札をかざさないと動かないようになっていました。
一階は重度(寝たきり)の利用者さん、二階、三階は比較的動ける利用者さんになっているようでした。

でね・・なんと!父がショート初利用者なんですって。
つまり・・今日はお泊りが、父一人なんですよぉ~~~びっくり。
巷では・・ショートが取れなくて大変な方も沢山いるはずなのに・・不思議です。

  

母のいる特養とは・・全然違う雰囲気でした。
潔癖症の父には、文句無い綺麗さです。そりゃ、出来立てホヤホヤなんですから、当然ですね。
ここは、お酒もタバコも良いんですって。
真新しい本が、本棚にズラリと並んでいました。
父がお試しした理由は、循環器科の医師が常駐している・・ってことでしたが、常駐ではないようなので・・そこはあとで聞きなおさなきゃです。
若い、素朴そうな女性が、父のお世話をしてくれていました。
と・・言っても、特別父は世話をかけることもないので、見守りという感じですが。
父も、まづまづな感じでした。
一人の食事も寂しいとのことで、昼は休憩中のワーカーさんが一緒に食べてくれたそうです。
夕飯は、向かいのユニット・・特養ですが、同席しますか?と聞いていましたが、父はどうしたかな。

帰ってから、話を聞くのも楽しみです。
丸二日、ミキサー食を作らなくていいのが、嬉しい~~~。
父も、それをわかってくれているので、月に一度は二泊三日でショートを続けてくれています。

明日は、天気がイマイチのようなので、旦那と久々に車で外出です。
私が今、一番行きたいところへ連れて行ってくれるらしいです。

沢山の方に・・心から感謝です。

本当に・・ありがとうございます。 私はやっぱり・・幸せなのかもしれないですね。

  今日、5センチくらいの背の高さの「ネモフィラ」が咲きました。私の大好きな花です。

 こぼれ種から出た芽を・・集めて寄せ植えにしたんですよ。ミニミニです。

  青とピンクの勿忘草も咲いてます。

コメント

2012年04月18日 | 携帯電話

  咲いた~咲いた~チューリップの花が♪

 赤白黄色・・を混ぜたような色でした・・・アハハ。

  赤白黄色で買ったはずだったのに・・白ばかり。

薄紫のスミレは、ソロソロ終りになり・・白と濃い紫が二種類咲きました。
きっと、ちゃんとそれぞれに名前があるのでしょうけれど・・スミレには違いないですね。

  

 薄紫のスミレに続いて・・今度はアチコチの鉢から勿忘草が登場!
去年咲いてた花の種が、飛アチコチに飛び散って・・。1㍉にも満たない小さな種の中に、これだけのものが詰まってるなんてホントに不思議です。

 もうじき、ウツギも咲きます。冬の間、ただの枯れ枝だったのに・・これまたお見事です。

 

ムスカリとスノーフレークは、花が終わったらクビチョンパして、毎年このまま放置です。
なのにずっと毎年咲いてくれる、ありがたい花です。
いつのまにか消えてしまう花もあれば・・忘れた頃にひょっこり咲いてくれる花もあります。
たったの一株買った花が、あちこちに現れたり・・おもしろいです。
なるべ増やさないようにしているけれど、今年もやっぱり青や紫の花に走っています。

   

 こんな感じで、とっても狭い箱庭だけど・・私の好きな場所です。

そうでした・・好きなことありました。好きなこと・・・してますね。

 

今日も、母のいる特養へ自転車こいで行ってきました。

相変わらず、痛み止め生活ですが・・家にいるとゴロゴロしちゃって何も出来ないし。
音楽聴きながら、自転車こぐのは好きです。

今日はちょっと早めに出たので、オヤツの時間でした。小さなタイヤキでした。
フロアーの端で、一人ゆっくり食べていました。
この姿を見るのが、一番嫌いです・・が、母は誰とも喋らないので、仕方ないのかもしれません。
いつからだろ・・母が他の人と喋らなくなったのは。
以前は、他の利用者さんと喋ったり、片手でお世話を焼いたりしていたのにな。
私の顔を見るなり「トイレに行きたい」って言うので、タイヤキを口の中に入れて・・ワーカーさんにお願いしました。

母のトイレは、ベット横のポータブルです。
私の腰を心配してくださって、ワーカーさん二人付いてきてくれました。
母はワーカーさんにぶらさがるようして立っていました。
在宅の時のように、一人で支えて、片手でズボンを下ろすことは・・もう出来そうにありません。

でね・・また、あのマダラになったズボンを履いていました。
一昨日・・履いていたあの脱色ズボンです。
お風呂以外、汚さなければ同じズボンなんでしょうけれど・・おまけに、ポケットの下辺りに大きな穴、ほつれてしまったんですね。
それも、ズボンを持ち上げて座り直したりするのでしょうから、仕方ないんですが・・あまりにミスボラシク。

「このズボン、酷いですよね・・脱がしてもらっていいですか?持って帰りますから・・。あ、別に嫌味を言うつもりはないんですが、いくら何処にも行かないからって・・もし、自分の親がこんなズボンを履いてたら・・嫌じゃないですか?私はとっても悲しい気持ちになってしまいます。」

って言っちゃいました。

今日は、持って帰るつもりでいたんですが・・また履いてるとは・・引き出しには、ちゃんとしたズボンが何枚も入っているのにな。

「ホントに小姑みたいで、ごめんなさい。忙しくて・・っていうのも、よ~~~~くわかりますから、色落ちしそうな物は置いておいてくださったら、持って帰って洗ってきます。嫌味じゃなくて、大変そうなのは見ていてもわかりますから・・私、洗濯するの好きなんですよ」って。

もう、ワーカーさんとも大分近づけたと思ったし・・言わないことで、わだかまりや要らぬ想像するのも嫌だったので、笑いながらスパッと言っちゃいました。

「つい・・流れ作業で洗濯しちゃうんです・・この次は、色柄物の漂白剤でやりますから。本当に申し訳なかったです」って・・言ってくれました。

仕方ないことかもしれませんが・・当たり前に・・もし、自分の大事な服を汚されたりしたら、怒りますよね。
私だったら、怒っちゃうな。
特養だから・・忙しいから・・大変だから・・は、よくわかっています。だから、けして怒ったりはしません。
でも、それなら・・どうすればいいか・・黙って持って帰ろうとも思いましたが、丁度タイミングも良かったし、前のワーカーさんより私と年齢も近かった女性だったので・・言っちゃいました、

「私も父を入所させていて・・面会の時にいろいろ切ない想いをしたりしてたんです。いざ仕事になると・・そういうことを忘れて、流されちゃうんですよね。そうですよね・・私の親がこんなになったズボン履いていたら、悲しいです。気をつけますね。」ってワーカーさん、言ってくださいました。

嬉しかったな・・これからどうなるかわからないし、またこういう風になるかもしれませんが・・少なくとも今の私の気持ちが伝わった気がしました。
いろんなワーカーさんがいますから、いつもこうではないですよね~~。
豆腐に釘・・だったり、私の想いなんて流されちゃったり。

でも・・それこそ、小さな種から・・いつか綺麗な花が咲くかもしれない。
それで・・心が救われるかもしれないから、私・・せっせと種まきしていこうと思います。

今日の母は「早く迎えに来てね」って・・そればかり言っていました。

迎えに・・行けたらいいなぁ・・なんて。 

コメント (12)

菜の花

2012年04月16日 | 携帯電話
少し風が吹いてるけど、今日も特養のまわりを、母とお散歩。
さっきまで曇っていたのに、晴れてきた♪

今日は、父の新しいショートの契約がありました。
来週、お試しです。いいとこなら、いいなぁ~
母も、移せたらいいな~ナンテ。
3時過ぎて母のいる特養へ行ったら、母はトイレ中。
母のズボン、なんか変。
マダラというか、色がアセて…履き古した~ボロズボン。
ワーカーさんに聞いたら、便が付いてしまうと漂白するから仕方ないんです…って。
笑ってたワーカーさん。
もし、あなた達の服がこんなになったら、どうしますか?って、言えない…。
雑巾でも漂白したみたいな洗濯の仕方?
なんか悲しい。
コメント (4)

桜3

2012年04月15日 | 携帯電話

    

 

   

  

もう、二週間もたってしまいまいしたが・・先週行った、湘南平の桜です。
おととし初めて来たときは、桜が終わってしまってました。去年は複視だったので、来ませんでした。
今年こそ!と連れて行ってもらいましたが・・ちょっと早かった。
それでも、桜の木のトンネルや早咲きの桜はとてもとても綺麗でした。

ホントは・・もっとちゃんと記事にしたかったんですが、あ~~~あ。

 道が空いているように見えますが、実は駐車場が狭いために規制されてるんですよ。
ここは桜の名所で、桜が無くても見晴らしの良い素敵な場所なんですが、この季節は大渋滞。
バイクだと、ホントにこういうときはラッキーって感じでした。

 湘南の海も見えます。

 丹沢の山も見えます。

富士山・・今回は見えませんでした。

多分・・今週あたりはピンクの山になっていたのかもしれませんねぇ~~~

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

花びらが散った後の、桜がとても冷たくされるように
誰にも心の片隅に、見せたくはないものがあるよね
だけど、人を愛したら、誰でも心の扉を閉め忘れては
傷つきそして傷つけて、引き返すことの出来ない人生に気がつく・・

・・中略・・ 

風よ季節の訪れを、告げたらさみしい人の心に吹け
そして巡る季節よ、この愛を拾って終りのない物語を作れ

優しかった恋人達よ、ささやかなこの人生を
喜びとか悲しみとかの、言葉で決めて欲しくはない・・

 

桜の歌は沢山ありますね。
もちろん、コブクロの「桜」がやっぱり好きだけど・・私はこの季節は「ささやかなこの人生」というこの歌をいつも歌ってしまいます。
もう三十年位前の歌だから、知らない人の方が多いかなぁ。
作ったのは「伊勢正三」さんで、「かぐや姫」解散後に「風」というグループで歌ってた歌です。

私の住んでいるところの桜、先日の雨風でほとんど花びらが飛んで行ってしまいました。
道には、桜の花びらが沢山落ちて、竹箒で掃除している方も沢山見かけます。
あんなに綺麗だった桜、あっというまに散ってしまいますね。
花は散るから美しいって・・確かにそうなのかもですが。

今日は・・というか、今週はいろいろあって、なんだかひどく滅入っていました。
多分、腰からくるんであろう足の痛みも強くて、坐骨神経痛の「リリカ」と痛み止めの「ロキソニン」を飲んでも納まらず・・寝ていても寝返りするたびに目が覚める状態でした。
それでも日常は何も変わらず・・私が痛いと言う度に・・皆・・嫌な顔・・もしくは、聞かなかったことにしてるんだなぁ。
「大丈夫?」とか「私がやるよ」なんて、誰も言ってくれないし。
「急がなくてもいいよ」って・・それは労いでもなんでもありません。

まぁ~そんなもんかもしれませんが。

母として、娘として・・妻として::別にどってことない仕事、やることが当たり前みたいなのがなんかムカつきますよね。
相変わらずの父のミキサー食に、次女のお弁当作り、長女が就職して尚更、家族全員が食べる時間がバラバラになっている日も多くなり・・なんだか一日のほとんどを台所で過ごしてる感じです。

「疲れた・・」って、家族は帰って来て・・コタツにごろんと横になって・・ご飯食べて・・風呂入って、好きなことして寝るだけ・・。

いいよなぁ~~~ほんと。

外に出て・・何人の敵と戦ってるのかは知らないですが・・私は毎日、家族と戦ってる気分になっちゃいますわ。
誰が優しい~って?
え~~~~ってね。
もちろん、そういう時もありますが・・・ホント、一杯ありますが。

母の在宅介護をしてるときから、それは変わらないんですが。
最近、いえ・・今日は本当になんだかそんなどうでもいいことも、悲しくて(涙)
もしかしたら、薬の副作用かもしれないですねぇ。それに・・更年期障害だし。痛いし。

旦那は一人で朝からハーレに乗って・・今日は甲府まで行ったとか。
私が気を使って機嫌良く「どうだった?」って聞いても、そっけない返事だし・・それは以前の私の「聞きたくない~見たくない~」があったからかもしれないですが、いい加減素直に話せば?って感じです。
喧嘩にもならないし・・まぁ、いいんですけど。
私としても、楽しく話されても、多分イライラしちゃうんでしょうが・・それは旦那のよくわかってる通り。

「朝から出かけると疲れるな~~」って・・そうですか?って感じですわい・・言わないけど。
疲れたら、風呂入って寝れるんだもん・・いいですねぇ~~~です・・言わないけど。

「そういえばさ、今日は夫婦連れに話かけられてさ・・40代くらいの奥さんが大型免許取ったから、バイク買うのに、路上に止まってるバイクを見てるんだってさ」

なんて・・急に言い出すから

「みんないいねぇ~好きなことできて・・」って言っちゃった。

旦那は何も言わず・・部屋へ行っちゃった。

あ~~~あ、言わなきゃ良かったですよね。
また、やってしまいました。
これで益々、旦那の一人ツーリング・・闇の中ですね。

でもさ、本当に・・いいなぁ~って思ったりしますよ。
なんで私ばっかり・・って。
母を施設にお願いしたから尚更、家族はさぞかし暇になったろう・・くらいに思ってるんだろかしら・・とかね。

そりゃ・・何もかもパーフェクトな・・自分の思い通りになるわけないのは百も承知ですよ。
今更・・そうやって23年も付き合ってきた旦那と、私が育てた娘達だし。
父だって、好きでミキサー食を食べてるわけじゃないんだし。

じゃ~好きなことすればいい!って言われても、好きなこと・・・してたら家の中がグチャグチャになるような・・気がするし。
母のところにも行かなきゃ・・父がお腹をすかせちゃう・・洗濯物の山に埋もれたくない・・お風呂にカビは嫌・・。
お金もないし、時間もないし・・・なんたって腰も足も痛いし。

どうすりゃいいねん。
好きなこと・・やりたいこと・・きっとそうしていれば、まわりは私以上に幸せになれるんだと思います。

まだ、見つからない・・な。見つけられない
でも、もしかしたら、好きなことしてるのか?
私が好きなこと・・なんなんだろ??

私ばっかり・・なんで私だけ・・って、私以外にも、そう思って生きてる人いるんでしょうかね。
それとも、そんな風に思わないでいいように、何かをちゃんとみつけられるんでしょうか・・・。

とりあえず、今の私のことは・・誰も好きじゃないだろなぁ。
私だって、好きじゃないです。

ホントになんもかんもが・・今日は嫌だわ。
そんな風に思う自分も・・好きじゃないですけど・・そう思うことがある方、私も!ってコメしてください。なんて~~

いろんなこと、よくわかってるけど・・・
こんな愚痴、読ませてしまってすんません。
とりあえず、腰と足の痛み・・治らないかな。

                                                                        ちゃんちゃん♪

コメント (2)

桜2

2012年04月09日 | 携帯電話

     

今日も母とお散歩に。      

                        

菜の花も満開、特養にある二本だけの桜も満開。

なんだか・・元気がない母で、一生懸命笑わせようとしたけど・・ダメだったなぁ。
桜の花を見ても、菜の花を見ても・・綺麗だねって言えば・・綺麗だねって言うけど・・。

このまま連れて帰りたくなったけど・・そんなこと出来ないし。
私は、いつまでたっても親離れできませんな。

二時半頃に特養に着いて、母のいるフロアーに行ったら、母の麻痺手がブランと落ちていて・・ビックリしてしまいました。
最近、自分でポケットから腕を出してしまうみたいで・・重たい麻痺手が亜脱臼の肩からぶら下がって。
慌ててポケットに入れて・・ワーカーさんに「気をつけてください・・」って言ったら、「え?気を付けてるんですけどね・・○○さん、ちゃんと入れててね・・」なんて、ちょっとそっけなく。ごめん・・て、母に言って欲しかったなぁ・・なんて思うのは違いますかね。

なんだか・・今日はどのワーカーさんも、そっけなくて不機嫌に思えて・・。
母をお散歩に連れ出して、私も一呼吸。
今日は母もどんよりしたままで、どこか空ろで。

施設の周りをウロウロ散歩していたら、施設の車が2台、利用者さんを何人か乗せて帰って来ました。
顔見知りのワーカーさんが「今日はディで、花見をしたんですよ」って言ってました。
母もディに行っている頃は、そんなこともあったよなぁ。
特養の利用者さんは、連れて行ってはもらえないみたいです。

母が横になりたがったので、洗い場で手を洗いました。前回のことがあったので、しっかり確認です。
陽に当たらない母の手は・・白かったなぁ。

部屋に戻ったら、ワーカーさんが来てくださって、横になる前にトイレ行きましょうって。
母を立たせてもらって、ベット脇のトイレに座らせてもらって・・出るまでは私が側にいました。
仙骨ズレは、しっかりアズノーるを塗ってケアして下さっていたようで、剥けることなく大分白く綺麗になっていました。
たっぷりと出たので、ワーカーさんを呼んで・・ベットに移してもらいながら、雑談。

なんとなく・・今日のワーカーさん達がそっけなく見えたけど・・そんなこともなく、母がウトウトしちゃうくらい私がお喋りしちゃってました。
母のブースに5人いるはずのワーカーさん・・今日は三人・・。
一人はべつの特養に行ってしまったことは知っていましたが、なんともう一人辞めていました。
その辞めた人は、地元に戻って看護士になる為に学校に行くそうです。
おまけに・・母の担当の女ワーカーさんも、この夏に辞めてしまうんですって。
ちょっと前に結婚をして、遠距離婚・・別居をしていたらしいのですが、夏には旦那様の元へ行かれるとか。
なんだか・・ちょっとショックでしたが、仕方ないですね。

辞めないでくださいね・・って、残っているワーカーさんにお願いしちゃいました。

そのワーカーさんも、新しい特養から誘いがあったんですって。
「でも、僕はここでしたいことがまだありますから、まだ辞めれません」
まだ・・っていうところは気になりますが・・それでも少し嬉しかったです。

新しい人は・・入らず、とりあえずパートさんが来るとか。
思わず笑いながら「くれぐれも母を落とさないでくださいね・・」って言っちゃいました。
時間があれば、ワーカーさん達も、いろいろ話をしてくれます。
あんまり聞きたくないこともありますが・・私が聞いちゃうせいですね。
まぁ~ちょっとは親しくなれてきたのなぁ。

さて帰ろうとしたら。。今度はマッサージ師さんが、いつもより早い時間に到着されて・・またお喋り。

こちらもイロイロあるんですよ。
それはまた、いつか書いちゃおうと思います。

母はすっかり眠りモードで、最近はマッサージ中に寝てしまうことが多いそうです。
無理やり母を起こして「また来るね!」って。
うなづくだけの母に「手ぐらい振ってよ!」って無理やり振らせて・・。

公園の桜も満開でした。
ちょっとした桜の枝のトンネルを、自転車でくぐりながら・・来年は腰を治して、車椅子で絶対この公園まで来ようと、小さな決心をしました。

   

 

あ・・昨日の予告は・・またまた後程に・・・あはは。

コメント (2)

4月9日

2012年04月09日 | 携帯電話

今日は長女の、21回目の誕生日です。

今日も今日とて、仕事でまだ帰っていません。
希望した会社に就職して、毎日楽しく仕事をしているようです。

21年、ホント・・アッと言う間だったような気がします。

妊娠9ヶ月の早産で、2492グラムの小さな身体で産まれた娘でした。
生後三ヶ月で髄膜炎になり、高熱で命の保証は出来ないと言われた娘でした。
おかげさまで、障害も残らず・・中学の時には身長も私を越して・・立派に大きくなりました。

一歳五ヶ月で、お姉ちゃんになってから・・ずっとお姉ちゃん。
誰に聞いても、しっかりした、姉御気質の頑張り屋さんです。
小学校では女だてらに生徒会長をして、運動会では自分より大きな校旗を腰ベルトをして持ち、一番先頭で校庭を行進しました。
あの時は本当に誇らしくて・・母と二人で泣いてしまったものです。
絵が上手くて、何度も表彰されました。
学生時代を通していつも、音楽と美術、家庭科はいつも5でした(それ以外は・・まぁ~普通ということで~~)
エグザイルが好きで・・エスニックが好きで・・格好は今時のお姉ちゃんですが、何故かお年寄りに声をかけられるタイプです。

時々・・いえ、一週間に一度くらいは~あるかな・・大喧嘩をします。
本気でムカついて・・怒りまくって。今は手こそだしませんが、妙な「です。ます。」調の話し方をしあったりしてね。
まぁ~どこにでもいるような・・親子ですね。

20代は本当にアッと言う間に過ぎてしまうから、仕事も遊びも、それから恋も・・一生懸命楽しんで欲しいと思います。
まだ彼氏はいないみたいですが、優しいイケメンを連れてきて欲しいです。へへ

誰がなんと言おうと・・どんな時でも、応援出来る母親でいたいと思います。
これからも娘は放って、私は旦那と二人でツーリングにも沢山行って・・好きなことをしていたいと思います。
身体の不調も少しづつ治して・・。
とにかく心配かけないように・・していかなきゃと思います。

いつのまにか・・そんな風に私自身が思うようになるほどに・・大きくなっちゃった娘でした。

お誕生日おめでとう!                       

おまけ・・・ これ、去年授業で、ライオンキングのメイクをしてもらった娘なんですよ~~。

コメント (2)

2012年04月08日 | 私の好きなこと。

 

 


ハイ!連れて行ってもらえましたよ。

 

普段の行いが良い私、お天気は上々。

朝はいつも通り6時半に起きて、しばしボー。最近、薬の影響なのか、シャキンとするまでに時間がかかります。
父の三食を用意して・・既にちょっと疲れてしまいました。

 とりあえず・・こんな感じに用意開始。画像が縦になる・・変換できなくてごめんなさい。
で、ミキサーで、変身↓させたのが・・こんな感じです。
   

長女は仕事へ、次女は夜遅くまでバイトをしているのでベットの中・・
父が朝食を済ませてから、出かけられたのが10時。
いつもながら、ホントに時間がかかるんだなぁ~~~私ってば。

今日は、どうしても行きたかったここからスタートです。 富士山が、一瞬見えたんですが、写真は撮れませんでした・・。

 大山は今日も凛々しく綺麗。雲の下辺りが富士山・・。  山道をガタガタ登って・・。 桜はまだ・・。

 日向薬師。来ましたよ~~。

 

残念ながら・・桜はまだ少し早かったみたいでした。 梅の花も終わってた・・・来週あたりが身頃らしいです。

 気持ちの良い、緑静かな山の中です。 

 

  あらら・・・改修工事中。完成は数年先だそうです。

 樹齢800年の幡かけ杉です。

  ホント・・写真を撮るのが下手なのが哀しい・・。

 和みますね。みんなが、幸せでいられますように・・お願いしますね~~。

 今年から始めた御朱印帳、書いて頂きました。

そして、最後に・・私の病気の平癒を護摩木に書いてお願いしました。
今、しんどい思いをしてるであろう介護仲間のそれぞれの幸せや、リハビリに励んでいるお仲間の皆さんの更なる回復も祈ってきました。
だから大丈夫!

ぜったい大丈夫だよ!なんたって、日本三大薬師寺さんなんですから~~。

治してもらいましょう!・・よろしくお願い致します。

で・・桜は残念ながら、見れなかったわけです。
まだお昼前でもあったので、お昼をどこかで食べて・・今度こそ桜の咲いてる所に行こうと・・再びバイクを走らせました~~。                                  

でも今日はチョッと疲れてしまったので・・続きはまたのちほど・・・失礼いたします。   

 

                     ちょっと予告です。           

 

                                                                                                                           

コメント (3)

ごめんね。

2012年04月07日 | 携帯電話

  チューリップ、あと少しで咲きますよ。        

すっかり春らしくなりました。
桜の花も、開き始めて・・チューリップも蕾がこんなに膨らんできました。

私は父のお供で、大学病院の心臓外科へ。
朝の八時に家をタクシーで出て・・帰宅したのが一時近くでした・・・。もうクタクタ。

受診の前に採血をして、薬の効き具合を調べてもらいます。血液をサラサラにする為のワーファリンの効き具合です。
結果が出るまでに一時間かかるので、予約時間の一時間前には大学病院へ到着するように家を出ます。
まじめな父だから、そりゃもうきっちりと。
大学病院の医師は、この季節には移動が多く、父の主治医も三月一杯で違う病院へ移動になりました。
とっても良い先生だったので・・実は父は大ショックでした。
次に主治医になってくださる医師・・どういう感じの医師かによって、多分父の症状も変わるような気がして。
そこで・・私も父にくっついて行ったのでした。
もちろん、24時間装着のモニター検査の結果も知りたかったのが一番ですが。

新しい主治医は、目の大きな若い医師でした。
飲み込まれそうな大きな目・・それが第一印象・・とっても羨ましい大きな目なんですよ。
優しい物言いと、ヨタヨタしている父にも手を差し伸べてくれる、感じはとても良い医師でした。
不整脈は去年の検査の時より、やはり多くなっているようでしたが、とりあえずは想定内のようで、それほど神経質に心配しなくても大丈夫なようでした。
ホントに一安心です。
しっかし・・病人を三時間も待たせるなんて・・流石、大学病院ですな・・・。

そして、旦那は私と父が出かけるちょっと前、ハーレにまたがって一人でどこかへ行っちゃいました。
待ちに待ったお天気ですから、そこは私も気持ち良く送り出しましたよ。

・・・ハーレが家に来たとき、私はハーレにヤキモチを焼いてしまいましたぁ。
嬉しそうな旦那が憎らしくもありました。
私がこんなに毎日大変なのに・・旦那は一人でどこかへ行こうとしてるなんて・・やっぱりズルイ・・とかね。

いつだって旦那なりに、いろいろ考えてもくれてる(だろう)し、私の好きなようにさせてくれてたわけですし。
私の行きたいところにも、ちゃんと連れて行ってくれてるわけですし・・私の単なる我侭で、子供みたいですよね。恥ずかしいったら。

少し前・・まだ寒い時期で、在宅介護か特養入所かで尚更に心も身体も疲れ果てていたとき・・
旦那が一人でハーレに乗って、私の好きな富士山の写真をお土産に帰って来たことがありました。
その時・・私は見せてくれようとした旦那に、食ってかかっちゃいました。
「そんなの見たくない!」って。「私はこんなにしんどいのに、そんなの見たら余計にイライラするから見せないで!」って。

それ以来・・旦那はデジカメ持ってツーリングに出かけるのに、私には写真を見せてくれません。
別に怒ってるわけでもなさそうですが、なんだかそう決めちゃったみたい。

今日は、伊豆まで行ってきたようです。
「富士山の写真、撮って来てね~~」って頼んで見送ったのですが、「雲に隠れて撮れなかった」って・・ホントかな?
夕方近くなって、雲も多くなって・・花冷えのように寒くなりました。
久しぶりに思う存分走って来たであろう旦那は、コタツで丸くなってました。

あの時、自分のイライラで、旦那に嫌な思いをさせちゃったこと、実は今も後悔しています。
結婚して24年目。
沢山喧嘩もしたけれど、こんなに後悔することも珍しいです。あはは・・・。
でも、多分これからも・・あの時はごめんね・・なんて、言えないんでしょうね私。だから、ここで・・ごめんね旦那!

明日はスカイウェイブで、桜を見に連れて行ってくれるかどうか・・一応、約束はしてあるけど。
クラッチ握って、肩がバリバリで痛いんですって。寒かったから風邪もひいたかも・・だとか。
旦那も五十路、あまりこき使っては長持ちしませんね。なんて!

私も身体の痛みが無くなったら・・一人でアチコチ出かけたいなぁ~~と思います。
関西方面、東北方面・・いっそ、行ったことのない九州にも行っちゃおうかな。
しっかりヘソクリしなきゃです。

コメント (2)

コブクロ復活!

2012年04月06日 | 携帯電話

あ~~ウレシイィ。
コブクロがまた、活動を再開。
これはもう・・なんとしても痛みを治さなきゃ。
また、次女とライブで一緒に歌えるように・・ね。
母の所へ行くときも、病院へ行くときも、MP3でコブクロの歌を聴きながらの私です。
頭に髄膜腫が出来ちゃった時に、次女が母の日にくれたコブクロのライブチケット。
複視でしんどかったけど・・次女に手をつないでもらって見に行って・・それからずっと、それ以来うんとコブクロのファンになってしまった私でした。
歌の力って、凄いと思いますよ。
いろんな時に、いろんな場所で、私はコブクロの歌に励まされたり、元気貰ったりしています。
きっと、み~んなの心の中にも、その時々に歌があるんでしょうね。

小渕君、黒田君、私も待っておりました~~~よ。

 今晩7時近くの誰もいない病院の待合室です。
今日は腰のMRIを撮ってきました。
予約が6時・・終わった頃には病院は静かでした。

MRIは・・やっぱり心臓ドキドキでした。
最新の機械だったようで、いつもの機械よりユッタリとしていましたが・・やっぱり怖い。
ヘッドホンしてくれましたが、何も聞こえてきませんでしたぁ。
髄膜腫の検査での大学病院ではオルゴールのジブリメドレー、この国立機構病院でも何だか忘れちゃったけど音楽を流してくれてたのにな。
もう何回MRIを受けたかわかりませんが、馴れないものです。
次は5月1日、今度は首です。あ~~~~ぁ。

いつもMRIを撮ったあとは疲れ果ててしまうので、今日はお弁当にするつもりでしたが、長女が公休だったので、お豆腐のハンバーグ入りきのこのミートパスタを作ってくれました。
 食べ初めてから慌てて撮ったので・・うぅ・・
椎茸大嫌い我が家では、きのこはエリンギ、しめじ、マッシュルームです。

ものすご~~~く美味しくて、ダイエットは一日お休みです。

あ、そうだ!
長女、今日は一人で母のいる特養へ行ってくれました。
アパレルに就職したので、土日は休みのない娘です。
せっかくの休みに、夕飯作りと特養面会とは・・
デートする相手もいないのかな?ですが・・彼氏が出来るまでは・・ですね。

でも、母もでしょうが、私もとっても嬉しかったなぁ。
父はそれこそ、孫がおばぁちゃんに一人で会いに行ってくれたこと・・ものすごく喜んでいました。もうすぐ21歳になる娘・・大人になったなぁ。
時々、娘にと大喧嘩しちゃいますが、もしかしたら旦那より・・頼りになったりします。へへ。

おばぁちゃんと、菜の花を窓からだけど見てきたよ。って。
30分ほどの面会だったようですが、嬉しい嬉しいことでした。

私も行きたかったのですが、今日は昼過ぎに、久しぶりに施設使用前の訪問があったのでした。
父の新しいショートスティの担当者さんとの面談です。

今父が利用しているショートスティも、父は大分馴れてきたようですが、今度申し込んだショート場所は、4月にオープンしたばかりなのでした。
ここ数年で、我が市には5軒の特養が出来るそうです。
今日申し込んだのも、その一つなんですが、循環器科の医師が常駐しているっていうのが理由でした。
心臓の弁置換手術をしてから、めっきり弱くなった父。
最近は、ショートどころかディも休みがちでしたが、医師が常駐してるだけでも・・少しは気持ちが安定するかなぁ~ということでお願いすることにしました。
早速、今月お試しが出来そうです。
月に二日間でも、ミキサー食を作らなくていいのが有難いです。
父もそれを知っているから「体調が崩れなければ行くよって・・。」って。
そうなんですよね・・父は、優しい人です。
歳を重ねる毎に頑固になったし、かなりいろいろなことに細かい・・精神的に弱い父でもありますが、昔と変わらず、娘には弱い優しい父です。
だから、私のために・・母が特養に入所した今でも、父はショートスティに行ってくれる気持ちはあるんですよね。

時には・・ムカついて、喧嘩にもなりますが・・このクソジジィとか・・思っちゃったりしますが、私も・・父のことは大事だし・・尊敬もしています。
私の為にも、もちろん母の為にも、まだまだ元気で頑張ってもらわなきゃ困ります。

明日は父の心臓外科の受診です。
私もお供しようと思っています。
先週一日モニターの機械を装着して、不整脈のデーターを取ったので、その結果も聞けると思います。

なんだか・・親娘そろって、病院通いの日々です。

週末はお天気も良さそうなので、明日は旦那はハーレで一人旅をするそうですが・・日曜日は、スカイウエイブで・・桜見に連れて行けと・・脅迫・・じゃないお願いしなきゃです。

みなさんのところは・・桜はどうでしょうか?

 スノーフレークも咲きましたよ。

コメント (4)

2012年04月04日 | 携帯電話

      

今日の空は、風が強かったせいもあるでしょうけれど、こんなに青くて。
母のいる特養へは、桜の木が沢山ある大きな公園を抜けていくのですが、桜の木・・こんな感じです。
あと一息!って感じですね。ピンクの花びらが、ほんの少し見えるようになりました。
昨日の暴風に飛ばされなくて良かったぁ。

母は、とりあえず変わりなく。
私が着くなり「トイレに行きたい」って・・オヤツを終えてお茶を飲んでいたのですが、ワーカーさんにお願いして連れて行ってもらいました。
でも・・オヤツ前にも行ったようで・・結局空振り。
そのときに、仙骨かなぁ~骨が少し飛び出したみたいになっていて、赤くなっていました。
今まで無かったから・・ワーカーさんに聞いたら「今朝気がつきました。」って。
気がついて・・どうしたのかなぁ?
その辺はヤンワリ「アズノール、塗ってください」ってお願いしました。
で・・いつも引き出しに入っているはずの持って行ったアズノールが見当たらなくて・・そしたら、母の前のベットの利用者さんの・・借りちゃいましょう!って塗ってもらいましたが。まぁ~~~いいのかな。
久々に、母の爪を切ろうと思って爪切りを持って行ったので、フロアーから出て、応接セットのある廊下の端で切ろうとしたら・・。
右手の爪がなんか汚い・・オヤツにチョコレートでも?
母の手を嗅いで見たら・・く・・臭い。
なんだか、ガクっとしちゃいました。
ワーカーさんの所に戻り「手拭をください。母の手・・臭いんですぅ」って、さりげな~~く言ったらば、暖かいお手拭で拭いてくれました。
黙って手を洗えば済むことかもしれないですが・・ちょっと・・怒りたくもなったけど、とりあえず我慢。
それから、足の爪を切ろうと靴下を脱がせたら・・またまた象さんのようにパンパンに浮腫んでいました。
浮腫みに関しては、ワーカーさんもいろいろ考えて下さっているようですが、靴下も締め付けのない履き口の緩いものを履いていても・・まるで瓢箪みたいになっていて爪もかなり伸びて、食い込んで痛そうでした。
小さいことかもしれませんが、やっぱりイロイロ気になります。
ま、そのあたり・・は、私がしっかり見てますよ~~ってさりげなくアピールしていくことにしますわ。

母のことはやっぱり・・気になるし、離れていればこそ・・小さなことも。
そういう小さな心配も、しなくていい特養に、なって欲しいなぁ。

 こちらも、あと少し。何色でしょう・・。

 あちこちの鉢に、スミレの花。

 こちらは満開です。

 枯れ枝だったのに、こんな小さな蕾。ウツギだったかなぁ。

 

春ですねぇ~~~。

コメント (4)

春の嵐

2012年04月04日 | 携帯電話

昨日は凄い風が吹き、雨もかなり降りましたね~
旦那は、バイクで仕事に行ってしまったので心配でしたが、風が治まるのを多少待ってから、無事に帰宅しました。
娘達は、ラッキーなことに仕事もバイトも休みでした。

桜、これから満開を迎えるはずですが、まだ蕾のまま、飛ばされてしまった枝もあるようですね。
今週末、見に行けるかな~
雨水を沢山、陽射しも沢山で、ムスカリがズンズン伸びてきました。

昨日はささいな事で娘にムカムカして、早々と布団の中に。
なんだかリリカを飲むと情緒不安定になるような…
昨日のような天気は、痛いのなんの。
父も同じで、なんとも暗い気分でした。
今日はよく晴れています。相変わらず、風が強いですが。
昨日よりはましかな。

さ、ダラダラしてないで母の顔でも見てくることにしますね。

コメント (2)

メンテナンス

2012年04月02日 | 携帯電話
 

私が今しなきゃいけないこと、とにもかくにも身体のメンテナンス。

母を特養にお願いしたのは、気持ちもだけど、身体が辛いことになったからでした。

とりあえず、地道に歯医者さんには行っていま~す。
あと残りは2本。
実は虫歯や欠け歯が二桁ありました~父を見てると、やっぱり歯は大事ですもんね。

頭の中の髄膜腫は、とりあえずオトナシクじっとしてくれてるから良しとして…。

なんと言っても、腰から下肢の痛みをなんとかしなきゃです。
母を移乗しなくてよくなったにも関わらず、痛みのサイクルが早くなった気がするし。
午前中は普通にササっと家事をして、昼過ぎあたりから、ズンズンとした鈍い痛みが出てきだして…10分歩くと痛くて歩けないくらいになるなんて、やっぱり普通じゃないですよね。
すべり症だとは診断はされたけれど、通ってた整形外科にはブロック注射さえ打てないと言う出向医師しかいなくて。
毎日、痛み止めのロキソニンを三回は飲んでいる始末でした。
このままじゃ私のこれからの人生に、どんより暗雲がかかってしまう…。

で、今日は国立機関病院へ行って来ました。
初診だから、予約外診療ゆえ待つのは覚悟。
しかし~九時半に病院に入って呼ばれたのが十二時半て・・あんまりですよね。
おかげで、すっかり痛いモードになる時間だったので、先生にも「辛そうだね」ってわってもらえたみたいでしたが。

それからレントゲンを沢山撮って、あっち向いたりこっちむいたり・・痛いのなんの。
わかってはいたけれど、しっかり滑ってる私の腰椎がありました。
どのくらい神経に触れているか、どこにブロック注射を打てば有効かの確認のために、MRI予約。
実は、かなり前から首の横が腫れてる感じがあって、ただのコリのような・・リンパ腺の腫れのような・・だったので、そっちも診察してもらいました。
「うん、何かあるね」って・・言われて、ちょっとドキ!
レントゲンでは頚椎はそれほど変形はありませんでしたが、腫れてる部分のMRIも追加。

てなわけで・・また大嫌いなMRIを二回受けることになりました。
違う箇所なので、二回。一緒に撮れないそうで・・おまけに一ヶ月に一回という決まりがあるそうです。
今年は既に一回、頭のMRIを撮っているけど・・やっぱりあの狭い筒は苦手です~~~怖いよ~~。

再診は、MRIの結果が全て出る来月。まだ一ヶ月もあります。
その間は、坐骨神経痛に有効らしい薬を貰いました。
「リリカ」ですって~可愛い名前です。
副作用・・ないといいなぁ~~また物が二つに見えたら・・それだけは嫌だなぁ~体重の増加・・それも嫌だなぁ・・
でも、歩くの痛いのも嫌だなぁ。。。。。やれやれ。

早速飲みました・・いい感じかな。

天国にいる、私を応援してくれたブログ友さん達にも怒られないように・・ちゃんと治さなきゃですね。
コメント

ちえまるさん

2012年04月02日 | 携帯電話
ブログに書こうか迷いましたが、やっぱり・・・残しておこうと思います。

ちえまるさんが、天国へ旅立たれてしまいました。


私が在宅介護をはじめる前から、ブログ友になってくださった方でした。
ブックマークも、二番目。

沢山の優しいコメントを、頂いていました。

手が震えて、携帯がうまく使えません。
食道癌と闘っていたのは知っていたけれど、必ず元気になるって、なんだかそう思っていたのに。
まさかこんなに早く行ってしまうなんて。

以前、ちえさんに頂いた手作りのストラップを載せました。

心から心から、ご冥福をお祈りしています。
ちえさん、私、しっかり生きてくね。
ありがとうございました。
コメント (4)