頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんなんだいったい。

2009年05月30日 | 私。

先日、学生時代から大好きだった、栗本薫さんが亡くなって・・とてもショックでした
思い立って、押入れの中にしまってある、古本屋さんの匂いのする文庫本を出してみたりしてました。

推理小説、エッセイ、SF、童話、恋愛小説・・ファンタジー・・伝奇。凄い人です。

世界で一番巻数の多いグインサーガシリーズは、126巻まであり・・未完になってしまいました。それに関する外伝もあるので、もの凄い巻数です。
いつか暇になった時、ゆっくり読もうと思ってダンボールにしまってあったはずなのに・・いったいどこにしまったのか・・とうとうわかりませんでした。

魔界水滸伝も20冊、続編はやはり未完のままになってしまいました。

OLだった20代は、新宿から自宅までの小田急線の中・・カセットウォークマンで好きな歌を聴きながら、栗本薫の本を読んでたなぁ。
それこそ、家の本棚には・・栗本薫の本しかないんじゃないかというくらい並べていた私。


いつかまた、あの風景に戻って・・のんびりと・・出来る日がくるのかなぁ

 

ディから帰ってきた母は、帰ってくるなり「お帰り~~お疲れ!」の私の言葉に「帰って来ちゃって悪かったわね!」とか言ってくれちゃって・・
トイレをちょっと待たせたら・・「帰って来た私が間違いだった・・」とか悪態ばかり

まぁ、いつものことではありますが・・それもこれも、私が最近・・文句ばっかり言っていたり、イライラしていたりするからなんでしょね


以前の私は、もっと母のことや父に対して、優しかったような・・気がします。
突然、思いがけなく脳梗塞になんてなってしまった母のことが、哀れで・・残念で・・元気だった頃の母のことや、これから描いていただろう楽しいことを思いつつ・・泣いてばっかりいた時期もありました。
自分の身体にのしかかってくる大変さより、無くしたものへの無念さで・・オロオロドヨドヨしていました。

でも、現実は厳しくて・・後ろを振り返って泣いていても・・母の病気がどうなるものでもありません。
元気だった母が、歩けなくなっただけのこと。
それでも頑張ってリハビリを続けていれば、きっと小さな奇跡くらい出会えるはずだし。

自分の大変さも、誰かが変わってくれるわけもなく。
いつでも、いろんなこと・・なんとかならないか・・って、必死になって探しています。
なんとか今の生活を維持するために、凹んでる場合じゃないもの。
で・・気が付いたら、泣かない代わりに、怒ってばっかりいます

ちょっとセンチになりそうな時も・・今はなるべく・・過ぎたことは考えないようにしてみたり。
起こってしまったことは、もう仕方ないから・・結論が出るまでは忘れてしまえ・・とか。
だから・・優しい気持ちになれないのかな。

そう・・あの手紙の詞が、妙に痛い気持ちになって反発しちゃうも、そのせいかもしれませんね。

 

更年期障害バリバリですから・・まわりの皆様、諦めてくれませんかね・・なんて、違うけど

先週の水曜日、婦人科に再診に行きました。

三時間待って・・数分の受診
こんなことは初めてです。
どうも、病院の体制が変更になるらしく・・それもあってかな?
大きな病院は・・予約時間があってもないような・・体制が変わると改善されるのかもしれませんが。

女性ホルモンを数日飲んでみましたが、副作用(筋腫の癌化発生率が高くなるとか、血栓が出来やすくなるとか、肝臓に障害を受けやすいとか)の怖さを知って・・飲むのをやめちゃいました。
不思議とフラッシュバック(カーっとして、ドバァと大発汗すること)がなくなったのですが、そんな早く薬が効くなら、お医者はいらないですな。

ちゃんと医師に告白して・・医師も、出来ればホルモン剤は飲まないほうがいいから・・と、次に出た薬が「グランダキシン50」自律神経の緊張をほぐし、症状を和らげる薬でした。
一ヶ月飲んで、また再診。

うぅ・・・やっぱり、ココですかね。

母の入院中には、筋肉の緊張をほぐす薬をもらって飲んでいましたっけ
そんなに・・日々緊張してなきゃいけないなんて、かわいそうな私だ。ナンテ~~


お肌の曲がり角から・・あと数年で倍・・と、今度は身体の曲がり角。
上手に、曲がっていきたいものです。

とりあえず、酷い欝になってってこともないので・・今まで通り、ヘラヘラ頑張ります

 

が・・・

 

またまた、今は明日のことを考えまい・・の、出来事がやってきました

 

久し振りに、両親揃ってディに行ってくれた今日でした。

元気に帰ってきた両親に、心からの「お帰りなさい~~~。お疲れ様~~。」を言った私です。

いつものように、車椅子を部屋に上げて、車輪を拭いて・・トイレに母を連れて行ったのですが・・。

立たせたときに「左(麻痺側)足首が痛い!」と顔をしかめる母

昨日、整形外科の受診がありました。
レントゲンに写った母の骨折部位の隙間が、ちょっと狭くなっていました
少し骨が付いてきたってことです。

医師も、この調子で頑張りましょうって、嬉しそうに言ってくださったのに。

 

今度は・・足首・・っていうか、足の甲

 

どうも、ディでのトイレ移乗の時に・・ニーブレスをしているがために、左足をうまく運びそこねたような・・。

母は、その時・・確かに痛みを感じたらしいのですが・・言わなかったと。
父にさえ・・黙っていたようなのです。

「みんな、良くしてくれるのに・・痛いとか言えない」って

普通に車椅子に乗って帰ってきたものの・・段々痛くなってきたらしく。

シップを貼って様子をみていたところ・・夕飯の時に車椅子移乗をする際には、痛くて冷や汗かいてる母なのでした。

 

「・・・。」


見た目は・・よくわかりません。
今日は特に車椅子に乗っている時間が長かったので、足の浮腫みも強くて。

 

「・・・。」

いろいろ・・想像しちゃうと、コッチの方が泣きそうです。

こんな時こそ、考えない・・のが、一番かと。

 

有難いことに、かかりつけの整形外科は日曜日も午前中は受診できます。

明日・・行ってきます。

どうか最悪なことになっていませんように。

 

前記事のコメントのお返事する前に、書きかけの記事とくっつけて、気持ちをなんとか静めようと一気に書いてしまいました。
結果が出次第・・お返事書きますので待っててくださいね

コメント (10)

薬2。

2009年05月26日 | 私。


ブルースター(今年は沢山蕾をつけました。鉢も二個復活)もうすぐ満開になるかなぁ。



 ピンクのバラのプランターからも、一本元気に育ちました。



 



                  ブルーベル(鉢を大きくしたら・・どんどん大きくなりました)

 

 




       チドリソウ(毎年種を蒔いてましたが、今年やっと種から咲かせられました)

 

 


                       
              白のカンパニュラロトゥンディフォリア(毎度長い名前・・です)

 ロべりア(箱庭の隅に一輪だけ咲いてました。小さな鉢に・・)


 

春の花がそろそろ色あせて、夏の花が咲き始めました。

今年は・・買ってない~~です。
今のところ・・。

定額給付金も入ったけれど、娘達の授業料に消えました~~


 

今日母は、三泊のショートから帰りました。

案外と・・落ち着いてるかなぁ~と思いきや、ショート先で一緒になった利用者さんの一人を、自分の姪だと信じ込み・・ちょっと大変でした。

その利用者さんは、通所リハビリでもご一緒するらしく、いつも母の見当違い・・に、付き合ってくれてるようです。

いいのか・・悪いのか・・

他の親戚に電話して、その姪だと思い込んでる利用者さんの話を、長いこと聞かせてました
聞いてた親戚・・なんのこっちゃ?でしょうが・・ともかく会話は成り立っていたようなので、そのままにしておきました。
母の障害を理解してもらうのは、なかなか大変で・・かなり認知症が出ているなぁ~と思ったことでしょうね。
それでもとにかく・・三泊四日・・頑張ってきてくれた母なので、次は私が二週間、頑張らなきゃです

ここのところ体調がイマイチで、母のショート中も・・その前も、とにかく眠くてダルクテ・・ショート中は半日寝てる日もありました。
ぐっすり眠りすぎて、起きた時に朝かと思ってしまったり。
もしかしたら、母も夜中に起きた時・・そんな風に思うのかなぁ。

よく寝た三日間なので、今は、すっかり元気です

何故か更年期障害の症状も・・ここ数日は出ていません。


あ・・行ってきました。
先々週の水曜日、母をディサービスに送り出した後、家の近くの国立機構病院の婦人科へ

「とにかく、凄い汗なんです。
グワァ~っと熱くなったかと思うと、ジワジワ~のポタポタ。
汗をかき過ぎて、なんだか息苦しいというか・・動悸息切れってやつですね。
それから、手足の痺れもあったり・・ともかく、テレビでやってる「更年期障害」の症状だと思うんです。
ドバ~っと汗が出た後、サ~っと引っ込んで。
もしかしたら、このくらいのことで・・なのかもしれないと思いつつも、
私のその状態を偶然に見た人は、本気でビックリしちゃってましたさし。
両親のところに来てくれている訪問看護士さんにも、婦人科へ行きなさい~~って言われました。
更年期障害の症状だけでなく・・自律神経失調ぎみだと、こういう症状になるそうで・・ちょっと心配されてしまいました」

と・・いうようなことを言ってみました

婦人科の医師は、半年に一度、子宮検診(癌と筋腫)でお世話になっています。
以前、ブログのどこかに書いたと思うのですが、不思議な縁のある医師で、娘二人を産んだ大学病院で、お産の定期健診をしてくれていた医師でもあります。
大学病院から、移動されて、再びお世話になったわけです。

で・・先生「女性ホルモン、飲んでみようか」って。

プレマリン(0.625㎎)」を二週間分処方されました。

今まで一年毎にしていた子宮ガン検診も、半年ごとにはしなきゃいけないそうですし、肝臓のチェックも必要だそうです。

薬の副作用・・いろいろ、あるようでちょっと怖いです。

不思議と、数日飲んでから・・「ほてり&発汗」が治まって・・あまりにも早い効き目?
それとも、もしかしたら・・精神的なものなのか・・。

でもやっぱり・・副作用が気になって・・実は今、飲むのをやめちゃいました

今週、再診があるので・・よく話を聞いてきます。

私としては・・漢方薬を処方してもらえるんでは?と思ったんですが、やっぱり・・東洋医学と、西洋医学・・なかなか難しいのでしょうかねぇ。

 

てなわけで・・もう一つの薬の話しはコレでした。

これから暑くなりますが、バテないように・・どなた様もお大事に


 

 

 

        おまけ~~

 お菓子の詰め合わせが当たりました~
(しかし既に・・私と娘達のお腹に・・ほとんど消えて行ってしまいました

コメント (18)

薬1。

2009年05月20日 | 私。

母が増やしたゼラニュームが、満開になりました。
私が増やしたスミレやミニバラの後ろで、今年もピンクの花を沢山咲かせてくれました。

 紫陽花は、今年も・・。

今年はミニバラも、可愛らしく咲いています。

 

今日は暑いです。暑いのは・・やっぱり苦手だなぁ。
そう・・更年期障害の「ほてり&発汗」バリバリですし
前回のUPから、またまた随分とたってしまいました。
なんだかんだと忙しく・・バタバタピーピーの毎日で・・今日は久々に昼にパソコンを開けられて

なので~~ハイ・・長くなりそうです

 

骨折事故のことで、事務長さんに呼び出されました。
いったい何を伺うまで・・憂鬱でした。
でも、案ずるより・・でした。
誠意ある対応をしてくださいました。
心からの謝罪、今後の対応改善、きちんとしてくださいました。

入院費の保証もしてくださることになりました。
今後も、母を支え、家族に協力してくださるそうです。

きっと、私達家族にとって、今まで以上に信用し・・安心できる場所になったのではないかと思います。

よかったです

それから、リハビリ状況と、今後の方針、計画書の説明も受けてきました。
入院前に担当だった療法士さんが退所されて、新しく担当になった療法士さんのS先生。

細~~
い(ウラヤマシぃ)

 最初は握手。(しっかり座ってる母です

  ハイ!僕の手にタッチして~と先生。

 

 ハイ~今度はココね~ととっと・・の母。

母、頑張ってました~

大腿部骨折して三ヶ月の入院、毎日リハビリをしてもらえてたおかげで、入院前と変わらず・・一人で固いベットの上なら、こうして多少の動きを入れても、座ってることができてます。

まだ、左麻痺足の大腿骨・・骨折したまんまですが

それでも、リハの先生に適当な刺激と付加を骨折した足にも与えてもらわなければ、骨は丈夫にならないらしいのです。くっつかない・・らしいです。
そして、ニーブレスでくるまれた麻痺足のより不自由さ・・を、補うために、右足は強く逞しく鍛えられていきます。

母はこうして頑張っています。頑張ってもらわんとです。

そうそう・・渡された計画書にある長谷川式の検査の結果は、25/30でした。
前回より、8ポイントUPです

入院中は・・今回の半分くらいしか、理解出来ない母のようでした。

今も、見当識障害はかなり強く出ていますが、それ以外は実にシッカリとしてもおります。
そのお陰・・か、ベット上で出来ていた排尿も、すっかり出来なくなってしまいました

そうなると、夜中は二時間毎にナースコール
朝方なんて、寝れなくなっている母は・・どうでもいいことでナースコールボタンを押してくれちゃいます。
フラフラしながら階段を下りて母の部屋へ行けば・・寝息を立ててるしぃ

ホントに・・一日三時間の睡眠時間じゃ・・やっぱり私の思考回路もアヤシイ動きををしちゃいますぜ。

おまけに最近どうもお腹の調子が悪くって、突然胃がキリキリでゴロゴロピーヒャラヒャラ~~身体中、あっちこっち痛いし・・と、一杯の言い訳~~

実は・・間違いをやらかしちゃいました

夕飯を食べて、いつものように母に薬を飲ませて・・。
確かに「あれ~?薬、二錠だったっけか?」って、思ったんです・・私。
何でちゃんと確認しなかったのかなぁ~~~

しばらくして、翌日の通所リハビリの用意のために・・薬の袋を見てみたら・・残っていたのが「夕食後」

やっちまったぁ~~です。

一日分を一包化してもらってるがゆえの・・ミス・・なんて、人のせいにしてはだめです

実は、夕飯の後に飲ませてしまったのが・・導眠剤代わりの安定剤の「デバス」と睡眠薬の「サイレース」

普段は、寝る前の11時頃に「デバス」を飲ませ、次のトイレコール後に「サイレース」を飲ませていました。
が、毎晩二時間毎のトイレコールにチョッと対応出来ず(私が起きれないで返事だけして寝ちゃうんですけどね)医師に相談したところ「デバス」と「サイレース」を一度に飲ませてみたらどうかと。

で、ここ数日・・そうしてみてるわけです。

いつもなら「デバス」と「サイレース」は一包化してなかったんですが・・今月から一包化してもらっており。

つい・・一日の最後に残った二袋・・間違えちゃいました  

        母の飲んでる薬です。

入院前は、これを全部くだいて顆粒にしてもらっていました。
嚥下障害はない母ですが、飲み込みにくいと感じる時期もあったので、ここ二年は。
なのに入院中は、錠剤のまま飲まされていました。
でも、なんだかその方が、喉にまとわり付いて残るって感じがしないらしく、今はこんな感じになっています。(ちなみに、母の愛用している皮膚万能薬、アズノール。よく効きます)

父は、違います。
父の方が、母より薬の量は多いとおもいますが、
一週間毎に、薬をベットの上に並べて、そりゃ~時間を掛けて分けています。
父も一包化してもらえばいいのに、どうも信用出来ないようで・・まぁ~仕方ないですが

ともかく母の薬は、ずっとこうして「一包化」して貰っています。
とても助かります
 

カルテに「一包化」と医師が書いてくれて、処方箋にこの三文字が書いてありさえすれば、薬局で仕分けをしてくれます。
(多分、それなりに負担額もあるんだと思いますが、母は一級障害者で医療費はかからないので、負担金はありません


知らなければ・・自分でしなきゃいけなかったことです。
でも、知っていれば・・面倒な作業をお願い出来ます。

介護についての番組が、このところ、本当に多いと思いませんか?(突然話が・・

「手紙」という歌も、流行っています。
(これについては、確かに胸に染みたし・・素晴らしい歌です。
demo・・現実に介護する側にとって、かなりの重圧だったり・・私だけかなぁ
子供の頃を思いださなくっても・・ちゃんとわかってるし~。
私は、今子育てしてるけど・・老後のことを考えてのことでは・・ないし~。
いつでも、優しく接していたいけど・・出来ないこともあるってことも、わかって欲しい。)
                                     (親愛なる両親へ・・


「介護生活・・大変ですね。頑張り過ぎないでください」

最終的には、コメンテイターの言うことは、そればかりのようで。

例えば、こういう支援、こういう良策、こういうサービスがある!みたいな話しは全然出てこないような
あるでしょ~~なんかしら。
実は!みたいな。・・ないのか?!



「ディやショートを利用して、なるべく一人で抱え込まないように・・。」

そんなん、在宅してる私達は知ってますってば~。

「老健、特別養護老人施設があることを念頭に・・」

使えませんぜ・・ 


先日見てたテレビのワイドショーでの介護者の話しには、胸が痛み、切なくなるばかりでした。

私より、一つ上の介護者・・独身の娘さんが、一人で母親を介護されているのですが・・介護保険を使っても、いえ・・使うから、お金がない。
親の年金と・・自分の貯金を切り崩しての生活だそうです。
その結果・・娘さんは、一日一食しか・・食べないそうです。
バリバリと働いて貯めたお金を・・介護するためだけに使わなきゃいけない。
介護するから・・フルには働けない。働きたくても・・ホントに一人で看てたら、無理ですよ~。

なんとかならないでしょうか。

いろんな介護の仕方があります。

比べるとかではなく・・。 

うちの母も、生活全般に介助が必要な要介護5です。

沢山の介護保険でのサービス、それだけでは足りず・・支援費も出してもらっています。

それでヘルパーさんを母のいる日は朝、昼の三時間半使わせてもらっています。
その三時間半が、どれだけ救いになっているか。ホントに有難いです。

でも、母が在宅になってしばらくは、そんな支援費のことは知りませんでした。
ヘルパーさんはお願いしないで、自分だけでやっていました。

母の一度目の骨折の時に、私の体調が最悪になり・・初めてケアマネさんに支援費のことを、教えてもらったのです。
それ以来、62.5時間もらっています。

介護は、ギリギリのところでやらなきゃいけないんでしょうか・・
何か起こらないと、教えてくれないんでしょうか・・。

要するに、少しの楽は・・してはいけない?

大変な想いをしている人が沢山いる。
だから・・これくらいのことは、家族として我慢して・・もしくは、諦めて頑張れってかな?

 

それでも、私は「辛い」ってことを言い続けなきゃいけないような気もします。

言えることが出来ない人がいたら・・もしかしたら、まだ使えることがあるかもしれません。 
諦める前に・・もう一度、少しでも楽になる・・いえ、余裕が持てるようになる方法、奥の手がないか・・もう一度だけ、聞いてみてください。

薬の一方化のことだって、知らない人はいるんですもの 

あ・・それでも間違えて飲ませちゃった私は・・要注意ですね
お陰で、その日は朝早くから目覚めた母・・。
自分のミスなので、仕方ないです

ちょっと疲れがピークになっているのかもですね。
金曜日からショートなので、少しでも体力復活させて、また頑張らなきゃです。

あ~~~なんだか、話がドンドンズレました

大変失礼いたしました。
私の薬の話しもあったのですが・・次回にしますね。
毎度~~長々と・・ありがとうございましたぁ

  今年一番咲きのバラ・・綺麗でしょ。

コメント (16)

お調子者の母の日。

2009年05月10日 | 私。

今日は母の日、私は・・・どちらの母にも、今年も何もしないままで終わってしまいました。

 

なんとも・・不調法、不義理・・無粋・・ですね

母の日には赤いカーネーション。
「お母さん、いつもありがとう」の心と共に。

そうなんですが・・知ってるんですが。

町には「母の日」にかこつけて~の・・いろんなプレゼントやお花が並び。

ちょっと私の気持ちも、ドキドキしてはいるものの。

結局今年も・・何もしないで終わってしまいました

 

義母に・・結婚して暫くは・・洋服やバックを送っていました。
でも・・あるとき、義姉だったか、義母だったか・・に、こういうことは止めようと、真剣に言われました。

「気持ちがあるのはわかっているから、プレゼントはやめましょう」みたいなことを。

それから、殊更・・奥の奥を考えることなく、素直に送るのを止めてしまった私でした

いつも、沢山の野菜や果物を貰うばかりなので・・
お中元とお歳暮には、入浴剤の詰め合わせを山ほど贈っているのですが・・
それを、いつも楽しみにしているとも・・言ってる義母。

帰省の際には、義母と義姉には必ずTシャツやブラースを持って行くのですが、
いつも来年はやめてね・・と言われてしまいます。
いえ、帰る直前にも・・やめてね!と、電話で言われてます。
でも、これだけは譲らず、去年も義姉にスポーツブランドのTシャツと、義母には花柄のブラースを。

今年もやっぱり、選んで帰省するつもりです

気を使わないでって言ってるのに・・と言いながらも~
「今日、お花のお稽古に来て行くわ」(義母)
「今度、息子の野球の応援に着ていくわ~」(義姉)
って喜んでもらえると・・その笑顔を見るのが嬉しいし

でも・・母の日も、お誕生日も・・いつもスルーしちゃってる嫁です

スイカ農家の次男坊の・・実に不出来な嫁で。
一年の感謝の気持ちを年に一度の帰省の時にだけしか形に表せていません。

でもでも、気持ちだけは・・いつも、どんなときも
感謝して、心の底から「ありがとうございます」なんですよ

旦那と結婚して今年で丸二十年・・旦那の両親とは・・一年に一度会うか・・会わないかです。

やっぱり、せめて母の日には花束くらい贈った方がいいんだろうかなぁ。


 

 

それから・・私の実の母にも。

母が元気だった頃には・・何かしら買ってあげたりしてたのですが・・。

母に、何か欲しい物はない?って聞いても・・

「何もいらない。毎日・・こんなにしてもらってるから」って・・今日、そんなことを言ってた母でした

こんなに・・してるかなぁ?

文句ばっかり言って・・平気で親を怒ってる私


今日の母は・・何故かとても母らしくて

今日は、私・・母が何を言っても、怒らないって決めてるから。
いつもみたいに、我儘なこと言って困らせても良かったのにな。


そうなると・・私も一人娘の甘えたに戻ってしまったりして

いつまでも、どんな時でも・・やっぱ、母は母なんだけど。

 

二人の母が健在で、いつも私の支えになってくれています。

これは、あと数年で半世紀を生きようとしている私にとって、何より幸せなことなのでしょうね。



形には何も残せていませんが、この場を借りて・・母の日に。

二人のお母さん、いつも本当にありがとうございます。
まだまだ生きて、私を支えてくださいねぇ~~。
いつか必ず・・親孝行しますから~~。

まだまだ、これからですから

 

と、娘としての私は・・こんなんですが。

 

母としての私・・は、娘達からプレゼントを貰ってしまいました

 

長女は部活帰りに、お花屋さんに寄って
以前私がほしいと言っていたこの花を、忘れないで買ってきてくれました。
ネコの尻尾みたいでしょ。
和みます~~

次女は、バイトで遅くなるからと
好きな花を買ってきていいと言ったので(言わせた?)ちゃっかり、素直に買って参りました。
綺麗な青、鮮やかな空の色です

 

あ~~~なんて・・調子の良い私

コメント (14)

あなたと超えたい~~♪

2009年05月05日 | 私。

 あっと言う間に五月ですね。
世の中はゴールデンウィーク。
楽しいこと、ありましたか?

哀しいこと・・も、ありましたね。
涙に濡れている友が、明日を重ねていくうちに、少しづつでも元気になれますように。

 

春の花が終わって、緑色の箱庭に、少しづつ夏色の花が咲き始めました。
母の増やしたゼラニューム、私の増やしたスミレと交替です。



花が付かなくなってしまった紫陽花、今年こそは・・咲いてくれるかなぁ~。

 

バラの花も咲く季節です。
我が家のバラも、もうすぐ咲きそうです


黄色いバラは、あと少し。

 ピンクのバラも、小さな蕾がアチコチに。


ミニバラも、頑張ってます。



両親の部屋の窓に、今年も蔓バラのカーテン。蕾が沢山付きました。

こちらはその蔓バラを去年挿し木にしたものです。凄く・・強い花です。

 

と、私のゴールデンウィークは、こうして小さな箱庭の花を眺めながら・・いつもとなんら変わらず。

この頃とても見当識障害の強くなってしまった母です。
母の中の時計は、すっかり壊れてしまったような気がします。
場所に関しても・・家の中にショートやディサービスがあるようなことを言ってみたり・・他のことに関しては、そんなに変わりないのになぁ。

相変わらず、夜中は二時間毎にナースコールが鳴り・・夜中にニーブレスを装着して、麻痺側の汗が出るこの頃は着替えもして・・骨折したままの足・・ボ~っとしながらも、要注意だし。

なんてことをしていると、今度はこちらがナカナカ寝付けず・・遂、夜中にイライラ。
この頃・・、何度目かのナースコールには、スカッと起きれなくなっている私。
そうすると・・父が母に起こされて、父は私の携帯電話を鳴らします。
私の携帯電話には、一分おきの父の着信履歴がズラ~っと。

デバスで誘眠して・・サイレースで熟睡出来るはずなのに・・やっぱりナカナカそうはいきません。
そろそろ旦那と、夜は別居しなきゃいけないかもですな。
夜中に何度もナースコールや携帯電話が鳴ってたら・・旦那もいつか目を覚ますんじゃないかと気が気でなくて。ま、今のところ~それしきの音では起きない旦那ですが・・。

旦那は放りっぱなし~。あ、私が放られてるのだろうか・・。
相変わらず、旦那は何も言わず・・私の好きなようさせてくれていますが。

夫婦の会話も・・あるような、ないような・・。
この先二人の時間は長いのに、会話もないんじゃ~~ねぇ。

 


ってことで、ゴールデンウィーク前の4月27日。
休日出勤した旦那の振り替え日に、二人でドライブに行ってきましたぁ。

・・何が~ってことでなんだかですが・・なんだかですね。アハハ。


 

 行き先は、伊豆。
何しろ平日の月曜日、遅めの朝でも渋滞なんて全くなし。
伊豆スカイラインも、平日だからスイスイ。

 あれに見えるは初島  大島。

          花粉の時期だったら、ヤバカッタろう杉林。
                  ナビはこれでいいんだけど・・対向車が来たって・・すれ違えないぞぉ。

なんてことはなく・・目的地に到着。
まづは・・腹ごしらえね。旦那は生ワサビ付きの天ぷらご膳。私はご当地そのまんまの「天城ご膳」


石川さゆりさんの歌に出てくる”浄蓮の滝”へ行って参りました。

滝はいいですね。マイナスイオンが一杯で。
何故ここか・・は、旦那が行ったことないから。アハハハ。
  

 チラホラと、観光客もおりました。 

 そして最後はワサビソフト。これが生ワサビ~のみじん切り入り。
旦那は静岡抹茶のソフト~~コッチの方が、おいしかったぁ。

そして、今回のメイン!
旦那、お風呂に寄って行こうって・・言ってたなぁ。

 温泉? だから、お風呂だって。

ってことで・・旦那が連れて行ってくれたお風呂は、紛れもなく・・商店街の一つ奥の道沿いにある、入浴料jが500円の~お風呂だったわけで。

その名も「めおとの湯」

そこには、近所のおばちゃんがいて・・マッサージ機があって・・コーヒー牛乳はなかったけど。
タオルも、バスタオルも・・全部持参しなきゃいけないとこで~両方借りると500円ですってぇ。

な~~にもない、テーブルが並んでるだけの休憩室と、奥のほうには喫茶店があったなぁ。

下駄箱の鍵を無くしちゃって・・ちょっと慌てちゃったけど、旦那がみつけてくれて事なきを得たのでした。

相変わらず・・おっちょこちょいな私だ~。
でも、不思議と旦那といれば何とかなる気がして~。全然慌てなかった私って~か、ヘラヘラしてました。
300円の足裏マッサージをして(機械です)コーラ飲んで~~。
とってもチープで、でも・・お肌は確かにツルツルに。
それなりに・・楽しめたお風呂でありました。

絶対にこんなことは旦那に言えないけど~娘達が嫁に行っても、二人でなんとか楽しく暮らしていれるなぁ~なんて、思ってしまった単純な私でありました。

おっと!まだ両親健在で、介護生活真っ只中ではあるわけで・・かなり不謹慎でもありますね。

でも・・こういう時間がとても、実はとても大事なんじゃないかと思う今です。

多分、旦那もそれを少しは察してくれて・・一人バイクでツーリングも出来たのに、私も連れて行ってくれたんではないかと、勝手に思っている私です。 

いろいろ・・大変なことは多いけれど、それでも・・なんとか楽しい時間も持ててます。
私も、私の人生を楽しまなくては・・いつか、私の娘達が、介護生活をシンドイことだと・・それだけの思い残さないように。
介護していても、そう言えば両親で遊びにも行ってたって、二人で結構楽しんでたって、そう思っていて欲しいなと・・そんなことも思ったりする私です。

それは、いつか私や旦那が老後の面倒を看てもらいたいとか・・そんなことではなく。
出来るなら、娘達はそれぞれで幸せな家庭を持って欲しい。
絶対に・・娘達の世話にはならずにいたいと思っているのですが・・。
それは・・私の両親だって、そう思っていたに違いないし。

ただ・・やっぱり、甘ちゃんかもしれない・・いえ、恵まれているだけかもしれないけど、両親の哀しみや辛さ、不自由さだけを自分の荷物にしないで・・たまにはそれを降ろして、ちょっと身軽にならないといけないなぁと思います。

在宅介護を始めた時とは、私の想いも・・いろんなことが変わって来たような気がします。

それは、母の認知障害が強くなってきたこともあるし・・父の体調も気力も、加齢と共に落ちている現実であったり。
そして・・私も、やっぱり思っている以上に、更年期や体調不良が出てきてしまうようになっている。

母の昔を思って、可哀想だとか・・切ないとか・・そればかりを思ってはいられない。

それが・・年月を重ねる、介護生活の現実なのかもしれません。

 

自分がぺっチャンコにならない為に、また・・旦那とどこかへ出かけたいと思っています。

旦那が・・連れて歩きたくないといわれないように、あんまりデブちゃんにならないようにしなきゃですねぇ。

アハハ~。

明日から、母は三泊のショートです。
寝不足解消と、今回は・・買い物でもして来ようと思います。 

コメント (12)