頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイト!

2008年10月26日 | 携帯電話

                                    

 

今にも雨が降りそうな・・曇り空・・の今日でした
山中湖の横を、旦那と二人きり。
ワゴン車の後ろの座席には、誰も乗っていません。

ちょっと・・寂しい気もしましたが、いろいろ考えるのはナシ!
旦那と二人でドライブなんて、子供が生まれてから・・初めてのことです
こんな風に、紅葉を見に出かけるのは・・三年振りのこと、楽しまなきゃ~ですね

雲のかかった富士山も、なかなか風情があって綺麗でした。
雨が降らなかっただけ・・ラッキーだったってことにしましょう。

ちょっと寝坊をしてしまい家を出たのが10時過ぎ、目的地に着いたら・・正午の鐘が鳴ってました。

 見上げれば、富士山。

  足元には、底まで数メートルの池。 

「忍野八海」に行って来ました。

またまた旦那の行きたい場所、パートⅡです。
パートⅠは、旦那一人で行って大正解の場所でしたが・・今回は私も一緒で大正解。
娘達は、今日は二人とも家にいましたが・・家で父と、お留守番。

富士山周辺は、割合と行きやすい場所なので・・何度も行ってはいるのですが、この忍野八海は初めて来ました。

どこでも良かったんです。出かけられれば~~~イヒヒ

忍野八海・・・八つの海と書きますが、池です。って・・私だけが知らなかったのかな。
で、ただの池ではなく、富士山の伏流水、つまり湧き水で出来ているそうです。
湧き水で出来た池は、とても透明度が高く、泳いでいる魚どころか池の底まではっきり見えるほどです。
ホント、綺麗な池でした。
グルリと旦那と歩いてみましたが・・八つの池を全部見たのかどうかは・・わかりませ~~~ん

何しろ、前情報を何も持たず・・目指す場所に着いた・・って感じだったので。
毎度のことです・・ハイ

 なんで・・忍野八池じゃないんだぁ

プクプクと、水が湧き出ておりました。

  一つだけ・・名前を覚えた池                             何故か手書きの案内板が・・ホントの書き方はお釜池・・。

 

  何故かこの池だけ有料(300円)です。
偶然、お昼を食べたお店から、タダで見れましたけどぉ。
でもでもでもね・・カレーウドンが700円。これ・・入館料が若干影響してるので・・は?

何故に・・こんなとこまで来て、旦那はカレーウドン?!
                             
私は一応~富士山だし、山菜ウドン。でも・・何故かキャベツ入り

 

そうそう・・私と旦那がウドンをすすっている時に、娘から、写メが
お昼ごはんはホットケーキを焼いたそうです。
おじぃちゃんには、大根とハンペンのおでんと、南瓜の煮たやつも買って来たって。
                        いい子達です。嬉しくて

 

池の畔に、二匹のカモ。

 

久美子「和むわねぇ~。なんだか、ホッとするわぁ。」                                                                                       

  旦那「そうか?・・ま、それならよかったんじゃないか?首がかいぃ~な・・」

                                                           

 な~んてこと、言ってた・・カモ

富士山、雪が二合目位まであるかな 

 

流石に紅葉の季節です。並んでる~~車ですが、景色を見てれば大満足でありました
 街路樹も、赤黄緑に染められて

 

数日前、ホントにどうしょうもなく・・心が乱れていた私でした。
でも・・今度こそ、大丈夫。
大丈夫じゃなくなってきたら・・大丈夫になれるように、また旦那と出かければいいや。

私が両親を支えているように、私も旦那や娘達に支えてもらっています。
もちろん、両親にも支えられていることも間違いないです。
家族だから、言いたいこと言い過ぎてしまったり・・家族だから、いろんな心配や切なさもあるけど、かけがえのない私の家族だから、力まず・・私らしく生きていればこそ!で、やってきますとも~~。

それから、次は友達と会ったりしたいし・・ちょっとづつでも・・いいよね。

                   さぁ~~再び、ファイト~

 

おまけ~~。

 タイムで入った「鳴沢道の駅」
  富士山博物館・・とかいうのありまして・・無料ってことなので入ってみたら・・デカイ顔だけ~の恐竜。

そこにはやたらと水晶だのパワーストーンが展示されておりました。中には、お高い宝石もありましたぁ。
もうすぐ20回目の結婚記念日だから、ナンか買ってって言おうと思ったけど、今日はもうこれで十分

水晶パワーで幸せと元気の充電 

コメント (18)

これでいいのかわからないけど。

2008年10月24日 | 私。

UPしようかどうしようか・・迷っていました。
でも、もしかしたら・・私のような人がいるかもしれないし・・私もこんなん時があったって、書いて置くのもいいかもと。

こっちょり次の楽しい記事のドサクサに紛れて・・UPしとこうかなぁ~と思います。

暗い気持ちの話なので、スル~してもらって全然オーケーです。

ちなみに、今日は元気な私です

 

*****************************************

久々に・・ほんと~~~に久々に・・両親の前で、母のケアマネさんの前で・・不覚にも泣いてしまった久美子さんでした。
女優じゃないから、考えて泣くなんてことは出来ないし。
感極まって泣いた・・ってのともチョッと違う。

泣いてどうなる・・って思ってたわけでもなく、最近は泣くこともなく過ごしてこれてた。
でも、泣かない代わりに、いつもなんだか・・怒ってたな。

そう言えば・・ちょっと前は、深夜のお風呂場で・・シャワーを出しっ放しにして、オイオイとワンワンと泣いたりしてたっけ。
いろんなことが、切なくて・・悲しくて、やり切れなくて。
その涙には、一応理由がチャンとあったし。

喋っているうちにハラハラと、ポロポロと・・あれ?って思っちゃう泣き方だった。
悲しいとか、まして嬉しいとかじゃなくて・・当たり前だけど。
 

思ってる以上に、私はやっぱり疲れてるんだな。自覚しなきゃ、いけなかった。
大丈夫なんかじゃなくて・・全然、大丈夫なんかじゃなかった。

言いたいこと言ってると思ってた。
でも、本当のところは・・仕方ないって、諦めてた。
私が、頑張ればいい・・ううん・・そうじゃないな・・倒れたらその時わかることもあるって・・思ってた。
ところが私はとっても丈夫で、元気で・・ここ数年、風邪一つひかないから、倒れることは無いんだなぁ。

だって・・なんだかんだちゃんと、この二年間やってきたもの。
もう今更、大丈夫!凹んだって、ちゃんと元に戻れるって思ってた。
適当に、息抜きだってしてるし。

身体の不自由な両親と同居してるってだけで、普通の生活・・なんだけど。
それはホントにそう思ってるんだけど・・でも・・。
大変だねぇ~って言われたら「いいえ~」って言う時もあれば「はい~~」って言う時もある。
だって、その時々のことだもの・・いろいろあるのは誰もそうだし。


働かなきゃ食べていけないわけじゃない・・贅沢は出来ないけど、専業主婦だし。
作ろうと思えば、数時間なら自由に出かける事だって出来る。

娘達も高校生になって、それこそ毎朝お弁当を持って行きたがるから・・それくらいは・・って作ってるけど、冷凍食品がメインの・・超簡単弁当だし。
私が望めば、自分で勝手にご飯くらい食べれる年齢になった。

旦那だって、介護には手を貸してはくれないけど、めったに私の両親と話すこともなくなっちゃったけど・・それでもイザという時には、絶対に手を貸してくれると・・思う。
時々ムカつくけど・・愛すべきB型の・・頼れる旦那だし。

だから・・何も泣くことなんてなくて、もしかしたら他の人にはない幸せだって一杯持ってる。

 

要介護5の母がいて・・それは特別なことじゃなくて、私にとっては・・普通になりつつあることだと思ってた。

考えられる、利用できる限りのサービスを受けることも出来て・・。
なんだかんだ言っても、母はそれを積極的ではないにしろ、ちゃんとこなしてくれている。
それって、もの凄く頑張ってくれてるってことだと思う。

時々本当に、全然ちんぷんかんぷんになってしまう母だけど、話が出来ないわけじゃなく・・昔と変わらない親子喧嘩もすれば・・父の悪口を一緒に言ってるときもある。
昔話を懐かしんだり、これから先の心配もちゃんとわかる母だし。

ただ左の手足が動かなくて・・左側の空間無視や見当識障害、注意障害、短時間の記憶障害があるだけで・・。

母、自分の思ってることが、いつのまにか他の人が言ったことに摩り替わる。
絶対に言うはずないこと、起こるはずないことを・・繰り返して話すこともある。
それが・・実は違うんじゃないかと・・母自身が薄々思っていたりもする。
そして、相変わらず・・死んでしまうことが、私や家族の為だって・・思ってる母。

だけど・・そんなの・・いつか慣れてくるって思ってた。
聞き流せばいいって・・それを聞いた人が、どう思うかなんて・・どうでもいいやって思えるって。
いつだって、私や家族の為に・・ひたすら動き回ってくれていた母だもの。
私しか、母の介護する人いないんだもの・・。


病気をいっぱい抱えてる父がいて、いつも不安と心配ばかり集めてる父の・・それは性格で・・大喧嘩しても、頭にきても・・それはどこにでもある親子喧嘩でしかないって思ってた。

私を愛しんで、大事に育ててくれた父。
誰よりも、頼りになって・・優しくて、穏やかな父だった。

お金持ちでは、決してなかったけど、不自由なこともなく・・この家だって、元々は父が自分で建てたんだ。
立て直して同居出来るようにしてくれたのは、旦那だけど・・。

人より沢山、いろんなもの失ってきた父。
洋服屋さんを二回、息子、それから心臓弁二つ。
極め付けが・・父を最大限の力でフォローしてた母の左側半身。

そんな父だもの・・無くす悲しみが、溢れちゃっても仕方ないのかもしれない。
溢れた悲しみを、しまうことが出来なくなってしまったとしても・・それはしょうがないのかもしれない。



この年齢で、両親がいて・・一緒に暮らせるなんて、私は幸せなんだって思う。
いろんなこと・・結局は私の好きなように・・させてくれてるんだし。
ちょっとくらい寝不足だって、ちょっとくらい遊びに行けなくたって・・。
そんなの自分で好きでやってることだし。
 

それだったら・・泣くことなんて・・何もないはずなのにね。
それも、あんな風に・・。
 

でも・・やっぱり違うんだね。なんだか、今更なんだけど。
いろんなものが私の中で溜まってしまって、それが目から流れてきちゃったみたいだ。
そのうち・・自分が変わればいいんだって・・思ってた。
もう少ししたら、余裕が出来て・・それから自分の時間を楽しめるように・・きっとなるって思ってた。

まわりの人がそうしているように、私だってその気になれば・・やりたいことくらい出来るって。 
ところが・・なかなか出来るもんじゃないんだなコレが。

人それぞれの、環境や・・状況や・・いろんな違いがあるわけで。
みんなが出来ても、私が出来るとは・・限らない。
これは、努力とか・・そういうのじゃないんだもの。

疲れてヘロホロになってても、これじゃダメだって・・外へ気持ちを向けようとしても・・ストップがかかる日々。
沢山文句を言っても・・納まらなかったりしてたわけで。


いつのまにか・・煮詰まってた。
どうして過ごしていいのか、わかんなくなってた。
逃げ出したくなって・・何もかも嫌になって。

だけど、私はそんなことしない。 

それでも、大丈夫!なんとかなるって・・思ってた。 

心臓がドキドキして、身体の真ん中がもやもやして・・いたたまれなくなっても。
頭の皮がザワザワと痺れて、耳鳴りや腰・・指・・キリキリと痛む胃だったりしても、倒れない。
一日の短さにイライラしながら・・気が付けば居眠りしてる昼。
何もしないうちに・・また一日が終わっちゃうんだ。 

それは・・この生活のせいなんかじゃなくて・・自分が面倒くさがってるだけだと思ってた。

でも・・違うんだよ。
出来ないんだもの。
計画して、やり繰りして・・ダメになって、諦めて・・。
次からは、期待したり出来なくなってて・・それを全て、誰かのせいにして。
実際・・いつも、自分のせいじゃないんだもの・・やっぱり、嫌になる。

嫌になるのが・・自分自身になったりもしちゃうんだ。
もう、いつ地震がきてもイイや・・なんて思っちゃったりすることも。
 

母の来月の提供表を持ってきてくれたケアマネさんと・・母のショートのことを話していて・・。
夜中のトイレのことで、母が冷たい態度を取られた・・ってことを母が話し出して。
私もケアマネさんも、半分は・・作話・・もしくわ、母の勘違いだと思ってはいた。
だけど、父は・・そういうことも有り得るとか・・言い出した。

それなら、父もショートへ行って、しっかり様子を偵察して来てよ・・・って、言っちゃったんだ私。

そこから、言わないでしまっておいた言葉が・・とうとう出ちゃった。

 

ディへ行くことが、行けない父の負担になっているのがよくわかる。
だから、ディをやめてもいいから、二ヶ月に一度でいい・・父にもショートを利用してもらえたら、私は安心して出かけることも出来るって、言ってみた。

母がショートへ行っても、やっぱり私は家にいるしかない。
父が病気の辛さ、悲しさばかりを私に訴えて・・私は医者じゃないから・・わからない。
私が、父の為だと思って言ってる事も・・全て「俺は人とは違う」って拒否するし。
どうしていいかわからない。
私が出かけるって言うと・・具合が悪くなって・・私はどこへも行けないし、行くことがとっても罪悪感になってしまってる。

決して、父を邪魔にしてるんじゃなくて・・。
父の不安な気持ちがわかるから、やっぱり・・長い時間、家を留守には出来ない。
父の辛さはわかるけど・・父だって、母だって、どこへも行けないんだけれど・・。

私は父と一心同体ではないから、元気な私の気持ちはササクレだして・・イライラばかりしてしまう。

もし・・もしこれが・・旦那だったら、また想いかたも違うのかもしれない。
私は、父の娘であって・・奥さんじゃないんだもの。
たまには、旦那と何処かへ行きたいよ。

気が付いたら・・私は泣いてた。 母も、父も・・泣いてた。 

言いたいこと、言っちゃった。


本当はそうじゃなくても・・何かに雁字搦めになっているような・・そんな想いから、逃げたかった。

父にも、ショートに行ってもらえることになった。
また・・ドタキャンするかもしれないけど。予約は二ヶ月も先だけど。

実際、ディやショートには看護士さんもいて・・私にとっては安心出来る場所でもあるんだ。

母のケアマネさんが、とにかく少し私の気持ちを解放させなきゃ身体に出てくるって・・言ってくれて。
父も、とりあえず予約を入れておくだけは了承してくれた。


私は・・もっと自分の気持ちを・・正直に言わなきゃいけないんだと思った。


私が元気じゃないと、私が笑ってないと、やっぱりダメなんだよな。 

多分、両親は悲しかったんじゃないかな。
でも、もう・・そう思うのはやめた。
私にとって、今はもう限界なんだもの。

望んでることを言ったら・・気持ちが軽くなったし、こんなの我儘じゃないよね。

家族だものね。
肝心なこと、言わないで・・我慢して、相手の気持ちばっかりを察して・・小さくなる必要なんてないよね。だって、ケアマネさんが帰った後・・また少し、優しくなってる自分がいたもの。

ちょっと気まずかったけど・・。 
これでいいのか、ホントはよくわからないけど。

父のケアマネさんにも、こっそり電話して成り行きを話した。
母のケアマネさんから、聞いたってことにして、父に電話してくれることになった。

「久美子さんが決心してくれて、良かったわ」って言ってくれた。

前から・・それを勧めてくれてたのに・・私が父の心臓のこともあって・・ゴチャゴチャ悩んでいたから。

ショート先のワーカーさんにも、一月の予定をお願いした。
ホントはケアマネさんから、FAX流して貰うんだけど・・こっちょりズルで・・ひと足お先に押さえてもらえてる。

「それは良いことだと思います」って・・言ってくれた。 

病気の辛さは・・本当に本人にしかわからない。それは、よくわかってる。
でも、私だって・・辛くなる時はあるんだ。

あなたの側にいることが、嫌なんじゃないんです。
断じて、違うんです。

あなたを心から、ちょっとは笑わせてあげたいから、そんなに頑張らなくても・・自然に、どうってことなく過ごすために・・いろいろ考えてみたいんだ。

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



既に、両親の介護は・・私の人生の一部です。
それは、誰でなく・・私が選んだことです。
別にど~ってことなく、介護生活をしている方もいると思います。
きっと、それは・・ちゃんといろんなことを、上手に、バランスよくしているんだと思いました。

バランスが、悪すぎると・・時々ホントにどうしていいかわからなくなって、医者へ行ったら・・多分薬が処方されるんだろうなぁ~と思います。

 

*******************

ってわけで・・また長々と。
いろ~~んな意味で、嫌な想いで読んだ方がいらっしゃるかとも思います。

ごめんね。



 

今度の母のショート中、懲りずに・・旦那は私に出かけようって言ってくれました。

長女が、父のご飯の用意をしてくれるそうです。
次女と二人、適当にやるから大丈夫だって。


そうやって、私が妙な泣き方をしないように・・皆が気に掛けてくれることに、心から感謝です。
                              

コメント (20)

秋の昼に。

2008年10月21日 | 携帯電話

メールに気が付いたのが遅かったぁ~~
娘に車椅子押させて、歩きながら必死で返信したけど、歩きながらのメールは難しかった・・
それでも・・会いたくて・・速攻で買い物清算して、写メの場所まで行ったんだけど・・。

娘なんて、必死で車椅子押してくれて、母はスリル満点だったみたい
だけど・・自分の家がこんなに遠かった?って感じのとこまで行っちゃってたんだぁ。

 赤いベンチ~~誰もいなかったぁ

家からだったら、ホント・・走ったら一分のとこだったんだよ。
いつもなら、この近くのスーパーで済ませちゃうんだけど、今日は長女が修学旅行の代休で家にいたから・・久々に、おばぁちゃん孝行してくれるって。
で、ちょっと遠目のスーパーまで行っちゃったばっかりにぃ。

まだ間に合うかも・・って、ナナメに道を走って(超早歩き~~)公園へ向かったんだけど・・シンデレラは写メを残して消えていた・・。

生のゼリちゃんにも、イチゴちゃんも、ちょっとの差で会えなかったよ~~~。


だけど、嬉しかったなぁ。

会えなくて残念だったけど、また来てくれるって



ホントに会いに来てくれたんだなぁ。

なんだか、恋人に会い損なった気分だったよぉ。アハハ~~

凹み気味の気持ちで、シャキっと出来なかったのに、凄いスピードで歩いちゃって、元気じゃん私

なんだか、もう大丈夫とか思っちゃった。

ありがとね!
ゼリちゃんパワー、会えなかったけどもらえたよ~~。

 

家に帰って、昼ご飯。
ヘルパーさんに母をお願いして・・鏡を見たら・・スッピンでボサボサの髪で、凄い状態だった


ゼリちゃん、ありがとね。

待ってるよ~。

 

                    私も、ゼリちゃんとこへ・・奇襲攻撃かけるしかないな・・・フフフ

 


慌てて清算した買い物の中身。

母が好きな撫子。  

  私の好きな黄色い金魚草。

この花が終わる前に、ゼリちゃんはきっと来てくれるだろう~~~
家の塀の上で、お出迎えしてるよん

 

 

 

さて、こちらも書いておかなきゃでした。


前々回の、クイズの答えです。
オヤジな私さんから教えて頂きました~~~。


笑えました

私は・・一人で・・妙に受けてしまいました


オヤジな私さんのコメント、そのまんま載せさせて頂きますね。

 

正式カレーライスに添えるラッキョは7個です。
昔から決まっていました。

「ラッキョーセブン」というでしょう(笑)
毎度馬鹿馬鹿しいお噺でした。


山田く~ん 座布団2枚もってて~

 

                                           笑えたでしょ

秋の昼、まだまだ日差しが暖かです。
それでも確実に、冬の足音も聞こえています。
どなた様も、お風邪などひかれませんように

コメント (10)

写メ。

2008年10月18日 | 家族のお話。

修学旅行で沖縄へ行った長女からの写メです。

お天気は・・行った日と、次の日が雨だったんですって~。ついてないですねぇ。
それでも、それなりに・・楽しんでいるようです。

初日には「ひめゆりの塔、平和記念公園」を見学して・・翌日には「チビチリガマ、シムクガマ」に入り、平和学習。
戦争を知らない子供たちの・・子供である娘達も、ちゃんと戦争の悲惨さを学んで・・考えいるようです。

 

美ら水族館から、こ~~んな写メを送ってきました携帯・・便利ですねぇ。ですもの。

  

                           

                  鮫、ウツボ、マンタ、熱帯魚、蛸・・・。
                                           だそうです。
                                ホントは、きっとちゃんと名前があるんだろな

 

それから・・こんなんも。

 さとうきびアイス      お昼ごはん


他にも、食べかけのステーキ(一日目の夕食は、ステーキハウスですってぇ)とか、食べかけのお菓子とか・・作ったパイナップルジャムとか・・変な写メばっかり送ってきます

景色・・ないんですよ・・ありえません。青い空と青い海・・見せてあげな~~~いってか

送ってくれってメールしても・・・送ってきやしません。
流石・・A型の我が娘です。

明日には、帰ってきます。
初体験の飛行機・・離陸する時に、ジェットコースターみたいだったらしく「ヤバイ!」とメールが来ました。
びっくりしちゃいますよね。
良くても、悪くても、おもしろくても、なんでも「ヤバイ」なんですもん。わかりませ~~ん


ま、とにかく・・無事に帰ってきますように

 

そうそう・・大事なことを

介護認定調査の結果が来ました。
                                     
「要介護5」です。

 

なんとも・・複雑な想いはありますが・・これで安心して、支援費も使っていけます。

使うことの出来ない方達の為にも・・考えて有意義に、使わせてもらいます

コメント (10)

クイズ。

2008年10月15日 | 携帯電話

面白いお話・・ありがとうございました
私・・ブログやってて・・ホントに良かったなぁ~。

旦那より、よっぽど優しいぃ人が・・沢山いるんだもの。
旦那とドライブに行かれなくても・・全然平気。

元気バリバリです~


行き先は大月の、「リニアモーターカーショー」だったんですよ~。
私は全然興味がないので・・そのへんブラブラするつもりでした。
紅葉までは、もう少し時間がかかりそうなので・・今月もう一回外出にチャレンジ!
元気があれば、私はいつでも・・行けちゃうんですもんね。

そうそう・・旦那は三時過ぎには帰ってきちゃいました。
あんまり盛況ではなかったようで・・実は一人ではつまんなかったんでしょ・・アハハ~。

ドタキャン・・仕方ないですね。
そういうことも・・ありますね。
度重なると・・チョッとムカつきますが(あまりの土壇場だったので、かなりグレましたが)それでもまぁ~誰のことではなく・・親愛なる父のことなので(・・。)諦めるしかないでした。

父は、多分・・病気に関しては・・病気なのだと思います。
訪問看護士さんとも話しましたが、沢山の薬を飲んでいるので、相互作用もあるのだろうけれど・・沢山の病気を抱えているので「不安神経症」が強く出ているのでしょうね・・。

そのために、心療内科にも通院していますが・・なかなかね。

父なりに、頑張っているのだとは思います。
決して、私の外出を阻止しようとしているわけではないのだとも。

頑張ってる父に、頑張れと言うのはどうか・・・。

でも、私しか・・言えない言葉でもあると思っているのです。

 

違うかなぁ~。

 

だって、まわりの人は「無理しないように」とか「それは大変ね」としか・・言えないですものね。

 

もちろん、無理をしろと言ってるわけではないんです。
身体の痛みもつらさも・・本人にしかわからないことだし。

でもね・・でも・・ちょっとでも前向きに・・病気と上手く付き合って・・今を大事にして欲しい。
自分を大事にしてしまうばかりでは・・今はすぐに消えてなくなってしまうんですもの。

父の場合・・です。

 

具合が悪い時に、元気を出せとは言いません。

そういう時は・・身体を横にするとか・・薬を飲んでユックリしてて欲しいです。

 

病気じゃない私が・・わかったようなことを言うことは出来ないけれど・・。

でも・・でも・・・。

 

私は、やっぱり父に対して・・厳しいのかもしれません。

でも、父にも今を少しでいいから・・楽しんで欲しい。

 

それは・・私のエゴなのかなぁ・・。

 

父に関しては・・肉体と、心と・・いろいろありすぎて・・もしかしたら、母よりも書ききれないくらい。

苦労を沢山してきた人だから、ホントは誰よりも優しくて、強い人だから。

 

さっきまで・・ホントはまだチョッと怒ってました。
他にも沢山・・実は父に対してあったんです。

でも・・コメントを読ませて頂いて・・これを書いてたら、まぁ~~いいかぁ。って。

 

次回は・・父の様子を見て・・大丈夫になったら出かけちゃいましょう。

今回は、とっとと旦那は一人で行っちゃったけど・・待っててもらうことにします。


折角、一人で生きないで済んでるんだから・・力を合わせて生きなきゃね。

 

ってことで・・とり急ぎ・・みなさまに感謝を込めて

 

 

 

と・・コメントにお返事を書かせてもらう前に、記事をUPした理由は・・・ホントはこれです。

 

「正当なカレーライスに添えられるラッキョの数には決まりがあります。

はて、いくつでしょうか?」

 オヤジな私さん(ポチッとしてね!)が、残してくださったコメントです。

          さぁ~~~て、何が答えでしょう?ちっともわかりません



        答え・・わかります?

                            大々的な・・カンニング~~~ですかね・・・ハハハ 

 

 

私・・は、これから・・長女とラーメン食べに行きながら、考えて来ますぅ。

父にはもちろん、豪華昼ごはん(コンビニのサンドイッチ~~と、お手製茶碗蒸し)を用意しておきましたよん。
母は、昨日無事にショートから帰ってきて・・健気に今日は通所リハビリへ行ってくれてます。偉い

なので~私は、明日から修学旅行で沖縄に行っちゃう長女の・・壮行会をしてきます。
                                              な~~~んてね

コメント (10)

秋の朝に。

2008年10月13日 | 携帯電話

朝から・・秋晴れの、良い天気です。
今頃・・ホントなら、旦那と二人で甲府に向かう車の中にいたはずなんだけどなぁ~~~~

 

残念ながら・・行けませんでした

父が・・具合悪いんだそうです。
私が出かけるって言うと・・こうなっちゃうのは・・何故に。


今回は、大丈夫そうだって思ってたんですが

「出かけないほうがいい?」って聞いても・・返事しないし。

「家にいるから」って言ったら「悪いなぁ~」って。


結局・・旦那一人でバイクで出かけちゃいました


なんかもう・・お天気いいし、夕飯の支度も洗濯も、掃除までしちゃって・・出かける準備するとこだったのになぁ。
やることはあるんだけど、何もしたくなくなっちゃいました~~。パソコンしてるけど~。


もう・・ただ、やっぱりがっくりです。

父は、あちこち調子が悪いと言いながら、血圧ばかり計って・・不整脈も出てるみたいですが・・朝ご飯も食べず、薬も飲まずにいました。
で、なるべく優しく・・でも・・ないかなぁ~・・とにかく少しでも食べて、薬を飲むように言いました。
もう・・私にはよくわからないんです。
あれこれ考えて、益々具合を悪くしているようにしか思えないし・・悪く言うと、病気を探しているような・・。
でも・・本当に調子が悪いのかもしれないし・・。


仕方ないけど・・私は医者でも看護士でもないし・・。
困ったなぁ~~。の・・今です。
こういうときに限って、祝日だったりしるわけで。

でも、救急車を呼ぶほどでもないと言うし・・・。

うぅ~~~~ん・・。

ヘルパーさんにも、キャンセルの電話を入れました。
来てもらっても・・何もしてもらいようがないし。

薬を飲み終えたようなので、ベットで横になっててもらうしかないかなぁ。

明日になれば、訪問看護士さんも来る日だし。

 

それから、明日は母が帰ってくるのですぅ。

 

とりあえず・・・そんなわけで、ドヨドヨの私・・・誰か~~笑わせて~~~~。

 



「楽しい話、大募集中・・」

 

                             私の方が・・・・だ。

コメント (22)

秋の夜に。

2008年10月12日 | 携帯電話

今日は、母ショートの二日目です。

今朝、母から父への電話では、わりと落ち着いていたようで・・チョッと安心しました

今・・何が心配かと言うと・・。
母がとっても好きだった介護士さんが、先月一杯で辞めてしまったことと・・夜中のトイレです。

その辞めてしまった介護士さんのウッカリで・・以前、骨折してしまった母でもあったのですが・・母にとっては優しくて、話をよく聞いてくれる大好きな介護士さんだったのでした。
その介護士さんのウッカリも、母にとっては「アノ人がそんなことするわけないから、別の人よ」って言うくらい、大きな存在の方でした。

ここのところ、介護士さんの面子も変わっています。
季節外れの移動・・新しい方も増えたようです。
特養とショートスティとディサービス、それからケアマネのいる居宅支援事務所のある施設に・・訪問看護事業も増えて、看護士さんの免許のある介護士さんが、移動されたようです。

別のショートが閉鎖になって、今月からは特に利用者さんが増えているショートです。
日々、限度人数一杯でも・・夜中の介護士さんは一人。変わりないんです
そんな中・・
夜中のトイレ、母が言うには・・ナカナカ連れていってもらえずに、我慢している・・って。
そしてそれが、ショートに行きたくない大きな理由と、一番の不安の種になっているようです

どうしても・・リハパン+パッドに出来なくなってしまってる母です。
してくれてたこともあったんですが、そう・・横漏れ対策に頭を悩ませてたこともあったんですけどね・・。
最近は、どうしても出来ないようで・・夜中のPトイレ介助も、二時間~三時間毎になっています

家ではそれでも仕方ないんですけれど(ホントは辛い~~って、母に文句を言っちゃう私ですが)ショート先で・・どしてるんだか・・。
聞いても「パッドにしてますよ」って施設の方はおっしゃるし・・確かめに行けるはずもなく、それを信じて・・お任せしている私です。

中には、私よりずっと華奢な介護士さんもいるようですし・・安定剤+眠剤でクニャクニャになってる母を、一人でPトイレに移乗するには心配もあるようです。
それゆえ・・やっぱりパッドにするのがベストだってことは、私もよくわかっていて・・母になんとかしてもらおうとアレコレ頑張ってもらってるんですが・・

そうなんですよね。
寝たままするって・・ナカナカ難しいことです。
私も・・やってみようとしましたが・・出来るものではないんです

くしゃみでも出れば・・出ちゃうかもしれないとか・・こよりでも・・持って行く?とか・・
なんとか出てると良いのだけどなぁ~と思いつつ・・何か良い方法・・ないでしょかねぇ

見当識障害が強くなっている母は、夜中は特に「どこにいるのかわからない時がある」と・・。
トイレに行きたいと、ナースコールを押しても・・部屋に来るのは私じゃなくて・・。
私や父を大きな声で呼ぶんだそうです。
そうすると・・やってきた介護士さんに「ここは家じゃないわよ」と言われて。
でも「その意味がわからなくなる時がある」母なんだそうです。

母は、案外と・・わからないことを・・憶えているようです。
そう・・冷静に、わからなくなってきてる・・って、自分を見ている母なんです。

私にしたら、それくらいシッカリしてれば大丈夫!って・・思ったりもするんですが。
本当は・・どうなのか・・よくわかりません。

でも・・何がどうであれ・・何であれ・・きっとこのままの生活が続いていくんだろうなぁ~と思います。
続くといいなぁ~ってしみじみとつくづくと・・想う秋の夜。

 

で、私。

このところ・・またまた引き篭もりぎみです
あ、父でなくて私です。

主婦や母としての外出はしますが・・自分としての外出はしてないぞ!



次女は先日、来年の修学旅行の為に「羽田集合」の「横浜遠足」で出かけました。
わざわざ、集合時間に間に合うかの確認の為に・・一年前に予行練習なんですよぉ

         お土産の「金メダル肉まん」

「ちょっと並んで買ったんだよ~~」って言うだけあって、これが美味しくて~ホントに金メダルでした~




長女は来週「沖縄」へ「修学旅行」です。

 バックに・・入らないって・・必死な長女。

最近の修学旅行・・生意気にもキャリーバックで行く子が多いそうです
中学の時も・・チラホラいましたが・・来年の次女のことも考えて、安いキャリーバック・・買ってあげてしまいました(広告の品につき片手しませんでしたぁ

沖縄へ三泊。いいですよねぇ~~~~。
荷物は前日に学校へ運んで・・まとめて送っちゃいます。帰りも・・宅配で届くそうですよぉ。
ホテルは三人部屋の洋室。プライベートビーチもあるそうですよぉ~~

私の時は・・なんと行き先は「飛騨高山」の「乗鞍岳登山」で・・もちろん重い荷物を持って。
おまけに・・クラス毎の民宿泊まりで・・大部屋の雑魚寝。
ま、それなりに・・いえ~~と~~~っても楽しかったですけどね

 

私も・・ちょっと出かけたいな~~



 

今、明日の夕食の為の「おでん」の下ごしらえを完了!
(大根と卵を下茹でして・・それを今度は昆布とこんにゃくを入れて煮てあるシャトルシェフの中に投入!
あとは・・明日の朝に具を大ナベで煮て、シャトルシェフの具を投入します)

洗濯も・・部屋干し完了!

 

ってことで・・明日は旦那と出かける予定です

私にとっては、全然おもしろくもおかしくもない目的地なんですが~~~

「一緒に行くか?」って旦那の言葉に「まぁ~行ってあげてもいいか・・」ってな感じで

バイクの後ろには、まだ乗せてもらえません。
免許をとってから、一年間はタンデム禁止だそうです(実は・・乗れる日を楽しみにしてたりしてぇ)
ま、仕方ありませんから・・マイカーでレッツラゴー

次女は「そんなとこ行かない」とバッサリ。
昼ご飯は、適当にするそうです。

父は、ヘルパーさんが来てくれる日なので、お弁当を買ってきてもらうって言ってくれました
いつもなら、出かける時は父の昼ご飯の準備はして行くのですが・・今回はヘルパーさんに頼んでもらうことにしました。
なんとなく・・娘が同居しているのに・・って自分自身でも思っていた私なのですが・・ちょっと割り切ってみようと思います。
そうすることで・・また少し、介護生活が楽しくなるかもしれないですものね

明後日には帰って来る母を、元気で待ってる為にも。
父と、大喧嘩をして自己嫌悪にならないで済むようにする為にも。

私は元気で、目一杯の息抜きをすることが・・大事かなぁ~~~ナンテ想う秋の夜でしたぁ

コメント (2)

お散歩。

2008年10月08日 | 母の話

  この季節、日々草かな・・やっぱり。
 そうで~~す。我が家の新顔です!
         雨に打たれて・・花がボロボロになっちゃいましたぁ
  
去年のこぼれ種かな?何故ココに?

 

 

10月になって、めっきり涼しくなりましたね。
風邪・・ひいてませんでしょか?
家では、旦那が鼻水たらしています。
大体、家族中で一番に風邪をひくのが旦那です。やっぱり、外で働いているからですね。
私は変わらず元気ですが、ちょっと血圧が夕方になると下がり始めます。
今日、母の訪問看護士さんに血圧を測ってもらいました。100・60で、ちょっと低血圧ぎみです。

「動くしかないわねぇ~~」って、苦笑いで言われちゃいました。
これ以上・・まだ動かなきゃいけないのぉ?!ですが、低血圧には薬がないから・・動くしかないそうです。
結構・・動いているんですけどねぇ~家事労働は、やっぱり運動とは違うってことでしょうかね

運動・・と言っても、なかなか機会がありません。
せいぜい・・お散歩?

今日も母とお散歩、してきました。
お昼ご飯の前に、仏様のお花と・・おやつを買いに。
父も誘ってみましたが、全然ダメ。
「やることが沢山あって、それどころじゃない!」だってぇ

おもわず「そんなの言い訳!」とか・・言っちゃいました。
ここのところ、ディサービスも全然行かないし・・病院へ行く以外は、外へ出ませ~ん。
確かに、足の浮腫みも強いし・・腰も痛いらしいし・・心臓の動きも良いわけではないようです。
でも、浮腫みは低血圧と同じように、動かなきゃ治りません。
父は・・身体を大事にし過ぎて、何か違う。
どんなに心配して言ってることでも「俺の痛みはわからない」って終わってしまいます。
挙句の果てが・・大喧嘩

ケアマネさんも、訪問看護士さんも・・ちょっとばかり・・困っているようです。
ディに行けば・・それなり帰ってくれば、楽しそうにしてるんだけどなぁ
冬は寒いから・・夏は暑いから・・でも、春も・・秋もこんな感じです

ディに行っても良くならない」

そりゃそうです。
父は・・良くなりたいんですね。
良くなりたいから、無理はしたくないんです。
それはわかります。でも・・残念ながら、心臓も、腰も・・大事にしたからといって、良くなることはあまり望めません。
だからこそ、これ以上悪くならないためにも・・ある程度の運動と、人との関わりが大事なことなんだって・・みんなが口をそろえて言ってるのに

そのくせ・・母には「久美子が大変だから・・可哀想だから・・」みたいなことばかり言ってる父です。
まるで・・私だけの為に、母が外へ出なきゃいけない・・みたいな言い方。
それでもまた・・大喧嘩に

内心、父もディに行ってくれたら・・私はもっと楽になるのになぁ~~~って思ってる私。

父に関しては・・ホントにドンドン出てきます。
でも、今日のところはやめときます

で・・母との散歩、いつものお花屋さんで、菊の花を買って・・その近くの和菓子屋さんで母が食べたいと買ったのが、この「不思議な和菓子」です。

 さぁ~~何に見えますか?



                                      なんと「菊」だそうです。
                                       お皿の模様・・の菊。ピンクですが・・。

これを作った和菓子職人さんは、おそらく・・父よりも年上だと思います。
若く見積もっても・・70代後半・・。
もう長いこと、和菓子屋さんを営んでいらっしゃるようです。
木枠のショーケースの中は、不揃い(失礼)のお団子やおまんじゅうが並んでいます。
だけど・・皆、知ってるんですよぉ。

味は抜群なんですよ~~。

この一見、片パイのような「菊」と名前の付けられた和菓子。
中身は美味しい栗餡で、外側もとっても美味しいスアマです。
ちょっとピンクの食紅が強過ぎな気もしますが~~見た目重視のお高いお菓子より、これはこれで好きだったりもします。

家の近くの商店街、ホントに数メートルしかないような・・小さなお店がチョコッとだけ並んでいる通りなんですが、きっと昔は賑わったんだろうなぁと思います。
つい最近、駄菓子屋さんも閉店になってしまいました。
コロッケ屋さんは、店を改装すると言っていたのに、ちっとも工事が始まりません。

段々、錆びれていっちゃうのかなぁ。
お店のご主人達、せめて元気で暮らして欲しいものです

なんてことを話しながら、家の前に到着。

母が突然「杖を持って来て」と。

「せめてココから歩くから、杖があれば大丈夫だから

いくらイロイロ言っても聞きません。

仕方ないから・・私道の真ん中に車椅子を持って行って・・そこで母を立たせてみました。


もちろんしっかりと、母の右手を私の首に巻きつかせて、私は母を抱きしめつつ・・。
「杖の代わりをするから、歩いてみて~」って。

時々母は、自分が歩けないことを忘れてしまいます。
なので・・酷かもしれないけど、やらせてみるしかありません。
じゃないと・・納得してくれないし怒るわ泣くわ

当然、歩けません。


混乱気味の母の顔。

「しっかり立ててるね~~」って、話を変えてみました。

私の首に巻きついている手の力を弱めて、しっかり右足一本で立ててます。
私道とはいえ、道の真ん中で・・多分知らない人が見たら抱き合ってるみたいな感じ。

母は、私と同じくらいの身長があったはず・・でした。
だけど・・なんでなんだろ・・私よりずっと小さくなっています。

しばらく道で立っている母に「疲れたらやめる?」って聞きました。
母は、なんだかちょっと嬉しそうに「道路に立つなんて、なんだか久々だわ~~」って。

折りしも、あじさいの葉にオンブバッタ発見 なんだか・・向きは違うけど・・似てるかも。

 

三時過ぎに来た訪問看護士さんにも、道で立ったことがとっても嬉しかったと話していました。

なんだか・・私が思っていた以上に、母は嬉しかったんでしょうね。良かった~。

装具が出来上がったら、今度はそれを持って・・また違うところで立たせてあげようと思います

 

そう装具

見積りに、行ってきました。
二年半振りに、大学病院のリハビリ室へ。

母は全く憶えていませんでした。
お世話になった療法士さん達が、声をかけて下さっても首をかしげるばかりでした。
「いいのよ~~辛いことは憶えてなくていいのよ。元気になったんだから、それで十分
そう言ってくださいました。

装具屋さんも、意見書を書いてくださる脳神経内科の医師も、とっても良くしてくださいました。
一週間たって、今日早々に書類が送られてきましたよ

大学病院なのに(失礼)早いです。
ホント、有難いことです。

いよいよ役所の・・福祉課の担当者さんの出番です。
ちゃんと捕まるか、それが問題ですぅ~~。



 さて・・最後に、このようなものが、届きました。
そ!にんべんの「だしの素」で、ご当選おめでとうございます。ですってぇ

おめでたいことは、嬉しいです。
実は・・懸賞応募、好きなんです。
久々に応募してみたら、みごと当選

次は・・リポDのBSテレビが・・当たって欲し~~~。ね!

コメント (17)

バースディ。

2008年10月01日 | 家族のお話。

今日は旦那の誕生日です。

今日から一ヵ月半は、私と同じ歳です。

金の草鞋を履いて嫁になってあげたんですが・・金もメッキが少々・・いえ、かなり剥げてしまったこの頃の私です。
今月末には、共に暮らして20年目を迎えるのですから・・仕方ないですよねぇ~。

日々バタバタと過ごしつつ・・母がショート中はダラケまくり・・ひたすらネブタちゃんの私。
髪もボサボサで、普段は化粧もしなくなったし、体形もポニョになっている私を・・見捨てずにいてくれてありがとう。

あまり大きな喧嘩もせず・・無事に二十年を数えることが出来るのも・・多分・・私のおかげ!
なんて・・思ってられるのも、旦那の懐の深さかな。

気が付けば・・旦那の両親よりも、一緒に暮らす時間が長くなったことが・・なんとなく嬉しい私です。

まだまだ宇宙人に変身する娘達と、重くなった私の為に・・しっかりと働いてもらわなきゃいけません。
時々邪魔にもされてしまうだろうけど・・来年も、その先も、一緒に誕生日を迎えられるように、バイクの事故だけは・・嫌ですよ。

何かと「B型だから~」って言っちゃう私だけど、満更B型が嫌いなわけじゃありません。
内心はいつだって、頼りにしているのですから。


私が高校生の娘達を見て「私も高校時代に戻りたいわ~」って言った時「俺は今が一番いいな」と言った旦那。

別に、私や娘達と共に生きてることが・・じゃなくて、ちょっとは自由に時間とお金を使える今だから・・って言ってた旦那だけど・・実はとっても嬉しかった。

これからも・・そう思える人生であることを祈りつつ・・。
(チョッとは協力もいたします。)

多分・・今日も忙しく終わってしまうとは思いますが・・旦那様、お誕生日おめでとう

 

                              金魚さん、まねっこしちゃいました!ごめんなさ~い。

コメント (28)