頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お付き合い

2013年03月24日 | 携帯電話

すっかり桜も満開になり、そのくせ暑いんだか寒いんだかよくわからないこの頃です。
姪の結婚式に鳥取へ帰省して早一週間。
え~~ってなくらい早いです。
ちょっとゆっくりしなきゃと思いつつ・・23日も旦那とタンデムツーリングへ行ってしまいました。
今回は旦那のお付き合いです。

それは~~東京モーターサイクルショー。有明、東京国際展示場まで。

バイクの後部座席に乗るのは大好きだけど、見るのは別に・・・まるきり全然わかんないですしねぇ。
桜も満開で、出来たら、山にでも行きたかった気もするけど・・旦那が一緒に行こうって言うし。
ネットで調べたら、B級グルメの屋台だとか女性白バイ隊のデモンストレーションとかあるっていうし。
たまには、旦那の行きたいところへも付き合っとかないとねぇ~~

父が一ヶ月振りにディサービスに行ってくれると言うので、お昼の心配をしなくていいのが助かりました。
父がディのお迎えのワゴンに乗るのを見届けて、9時半に出発。
もう~~渋滞の嵐。
日曜日は天気が悪いから、お出掛けは土曜がいいですって、テレビで言いまくっていたからなぁ~。おまけに、土曜と言えど仕事をしている人も沢山いるようで、トラックの多いこと。
都会に近づくにつれ、信号が沢山あるし・・旦那はイライラしまくってました。
緑が段々無くなって、超花粉症の旦那は楽だったみたいですが、住むのはやっぱり相模原がいいなぁ~って二人で言ってました。

2時間半かけて・・漸く見えた臨海。
会場に近づくと、アチコチからバイクがやってきます。
駐車場へ入る道、一列にお行儀良く並んで走るバイクの中にいたら、なんかもう楽しくて。
すっかり若返ってしまいました。
駐車場には今まで見たこともない数のバイク!
タンデムで来ているカップルも沢山いました。入場チケットもね、男女ペアだと割引があるんですよ。普通大人1500円のところ、二人で2500円でした。

まぁ~~広い会場で、あっちを見てもコッチを見てもバイクだらけ人だらけ。
旦那は、何台のバイクに試乗したでしょ~~。白バイにも乗ったりして。
まるで少年ですねぇ~~。ちなみに私はお母さんみたいでしたよ。
あれも乗ってみ~~こっちも乗ってみれば?ってね。デジカメで記念撮影して、笑えますでしょ。
男の人はシャイですね。バイクを取り囲んで、試乗したそうなのに出来ない大人が一杯。
男の子は産んでないけど、なんだか旦那を産んだ気分でありました。あはは
そんな熟年夫婦らしきカップルも、沢山いました。家族連れも、男同士のオヤジ団体も。

B級グルメは・・正直、高いし美味しくなかったけど・・会場の雰囲気だけは味わいました。
トライアルショーはナカナカ楽しかったです。
目線を会場の外へ向けると、面白い船・・桜の花も綺麗でした。


様子はチャンネルで見てくださいねぇ。
 

 


しかしやっぱり、遊びも程々にしなくては・・。
今朝起きたら、右目がポックリハレテ・・ヤバイ!もしや?これも?
と・・ドキドキしましたが、今は大分戻っているので恐らく疲れと寝不足と寝る前に水分取りすぎたかな・・。

今日は一日、のんびりと箱庭の草むしりをしておりました。
色のない私の箱庭にも、少しづつ色が付き始めました。
昨日は・・道行く人が、立ち止まって見てくれていました。

あちこちの鉢にスミレの花が咲いてます。  安上がり~~なんて。

    

 去年は一輪だったクリスマスローズ、今年は三輪

 

 母の特養の前で咲いている菜の花と、同じ種です。

 
 

 

 

 

今咲いているスミレの横で、勿忘草が次に咲く準備をしています。白いスミレも蕾を付け始めました。
チューリップもカサブランカも植えたけど、なんだか寒さで縮込まった葉っぱしか出てこないなぁ。
あったはずの花・・いつのまにか消えちゃったけど、水仙も葉っぱだけしか出てこないし。
だけどバラも、沢山の葉っぱに覆われて・・沢山の挿し木のバラも元気です。花、咲くかなぁ~
今年もネモフィラや千鳥草の芽が沢山出てきたし、何を植えたか忘れちゃった球根からも芽が出ました。
ウツギも紫陽花もジャスミンも、ブルースターも、新芽がちゃんと付いてます。

相変わらず、統一感なにも全く無い私の箱庭だけど、何が咲くかわからないから楽しみです。

 

コメント (12)

結婚式

2013年03月21日 | 携帯電話

三月十六日土曜日、朝から青い空が広がり、このうえない好天気でした。
旦那の兄の長女が、めでたく結婚式を挙げました。

二年前に出席した次女の方の結婚式の時もそうだったのですが、今回も人前結婚式で、牧師さんも仲人さんもおりません。文金高島田も、三々九度もありません。
神様や、仏様に誓いをたてるのではなく・・出席した親族を証人として、永遠の愛を誓うわけです。
父である義兄と腕を組み、旦那様となる人の元へバージンロードを歩いて・・なんて素敵!
私は神前結婚式だったので、こういう経験がありません。出来るなら・・してみたかったなぁ~とか、あの小さかった姪が、こんなに綺麗な花嫁さんになるなんて・・とか、我が家の娘二人もいつかこんな日を迎えるのかなぁ~とか、いろいろ考えては涙ぐんでしまいました。

シャボン玉の中、風船の中、いろいろな趣向で、艶やかで美しい花嫁。
それにしても、花嫁さんより花婿さんの緊張が半端なくて、既にカカァ天下を様相でした。
義兄は泣くか?と、散々前日にみんなで話していましたが、今回は二回目・・じんわり涙程度だったようです。一回目の次女の時は、もう大号泣でした・・ふふふ

スライドで写し出される幼い二人の姿、二十数年後には、お互いに巡りあうとは知らずに育ってきたのですよねぇ。
ところがですよ、なんとこの二人は母のお腹の中で、既に出会っていたというのだから不思議な縁でした。
花嫁の母である私の義姉と、花婿の母は嘗て職場の同僚で、お互いの妊娠を機に辞職したといういきさつがあったのです。
もちろん二人がそのことを知ったのは、付き合い始めてしばらくたってからだそうですよ。

次女の時も、それに似たようなことがあったのですよ。
花婿の父と、花嫁の母である私の義母が、小学校の同級生だったんですって~
確かに都会とは違って、人口は少ない県ですが・・義姉はもしや縁結びの神様だったりして?

美味しい料理に大満足で、デジカメ取り出しては写していましたが、やはりいくつかは食べるのに忙しくて、残念ながら撮り忘れてしまいました。
飲み物は、いくつかの種類が飲み放題で、カウンターで係りの方が作ってくれました。
アルコールが入ると、茹蛸になってしまう私は、ノンアルコールのカクテルやジュースを。
新郎新婦の名前の付いた、特別なカクテル・・っていうのが綺麗で~おもわずまたデジカメでパシっと。
グラスの中で光ってるんですよ。あちこちのテーブルの上で、グラスが赤や青や緑に。
水分の中に入れると、色が変わる四角い透明の箱の中に、電球の小さいのみたいなのが入っていました。知ってますか?

で・・私、今回もやはり、着付けを終えて控え室に戻った私に「やっぱりドラえもんだねぇ~」って言う娘二人・・旦那は見ないフリをしておりました。
娘が結婚式をする日が決まったら、ちゃんと綺麗に痩せときますよ~~~ふん!

チャンネル・・見てくださいませ。 

 

 

長女が、今日仕事の帰りにお土産に買ってきてくれました。 

富士山の巾着~~可愛すぎ~~

あ~・・・・・やっぱり遠くに嫁がないで欲しい~なぁ。

コメント (2)

せっかちな春

2013年03月20日 | 携帯電話

あっ!と言う間に、お彼岸になってしまいました。
今日は長女と旦那と、車で弟のお墓参りに行って来ました。
既に桜の花が咲き始めて・・今年の入学式には葉桜になってしまっているのかしら。

 昨日は母とお散歩に。すっかり菜の花が咲き揃っていました。

 

16日、姪の結婚式の為に家族4人で鳥取まで帰省してきました。
高速道路の割引を使おうと、15日の朝5時半に出発・・するつもりが、ちょっと遅れてしまい残念ながら通常金額でありました。朝6時までに高速に乗ると、平日は3割引になるらしいですよ。


途中、富士山もお見送りをしてくれました。
車のガラスが黄砂で汚れまくっていたので、なんだか霞んで写っています。    

早く出発できたので、途中何処かに寄って行こうということになり、向った先が姫路城でした。
世界遺産の、白く綺麗な・・白鷺城。
とっころが・・なんと目に飛び込んできたのは・・お城の絵!
「え~~~?!」ってなもんです。

もう随分と前から、大天守の修理をしていたのですねぇ~~ホント無知な家族です。
あちこちに植えられている桜の木も、あと数日遅かったら咲いていたのだろうなぁ~
それでも広い姫路城、家族4人でワイワイと、楽しい散歩でありました。
姫路城をあとに、男山千姫天満宮へも行きました。パワースポットらしいですよ。

姫路城~男山千姫天満宮

 

鳥取に到着したのが、夜の7時過ぎ。
旦那の両親、義兄夫妻、先に結婚している次女の姪夫妻と一歳半の息子、結婚式の主人公の長女の姪が迎えてくれました。
賑やかな夕飯、翌日の結婚式を前に、思い出話などに花を咲かせました。 
                                                       つづく

 

コメント

道の駅 ふじおやま~ 樹空の森~道の駅 道志

2013年03月14日 | 私の好きなこと。

三月九日、先週に引き続きタンデムツーリングに行ってきました。
最初の春の嵐の前日ですね。
この日も、家を出発した10時近く・・空がなんとなく靄がかかったようで、行き先を富士山にしていたので不安でした。
気温的には10度を超えていたので風も気持ち良く、梅の花や菜の花が、とても綺麗に咲き始めていました。
しっかし丹沢の山さえも近くに行くまで見えないし、いつもなら富士山が見える場所を通っても、何も見えませんでした。
しかし~~富士山に近づくにつれ、うっすらと白いあの大きな姿が!
「ふじおやま」の道の駅で休憩をとったあたりから、スッキリとした富士山を見ることが出来ました。
・・でも、やっぱり少し霞みかかってるかなぁ~~

目的地は「樹空の森」でした。
富士山をバックに、夫婦で記念撮影。
自分達に向けてデジカメを構えたところ、同じように夫婦でいらしていた見ず知らずの方が「撮りますよ」って声を掛けてくださいました。
もちろん、お返しに撮って差し上げましたが・・なんと、なんの躊躇も無く、旦那様が奥様の肩を抱いて、寄り添ってポーズ。
私達夫婦の写真を見ると、なんだかうちの旦那・・のけぞってません?失礼しちゃいますよね。
ま、いろんな夫婦がいるものです。

帰りがけに「道志」の道の駅でソフトクリームなんぞを食べて、娘達と父には「おからのドーナッツ」を買って帰りました。

またまたフォトチャンネルにしましたので、見てくださいね。
この時期、花はないけど、雪の富士山は格別です。


本当はいろいろ書きたいのですが、明日の朝は5時に家を出発して、旦那の実家の鳥取へ行ってきます。
楽しみにしていた姪の結婚式です。

父は今朝から、とりあえず元気にショートに行ってくれました。
昨日は母のところに行って「よろしく言ってね」と言付けを貰いました。
そうそう・・凄かったですよ昨日の春の嵐。特養が一瞬見えなくなりましたもの。
畑の真ん中にあるようなところなので、土煙が舞い上がって、とにかく全身砂まみれになりましたよ。

行けないはずの長女も行けることになって、家族4人で出発です。
まだ二人とも仕事から帰ってません・・
あ~~~また、ドラえもんになるんだよぉ~~本当は痩せてるはずだったんですが・・駄目でありました。

というわけで、そろそろ最終チェックをして寝なくては・・。

では・・行って参りまっすねぇ~~。


 

 

 

コメント (6)

飛んでる一週間。

2013年03月12日 | 携帯電話

鳥の写真で癒されましたが、このところ飛んでるような毎日を送っております。
空は飛べないけど、二本のこの逞しい足で、あっちこっちと我ながらよく動くわぁ~という感じの一週間を過ごしておりました。

三月三日のひなまつり・・今年はうっかりお雛様の写真を撮る前に、押入れにお帰り頂いてしまいました。
いつもながら、出したかと思ったら片付けなきゃって、お雛様までもバタバタです。
旧暦だかなんだかだと、来月まで仕舞わなくても良いとか聞いたことがありますが、そこはやはり嫁に行って欲しいと思う親心?
しかしながら、ひなまつり当日の二人の娘、揃って夕飯は友達と外食だってことで、特別なことは何もしなくていいから私としては楽ですが、お雛様もきっと苦笑いですね。

で、私と旦那は心置きなくタンデムツーリングに行ってきましたよ~~。

旦那の決めた行き先は、埼玉県日高市にある「高麗神社」というところでした。
ナビを見ながら到着すると、かなりの人がおりました。
土曜日とは言え、そんなに有名な神社なのかと旦那と二人で思っていたら「高麗郡建郡1300年記念事業」ということで、イベントがいろいろあるようでした。
境内には自冶会の方がやってるのかなぁ~という感じの露店が数件あり、昼ご飯前の腹減り夫婦の私達も、醤油ダンゴを頂きました。
入り口近くの舞台では、巫女さんが踊ったていたり、雅楽の演奏があったり。
境内はそんなに広くはないような気もしますが、どんどん人が増えていきました。
なんと、藤岡弘さんによる「真剣四方祓い」の奉納があるというのです。
あの、眉毛に特徴のある・・熱い方っていうイメージの、俳優の藤岡弘さん。
そうそう初期の仮面ライダーですよ~~世代ドンピシャの旦那は、不思議なことに見ていこうと言うのです。待つことが大嫌いな人なのにねぇ~なんででしょ・・謎でした。
待っている間に、御朱印を頂いたり、神社の奥にある、江戸時代に建てられたという重要文化財の高麗家住宅を見てきました。住宅の中にはお雛様が飾ってありました。
お庭には梅の花が綺麗に咲いていました。
石碑の側に黄色い不思議な花。なんだこれ?蝋梅?
しばしブラブラ散歩をして、設営された境内へ行くと・・もう人がびっしりでした。
「奉納中の撮影は、気が散るので一切禁止です!」係りの方が大きな声で叫んでいました。
奉納は、あっと言う間に終り・・四方にある藁の筒柱をバッサバッサと切って・・おしまい。
撮影禁止だったから、デジカメで写せなかったけど・・凛々しい?眉毛でありました。

帰りがけに、遅い昼ご飯。
たっぷり野菜ラーメンが私。旦那は坦々麺を食べました~。

思いがけず遭遇した、神社のイベントだけが心に残ったツーリングでありました。あはは・・
チャンネル作成しましたので、よかったら見てくださいね。

四日は、父の消化器内科の受診で、大学病院まで通院介助。
先生は、鼠径ヘルニアについて、少しでも若いうちに手術しちゃった方がいい・・と、父はまた少々迷っております。
午後には別の病院、整形外科で父の怪我の抜糸。
無事に綺麗にくっついておりました。ホチキスの針のあとも出血せずに済みました。
ホチキスの針を抜く時、しっかり見せてもらいましたが、紙に止めてある針を抜く要領と同じでした。

五日は、父と近くの量販店へ買い物でした。
週末から姪の結婚式で鳥取へ行くので、私はお土産を。父はショートの為の下着を買いに。
30分くらいに一度はトイレに行く父なので、数時間の買い物もかなり疲れてしまいました。
ホントは一人で行くつもりだったのですが、まぁ~たまには父娘の買い物もいいですね。

六日は、母のいる特養へ。
お天気も良く、風も静かだったので、今年初の建物の外へお散歩に行きました。
菜の花はもう一息という感じでしたが、黄緑色の絨毯にはところどころに黄色い小さな花模様。
  春の日差しは心地良かったのか、母はウトウトしておりました。

七日は、偶然仕事が休みだった娘二人と鳥取帰省の為の買い物へ、久々に電車に乗って行ってきました。
ホントは今度こそ一人でいくつもりだったのですが、ランチ目当てか娘二人付きになりました。
最近「お母さん、声がデカイ!」とか「お母さん、しつこい!」とか・・本当に可愛くない娘二人で、喧嘩ばっかり、怒られてばっかりでしたが喧嘩もせず楽しい一日でありました。
ランチは和食カフェ。食べ放題なんですよ。
和食なら沢山食べても大丈夫かなぁ~~~なんて思ってましたが、あれだけ食べれば和食もなんもないですね。90分、1400円だったかなぁ・・高い?安い?

  なんとなく、身体に良さそうでしょ。飲み物は黒酢。

   
野菜が主体でありましたが、デザートもどれも美味しそうで・・胃が痛くなるほど食べまくりました。
今度ブログ友さんがこちらに来てくれたら、ココに行こう!と密かに勝手に決めております。ふふ

八日は、父の眼科の受診でまたまた大学病院へ通院介助でした。
ホントは父一人で行ってもらうつもりでしたが、最近どうも父の耳が疑わしくて付いて行きました。
眼科なのに、耳が疑わしいというのも変ですね・・要するに、難聴だからってことなんです。
案の定、医師の受診の前に眼底検査やレントゲンやら視力検査やらあるのですが、名前を呼ばれているのに気が付かなかったり、検査の間毎にトイレに行くので呼ばれてしまったりとか・・これは一人だと大変だったろうなぁ~状態でした。
おまけに父が心配していた白内障。手術の心配を大分前からしていたのですが、なんてことはない・・歳相応に白内障ではあるけれど、手術をどうしてもしなくてはいけないような状態ではないとのことでした。父の話だと、手術をするのには、やはり血液サラサラの薬を止めるのなんの言っていたのですが、それもそうではなく、白内障の手術には必要ないそうでした。
今後の本人の見え方次第ということもありますが、今のところは大丈夫そうです。
内心、また手術の話になるかと覚悟をしていましたが、とりあえずホッとしました。
気掛かりが一つ。若干、網膜の下に白い濁りがあるらしく、循環器に異常があると出てくる可能性もあるとかで、心臓の状態を聞かれました。
実は本人、この話が聞こえていなかったようです。
聞こえていれば大騒ぎのはずなのですが、私が一緒にいるとすっかり私任せ。
医師も私の方を見て話したりするので、父も敢えて聞き直さないみたいです。
また二ヵ月後に受診するので、やはり付き添わなきゃだめですね。


九日は、またタンデムツーリングに行きました~~

続きはまた後日。

またまた長文になってしまいました。しっかり日記でしたね。
読んで下さって、ありがとうございました。

コメント (2)

空色の鳥

2013年03月02日 | 携帯電話

またまたwakasamaの送ってくださった、今度は幸せの青い鳥の写真です。
wakasamaのブログには沢山の素敵な写真が満載です。

この青い鳥、私が住んでるこの町の空を飛んでいたそうです。
春近いこの青い青い空を、青い鳥が飛んでいるなんて、ちっとも気が付きませんでした。

空色の鳥です。

 

大好きなコブクロの歌にもあります。
「Blue Bird」っていう歌なんですが、歌詞の一部を抜粋しますね。

♪青空飛び交うBlueBirdあの鳥が見えますか?
幸せはいつも見えないColor 感じている

心配事ばかりが積る春の空を 見上げてうつむいてまた顔をあげている
似合わない鞄には 要らないものと 大切なものぐちゃぐちゃに押し込んだまま
この街でみつけるって決めた自分 無くしちゃいけないものを胸に


 悲しい風も羽を広げ 空に溶けている
涙ぬぐい 羽を乾かす 愛で僕ら繋がっているから♪

               

昨日は春一番で、いよいよ待ちに待った桜三月なりました。
今日は北風に戻って少し寒かったですが、真っ青な空の下、母の所へこの歌を聴きながら自転車を走らせました。
なんてぴったんこな歌なんだろう~~
空は本当に青くて、青い鳥が飛んでいても見えそうにないけど、桜の花の枝がもう蕾を沢山付けていました。
 見えるかなぁ~~~見えないな・・・

先週は、一週間に3日間病院でした。
父ね・・鼠径ヘルニアの手術を、しないことにしようかなぁ~って。
木曜日、消化器外科の受診の時に、突然言い出しました。
火曜日に行った麻酔科でも、散々リスクのことを言われたので、相当にへこんだようです。
それで、やっぱり怖くなってしまったみたいです。
消化器外科の医師の前で、突然言い出すから、私としてもビックリでした。

4月になると、大学病院も先生方の大移動があります。
毎年そうなのですが、今年は父の心臓外科の先生も、消化器外科の先生も移動になることになりました。
それも手術に迷いが出た要因の一つかなぁ~と思います。
引継ぎはもちろんあるでしょうけれど、主治医が変わるっていうのは心配なものですものね。
良い先生が担当になってくださると良いのですが・・

とりあえず、先生も「今どうしてもしなきゃいけない状態でもないから、迷っているのなら止めた方がいいですよ」と言ってくださったので、父も痛みがあまり続かなければ様子を見てもいいかなと思ったようです。
治ったわけではないので、不安はまだ残ってしまいますが、父の思うようにするのが一番ですものね。
それでも一応、手術をしてくださる消化器外科の医師への紹介状は、来週の月曜日、定期的に行っている消化器内科の受診があるので、そのついでに頂いてくることになっています。
いつでも好きな時に使っていいそうです。使わなくてもいいんですって。
紹介状を書いてくださった移動してしまう先生、直接手術をするはずだった医師ではありませんが、とっても素敵な女医さんで、有難かったです。
父いわく・・優しい話をよく聞いてくれる先生は、みんな移動になるのが、大学病院だ・・だそうです。当たり!

そして同じ月曜日の午後は、父の怪我の傷は抜糸をすることになりました。
ホチキスを抜くわけなので・・ちょっと心配ですが、数ミリの穴なのでなんとか止血は出来るでしょう・・いえ、止血してもらわなきゃですね。
ホント・・病院と施設と家の日々・・父や母には悪いですが、ちと気持ちが滅入ります。

でも・・

空色の・・幸せの青い鳥は見えないだけで、ほら!そこに飛んでるよって、そう思いながら過ごそうと思います。
突然、肩のあたりに止ってくれたりすることが、あるかもです。


明日は、久々に旦那とツーリングの予定です。
どこに行くかは・・

まだ決まってません~~

青い鳥でも、みつけに行きましょうかね!

コメント (6)