頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サイバーナイフ開始

2019年02月14日 | 髄膜腫
2月12日

私の頭の中にある腫瘍、髄膜腫の治療、サイバーナイフが始まった。


写真お借りしました。



無事、この日を迎えられた事に、感謝。

さぁ〜8年来の髄膜腫、どうなる?

多くは望まない。
どうかこれ以上、大きくならないで。
これ以上、症状が悪化したり、新しい障害が出現しないで。

今の生活を維持出来れば、それで良い。

多少の事なら、我慢出来るから、、、

とも思ったけど、、、


もう、これ以上の事が出来ないわけだし、ここに行き着く事が出来た奇跡。

更なる奇跡を祈って、頑張ろ。




1日目は、久々の、緊張。
家を出た時から、病院に着くまで、足がフラフラするくらいの緊張だった。

何度もMRIやCTはやってるけど、サイバーナイフって?!
もちろん、痛くも痒くも無いって事くらいは調べたけど、、、初めての医療機器って、やっぱり怖い。
副作用云々では無く、単純に怖かった。


案の定、放射線治療室に入り、受付で熱と血圧を測ったら、血圧も脈拍も高かった。
本当に、私は肝っ玉が小さい、、、

音楽を流してくださるって書いてあったので、CDを持参したのだけど、技師さんに忘れられた、、、

でも、隣の部屋からか、ずっとビートルズのLove me doが流れていたので、気は紛れた。
何故かその曲だけが、30分くらいながれてた。
隣の患者さん、よっぽど好きな曲なのかなぁ?


マスクが結構しっかり被さっていて、当然ながら首も頭も動かない。
少しくらい動いても、機械が腫瘍を追いかけて来るらしいのだけど、緊張で身体はガチガチだった。

マスクの目の部分を開けてもらわなかったので、機械がどう動いているかは分からない。
望めば、マスクの目の部分を開けてくださるらしいのだけど、余計な物を見て怖くなるのが嫌だったから、塞いだままでお願いした。

すべり症の手術をしており、チタンの違和感が腰にあるから、硬いベッドの上で足を伸ばしているのが辛い。
と、技師さんに伝えたら、ちゃんと膝の下に三角の枕を置いてくださった。

手に、もしもの時のブザーを持たせてくれる。
マスクで口が開けないのと、機械音で私の声が聞こえないとかで、もしも何か伝えたいことがあった場合、具合が悪くなった時とかに押すように言われた。

時間としては、30分弱かなぁ。
長いような短いような、、、


寝ている私の上で、機械が動き回っているような気配はする。
時々、パッと青い光が瞼の外に広がる。
ずっと機械音が鳴り響く。
MRIに比べたら、小さいかなぁ。

思ったより、落ち着いて寝ていられる。

写真、お借りしました。
私ではありません。


終了5分前に、技師さんが声を掛けてくださった。

サイバーナイフ、1回目無事終了。

宮崎先生の診察を受けて、画像を見せて貰った。



私😁

青い線が、サイバーナイフを照射している場所らしい。


痛くも痒くも無いけれども、緊張が半端なかった。

それでも、我が家の最寄駅より何でもある大きな駅なので、物珍しくて歩き回ってしまった。
帰宅して、夕飯と翌日の旦那のお弁当を作ったけれど、、、買ってきたものがほとんど。
旦那は何にも言わず、黙って食べてた。
暫くは、我慢してねー。
てか、、、買ってきたものの方が、美味しかったりしてね〜〜

特に変わった事はないけれど、ダルいような感じ。
頭鳴りも激しかった。

でも多分、、、緊張の後に、歩き回ったりしたからかなぁ。

今週は、あと3回。




頑張ります。
コメント   この記事についてブログを書く
« サイバーナイフ術前検査 | トップ | サイバーナイフ前半終了(1〜3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

髄膜腫」カテゴリの最新記事