頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議な木と気。

2007年07月28日 | 福祉・手続きのお話。

さて、この葉っぱ・・植物はナンでしょう

 どなたか知っていますか?        ・・この植物の行く末は?

見る人・・皆、言う事が違います。
「そのうち黄色い花が咲くわよ!」とか「ただの雑草よ!」とか・・。

私としては、ただ葉っぱの色があまりにも黄緑で綺麗だったのと、形が可愛かったってことで・・小鉢に植え替えてみただけだったんですが・・。
少しづつ背が伸びて、真っ直ぐに天を指す綺麗な葉っぱ花が咲くような予感・・してたんだけどな。




あの頃の画像を撮っておかなかったことに後悔です。ホント、可愛らしい三枚葉っぱの木だったんですぅ。
7月初めは、こんな小さな木だったんですぜ!

そう・・家の庭の片隅に見つけた頃は、もっと小さくて・・・。

それが・・・今やこうなっちまいましたぁ

          モサモサに

鉢も、少し大きめのものに植え替えました。支柱も立ててみましたがぁ~倒れそう。
日毎、上の方から新しい茎が伸び始め・・て・・重くなってダラーンとしちゃいましたぁ。
いったい・・この不思議な木はナンでしょう・・??

 

夜は・・・こんな姿に変身なのです。ちょっと怖い。

暗くなると、葉っぱが閉じて一本の棒状になるんですぅ。

変な木。不思議ぃ。「あなたは、だ~れ?」

三つ葉のあなたは誰でしょう~


 

母は又、今日からショートに行きました。

最近、母がショートに行かないと・・ブログの更新が出来なくなってきました
それなりに・・書きたい事は一杯なのですが。

 

 



今回は、母が骨折してから始めての「三泊四日」です。

とりあえず・・納得して行ってくれたと思います

でも・・恐らく、本当のところはわかってないとは思います(笑うところでは、ないですが)

 

 

明日は、娘二人が年に一度の「吹奏楽コンクール」の「地区大会」なのです年に一度の私のお楽しみ。

中学生の部は午前中。高校生の部は午後。
なので、一日仕事です。

加えて・・中学生の娘の出場順が二番目。
ナント!朝の六時から中学の体育館で練習をして・・それから電車に乗って会場に向うんですって。
短いながらも、サックスのソロがあるそうです。

ゆえに・・私も朝は5時前起き。
何故なら・・お弁当持ちだから父の朝、昼ご飯も用意しての外出ですぅ。

姉の出番は夕方過ぎの、最後の方だそうです。

おそらく、帰りは夜になっていることでしょう。

夜の七時半には、中学生の娘を、学校に迎えに行くこともしなきゃいけません・・。

せっかく母がお泊りなのに、睡眠時間が確保出来そうもなくて・・で、母には頑張ってもう一日お泊りをしてもらうことにした私でした。

たまには・・いいよねぇ

 

母はといえば、何日か前は、いつものことながらショートは嫌だってゴネてました。
昨日は・・諦めたのか、理由を何度も繰り返して言ったからか・・納得してくれたような気がします。

なので今日は・・昔の母の顔で、ワゴンに乗って出かけました。
にこやかに、手まで振ってくれました。

母の気持ちや精神状態が不穏な時は、母の顔が違うんです。
険しく、そして・・とても不安気な顔になります。

何を言っても聞いてくれない、悪態を・・悲しみをぶちまける母になります。
そういう時は、もう・・私自身が壊れそうになります。

だけど、しっかりとクリアな時の母は・・心なしか若くなります。
昔の母の顔に戻るのです。

不思議と・・本当に不思議とそうなんです。

顔つきが違う。

実は・・そうなると、私の心は痛みます。
母が不憫で・・哀しい。

 

 

なんて、わがままな不思議な気持ち。

 

嫌だけど我慢して行ってくれた母の為にも・・しっかりリフレッシュしなきゃですね

 

 

そして先週は・・父の新しいケアマネさんとの対面も終了しました。

私と同世代カナァ・・の女性でした。

電話でこっそり、父の性格や・・現状をお話ししました。
加えて・・私の気持ちも。

「たまには・・何もかも忘れて、楽しい事を探してください。介護だけしていては、大変ですよ」

「いいんですよ。あなたた楽しんでも」

そう言って下さいました。

ほんの少し、気持ちが楽になりました。

 

何故なら・・夏休み、両親をショートに預けて・・一泊旅行を予定している私なんです。

私と旦那と、娘二人。

お盆に一泊、長野まで行って参りますぅ~。

旦那が、鳥取に帰えれそうもないことをわかってくれている上に、私がせめて一泊くらいでどこかに行きたいナァって言ったこと・・実行に移して、ネットでホテルの予約をしてくれました。

食いしん坊の私の為に、朝食がバイキング式の・・ホテルです
特別に、一泊だけど・・ちょっとだけ贅沢なホテルです。

それを・・いよいよ実行にうつせそうです。

皆が、行っていいって行ってくれましたから。

変だけど・・やっぱり、ちょっとだけ・・罪悪感もあったりする・・小心者の私でした
仕方ないよなぁ~こういう性分だし。

 

そうそう・・大事なこと。

今日は次女の誕生日です。

15歳

ケーキはいらないから「ミカンのゼリー」が食べたいと言う、つまらん娘です。

御馳走は・・質より量の、オージービーフの「焼肉(鉄板焼)」でしたぁ。楽ちーん

明日のコンクールの為に、今日は9時にベットへ

一学期の成績表をもらった日に「お母さん、明日から○○セミナールの夏期講習なんだって、それに行きたいんだけど、申し込んでいい?」と言い出した娘。

「今の塾より高いけど、遠いけど・・ヤバイから・・」

そう・・次女は花の受験生
ヤバイと言われれば・・確かに、これでは前期の試験なしの県立合格はヤバイかもぉ。

おかげで・・毎日9時半にはチャリで迎えに走る私です

生意気になって、反抗期で、思春期で・・怒ってばっかり、全然可愛いくなくなった次女ですが・・・。

お母さんの娘に生まれてくれて、元気でいてくれてありがとう
(ここだけの言葉です。娘に言ったら、キモイ・・もしくわウザイ~とか、言いそうな奴ですからぁ)

頑張って、一生懸命に過して欲しいです。

面倒くさい・・が、口癖の今でも・・

 

あ、ヤバイ・・ソロソロ私も寝なくては・・。

その前に、長女のYシャツにアイロン・・かけなきゃですぅ 

コメント (18)

白い花。

2007年07月18日 | 福祉・手続きのお話。


雨の中、ホワイトプリンセスが咲きました。
金木犀科ということで、いい香りがしますぅ。

 

  
今年は、ゼラニュームの白を二株買ってきました。
一色づつ、増やしていこうカナァ。でも・・そうすると、いよいよジャングルだかもです。

右側、小さいこの花、名前はわかりましぇ~ん。去年、咲き終わりの株を花屋さんでもらっちゃいました。
それがドンドン大きくなって、こーんなに花が咲きました。私のお気に入りです。

  

今日から母はショートです。

嫌がってたけど・・お迎えが相談員のKさんだったので、安心したようにワゴンに乗り込んで(・・って、車椅子で連れて行かれちゃったって感じだと思いますが)二泊しに行ってくれました。

今回は、指折り・・ショート待ってしまいましたぁ。ゆっくり眠れる夜を、待ってしまいました
一週間ほぼ毎日、夜中のトイレ介助・・二時間~三時間毎はキツかったぁ
おまけに、ほぼ毎日夜中に・・母の身グルミ、寝装具一式・・ハガシテ、戻して・・洗濯の山にツブサレチャウカト思いました。
一人でエッサホイサとやってると、今度は眠れなくなっちゃうんですねぇ。
眠いのに、寝れない。もしくは・・寝ちゃったら、起きれなくなるだろう時間だったり。


主治医の言う「レンドルミン」の最大利点「目覚めが良い」イコール「リハビリが出来る」っていうことを考えると、やっぱり仕方ないようです。

私も、適当に・・細切れでも昼夜構わず、寝ることにします。家族公認の居眠り(熟睡ですが)です

母を送り出した後、即行で買い物だけすまして・・さぁ~昼ご飯して、寝なくっちゃです。
父の昼食をお盆に乗せて、一階へ持参。
「今から寝るから、好きなときに食べてね」って。

 

父の昼ご飯は、母のいないときは大概パンです。菓子パンだったり、サンドイッチだったり。

今日は、アンパンが食べたいとリクエストあったので、それに○マザキのランチパックの「タマゴサンド」と、冷凍のグラタンとコーンスープ、生野菜。凄い手抜きです。

父も、母のいない時には、目一杯・・好きなように過しています。
以前は昼は居間に上ってきたのですが、足が痛くて階段が辛いってことで、別々に食べるようになりました。
何しろ、足が浮腫んで・・細い血管はちょっと打っただけで内出血してしまいます。
薬の副作用のようです。ワーファリン、怖いですねぇ。でも、血栓を作らないためには、父には必要な量だと主治医が言ってるようなので、仕方ないそうですなんとか・・ならないもんかなぁ。


私が下に降りて行けば良いのだけど・・基本的に、昼ご飯は「ながら食べ」
ゆえに・・貴重な(ダラダラな)時間なので、お互い好きに過しています。

私の今日のランチタイムは「○ン兵衛」を食べつつ・・漫画を読んでおりました
・・・嘘です。
たっぷりイチゴジャムのパンと、一人でこっそりアイスも食べました。滅多に買えないトッテオキ これ一個三百円以上します。でも、美味いのぉ

それから、携帯テトリスをしながら眠りを誘い(何も考えずゲームしてると眠くなるのでーす)
ウトウト~としたところで・・外から階段を上ってくる音

そうでした・・今日から、次女は短縮授業。

お弁当を作らないで良い代わりに、昼ご飯がいるのです。


そして・・バタバタと昼ご飯を食べて・・再度部活に行くのでした・・。

姉の方は、まだ・・お弁当持って(今日は買い弁してもらいましたぁ)
夏休み前、そして夏休みは・・私の至福の時間が奪われちゃイますぅ。ウ・・・。

 

先週は、イロイロありました。

まづ、障害者支援費がやっと使用可能許可がおりました。
手帳・・届きました。

一応、母が家にいる日の朝の部分のヘルパーさんの費用(八時から十時)が、介護保険外といして支援費から出していただけることになりました。自費は上限5千円です。ありがたいことです。
昼の一時間については、今まで通りの介護保険で。

結局、昼の部分は認められないと・・ケアマネさんと役所の担当の方とで決めたとういうことですね
介護保険、オーバーする月は(三十一日ある月等)昼のヘルパーさんは、利用時間を減らす事で・・なんとかやっていこうと思います。まぁ~・・ね、なんとかなるでしょう

それにしても・・ホントに申請から契約まで時間のかかったものでした。

地区担当が、全然わかってない書類の流れ・・ビックリしてしまいました。

要するに、使われてない・・イコール・・よっぽどでなければ許可されない仕組みになってるようです。

思うところはイロイロありますが、とにかく許可してもらえたのでホッとしています。
一ヶ月毎に検討し、一応の期限は三年ですが・・今のサービスの有効期限は一年だそうです。

母の介護度が上れば(要介護5以外になったら)その時点で使用許可は難しいとも言われました。
実際、母自体の体調は・・良くなっていると思います。

たとえそれゆえ家族が大変になったとしても・・関係ないんですねぇ。
とっても複雑な気分です。

 

そして、父の介護保険の認定結果も出ました。

要支援2です。

前回より、一つ悪くなりました。
実際、父の調子は良くないです。
それでも、歩けているので・・こんなもんだそうです。

父は、調子が悪いから・・ディも休み気味。夜中のトイレ介助も、起こせません。

介護度が上がった所で、介護保険で何か・・ってこともないわけです。

そして、ケアマネさんが父から外れる事になりました。

要支援者は、地域包括支援センターというところで一括して「予防介護」のプランをたててくれるそうで・・それでも今までは、母のケアマネさんが委託ということで担当して下さっていました。

「久美子さんの家庭の事情等を、地域の担当者さんにもっと知ってもらうべきだと思うので」

それが、ケアマネさんの真意だそうです。
確かに、それも良いかもしれません。

私としては・・また一人、会う時間が増えることが・・。
もしかしたら、父にとって・・何かありがたいサービスを提示してくれるか・・な。
まぁ~・・そう決められてしまったのなら、従うしかありません。

今度父の担当になる方と、母の担当であるケアマネさん・・比べてみるのも良いかもぉ~というくらいの気持ちでいようと思います。

 



新潟では、また地震が・・。


私の両親は新潟出身者です。
沢山の親戚や、両親の兄弟姉妹が住んでいる場所です。

前回の震災に比べて、多少被害は少なかった地区ではありましたが、親戚によっては家の中が滅茶苦茶になってしまったようでした。
一人の伯母は、畑仕事をしている真っ最中で、立っていることが出来なかったと言っていました。

もし・・今、私の住んでいる場所に、大きな地震が起こったら・・。

考えると不安のみ、心配のみですが・・考えておかなくてはいけないことだと思います。

命を落としてしまわれた方の御冥福をお祈りいたします。
一日も早い復興を、笑顔を取り戻せる日々が少しでも早くやってきますように。

そして今、ショートでおそらく眠っている母が何事もなく元気で帰ってきますように

    

今日は、家にある白い花を載せてみましたぁ~。清楚で、美しいと思う色です(私の辞書にはない・・
 

コメント (30)

西瓜。

2007年07月11日 | 福祉・手続きのお話。

今年も旦那の実家から、西瓜がやって来ました。

今年、二度目です。
毎年、二回に分けて・・四個こーんなデッカイのを送ってくれます。
大きさ比べに携帯乗っけてみましたが、う~・・ん、わかるかなぁ。

そして・・このデッカイ西瓜が、いろんなものに変身します

 変~身 
メロン・・二つ、一個はとる前に家族の腹の中へ       佐藤錦でござりまするるぅ。ホボ私が

他にも、ジャガイモだとかキューリだとか、パンの山だとか・・頂いちゃいました。

このお花(名前・・聞いたけど、忘れちゃったぁ)も頂きマシたぁ。近所のオバサンからです。
最初紫の花が咲いて、次に白の花に変わって・・不思議な花です。
綺麗ですね~って言ったら・・一鉢持って来てくれました。ねだったわけではありませーん



切った西瓜もデカイので、冷蔵庫には入りきりません。
ので・・とりあえずカットしたら、お裾分けに走ります

ブログ友が近くにいたら・・と、思いますです。
甘くて、美味ですよぉ。天下一品の義両親、義兄夫婦の傑作です毎年一生懸命働いて、送ってくださいます。ホントにありがとうございます。

こんな嫁で・・ごめんなさーい。

西瓜は血圧を下げる働きがあるそうなのですよん

が、しっかし・・水分、糖分は要注意なのです。

 

母の大好物これが昨日は主人公

食べさせすぎちゃったかぁ~・・。

昨日の母のトイレの回数は半端なもんじゃありませんでした

・・・昨晩は、殆ど寝れてない気がする私です

 

夜中・・全身ずぶ濡れ状態になってた母・・何度も私を起こしては可哀想と、ちょっと我慢をしてくれたのか、久々にリハパンにしてくれたのは良いけれど

梅雨空の・・こんな日に限って、防水シートもデカバスタオルも・・パジャマも、枕もビッショリ
それが夜中の3時前。

最初は「可哀想にね・・気持ち悪かったねえ~」って、私も優しい娘さん。

が、しっかし・・。

母ったら、夜中なのに・・明日(今日だけど)は朝が早いのに(娘が早く出てくから)・・身体を熱いタオルで拭いてと言い始めて

思わず「冗談でしょ・・今、夜中だよ」って、私はムカってなっちゃた。

それも、全部取り替えた直後に。

仕方ないから、ザットお湯で拭いてあげたけど・・それなのに、それなのに・・

「濡れてるから、拭いて

「だから、拭いて綺麗になったってば

その後も・・何度もコールボタン押してくれて、結局五時半まで。

寝れなかった

眠いと言うより、ダルイ。

 

「どうして寝ないのぉ寝ないと明日(今日だけど)リハビリ出来ないよ」って言ったら。

「ショートに行ったら寝なきゃなんないから、今は寝ない」とか言うんだもん

ショートなんて、まだまだ先の話だぁ~。リハビリ行くだけじゃ~

「バーちんが寝ないのは勝手だけど、私は寝ないと身体がもたないの
怒れる娘に大変身の夜中。

かなり大きな声になってたと思う。多分・・恐らく・・。

 

それなのに、父は爆睡して起きてくれない。

疲れてるんだろな。それはよくわかってる・・多分、遅くまで母は寝付いてないと思うし。

でも・・この睡眠力(と言うのか?)には、ある意味・・心配

 

今日は西瓜・・・ちょっと控えよっかななんて、関係あるのか・・わかんないけど。 


綺麗な色だったので・・買って来マシたぁ。ベーバナ。
でもね・・風が急に強くなって・・今見たら・・は、花がほぼ散ってしまってましたぁ。
台風・・来てる??

コメント (27)

頑張ったよ。

2007年07月03日 | 家族のお話。


今年も買ってしまったアメリカンブルー。

今日で、母が自宅に帰ってから丸一年になりました。


 

去年の今日、7月3日に母は自宅に戻ってきたのでした。




今更ですが・・脳動脈瘤を左の視神経の近くに発見した母は、コイル塞栓(そくせん)手術中に、哀しくも脳梗塞を起こしてしまいました。
五ヶ月の大学病院での急性期を終え、回復期リハビリ病院へ転院。
「廃用症候群」ということで二ヶ月のリハビリ療養を経て、自宅に戻ってきたのが去年の今日です。

 

退院した時、母は呂律が上手く廻らず、私以外には何を言っているのか聞き取れない状態でした。
後日、薬の影響だったということが発覚し、今では一日中ズーっと喋ってる母です。

 

一年前の母は、車椅子に座っている時間も一時間が限界でした。
今は、半日だって座ってる事が出来るようになっています。

 

四月に寛骨臼骨折をしてしまって、全治三ヶ月。
今までの努力が水の泡になるような気がして、悔しさで一杯でした。

 

でも今は、母は再び、通常の車椅子に戻って、ほぼ一人で食事をとっています。
リハビリも、ベットから車椅子の移乗を主に再開しました。

 

相変わらず、左半身は全廃状態だけど。
左側の空間無視はあるけれど。
時には、異次元へ出かけてしまう母だけど。

 

それでも、退院した時に比べたら、回復しているんだと思います。

 

上を指す矢印の角度は緩やかで、時には下を向いてしまうこともあるけれど。
車椅子で、半日近く出かけることも出来るようになった母です。

 

そして、私も元気だった頃の母を想い、ひたすら泣くばかりを卒業しました。
もちろん、まだまだ「あの頃」を想うと、胸が痛く涙も出てしまいますが。

 

強く、キツク・・時にはケアマネさんに、言い返してしまうようにもなりました。

 

いつかその強さが、優しさで一杯になるように頑張っていきたいと思います。

 

母同様、なかなか感情のコントロールは難しいです。
それが、今の私の課題かなぁ~と思っています。


 

 

今日から在宅介護、二年目に突入です。

 

母は、一生懸命生きてくれました。
何度も死にたいと泣いた母だけど、それでも生きてくれてます。
まだまだ、前向きな日ばかりの母ではないけど・・。

 

一生懸命、生き続けて欲しいんだぁ。

そして、リハビリも頑張ってます。

 

それから、父も頑張りました。
要支援の父は、本来なら介護をされる側なのかもしれません。
浮腫んで腫れた足を引きづりながらも、痛い腰を庇いながら・・頑張って妻たる母の介護をしています。

 

そして、頑張りましたよぉ~私。

反抗期の娘二人、B型で一見マイペースで黙して語らずの旦那と過しながら。
母として、妻として・・一杯手を抜きながら・・も。

この一年、わかったこと。
頑張らない介護は、難しいです。

頑張ろうと、少し気を入れないと・・私の場合は凹み凹みでドヨドヨになってしまいます。

頑張らないんじゃなくて、いいかげんな介護「良い加減、良い塩梅」で、それを目指して生きたいと思います。

介護・・というか、身体が思うように動かない母との生活。それが当たり前の毎日になりたいと。
私の人生の一部で、なんてことない日常だって心から思えるようになること。

そう思える日まで、やっぱり私は頑張っていくのだと思います。

時には凹み、時には浮かれ。

私はまだまだ「頑張れ一人娘!」って、自分に発破かけながら。

 

そして、沢山私を励ましてくださったブログ友の皆様。

本当に本当に、いつもありがとうございます。

こんな私だけど、この一年過すことが出来ました。

あれもこれも、それもどれも・・頂いたコメントや、メール、それから皆様のブログを読ませて頂いて・・なんとか一年過す事が出来たのだと思います。

どうぞどうぞこれからも、よろしくお願い致します

コメント (26)

何か・・わからなくなって。

2007年07月01日 | 福祉・手続きのお話。

  

      
今年の風船葛。こんなにまだ背が低いのに、蔓が延びる前に花が咲き出しましたぁ。何故だぁ?
おまけに蒔いたミニ朝顔、気が付いたら・・ホントにミニで咲いていましたぁ。

 
種から育てたブルースターの花が咲きましたぁ。親の方は・・またまたタネが膨らみ始めました。
まだ小さいけど、これがドンドン膨らんで・・不思議な種になるのでーす。
もし、どなたか育ててみたい方がイラシッシャイましたら・・お知らせくださいれぇ~

 

 

七月に・・なってしまいました。
そろそろ、自宅介護も一年です。早いです。
未だに、することばっかですが。

 

木曜日は、介護タクシーを頼んで・・なーんと母も一緒に、父と私とで「お中元」買いに行ってきました

リハビリ病院を退院して、一年目にして・・初めての遠出です。

家の近所のスーパーよりは、ちょっと大きめのストア。
月末近かったこともあってか、渋滞していて・・片道三十分位はかかってしまったけれどそれでもなんとか車椅子のお出かけ体験出来ました。

お中元を母と選んで、母の夏物の洋服と帽子を買って。
久し振りの買い物なので、父は太っ腹でしたぁ。
どさくさに紛れて、私も帽子を買ってもらっちゃいましたぁ

ストアのトイレには、いささか参りました(小さな便座、補助バーは離れ目に設置されて
買い物も、父がカートを押しました(リクライニングの車椅子、父には運転はチト難しい

それでも、こーんなことだって出来るんだって、ささやかだけで幸せな日でした。


 

そして金曜日、ケアマネさんと母の7月の予定を話合いました。
母はその時、お友達が二人来て下さって、我が家でランチタイムお友達に母を任せて、二階で父も含めて三人での話し合いとなりました。

ハッキリ言って・・初めてケアマネさんに、疑問を沢山持ってしまった一日となりました

 

ナント、母の支援費のスケジュールの申請を、しなきゃいけないそうなのです。

支援費は使っていいと決定されたことは間違いないのですけど、もう一度役所に「使用の申請」しなくてはいけないそうです。時間とか、してもらいたいこととかの細かい予定をたてたうえで、改めてOkがでなければ使用できないそうです。

骨折は完治した母だけれど、今まで通りヘルパーサービスを施設使用しない時は一日三時間来て頂きたいと申請をしたわけです。
出来れば、施設利用(ショート以外)の朝のヘルプもというわけで、そういう日は朝一時間半。

しっかし・・ケアマネさんに「食事の見守りでの使用は、もう認められません」と言われてしまいました。

確かに、もう殆ど自立で食事をしている母です。
ヘルパーさん、母のお喋りの相手って感じな時もあります。
時間があれば、清拭もしてもらってますけど・・食事の介助が時間の大半。
(それは、母が喋るからかもしれませーん)
もう少し、他にイロイロやってもらえるんじゃないかって・・思ったりもしてました。
でも、母にとって・・誰かが話し相手になってくれてたら、気が晴れたりするんですぅ。
(私が付きっ切りになってると、それこそ何も出来ない我が家の造り

それじゃ・・ダメなんですって

別に、その時間に寝ようって思ってるわけではないんですよぉ。
朝、ヘルパーさんがいてくださる二時間で、夕飯・・作っておかないと・・六人分の洗濯だって、結構大変なんですよぉ。夕方は母が私を呼びまくるしぃ。

下手すると、15分も一人ではいられなくなっちゃった母なんです。

でも、それじゃ・・ダメなんですって

やっぱり・・法律が変わって、ウンタラカンタラ・・。
同居者がいる場合、ヘルパーさんの出来る事は本当に限られてくるのだそうです。

ケアマネさんは私達利用者家族の味方だと思ってたのにな。
そんなの・・どうとでも、申請してくれたらいいのに・・なんて、思ってしまった私です

役所の人は・・母にとって最大限の申請をしていいって言ったんです。
だから、とにかく一日三時間は、今まで通り来て欲しい。
泣きそうになりながら・・ケアマネさんに訴えました。

最近、父は夜中に起きれません。
私は二時間ごとに母のトイレ介助、Pトイレだけどしています。

もう・・かなり疲労蓄積。
なんだか、悔しくなってしまいます。でも、もう泣きませんでした


ケアマネさんは・・わかってくれてる?わかってくれてない?
と言うか・・ケアマネさんというのは・・ナンなんだろう

ケアマネさんは、とても親身になって、本当に家族の為にイロイロ動いてくれました。
とても良い方だって、思ってます。
でも、なんだかなぁ~。
ちょっと・・私は、ケアマネさんがわからなくなりました。
私が、父が、一杯一杯だってことをわかってると言いながら・・ケアマネさんに言われた言葉。

「一年、本当に頑張ったと思います。でも、自宅介護をするっていうのは、こういうことだってわかったと思います。もう、腹をくくるしか・・ないんですよ」

だけど、人間だもの、何が起こるかどうなるかなんて、わからないことじゃないのかなぁ。
腹をくくる・・ひたすら介護だけするしかないって言いたげな?

「もし、今度・・お母さんが骨折デモした場合は、入院することを勧めます。とにかく、倒れる前に相談してください。もしもの時は、老健入所も考えなきゃいけないかと思います。但し、一ヶ月とか短い期間で」

それって・・変じゃない?
ギリギリまで介護して、ダメなら老健でインターバルを取る?それから、また改めて頑張る?
一度張り詰めてた糸を緩めて・・また張り詰めていけと?
なんだか、それって・・違うような気もする。

その一ヶ月で、何が解決するというのだろう。

なんだかなぁ・・ケアマネさんには今まで沢山お世話になったし、もう最近は腹を割って話してることも沢山だけど・・今更腹をくくれだなんて・・。

もう、そんなもんはククリまくってるつもりだったけど。

自宅介護をすると決めたら・・疲れたとか・・切ないとか・・言ってはいけないのかなぁ。
疲れたことで、今更泣きはしないけど。

同居家族がいる場合、出来るだけ家族でやってかなきゃいけない。
それは、わかってる。そうしてきたつもり。

ヘルパーさんに母の介助を少し手伝ってもらったお陰で、ほんの少しだけ座る時間が増えて。
だから、このまま出来るなら・・お願いしたいと思ったわけで。

それで障害者支援費を教えてくれたのではなかったの?

ただ、ショート中に起こった事故の責任・・かかる費用を最小限に抑える為に申請を勧めたわけではないと、信じたい。

ヘルパーさん、いろいろ思うことはあるけれど・・小さな不満はあるけれど・・。
それでも一日三時間を、全て任せてるわけでもないのになぁ。

相変わらず、階段の上がり降りは沢山で。
知らず知らずに、捻挫の右足をかばってたせいなのか・・左のくるぶしが腫れてきて。
青タンが広がってチョッと・・・キモイことに。
珍しく旦那が「医者に行け」と言うので、これから・・行ってきます

 

 

話はそれましたが・・・。 

では・・ヘルパーさんに、家に来て何をしてもらうか。

ヘルパーさん、民間の会社です。
でも、いろいろその会社ならではの「サービス」を提示して、お客様に喜んでもらうってことや、他の会社と競合して・・ってことは出来ない事業。

コレもダメ、アレもダメ・・なんです。

何か、変

色んなパターンの利用者がいるはずだし、その家庭によっては・・ヘルパーさんに期待してしまう仕事って違うの当然だと思うのに。

ってな具合で・・頭が大混乱の先週でした。(最近、いつも混乱してマスが)

 

ヘルパーさん個人の、イロイロな話より・・まだまだ、ヘルパーさんをお願いするにあたって・・考えなきゃいけないことが沢山出てきてしまいました。

とりあえず・・母が通所リハビリやショートを利用しない日に限っては、三時間のヘルパーさん使用を申請してもらえるようには、切に頼みました。

父も、それだけは怖い顔して・・ケアマネさんにお願いしてくれました。

妻が骨折完治したからと言って、ヘルパーさんの時間数を減らしてもらうわけにはいきません。
もう、ハッキリ言って・・一杯一杯なんです。」

そうしてくれると、ケアマネさんは言ってくれたけど。

ここでまた言われました。

「八月に関しては、お二人(父と私)の様子を見て、考えさせてもらいます」

また・・・そんなことを言う。

 

私や父が、ボロボロになっていくようなら・・・許可するとでも言うのでしょうか。

ボロボロに、ならなきゃダメってことですか?

 

なんだか、全然わかりません。

自宅介護を続けるために、なんとかしようと思っているだけなのに。

全ては、介護保険内で賄えるなら・・ってことなのでしょう。

なんだか、先週は・・で、疲れてしまいました。

 

今日は母は通所リハです。

悪態ついて・・出かけました。

医者に・・行ってきます

コメント (19)