頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母のリハビリ

2007年09月30日 | 母の話

すっかり涼しくなってしまいました。
今日は長袖を着てないと、寒いです。
暑くて、暑くて・・いい加減にしてくれぇ~って感じだったのに、ちゃんと秋になって・・冬も来ますねぇ。
この数年、ホントに秋が短くなったような気がします。温暖化・・ってことですね。

今週は・・天候のせいにしようかなぁ・・ってくらい、何だか脱力感につかまってしまった感じでした。

母は、ショートから戻って一週間・・眠剤の影響が出ているような気がします・・。
なんとなく、立ちが良くないのです。
夜中のPトイレへの移乗が、危うくなっています。健常側の右足の膝折れをしてしまって、パンツを一人で上げるのに大汗です。
思わず大きな声で「危ないから、目を開けて~」と叫んでしまい、グッスリ眠っている父も起きる程でした。

いっそのこと、リハパンとパッドにしてくれたらいいんですが・・相変わらず出来ないのか、する気がないのか・・。眠いなら・・無理して起きてトイレに行かなくてもぉ

デバスを10時半頃に飲ませて、12時頃までに再度呼ばれたときは、レンドルミンを飲ませます。
それでも2時~3時の間には再度トイレコールがあって・・その時のPトイレの移乗に危機感

それでも・・その後は、七時過ぎまで私を呼ばないので、朝のお弁当作りもなんとか慌てずに済ませることも出来てます。
デバス・・案外効き目あるみたいです。
しかし、本来の、いわゆる・・・精神安定は・・してないみたいですが~

昨日の晩も、1階の玄関のところに「黒いレインコートの男がユラユラしてて怖い」って、何度玄関を開けて確認させられたでしょう・・。それから、時々・・壁に大きな蛾やゴキちゃんも見えるようです。
デバスを飲む前は、幻視は大分なくなってきてたような気もしていたので、もしかして・・かな。

昼間のリハビリには、支障をきたしていることもなさそうなので、暫くはこのまま続けてみようとは思っています。 
もちろん、母を転ばせないように・・十分に注意をしていきたいと思っていますが。

さて、母のリハビリですが・・そのことと絡ませて、遂に我が家もケアマネさんが交替することになったので、そのことについて書いておこうと思います。

母は、週に二度の通所りハビリと、一度の訪問リハビリと、月に一度主治医のいる整形外科で、一ヶ月毎の受診の帰りに病院のリハビリも受けて帰ります。
(週に一度、歯科衛生士さんによる口腔ケアと共に、簡単な発声練習もして頂いてます)

リハビリの内容は、移乗・起立の練習(理学療法)と、左側空間無視の改善の訓練(作業療法)が主です。

母の高次脳機能障害の第一項目に必ず書かれている、左側空間半側無視。
右脳、前頭葉部分の梗塞のために、母には視覚ではない認識ということで、左側が見えません。
何度か書いていますが、目に見えているはずのものの左側が、何故か脳には伝わらないのです。

母と買い物に行くと・・「トイレットペーパーが98円だって!私が持ってあげるから買いなさいよ!!」って。
よく見ると、398円なんですねぇ

芸能人の結婚記者会見をテレビでやってても「男の方は出ないのね」って。
実は・・左側にいるんですけどぉ


訓練次第ではかなりの改善も可能であり・・何より、もう一つの大事なリハビリの起立にしても移乗にしても、身体のバランス・・平衡感覚を保つためには・・見えない部分を少しでも少なくすることが、必要なんですねぇ。

加えて・・梗塞から一年11ヶ月・・母の麻痺側の関節に硬直が出てき始めました。
左足の太腿の裏あたりの筋肉も、悪い意味での硬さが出てきています。
仕方ない時期なのかもしれませんが・・現実は、悲しい
左の掌も、肘も、朝起きると固まった状態です。
そのくせ、末端神経は敏感になっていて、ほんの少しぶつけただけでも、物凄く痛がったりしています。

自分の左側さえ・・認識できず、横を向いて戻る時に左手を下敷きにしてしまっても気が付かなかったり。
麻痺手の擬人化で、何故か「この子」になっちゃうし。

なので自分の身体だと認識させる・・全てはそこからなんです。

自分の左手だと認識出来るようにするためと、何より左手の存在を確認するために、通所リハビリの作業療法士さんはイロイロ考えて下さっています。

最近のリハビリの一環としては、マニュキアを塗ってもらっています。
先月、約一年お世話になった女性の療法士さんが、寿退職されて・・引き継いで下さったのが、まだ若い男の療法士さん。
母の左手の爪に、それは綺麗にマニキュアを塗ってくださいます。

それから、鏡に向かい・・左側に療法士さんが洗濯バサミをつけます。
それを、鏡を見ながら母は右手で洗濯バサミを探して取り外します。
最初の頃は、殆ど探せなかった端の方も今は大分早く見つけることが出来るようになったそうです。

そうやって、リハビリに励んでいる母です。


で、ここでケアマネさんの交替についてが何故絡むかと。
あ~なんて・・文章をまとめる能力がない私なんだろう・・
早く書いてしまいたいのに、なかなか本題に入れない・・・。

これから、母の訪問美容士さんが来るので・・つづくということで・・・失礼致します。 

コメント (7)

秋の一日

2007年09月23日 | 歌の題名。

『秋の一日』:下成佐登子

白いピアノの上に置いた 名も無い詩人の詩集

少し開けた窓から秋風が いたずらにめくっている

何を見ても涙ぐむ やりきれない時間

あなたに会えた日のあの青い空をなつかしむように

好きと書いた便箋折っては 飛行機にして飛ばしてる

あなたがここに居てくれたなら 痛がる程に

抱きしめて離さないのに 好きよ 好きよ 好きなの

頬に涙ひとすじ残って 乾きそうもない夜は

あなたの声を少し思い出し そのまま眠りたい・・・

 

 

中学生か・・高校生の頃、いつも聞いていた「大石五郎」の「コッキーポップ」
秋といえば・・この歌です。

ラジオから流れていて・・何度も繰り返して聴いていました。
私が、ギターばかり弾いて・・歌ばかり歌っていたあの頃。


なのに・・アレ?!
歌詞を見ても・・曲がどうしても出てこない・・サビの部分さえ・・思い出せない

人間の脳って・・どうなってるんだろ。・・て、言うか・・私の脳はどうしたぁ

そう言えば・・中学校の校歌も・・ネットで歌詞を見たけど・・曲が出てこないぞ

私ってば・・記憶力、なさすぎですね娘の頭脳は私譲りかもしれないですねぇ~。




なので・・きっと、昨日や今日のこの想いも・・いつか忘れるんだろかな・・。




忘れたくなくても・・忘れたくても・・忘れちゃうものは・・仕方ないさね。

 

 

今日は・・長女は一日部活です。朝から晩までチューバ一色。幸せな子ですねぇ。
次女は部活と塾との掛け持ちです。
受験生なのに・・引退は10月の中旬、合唱発表会まで・・両立しなきゃです。
本当はお墓参りに行くはずだったのに・・出入り激しくて・・行ってる場合でなくなってしまいました。
旦那と父は、お昼寝中です(旦那は私のすぐ横で、父は母のいない介護部屋で

私は~ノンビリさせてもらってます。ずっとパソコン三昧さぁ


なんでも・・旦那のパソコンが壊れたそうで・・実はこのパソコンが空くのを待ってたらしいです。でも私がどかないから・・諦めたのか・・寝ちゃいました
バイク作りしてる場合じゃないそうです。
パソコンから、変な音がしてるとか・・。大丈夫か?!

ここのところ、今私が使ってるパソコンにエラーが出て・・画面が消えてしまうので、イライラしていたのだけど、今日はこっちは全然大丈夫。へへへのへ~です。

昨日の記事と、この記事をアップしたいので、旦那の想いは寝てなさーい

 

そのかわり・・旦那の大事なものを、私のブログに載せてあげましょう

 赤でしょ~。

   黄色・・  

ハイハイ、緑・・・ね。 

 

                        信号機かい

コメント (27)

想い。

2007年09月22日 | 私。

 

 お気に入りのバラ

 

     頂いた、番茉莉(ばんまつり)

 

今年二度目の花が、咲き始めました。
もう・・終わりカナァって思っていたけど・・また新たに蕾が付き始めて・・なんだか得した気分です
花は最初に咲いたものより、ひとまわり小さくて、色も薄い気がします。
でも・・それがまた淡くて綺麗です。
 

昨日は、暑い一日でした。いい加減・・バテバテの残暑。
でも今日は、昨日とうって変わって涼しい事・・いよいよ秋ですね。

母は、土曜日から月曜日まで・・三週連続のショートです。最終週。


先々週が長女の文化祭での吹奏楽部の演奏会、先週が次女の中学最後の体育祭。
そして、今週は次女の高校受験の面談と弟のお墓参り(これは旦那の仕事のため中止に)
大概が、娘達の年間の予定表を元にして、二ヶ月前に母のショートを決めます。
なので不定期に、ショートに行ってもらうようになります。

母は愛して止まない孫の大切な時を・・別の場所で、過します。
母が元気な時は・・何をおいても一緒に出かけてその目に刻んでいたこと・・楽しみにしていた沢山のイベントの度、母は家にはいられなくなりました。


「私は行けないの?」
そう聞かれる度に・・胸が痛く・・顔をあげられない私です。
どんなに母の分も見てくるねって言っても・・私の目でしか見れなくて。
ビデオに入れて・・後で母に見せても・・母には画面半分しか・・孫の姿が見れません。
母の高次脳機能障害の「左側空間半側無視」のせいです。

もちろんそのリハビリも、一生懸命している母です。
以前は完全に見えないかと思われていた左側、注意を与えると左側の存在に気がつくようになりました。
普段、右ばかりを見ようとするので、母の首は自然と右へ右へと傾きます。
方麻痺になって、そろそろ二年がたとうとしています・・少しづつ・・硬くなった関節・・首も肩も、左足、左手・・痛いところだらけです。
それでも週三回のリハビリと、週五回のマッサージで・・まだまだ柔らかくもなりますから、いろんなこと諦めたり、絶対にしませんが



 

仕方ない事だけど・・今の季節は、実はとっても辛いです。
母の身体も、心も・・私の想いも・・今日は秋の一日に。

ここしばらく思わないでいた元気な頃の母を・・やけに思い出しては、悲しくなってしまっています。
私も季節の変わり目に・・情緒不安定ぎみの私かなぁ~とも想います。


三週続いたショートスティ・・やっぱり後ろめたいんです。

どんなに母が嫌がっても・・それでもショートやディに行ってもらっちゃいます。
一度だって母が「行きたくない」と言っても・・「行かなくていい」と言ったことのない私と父です。
せいぜい・・三泊を二泊に変更することはあっても「行かなくていい」って、言ってあげれません。
今回も、二ヶ月前に予約したショートで・・お墓参りに行けなくなってしまったのだから中止にしても良かったのですが、父の「そのままにしておこう」の一言で・・そのままにしてしまいました。
そんな父は相変わらず、不整脈と動悸があると・・今日のディも行きませんでしたが。

父には行かない自由もあるのに、母には行かない自由がありません。
不自由な身体でも、心だけは自由でいさせてあげたいのに・・そう思うだけで、母には自由がほとんど無いような気がします。
そんな考えても仕方ないようなことを考えて・・なんだか泣きたくなった昨日でした。
久々にユックリは入れたお風呂で貯まっていた涙を流しました。
最近・・ホント、すぐ涙が出ちゃいます。女優になれそ

うぅ~ん・・これは秋のせいではなくて・・更年期に間違いないですかねぇ
なんだかナーバスになっています。

ありがたいことに・・母はそれでも、ショートに行ってくれています。
迎えに来た運転手さんに昨日もキチンと「よろしくお願いします」って言ってくれました。

私の母であることを、ちゃんとわかっている母だからだと思います。
「ゆっくり寝なさい」って言ってくれます。

 

帰ってきて・・大混乱で、どこにいるのかも・・どこへ行ったのかもわからなくなってしまう母なのに・・。
いつものようにいると思っている父や私が、いなかったこと・・怒ってみたりするけれど。

ショートやディに出かけるときは・・しっかりと母に戻って、黙って静かに出て行きます。
本当は・・絶対に・・行きたくはないはずなのに。

行きたくないのに行って・・混乱して・・また、私を呼んでいるんだろナァ。



時々・・感情がたかぶって、悲しみと切なさで一杯になった時、私や母に暴言を吐いて・・時にはベットの上の枕やクッションを投げたりする母です。
どうやったら死んでしまえるのか・・自らは死ねないから・・不意の事故を願ってしまう母です。

どうして自分がこんな風になってしまったのかも・・全然憶えていなくて、動けない不自由な身体を、きっと一人で哀しんでいるんだと想います。

・・それでも最近は、右手でベットの手摺を摑んで・・横を向くことが出来るようになりました。
そのせいで・・麻痺側の左手が・・体の下敷きになってしまって・・夜中に私を呼ぶこともあります。
ジッとしてられない母、ちゃんと健在です。

そうやって、一生懸命にリハビリに頑張ってくれている母です。
少しでも・・良くなりたいと思ってくれている母だけど、心は遠い所を見ているときがあります。
あんなにも、前向きで・・誰よりも元気な母だったのだから・・仕方ないのかもしれません。

母が、ショートやディに行かない・・どうしても家にいるんだって言う日が来たら、もしかしたら、母の心も、もっと自由になるのかもしれないです。

今は・・無理をしている。我慢ばかり、させてしまっています。

 

母の心や頭がクリアな時と、そうでない時が・・めまぐるしく変わります。


今更ながら・・私って、こんなんでいいのかなぁ。


もし・・母のショートをやめたら・・母は混乱しなくなるのかなぁ。
もし・・行きたくないディをやめたら・・母は穏やかにくらせるのかなぁ。


なんて・・考えても・・こうやっていくしか・・ないのですが。

 

いつものように、母がショートに行ってる間・・自分のしたいこと、させてもらいます。母が我慢している分、私はちゃんと・・したいこと・・しなきゃね。
発散させて・・元気でいることだけがとにかく何より母の為なのですよね・・。

 

このところ忙しくて、睡眠不足で、妙に疲れが取れなくて・・自分のことが精一杯でした。
母の気持ちや心の中を見ないようにしていた私だったので、こんな風に、考える日もなきゃダメだなぁって思っています。
考えて・・想い合って・・できる事をするために。

お友達のブログを読んで・・いろいろ思うこともできました。
頑なにならないように・・自分が疲れ果ててしまわないように。
それでも・・母のこと、父のことも・・労って、自由を奪わないように。

一応・・想いだけは、忘れないように。

なるようにしかならないけど、たまには母の気持ちも考えてみなきゃ・・な。
だからって・・何を変えるってことも、おそらく出来ないけれど(しつこい・・ね)

私は私・・母と父と・・娘二人と旦那と、この家で幸せにきっとなるさぁ

 

 



サァ~おもいっきり凹んだから、今度はおもいっきりジャンプするのださぁ~



なんだか、薄い雲が、両手を広げて空でジャンプしてるように見えてしまいました。

コメント (6)

秋の空

2007年09月17日 | 家族のお話。


秋の空・・青くて高くて・・が、しかし・・今週はまだ残暑厳しく真夏日が続くとか。
もういい加減に涼しくなって欲しいと、ホント・・頼むよぉ

 

 

さて、ショートから戻った母は、大混乱でした
このところ・・いつもそうです。
どこから帰ってきたのか・・わからない。
どこにいたのかも・・わからない。
わからないんじゃなくて、わかってるんだけど・・繋がらないという感じです

それを正そうとしたのが間違いなんでしょうね・・怒り一杯で私と父に当たります。

帰って来させたくないから、わざと私を怒らせるんでしょう!」って。
邪魔だと思ってるんでしょう」
追い出したいならハッキリそう言ってよ!」

その言葉を聞くたびに・・最近・・私は「聞き飽きた!」って、言っちゃってます。
母の障害・・いい加減に私も上手く付き合っていけそうなものを・・全然、ダメです。
母の哀しさはわかっています。
苛立ち・・切なさ・・ダレのせいにも出来ないから、尚更怒りになることも。

喧嘩して・・血圧が上るのも怖いので・・早々に退散です。
あとは父に任せて・・二階の居間でパソコンに向ってしまいます。
(コメントのお返事に一杯愚痴ってしまってます・・読まされてしまってる方達・・ごめんなさいぃ

場所の認知が、悪くなっているような気がします。
ショート・・続いてしまったからナァ。でも、仕方ないし・・。


 
次女の体育祭、晴天と・・通り雨で、暑さ爆発でした。                それでも、中学最後の体育祭は・・しっかり見に行けました
去年の体育祭は、母の薬の副作用が発覚し、飛び回っていたのでした。

これまた毎日のように喧嘩している次女ですが・・朝礼台に上って、校歌の指揮をしている姿・・反抗期でちっとも私の言うことなど聞かないムカつく娘でも・・元気に病気もせず、しっかり育っている事に、ただただ感謝でした。

日曜日は、久し振りに父が洋服を買いに行きたいと言い出して・・旦那が近くのIYDへ連れて行ってくれました
ここのところ・・父には冷たい娘でした・・。
いろんなこと・・私が必死に前を向こうとしているのに・・父は立ち止まって、後ずさりばかり・・それは仕方ない事だけど・・もう少し、元気なフリでもいいから・・と。
そんな想いが父に・・冷たい態度になっていたと思います。
父は悪くないのに・・ただ、不安で・・辛いだけだとわかっているのですが。
そんな私の傲慢で利己的な想い・・反省させてくれたのは、お仲間のブログでした。
優しくないのは・・私でした。
なので・・父への謝罪も込めて・・お買い物にお付き合いしました。

引き篭もり気味の父、新しい服を着て・・ディに行ってくれるのカナァ?

ちょっと洒落たベストと、グリーンのチェックのシャツ。ズボンも二本買いました。
母にも長袖のTシャツをお土産に・・母の好きな色、エンジです。
本来は物凄くお洒落な両親です。伊達に洋服屋さんだったわけではないですねぇ。
昔の父に戻ったようで、とっても嬉しかったです。

でもね・・そんな私の心を知ってか・・父もナカナカツワモノです。
「家で着る服が腰のコルセットで入らなくなったから」と・・こうきましたか

それでも、心不全もどこへやら・・結構長い事歩けてました。
流石に・・疲れた様子でしたが、普段と変わりなく食欲もあり・・大丈夫なんだよな~と、認識してしまった私です。
まぁ、無理強いはしませんが・・ちょっとは・・外へ気持ちを向けて欲しいしなぁ。

そうそう・・父、大きな心配事が待ってるのでした。
長い事・・苦しめられていた歯、とうとう抜く事になりました。
それも・・訪問歯科衣さんに、我が家で抜いてもらう事になったのです。
ワーファリン・・止めずにやるそうです。だ・大丈夫カナァ・・

一応、大学病院の心臓外科の主治医とは、コンタクトを取ってくださっているようです。腫れて・・化膿しやすい歯・・思いきることにした父です。

突然の決断だったので、母のショートに重ねる事が出来ず・・来週の月曜に。
何故か祝日なのに、抜きにきてくれるそうなのです。
お彼岸だから・・弟が父を守りに来てくれてると信じて



ショートのお便り・・夜はデバスだけで眠れていると書かれてました。
母の寝息・・少し前にモニターから、聞えてきましたぁ。
ソロソロ、私も寝なきゃです。

 

そうそう・・こんなの頂きました・・。 
鼻血・・出ちゃうかなぁ・・

 

今週は・・「どんだけ~」寝れるカナァ


「どんだけ~」・・って、意味が違いますね ・・・ゲ!
でも・・「そんなの関係ない~」  ・・・・・へ!

コメント (11)

セプテンバーバレンタイン。

2007年09月14日 | 歌の題名。

セプテンバーバレンタイン

作詞 斉藤敦子

ひとり歩きに 何もいらない
夢だけ食べても 生きていけると
精一杯の強がり言って
そんなに悲しい瞳を 誰に向けるつもり

愛しているから さよなら言うの
見つめることだけが 愛じゃないわと
笑っていないよ 君の瞳が
そんなに悲しい言葉を どこに捨てるつもり

September Valentine
嫌いさ こんなさよならは
Unhappy Valentine
もう後ろは 振り返らないよ

September Valentine
嫌いさ こんなさよならは
Unhappy Valentine
もう後ろは 振り返らないよ

愛しているから さよなら言うの
見つめることだけが 愛じゃないわと
笑っていないよ 君の瞳が
そんなに悲い言葉を どこに捨てるつもり

 

もう、何年も前に「佐々木幸男」さんが歌っていた歌です。
今日になったら、この歌をUPしたいなぁと思っていました。
何年もたって・・今日はバレンタインデーの半年後で、女性から男性を振っていい日だってことを知りました。って言うか・・そういう日にいつの間にかなってたことに、驚いてしまいました。

私がこの歌を好きで聞いていた頃・・確かに、この歌はハッピーな歌ではないんですけど、私にとってはハッピーなことがあった日だったのでした。
秋の空の下、海岸通りをドライブしてたんだなぁ~私私にもあった、二十代のキラキラの時。


それから何十年かたった今日は・・忙しくて、動きっぱなしでした。
あの日、こんな日が数十年後にくるなんて・・思いもしなかったナァ。ハハハ

いろんなことのあった週でした。


長女の高校の始めての文化祭、吹奏楽部の演奏会・・一人寂しく見に行くはずが、旦那が仕事が早く終わったとかで一緒に行く事が出来た日曜日。
でっかいチューバを真っ赤になって吹いてる娘は、白いブラースに黒のパンツ、中学生の頃に比べたら・・本当に大きくなりました。
勉強もしないで・・・ひたすら部活に励む娘、それもまた・・かけがえのない時間ですねぇ。
久々に、旦那と並んで・・クソ熱い体育館でしたが、まったりノンビリ過しました。
 上手く撮れませんでしたぁ~。こんな写真ばっかでしたぁ・・・

その為に、ショートにお願いした母が帰ってきたのが月曜日。
なんだか・・帰るなり不穏で、ドコに行っていたのか・・瞬間的に忘れてしまいました。
今ドコにいて、さっきまでドコにいるのか・・昨日からわかんなくなってる・・って言ってました。
夜に向って行く毎に、怒りばかりの母になり「私は邪魔」「久美子もジイも嘘付いてばかり」「どうせ私の頭は狂ってるんだから・・」って、悪態ばかりついていました。

おまけに、ブチ切れて・・お皿を投げようとしたり。
まるで、星一徹のようでした~
もしかして、デバスの副作用か?!と思ってしまうほどでした(違うようです)


それでも、週中頃には落ち着いて、リハビリ頑張る母になりました
三ヶ月振りの血液検査の結果を代理受診で母のディの日に聴きに行きました。
血糖値は130と前回よりは高めで、ヘモグロビン値は5・0と少しUPしてしまいました。
体重増加・・気をつけないとです。
それでも、まだ正常値なので、つまりは安定してきてるとのことでした。
脳損傷による一過性の高血糖で・・母の場合は糖尿病とは言わないそうです(糖尿病予備軍ですね)
内臓も全て大丈夫とのことでした


母の体調は・・ともかく、父の方が・・

相変わらず・・病院以外は出かけません。
心不全・・不整脈と、動悸はまだ本人曰く・・時々出るそうです。
ディにも、全然・・行く気がないみたいです。
何かあったら、ディに迷惑がかかるから・・って、母に言い訳していました


それから・・他にも書きたいことはあるのですが、明日は次女の中学最後の体育祭なので・・体力温存するために・・寝なきゃです。
モニターから、母の寝息が聞こえてきます。

母・・今週も二泊三日でショートをお願いしてしまいました。

今週は・・というか、今月は・・母親業を優先してしまいます。


ごめんね・・母様

コメント (12)

明けない夜はないけれど・・・。

2007年09月08日 | 家族のお話。


台風・・凄かったですぅ。
暴風雨でした。

だけど・・止まない風雨はないんですねぇ。
空は、青くて吸い込まれそうです
 


ブルースターの蕾も台風一過と共に咲きました。
シジミ蝶が、ランチタイム

天気もそうですが・・朝も、必ずくるもんですね。

このところ・・また母は寝ません
いったい・・どうしてこうも、寝なくて大丈夫なのか不思議です。
健康じゃないから・・寝れないのカナァ

眠たい私は、健康なのか~。ありがたいけど・・辛い夜が続きます。

感情を抑えて穏やかに「大丈夫よ、付き合うわよ・・」言ってあげられません。

「イイカゲンに・・寝て!お願いだから、せめて寝れないなら・・静かにしてて!
「明日もお弁当作らなきゃいけないんだから・・・ナースコール、手に持たないで!

我ながら、意地悪だよぉ~私。
「一刻も早く寝たいんだぁ」光線出しまくって・・キィキィ言っちゃいますぅ。うぅ~・・。


目覚めると母は一人でいられないんですねぇ。
父が隣に寝ていても、左側の父を・・見落としてしまいます。
まして暗くして寝てるから・・怖いのかもしれません。

ただ・・やっぱり、淋しいのカナァ。

眠剤を飲むのが10時半頃、トイレに行って・・オジサンの薬を塗って・・。
11時過ぎに母の寝息がモニターから聞こえてきます。

私も、一緒の時間に寝ればいいんだけど・・。
少しは、パソコンもやりたいし・・娘たちとも喋りたい。
何より、旦那が最近・・遅いんです。
おそらく仕事・・多分仕事・・きっと仕事


次は決まって12時半ごろ。
その時は「まだ寝てないから大丈夫よ」って、にこやかに言ってる私なんだけど。

ここからが・・ね。


2時半~3時半ごろ・・いわゆる、丑三つ時ってやつですか・・ちょっと怖い時間です

これだけの夜もあるのだけど・・そこから始まる夜もある。と。

たまに、パッドにしてくれてた母だったりすると・・全身ビッショリと・・汗と、横漏れのチッチ。
着替えて、拭いて・・三十分はバタバタします。(要領悪い私ですぅ)
大が出たいと言う時もあります。

でも・・毎度のこと・・夜中に大は出ないのですよ。

挙句に、日によっては、トイレコールをした母ったら・・Pトイレに座ったまま寝ちゃったりしています。
当然、チッチも出ません。
Pトイレに音がしない・・したと言い切る母ですが、そんな気がするだけなんですぅ。

「そんなに眠いなら、寝ててくれぇ。
パッドにしてしまえ~
だいたい・・出ないのに、何で呼ぶ!?」

私は本当に・・優しくないんです寝てくれぇ~ばかり。

そんなこんなで、再度布団に入ったのが3時過ぎです。

だけど・・だけど・・こうなっちゃうと・・寝てくれない母です。寝れないんですぅ。

母はコールボタン・・触っているのか「ガチャガチャ」と。
このコールボタンについてるマイクが・・クワセモノですねぇ。

私はこの音・・大嫌いです。

母の辛さも、わかるから。
わかるけど・・

虫の声しか聞こえない静かな夜中・・耳障りに鳴り響いて、寝れないのです。あ~
虫の声より高らかに~秋の気配にまじって、母の気配(なんちって)

三十分・・我慢したけど、うるさくって・・再度母の所に降りていきます。

高次脳機能障害のせいで、時間の感覚がないんです。
だから・・夜中でも、目が覚めると朝の気分。

まだ辺りが暗い夜中でも、毎朝起きがけに飲んでる骨粗鬆症の薬の「アクトネル」を飲ませてくれと言い出すし。

いくら今の時間を言っても・・わからなくなっちゃってるんです

後遺症だから・・そういう障害だから・・仕方ないけど。
母だって、出来れば私を起こしたくはないことだって・・ちゃんとわかってるけど

お腹が痛いからトイレに行きたいって・・座らせても、ウトウトし始めて。
ベットに戻せば・・目はパッチリ。

ホント、赤ちゃんに戻っちゃうのかなぁ

何度かそんなことの繰り返しで、三階に戻るのをやめて・・居間の畳の上で寝たのが四時半。

再び父を呼ぶ母の声・・5時半・・。

その間・・父は全然起きません。

父も眠剤を飲んでるし、難聴だから・・心不全だ。
実際、以前は起きてくれてました。
この頃は、起きません。起きなくていいとは、私も言っていますが・・・。あ、起きる時もあります。
父も、利尿剤・・飲んでいますので、チョコチョコ目は、覚めるようです。

母の父を呼ぶ声・・もしくわ、父を起こすために落とす枕、クッション・・上掛け布団を落とす音。
母も必死なんでしょう。

夜中の・・マイクから聞こえる音・・

一年前と違って、母は大分良くなりました
それゆえ・・ベットの手摺を右手で持って、身体を横向きにすることが出来るようになっています

でも・・それゆえに困ったこと

右側に向いた身体・・麻痺の左手は動きません。置き去りになってしまいます。
右手が疲れて手摺を放したとき、母の身体は元に戻っていますが・・左の麻痺手はからだの下敷き。

時々・・自分の左手だってこと、忘れてしまう母です。
だけど・・亜脱臼の肩の痛み・・わかるようになりました。
だから・・必死に左手を身体の下から抜こうとするけど・・・抜けないんだって。

そんなこともあるので、結局起きて1階に行くしかないんです。

イイカゲン・・毎晩これだと・・辛い~です。


そして今日・・とうとう大寝坊してしまいましたぁ~。

土日出勤の旦那・・六時に起こしてくれって言ったのに。


4時半に起きた母は、今日はそれきり私を起こさないでくれたのですが・・それゆえスッカリ爆睡の私



そうそう、実は・・今週あった脳神経外科の受診の時(折りしも、台風上陸前日)に、再度主治医のS先生に・・睡眠のことを話しました。
それでも母は元気だし、寝足りてない様子もないのですが・・私の寝惚けた顔を見てか・・S先生が案をだしてくれました。

いつも寝る前に飲んでいる眠剤は「レンドルミン」ですが・・それを飲む前に、軽く導眠剤を飲んでみましょうか・・って。
それを飲んで、夜中に目が覚めてトイレに行った後・・やっぱり寝れない時にレンドルミンを飲む事にしましょう・・って。
これだと、翌日のリハビリに触る事はないでしょう・・ってことです。

出してもらった薬が「デバス」
以前、私が喉の異物感の時に出して頂いた・・精神安定剤でした。

気持ちを安定させる事によって・・眠り易くなるってことですね。処方箋にはそう書いてありました。

で・・「レンドルミン」は眠りを持続させる働きが主だそうです。
母の場合、持続時間が短いですがぁ。


眠りは・・精神的な問題がとっても大きいそうです。

それについては母の場合もその日のうちに、発覚しました

母は主たる薬を朝昼晩、まとめて一包化して頂いているので・・処方箋を出しても薬が出来るまでに時間がかかります。
なので、出来た薬を頂きに行くのは、処方箋を出した次の日にしています。

なのに・・受診をして、新しく薬をもらうことになったその日の母、夜中に一度私を起こしただけでした。

薬が変わったから良く寝れたわ~だと。
おまけに、朝になっても薬が効いてる気がするってぇ・・・

まだ・・飲んでないのにね

結局、昨日はじめてレンドルミンの前にデバスを飲んだわけです。

夜中二度コールがありましたが、すぐに寝なおすことが出来ていたので、レンドルミンを飲ます事はしませんでした。

で・・・朝も、頭クリアで・・私を起こさずいてくれたわけです。
精神的に落ちついているときは、正しく母なのです。

母は、あれこれ言ってても、娘には・・出来れば辛い事はさせたくないとか・・思ってるんですねぇ。



しかし~母のコールボタンで起きた時・・なんと七時半でした

私を起こさないように、トイレも我慢してくれてたんだって。

それが・・・裏目


慌てて旦那を起こして・・ダッシュで1階の母の元へ。
旦那が・・何やら言ってたけど・・・私の頭はパニック。

母をトイレに座らせて、骨粗鬆症のアクトネルを飲ませて・・父を起こして見守りを頼んで・・・。

その間・・旦那は、黙って出勤。
「行ってくる」くらい・・言ってくれればいいのにさ・・そりゃ・・悪かったけどさ。
二階の玄関のドアの音に、慌てて1階の玄関から出てみれば・・早足で歩く旦那の後姿がありました

怒らないとは思うけど・・一時間半の寝坊・・・。
まづい・・・よな。
一応、謝りメールをしといたけど・・返事こないんだナァ~これが・・・。うぅ~・・・。

今日は、東京の現場へ車で行ったのでした。
土曜日だし・・渋滞する前にってことだったんだけど・・モロ渋滞時間に出て行ったぁ。ウギャ!

でね・・長女だけは・・六時に起きてたんですねぇ。
文化祭一日目・・クラスは「カキ氷屋さん」をするそうで・・。
化粧するために・・早起きしてたそうです

起こしてくれればいいのにねぇ~。
下手に起こして「まだ寝れたのにぃ~!」ってお母さんに言われるのムカつくから・・だろな。ハハハ。


とにかく・・八時にヘルパーさんが来る前に、両親の朝食の準備してぇひたすらバタバタ


母はそうして・・出かけて行きましたとさ。

今回は、夏バテぎみの私を気遣って・・文句も言わず、行きたくないけど行くって・・言ってくれました。



父は・・ディだったんだけど・・またしても、お休みです
もう・・全然、行く気がしないようです

父のこと・・イロイロ思ってしまいますが、本人・・行きたくないんだから、仕方ないです。


だけど・・家族、来訪してくださる母関係の方達、病院の関係者以外とは・・接する事もなく。
狭い部屋の中で過ごす日々

母と私が散歩に出ても・・父は家にいるんだものぉ。
一緒に行こうって母が誘っても・・ダメなんだものぉ


このままじゃ・・引きこもりになっちゃう。

なんとなく・・話してても、ポーってしてる時間があるし。
物忘れが多くなったような気もするし・・。

身体の調子も心配だけど、そっちも気になる私です。

父は、もう何年も神経内科に通院してるけど・・自律神経失調症、不安症はナカナカ・・手強いです。

というわけで・・・今日から二日間は私の休息日
なんとか時間通りに母を送り出せたので、家事を終えて・・あとはもう、冷房のきいた居間で一人ですきなように過してます。
上の娘は文化祭、下の娘は塾でーす。

今日はレトルトカレーに決定しているので、朝は一杯寝たことだしPC三昧。グフフです。


なんだか・・少しだけ気持ちが下向きの今週だったので、矢印上向きにしなきゃなぁ。

更年期・・のせいなのかなぁ~何を見ても涙が出ちゃった今週でした。可愛いもんです。ゲ!


台風一過の秋空は高くて・・ほんの少し、夜風が心地よくなりました。

   赤白リップも!


台風の前日から・・一応屋根の下に非難させてた花の鉢、根っこが伸びて動かせなかったブランターの小花も・・風で花びらが随分と飛んじゃったけど・・今日は盛り返しております。

   ミニバラも

皆様も・・夏の終わりに、風邪ひかないで下さいね

コメント (23)

秋の声。

2007年09月04日 | 私の好きなこと。

気が付けば・・虫の声がしています。

SEPTEMBERですねぇ。
やっと、涼しくなってきました。
暑すぎた夏のせいか・・我が家の花がなんとなく~初夏気分になってるような・・。


風船葛も、今頃になって背を伸ばし始めました。小さな白い花が可愛いです。
         ホットリップスと風船葛。 この花が、ハートの種になるのですぅ。

赤白だったホットリップスの花が・・。 
白に変身!?
 


ナカナカ咲かなかった古株のランタナもやっと花をつけ始めました。 コレもまた・・小さな白と、ピンクの花です。


去年、母のリハ病院の近くで買ったランタナは、玄関横ででっかくなって・・広がっちゃって~。  
 ちょっと・・邪魔かも・・。

 

ピンクカスミソウが、またまた花を少しづつ増やして咲き始めました。
     バラの根元に咲いてます。

 

家の裏の隙間・・去年はションボリとしか咲かなかったおしろい花が、ビックリするほど大きくなってました。

  白い露草のあったとこです。

ブルースターも、また蕾がついています。 

 

可笑しな私の花たちは、秋の声が聞こえたら・・またまた不思議を見せてくれております。

両親の部屋の窓の下は色とりどり。

 

それにしても・・チンマイ花ばかりが咲いています。
って言うか・・チンマイ花が好きなんですがぁ。

 

このところ、明るい話しがなかったので・・少し花でも愛でて、気持ちを穏やかにしようと。

両親も、そして伯父も・・ちゃんと元気に?やっております。
私も歯医者通いを始めて、父が自転車を買ってくれました(26インチ三段ギア付きのママチャリ)
今時の自転車は、暗くなると勝手にライトが点くの知ってましたぁ?

娘達も二学期が始まって、明日からはまたお弁当作らなきゃです。

礼子さんのマラソンを見て、おもわず涙が出てしまいました。
マラソンを見て泣いたなんて始めてです。
来年のオリンピックの切符を手に入れるため、最後まで諦めなかったんですよねぇ。

私も、頑張ったら何か手に入れられるカナァ・・・

コメント (16)