頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ショートステイ

2016年09月25日 | 父の話
18日から一泊で、旦那と二人でクルマに乗って〜
東伊豆方面へ、行ってきた。









残念ながら。台風の影響でバイクは諦めるしかなかった。

まぁ、たまにはクルマも良いけれどね。




今年は、一泊で三回。
二泊で一回。
安い宿だけど、ツーリング旅行に行けているの。

キングジーも、嫌な顔をせず、ショートに行ってくれている。



去年は、、、キングジーのモラハラに、大変だっだからね〜
いったい、アレは何だったんだ?!ってくらい、荒れていた。

考えたら、やはりキングジーも、、、妻を亡くして寂しかったんだろね。

今は、割合と落ち着いていて、私も去年より、穏やかになり(^◇^;)
あまり喧嘩もしなくなった。


それに、今は、月に二回、ショートがあるからね。

介護する側、される側、、、
やっぱり、あんまり近すぎても、ダメなのかもしれないな。
たまには離れて、お互いに、思いやる気持ちを、思い出さないと。

だから、一生懸命にキングジーを説得して、ショートを月に二回にしてもらった。

キングジーがショートに行ってくれてる間は、目一杯、自分のやりたい事をする。
旦那の連休に合わせて、ツーリング旅行に行ってしまう。


10月にも連休があるのだけど、ショートスティが取れなかったから、旅行には行けない〜(T_T)残念だけど、仕方ないね。



毎月末、二ヶ月先のショートスティを予約する。
今からだと、9月末に12月の予定を入れるわけだ。

ホントは、そんな先の事、分からないよ〜とも、思う月もある。
でも、とりあえず、連休前後に合わせて取るようにしてる。

ずーっと取れていたのだけれど、10月は一回、だめだったわけだ。



週単位での、長いショートスティを予約している人や、必ず週末だけ行く人が優先されるのかなぁ。


我が家も、長く利用しているので、割合と優先して取ってくれてはいるのだけど、ダメなもんわ、だめだから、諦めた。


でも、コブクロの武道館ライブの日は、取れたから、良しとしなきゃいけないね。
一年ぶりだから、楽しみ〜




世の中は、65歳以上の老齢化時代。
しかも、国が在宅介護を推奨しているから、ショートの施設利用をしたい人も、増えている。

段々と、取りにくくなっちゃうのかもしれないなぁ。

ショート施設だけでなく、特別養護老人ホームなんて、まだ100人以上待ちなんて、ザラな時代。
かと言って、建物だけが増えても、スタッフさんがいなければ成り立たないのが介護の世界。
介護職を選ぶ人は、年々減っていく一方のようだし、、、
老齢化対策は、やはり、少子化対策ありきなんだろうなぁ。


うちの娘達は、まだ嫁に行く気配も無いけどね〜(^◇^;)
コメント

再びの(*^^*)

2016年09月16日 | 父の話
元気です(*^^*)


卒業したはず?

でしたが、、、また、戻るコトにしました。
コッソリ、始めます(⌒▽⌒)



理由は、、、
また、書いておきたいことが、出来始めたからです。

あまり成長していないから、相変わらずです(^◇^;)




今も、在宅で、86歳の父の介護をしています。


段々、身体が不自由になってきた父だけど、杖をついて、フラフラ歩いてます。

もう、自宅のお風呂には危ないからと、入れなくなりました。
ヘルパーさんと、訪問看護士さんと、週に一度、ディサービスに行って入って来ます。

たまに、、、父は、荒れます。
ホントに、偉そうな王様になります。

優しい父が、別人になります。


なので、父のこと

キングジー

と、呼ぶコトにしました(⌒▽⌒)



このブログは、カッコ付けるコト、立派なコトを止めて、ありのままの、私で書いていきたいと思います。

だから、優しくない介護ブログになります。




なので、ココからは、話し言葉で、、、


また、よろしくね(*^^*)









テレビで、阿川佐和子さんの、インタビューを見ていたら、、、ね



目から鱗。




介護はね、、、

後ろめたさを持つと、
優しくなれるのよ〜



これだ!!

そうか、これで良かったんだ。



なんだかね、ホントに、心から、、、



それだ!!


と、思った。



後ろめたさ、、、

私もね、ある。

キングジーをショートに預けて、旦那とツーリングや、旅行に、行ったりしてるからね。

キングジーは、ホントはショートになんて、行きたくないのを知っている。
でも、知ってても、ショートに預けて、私は、息抜きをする。
身体がどうの、、、じゃなく、私の気持ちのために。

だから、ちょっと後ろめたくて、ショートにいるキングジーに、労いのメールとか、したりしてさ(^_^;)


旅行に行くこと言えなくて、黙って出掛けることもある。
だから、お土産とか買わないし、何処に行ったか、何をしてたか、言わない。
キングジーも、聞かないしね〜



でも、後ろめたさがあるから、帰宅したキングジーに優しくなれる。
また、次もあるから、優しくなれる。

まぁー優しいだけでいられるのは、二週間が限界なんだけど、、、ね(^_^;)



ずーっと、その後ろめたさは、悪い事だと思ってた。


全然、悪くなんて、
無いんだ〜

悪いことじゃないだよ!




介護は、後ろめたさを少し持って、自分を解放するのが、良いのかもしれない。

つーか、、、良いとか悪いとかじゃなくて。

それで、いーんだ!
って、改めて思った。



佐和子さん、ケロッとして、言っていた。


ちょっと、お昼に来て〜って言われて、、、
仕事なんだ、、、って断る。

実はゴルフしていて、、、クタクタになって帰る。

お仕事大変ね〜、、、って言われて〜

そうなのよ〜って、苦笑い(^◇^;)




そうやって、また、優しくなる。




それがいいのよ〜って、笑ってた(*^^*)


私、食い入るように、テレビの画面を見てた。





気持ち的には、私も、そんな感じで在宅介護をしてきた。
だから、母が存命だった時から、ショートは使ってるし、介護に飲み込まれないように、してきた。

でも、優しくなれない、、、とか、
優しくなろう、、、とか、
頭と気持ちと心がバラバラになり、結構、辛かった。


時には悪魔にもなるし、鬼にもなる。

だから私は、絶対に天国には行けないと思ってた。



親を預けて、遊びに行くことに、罪悪感みたいなものがあった。

折角、行ってくれたんだから、楽しもうと思う反面、やっぱり、なんとなく、後ろめたさより、罪悪感だった。


何も悪いことしてないのに。

悪いなぁ〜って、思ってた。


ホントに大変なんだ。

年老いた親と、身体が不自由になった親と、一緒に暮らしてるだけなんだけのことが。

案外と大変なんだよなぁ。


きっと、暮らしてみなきゃ、わからないと思う。
もちろん、全然、大丈夫な人だって、きっといるよね。

私は、介護、キライだからさ。
出来るなら、誰かに代わって欲しい。
でも、誰も代わってくれない。

昔ならば、あっちにも、こっちにも、そんな家族は沢山あった。
だから、特別な事をしている訳じゃないんだよなぁ。


なんだかね、ホントに、心から、、、



それだ!!


と、思った。




親とはいえ、いろんなことを、ひたすら合わせる毎日は、しんどい。
物じゃないから、臨機応変にしなきゃいけない。

待つ。
ひたすら、待つ。

付き添い、手を貸す。


それだけのこと。




でも、いつの間にか、家族とだけ過ごす日々になる。

それすらも、ドタキャンが、増える。

段々、約束は、出来なくなる。
ガッカリしたくないのは、誰でもない、私。


実際は、大したことなくても、万が一を考えて、自分の予定をあきらめる。

段々、キングジーが、オオカミ少年みたいに、思ってしまう。
思うけど、今回に限って、、、とも思うから、やはり自分の用事はあきらめなきゃいけないのだ。


したいこと、ダメになるストレスは、計り知れない。
最近は、あきらめることを前提に、予定を組む。

なんでかなぁ〜と、思う。

ギリギリまで、ドキドキで、ソワソワだ。


自分の時間は、短くカットされていく。
自由が、全く無い訳じゃない。
ただ、まとめて時間を持てないだけ。

毎日。
自分の好きには、ならない時間。
忙しいとか、大変とかとも、ちょっと違う。




大好きだった親が、大嫌いにもなる。
そんなことも、あるのだ。

誰よりも頼りになって、なんの心配もせず、守ってもらっていた親なのに。
親だから、、、嫌いになるのは、切ない。

いつか行く道なら、私は断固、拒否したい。

だこら、嫁に行ったら、離れて暮らして欲しい。
スープの冷めない距離なら、最高(*^^*)

もし、私が残り、一人暮らしが危なくなったら、山の中の施設に、行きたい。
四季毎位に、洋服持って来てくれたら、それでいい(*^^*)




在宅介護、大丈夫!
任せなさい!と始めたのは、私。

でも、時々、投げ出したくなる。

自分自体も、アチコチ壊れてくる。
間違いなく、私だって、年をとる。


私にも、多分、今しか出来ないことは、絶対にあるのだよ。

それを思うと、イライラする。



そんな時は、後ろめたさを持って、自分のしたいことを、しよう。

そしたらきっと、楽になる。

それが、良い。
それで、良いのだ。

後ろめたいなんて、思う必要はないかもしれない。

でも、そう思うことで、私自身が、楽になるんなら、それでいいよね(⌒▽⌒)


それは、自分だけでなく、介護される側にしても、良いことかもしれないよね(*^^*)







久しぶりの記事の、第一弾。


コレをどうしても書いておきたかったのだ。


また、こんな風に、伝えたい事を、書いていくので、よかったら、覗いてみてね。



では、また!




追伸

コメント、お返事をしないままの方、ゴメンナサイ。
心から、感謝しています。
嬉しかったてます。
ありがとうございました。
また、ココで(*^^*)
コメント (4)