頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すべり症、後方固定術一年検診

2018年11月08日 | すべり症
早いもので、すべり症の固定術をしてから一年。
無事にこの日を迎えられて、本当に良かったです。

手術をする前の足の鈍痛は、ほとんど無くなって、今は休みなく、随分と歩けるようになってます。

寒くなってきたからか?若干右足全体が痛いような、痺れているような気もするけど、大したことはありません。


先生が言ってくれた通り、旦那と二人でタンデムツーリングにも行けています。

術後半年位から復活して、今月の連休には伊豆伊東まで一泊で行ってきました。










旦那とタンデムツーリングに行きたい!

これが手術を決めた理由なんだから、まったくもって笑えますが、、、 目標は達成出来ました。

先生は、私が治りたい理由を聞いても、笑う事なく、尚更に手術を勧めてくれたわけです。


薬も注射も効かない痛み。
休み休みしか歩けないし、寝ていても痛くなってきました。
もう、、、どーにもならない。

「手術をしても、しなくても、もうバイクには乗れなくなりますね、、、泣」
と、私が言った時、、、

「何故諦めるの?大丈夫、乗れるよ!」
そう言ってくれた先生に、逆にビックリしてしまいました。
バイクの震動って、結構腰に響くし、舗装の悪い道なんて、尚更。

私は後部座席に乗るだけですが、たまに身体が跳ねたりします。


「旦那さんが転ばない限りは、大丈夫。
でも、暫くはコルセットしてね」



患者の身になって、よく話を聞いてくれる先生です。
大学病院の准教授なんだけど、町の病院の先生でもあります。
良い先生に診ていただけて、手術をしていただけて、良かったなぁと思っています。


まぁ、、、腰に鉄板を入れてるような違和感は、多分、ずーっと消えないそうです。
仕方ないか、、、と思います。

時折感じる軽い痺れや痛みは、手術をした場所以外の神経圧迫の可能性もあるらしいです。
今はまだ、様子見。
何かあれば、週に一度は町の病院に来ているので、そちらで診てくれるそうです。



とりあえず、術後一年の経過は良好。



チタンのボルト、しっかり骨に入っており、私にはよく分からないけど、骨化しているそうです。
何より、あんなにズレていた骨が、きちんと並んで元の位置にある。

次は来年。
一年後で良いそうです。

「バイクに乗る時も、コルセットを装着しなくていいよ!
なんでもしていいよ!」
だそうです^_^笑



あとは、、、髄膜腫と、耳鳴り。

さ、次!^_^笑笑

頑張ります。



コメント   この記事についてブログを書く
« 医療貧乏? | トップ | 明けましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

すべり症」カテゴリの最新記事