あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

玉ねぎの味噌マヨとチーズ焼き焼き!!&他一品

2017-07-21 23:41:37 | 食べ物

味噌マヨとチーズ、この組み合わせ最強だと思った!
これさえあったら小っちゃいタマネギもいくつでも食べられるって
味噌とチーズって両方とも発酵食品で相性が悪いわけがない!!

ちっちゃいタマネギの事をペコロスと言うって初めて知った。
今年の夫農園のペコロスの多かったので食べ方を検索すると
丸ごとスープってレシピが多かったけど
このくそ暑い中スープってねえ~~(^▽^;)
あ、冷静スープってのもあるけど、なんだか作るの面倒くさいようなそうでないような?

もっと簡単で美味しいものはないかとクックパッドを徘徊して見つけた♪

私的に、ちょっと好きそうなレシピ!!
簡単だしフライパンで出来るし…と、さっそく作ってみる事にした。

小粒っ子タマネギをいくつか持って来て
皮を剥いて半分に切る。
フライパンで片面を焼いて、焼き色がついた切り口を上にして
味噌とマヨネーズを混ぜたものを上に乗っける。
そうしたらチーズを乗せ、蓋をして弱火で火が通るまで!

まるまる小粒っ子タマネギ半分サイズ!!

味噌マヨをチョンチョンと。

その上にチーズを置いて…。

蓋をして蒸し焼き

チーズがとろりと…皿に乗せて写真を撮る前に食べてしまった(^▽^;)

チーズは溶けるのがなかったので
4個入っているベビーチーズを半分をまた半分に薄切りにして
味噌マヨの上に乗っけてみたけど、溶けるチーズは
玉ねぎの上に残らずフライパンに落っこちてしまう。

まあ、溶けて落ちたチーズ&味噌マヨMixをソースとして食べても美味しいけど
やっぱり上に乗っかってるところで旨味倍増なんじゃないかなあ( *´艸`)

何回か作ってみたけど、溶けるチーズよりも
普通のチーズの方がタマネギの上にチーズ感が残って
美味しいと思った。

ちびっ子タマネギだから火が通るのも早いし
なんだか、コロコロって可愛い。
食べてみるとタマネギあまい~~ そこに味噌マヨが良いアクセント。
それらをチーズが全部一まとめにしてるって感じで
大きいタマネギで作っても美味しいんじゃないかなって!!

このレシピ思いついたクックパッドに投稿された方スゴイ!!

 


オマケのキャベツハンバーグ

その他に塩もみキャベツの塩出しして、水気をギュッと絞ったものを冷凍しておいたので
それを使って、以前に作ったキャベツのハンバーグまたを作ったのだが
今回はよりヘルシーにと鶏胸の挽肉を使ってみた。
しかも一個一個丸めて焼くのは面倒なので、コーンを入れてフライパンでまとめ焼き!!
なんとアバウトな(笑)

キャベツ大量消費のハンバーグはこちら  ぽちっと!!

片面に焼き色がついたと思える頃に、フライパンの蓋を使ってクルリとひっくり返し
弱火でじっくりと焼いて…大きさがハンパないので、生だったら困るなーと
ラップをかけてレンジで追加熱をした。

蓋に乗っけてクルリンパ!!

でも、心配なんでレンジで中までしっかりと熱を通した。

食べる時は切り分けて…デコレーションケーキ感覚か
なかなかシットリで美味しかった(*´▽`*)

 

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道端アンジェリカさんの尋常性乾癬と私

2017-07-18 23:55:53 | 日々雑事

この間モデルの道端アンジェリカさんが
自身のインスタグラムですっぴんの写真を公開し
皮膚疾患である「乾癬(かんせん)」であることを公表した。

いったい尋常性乾癬って何??と思ったが
先日長女との話で、お母さんの膝もそうなんじゃないの?と言われた。

私の両膝には湿疹があり、この湿疹かなり前からできていて
病院へ通った事も何度かあった。

何時も行っていた皮膚科は人気病院なのか
混み具合がハンパではなく、朝の順番取りも長蛇の列って
人気ラーメン店でもあるまいし…とにかく時間がかかる。

そこで診てもらうには、膝を見せて皮膚科医が診る。
あれは~~診るってよりか見るに相応しいような
看護師さん呼んで、軟膏を持ってこさせ
膝に塗る…それで、はいお終い。

慢性皮膚炎とかですか?と聞くと
まあそうでしょうと、尋常性乾癬の欠片も出てこない。
ひょっとして分からなかったのかなあ?
ともあれ、軟膏が出ているので薬局からもらうようにと
皮膚科医につけてもらった軟膏と同じものをもらってつける。

脂っぽくって、塗った箇所がベタベタするので
ヘタに膝をつくと畳みに脂染みが出来る。

しばらく塗っていると治ってはくるのだけど
薬うをやめると、また患部が痒くなって元通り。
何回繰り返したことか…最近では病院へ行く事もなく
痒くなったらオロナインとか市販の軟膏を塗っているけど
悪くもならずに良くもならない…そんな状態が何年か!

特に最近では汗をかくからか、とにかく膝が痒くて
つい血が出るくらい掻いてしまい
そのあとは痛くて仕方がないの繰り返し。

尋常性乾癬じゃないの?という長女の言葉に
ネットで調べてみると、写真も内容も私の膝の具合と似ている。
私の場合は全身ではなく両膝と右足のくるぶし
左手人差し指の第一関節の辺りに限られている。

掻くと皮膚が白くカサカサになってポロポロと落ちる。

そこで思い出したのが、10数年前生前ばあちゃんが疥癬に感染したこと。
その時に診てもらった先生に診てもらおうと
駅前にある病院へ出向いて来た。

ちなみに疥癬と乾癬とは言葉は似てるけど全然別物で
乾癬とは  ぽちっと!! 
ばあちゃんの患った疥癬とは  ぽちっと!! 

皮膚科ってどこも混むものなのか、午前中に行ったけど
一時間以上の待ち時間なので、受付だけをして午後に行く事にした。

診察室に入り台の上に足をあげて膝を診てもらう。
皮膚科マジマジと診る…ふぅ~~ん全身ではないと…とつぶやく。
すぐには結論が出ないので、とりあえずちょっと強めの薬を出しておきましょうと
これを一日一回風呂上がりがいいかな~~どうしても痒い時は二回くらい塗っても良しと
もらって来た軟膏は『ドボベット軟膏』とあり
当分これを塗って様子を見てみましょうと言われて帰って来た。

まあ、皮膚病と言うのは似た様な症状のものが多いので
一回診ただけで判断するのは難しいらしいが
家に帰って検索をしてみたら、しっかりと尋常性乾癬の薬だったが
乾癬であれば、治りにくい皮膚病ではあるけど
移る心配のない皮膚病なのでじっくりと構えて治すしかないようだ。

 

追記 皮膚科医に亡きばあちゃんの事を話ししたら
ちゃんと覚えてくださっていて、東日本大震災の年に亡くなった事を話すと
そうでしたか…ちょっとしんみりと。
看護師さんが当時のカルテありましたよと見せてくださった。

ひょんなとこでばあちゃんが生きて居た証が見つかり
なんだか、ここでなら治りそうな気がした。
取りあえず軟膏がなくなるまで、ちゃんと塗ってみようと思った。

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫農園の野菜たち。

2017-07-16 23:58:26 | 夫農園

この三連休も明日を残すのみとなった。
昨日次女夫婦がユッキーと一緒に帰省し、ちびっ子3人勢ぞろいで
シッチャカメッチャカ、ドタバタと、まあ賑やかな事ったら
そんな中息子は休めずに出社と、次女も次の日には仕事があると
早々に帰って行った。

なんだか三日連休ってのもくたびれるなあ…。

どんよりと蒸し暑い梅雨空


さて、夫農園の野菜たち。
今年のジャガイモは11列あって
この間見た時にはまだ青々と茂っていた茎や葉っぱのジャガイモなのだが
ものの1日2日で茎や葉っぱの枯れが急速に進んで来たみたいで
そろそろ収穫時期に至ったって事なのだろう。

そろそろ収穫時のジャガイモ…掘りがいありそう!!

 

あ、ポマト発見!!

って、畑を見に行く夫が、ジャガイモ顔を出していたとこがあったぞって
じゃ、青くならないように土被せてきてよ!!とお願い。
陽に当たり過ぎると青くなってしまって
不味いというか毒性のものになってしまうんだよね(;・∀・)

そん時は皮を厚く剥いて食べる!!

そのジャガイモは、もう掘り取りを終えてしまったお宅もあったりで
我が家のジャガイモもどんなものか
次女に持たせてやるのに5株ばかり掘ってみたが
数はバカ多くでもないような気がするのだけど
なんだか1個1個がデカい!!

その奥には長ネギが植えてあって
これは最初っから夫が栽培している。
畝幅を多く取って、会津特有と言うか
青みの部分よりも白い部分の方が多い
そんな風に栽培するために生育と同時に高く土寄せをして行く。

夫栽培の長ネギ

脇芽トマトを植えた夫農園。
お隣の畑のじいちゃんが、」近所の人が脇芽でトマトが増やせるって聞いて
何バカな事言ってんだって思ったけど…本当なんだなと妙に感心していた。
まあ、ちゃんとした苗で植えたのよりも実入りは少ないのかもしれないけど
なんだかお得感のトマト&プチトマトつやぷるん。

脇芽トマト

けっこう大きい実も生ってくれる♪

カボチャ、今年は金山風のカボチャではなく
ごく普通のカボチャで、ミヤコカボチャと坊ちゃんカボチャ。
各2本ずつ…好き放題に伸びた蔓に
すでに食べられそうなカボチャがいくつか。
ヘタの所がコルク状になったら完熟した証拠なんだよね~
ホクホクのカボチャが食べたい!!

大きいの2本小さいの2本あったら食べ切れないくらいだよね?

そしてその奥はサツマイモ。
ベニアズマ一本枯れてしまったものの
蔓が伸び始めて畝からカボチャ方面へと伸びてきたので
旨味を増すために、とりあえず長いのだけ蔓返しをする。

野ネズミに味見されないといいのだけど…(;´∀`)

サツマイモの向こう側は豆…枝豆でも食べるけど
しっかりと実が入って乾かして、冬に戻して浸し豆として食べる。
水に戻すとしっかり青色の青豆…秘伝という種類で
大粒ながらも旨味が強く、打ち豆などにも作ったりする。

そんなこんなの夫農園、しっかりと緑を増やして
数年前は雑草のまんま減反していたとは思えない充実した畑となりつつある。

 

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマネギの跡地にはブロッコリーを植えた。

2017-07-14 23:38:09 | pochiko農園

毎日うだるような暑さが続いている会津地方
梅雨とは言え雨は少なく、それでいて蒸し暑さはハンパなく
九州地方では豪雨に多大なる被害を被ったというのに
欲しい所には降らずに要らない所には豪雨って
なんと不公平な事なのだろうか。

そんな中収穫の終えたpochiko農園タマネギの跡地
肥料や苦土石灰を撒いて耕し、暫しの休息いただいていた。

その跡地にはブロッコリーを植えるべく
早々と苗を育てて、そろそろ植ごろと
改めて元肥用の肥料と牡蠣殻石灰を撒いて
再度耕しマルチを張る事にした。
張ったマルチの穴は45センチ間隔で白菜用と同じで
少々キツキツではあるけど何とか二列のつもりだったのだけど。

牡蠣殻石灰と元肥を撒く。

ミニトラで耕してマルチを張る。

二本を予定していたが、途中でマルチ品切れ(^▽^;)

そして雨を待っていた。
が、そうは上手く雨にはなってくれずに
毎日33度超えのカンカン照りが続いている。
雨の予報を信じて意を決してブロッコリーの苗を植えたのは数日前の事!

出来上がった苗にたっぷりと水を吸わせて
マルチの穴に肥料を入れてジョーロでたっぷりと水を注ぎ
根切り虫用にオルトランをパラパラ入れ込んで
ポットの苗の根っこを崩さないように植えて行く。

ポットに蒔いたブロッコリーの苗

根っこもシッカリと!!

根切り虫用に今回はちょっと高いオルトランを使ってみた。

次々と植えて行く。

長いほうの列は一日前に植えた苗だけど、何とか萎れずにいるみたい。

二日がかりでブロッコリー植え終了。

最後に土をかけて、そのあともう一度全体に水を撒いた。
これでいくら暑くっても何とかなるかな?
残った苗は消えてしまった時用の保険にと隅に植えておいた。

昼間の暑さに葉っぱの先っちょはシオシオになって
枯れかけてるところもあるけど、何とかなるかな~
この暑さに負けないで逞しく育ってほしいブロッコリー。

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いや~ どうりで暑いと思った今日は37度近くあった。

2017-07-10 23:12:45 | 日々雑事

夜明け前のマユミのシルエット

いかにも暑くなりそうな日の出

会津地方盆地なもんで、夏場の暑さはハンパなくしかも蒸し暑いときてる。
さすがに暑いと外に出ての仕事は出たくなく、昼間は厚手のカーテンを閉め切って
外気温遮断してのエアコン生活に甘んじている。

こんな時に外の出て仕事をして、熱射病にでもなったら返って迷惑をかけてしまう。
暑い時には涼しい場所に潜んでいるか、スーパーの肉魚売り場徘徊が一番かな。
その分朝早く起きて、家の周りの鉢物とか、pochiko農園の野菜に水をあげたり
朝早いのはとかく気持ちが良い!!

睡蓮鉢の睡蓮の花が咲いた!

年のせいか一度目が覚めると、なかなか眠れなくて
しかし3時半では早すぎるので、トイレに行って洗濯機を回しておく。
家中の窓を開けて、朝の冷たい空気を入れる。

う~~~~ん、爽やか!!

パジャマのまんま、外の出ると…すでに畑に来てる人がいたりするので
とにかく着換えてpochiko農園を見まわる。
これが至福の時かなあ~ 

キュウリ最盛期!!

後をついてきたノリスケ

ひんやりした空気の中から陽が出始める前の磐梯山を眺める。

野菜たちは朝露に濡れて、これからの厳しくなるであろう暑さに
夜から朝にかけての、ひと時の安らぎの時なのかもしれない。

まる子の好きなトウモロコシがもうすぐ食べられそう。

プチトマトつやぷるんは赤く色づくのが間に合わない^^;

今年のスイカ この暑さに甘いんじゃないかなあ~(*´▽`*)

もう少しだね~ 楽しみ!!

キュウリがすぐにデカくなってしまう。
ナス、トマトはこれからが本番のようだが
トマトは赤くなるのが待ちきれないまる子の口に入ってしまうので
なかなか真っ赤に熟したってのは、もうちょっと先の事みたい。

スイカもついこないだソフトボール大かと思ったら
バレーボールほどの大きさに…いつかいつかもうすぐ( *´艸`)

 

相変わらずですが、コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傷ついた蛹から無事羽化したナミアゲハ

2017-07-06 23:48:50 | 日々雑事

我が家の車庫に巣食ったツバメは無事に巣立って行った。

巣立ちの前日、夕日に照らし出された勇士ヒナの旅立ち前!!

我が家の東側塀と家の間には山椒の木があって
毎年どこからともなくアゲハの幼虫が集まって来る。
だから、その山椒の木はアゲハ専用になっている事が多く
今年もアゲハの幼虫をツンツンしてはオレンジ色の角を出させて
喜んでいたサクぼん…ぜひともアゲハの羽化する瞬間を見せてやりたいものだと思っていた。

アオムシ君に丸坊主になった山椒の木

しかし、毎年蛹になる時にはどこかへ身を隠して
密かに天敵にも見つからない場所で羽化して飛び立っていた。

今年はいたずら者のサクぼんに山椒の木から落っことされて
すぐに拾い上げたはいいけど、また羽化は見られないだろうと思っていた。

塀の壁で蛹になる…こういう場所だと苦労は要らないだけだろうけど!

先日の事勝手口にある地下水のポンプが置いてあるのを
屋根付きで囲うようになっているのだけど
いつも何かの物あげになっている。

今回もホームセンターからもらって来た黒い四角いカゴを
何個かあっちこっちに散らばっていたので、重ねてその屋根の上にあげておいた。
ある日カゴを使おうと取り出したところ
カゴの角の所に変なものが…アゲハの蛹がくっ付いていた。

胴体部分が押しつぶされたようになっていた。

重ねたカゴに死んでしまっただろうなと
何気にツンと突いてみたら…生きてるーーーっ!!
でも、体の中央部分が凹んだ様になっていたので
羽化する事もなく干からびてしまうだろうと思っていた。

ところが今朝…見事に羽化したナミアゲハ!
羽の先っちょが気持ち捩れた様になっていながらも
飛ぶのには差し支えないような気がした。

ナミアゲハはもっともなじみ深い蝶で
都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。
あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが、羽のデザインはとても美しい!!と思うな~私は。

もぬけの殻になった蛹

サクぼんを呼んで、羽化したアゲハを見せて
あの青虫君はこういう蝶ちょになったのだと
サクぼん、分かったような分からないような…。
それでも神妙な顔をしてカゴにつかまって休んでいるアゲハを見ていた。

その後疲れも癒えたのか、どこへともなく飛んで行ったあとで
つかまっていたカゴには、空っぽになった蛹の殻が残っているだけで
ナミアゲハはどこにも見られなかった。

無事に飛び立って行ったのだろう…。

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙戦隊キュウレンジャーの変身ベルトなんてないんだけどさ!!

2017-07-04 23:10:02 | ばあばの保育

我が家のサクぼんも、こういうヒーローものに興味が出てきたようで
毎週日曜日に放送される宇宙戦隊キュウレンジャーがお気に入り。
日曜日に録画したしたものを、次の日曜日まで毎日見るくらい(笑)

画像はサイトからお借りしました。

この間保育園でぬり絵みたいなものを大事に持っていたので
その絵を参考に変身ベルトでも作ってみようかと
100均へ行って太いカラーペンとピカピカの折り紙を買って
見よう見まねで作ってみた…暇人な私。

材料費シメて200円!!

保育園からもらって来たキュウタマのぬり絵を参考に作る。

っていうか、キュウレンジャーに変身ベルトなんかあったのか?って話だけど
お菓子のは言っていた箱を分解して、丸く切り抜いてから
ぬり絵にあった星のマークにシルバー…これはヘビツカイシルバーなんだね^^;
まあ、なんでもいいわと、同じシルバーのピカピカ折り紙を張り付けて
ヘビツカイシルバーの顔を描いてみた。

ボール紙に絵を描くのだけど、これがなかなか難しい^^;

ベルト部分を貼り付けてっと!

簡単に脱着出来るようにゴムを付ける。

ほほほ、ばあばの作ったキュウレンジャーベルト完成♪

さっそく装着!!

そこに赤いピカピカの折り紙をベルト部分に張り付けて
後ろはゴムで止める…超お粗末なものだったけど
サクぼん帰ってきたら大喜びで、さっそく腰に装着し
ポーズを取るのが何気に様になっている欲目のばあば(笑)

まだ材料が残っているので、今度はまる子に何かを作ってあげよ!!っと。

 

先日にね、うちのちびっ子二人をお迎えに行った時
まる子が歩きたくないと駄々をこねた時があって
その時は金曜日で持ち帰る荷物もハンパなくあり
抱っこはキツイなと…特に階段は抱っこして降りると
足を踏み外しそうで怖い。

けっこう重たくなったし(;´∀`)

木陰でワイルドストロベリーを頬張るちびっ子たち

だから、頑張って階段を降りてもらおうと思ったのだけど
なかなか言う事を聞かずに…いや、いつもなら手を貸すなとばかりに振り払い
自分で下りるのだというまる子なのだが、この日は疲れていたのかも。

まる子、ばあばが一緒に降りるから頑張って降りてみなって声をかけていた。

その時同じ保育園にお迎えに来ていた、どこかのじいじとばあば。
そのばあばの方が抱っこしてあげましょうかって声をかけてくださったのだけど
いえ、自分で下りられるので手は貸さないでくださいと言った。

抱っこしてあげればいいのにって可哀想に思ったのかな~

雨降りでも外で遊びたがるんだよねえ(;´∀`)

でも、私は厳しいかもしれないけど、一生懸命に頑張って
自分で下りた時に、思いっきり抱きしめて褒めてやりたかった。
抱っこしたら、ものの何十秒で下に降りられるのは分かってるけど
頑張らせたいと、通りがかった先生も一緒に応援してくれて
まる子、頑張って階段を降りきった…あの嬉しそうな顔を大事にしてやりたいと思った。

厳しいばあばでごめんな~~そんなことを思い出して
サクぼんのベルトを作った。

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャベツの大量消費!! 肉巻きと冷凍保存

2017-07-02 23:36:28 | 食べ物

pochiko農園で栽培したキャベツも、ナメクジとかアブラムシだとか
はたまたアオムシに苛まれても、すくすくと育ち
我が家の台所を潤しれくれたが…需要と供給のバランスが崩れて来ると
好天の後に雨が降ったりするとキャベツ割れちゃったりする。

せっかくのキャベツ割れたり食べられなくなるのも
何だか悔しいので、ここんとこキャベツ大量消費に努め
炒めたりサラダ…コールスローなんかけっこう頑張って消費してくれたけど
我が家のシンクに3個、畑にまだ3個残っている。

高い時は一個500円くらいしたキャベツ!!
大切に食べないとね~( ̄▽ ̄)

そんな時の頼みの綱は…やっぱりクックパッド様であって
今回は塩もみキャベツの肉巻き♪

キャベツをひたすら千切りし…大きいザルにてんこ盛りくらい。
そこに適量の塩を振りかけて、手でギュッギュッ!!と揉むと
ザル半分くらいにカサが減るので
そうしたら水で塩分を洗い流して、シッカリと水気を切る。

一心不乱にザクザクと千切りザルに山盛り。

塩もみすると、こんなにカサが減るよ。

薄切りの肉を広げて、そこにギュッ!!っと絞りながら丸めたキャベツを
ほぐさないように肉で巻いて
巻き終えたら小麦粉をうすくはたいて
多めの油をひき、中火くらいで
こんがりと焼き色がつくまで焼いていく。

肉にキャベツを巻いて行く。

一個一個は面倒になり、4個くらい並べて一挙に巻く!

当然だが、いっぺんに4個出来る( *´艸`)

(注)フライパンで焼いていくけど、安いフライパンだと中央部分が盛り上がって
いっつも真ん中ばっかり焦げるので、時々場所の交換が必要!!
安いフライパンは買うもんじゃなかったわと少々反省(;・∀・)

その合間にザルに残った塩もみ千切りキャベツを
よぉ~く水気を切って、チャック付きの冷凍保存袋に詰め込んで
空気を抜いて冷凍庫に保存。
今回も真空にするのにストローを使って空気を抜いた。

解凍は、すぐに使いたい時はサッとホンの一瞬くらいに茹で
ほぐしたらすぐにザルにあげて水気を絞るといいらしい。
冷凍庫から冷蔵庫へ移して自然解凍でもOKとあった。

この手で餃子用に微塵切りして冷凍保存!
粗く微塵切りでコールスロー用と
何種類か作っておこうと思っている。

冷蔵庫でキャベツの芯をくり抜いて
そこにう濡らしたキッチンペーパー等を詰め込んで置くのもいいけど
キャベツ…大きいから野菜室の場所とっちゃうんだよね。
その点刻んで真空にしての冷凍保存だと
場所も取らずにすぐに使いたい時に使える利点がある。

これで2週間から一か月は持つらしい。

と、冷凍保存処理をしているうちに、酒、砂糖、しょう油、みりんのタレを絡めるのだが
私は麺面倒くさがり屋なので、つゆプラスみりんでタレを作った。
良い塩梅に焼き色もついてきたので、そこにたれを入れて
よく絡めて出来上がり♪

甘辛タレがよく似あう美味しさ!!

外側はお肉でも中身はキャベツなので
あっさりといくらでも食べられる事請け合い

 

収穫後のキャベツ

茎を残したキャベツは、脇芽がまたキャベツになろうとしている!!

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

惨敗だった夫農園のタマネギ!

2017-06-28 22:38:42 | 夫農園

梅雨に入っての一週間、未だに梅雨らしい気候になっていないpochiko地方。
時には夏日まで暑くなって、この先どうなるのかしらねえ。
毎朝畑に水やりが日課となって久しい。

夜明けのシルエット、磐梯山

先日pochiko農園のタマネギの収穫を終えて
次は夫農園のタマネギも収穫してしまおうと思っていたけど
pochiko農園のタマネギとは違い小粒っ子タマネギが勢ぞろい。

マルチの上にショボショボッとタマネギの茎が横たわってる!

ほとんどが小粒っ子タマネギ

ところで、小粒っ子のタマネギの事をペコロスって言うらしい。
最初っから小粒っ子の種類なのか、不出来の小粒っ子なのかは定かではないけど
大きくならないように最初から小さく育てる事に目的があるタマネギのようだが
いやいや、夫農園のタマネギ、決してそんな目的で作ったわけではなく
ならばpochiko農園並みのタマネギ育ってくれると信じて栽培していた。

中にはまともな大きさのもあるもだが…。

小粒っ子、まさにペコロス!!

ちなみにペコロスとは直径3 - 4cm程度の大きさの小型のタマネギで
小タマネギ、プチオニオンなどとも呼ばれるらしい。
一般的な品種のタマネギを密生させた栽培法で
けっこう、いろんなレシピがあるみたいで
これはこれで楽しみではあるのだが…。

取りあえず収穫収穫!! 

不出来を嘆いても仕方がない!!と
次々と小粒っ子タマネギを抜いて行く。
う~~~~~ん、不出来の作物を収穫することほど虚しいものはない!!

全部抜いてみたけど…ちょっとガッカリ

それでもコンテナに3箱あり、夫に運んでもらったけど

小粒っ子と茎が枯れてしまって縛れないものはコンテナの箱へと
これが半分くらいあって、まあ ペコロスレシピはクックパッドにお任せして
残りのそこそこ大きさのタマネギは、pochiko農園のタマネギと一緒に提げて置こうと思っている。

なんだかなあ~ 苗が悪いって事はあり得ない。
同じく苗で作られたタマネギがお隣の畑で
デーーーン!!と大きく育っている。
とすれば、やっぱり問題は畑かあ~
けっこう元肥入れたのだけど、それでも足りなかったって事は
よっぽど痩せこけた土だったに違いない。

吊り下げるに値するタマネギはこれくらい!

後の残りは小粒っ子タマネギだった。

来年のタマネギは夫農園に作るのは止めようと思ったけど
もう一回だけ、元肥をたっぷりと入れて作ってみたらどうかと
近所の人に言われて、リベンジしてみようかなあ~


 

ただ今、コメント欄を閉じさせていただいています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊佐須美神社「あやめ祭り」白鳥&鯉と孔雀と…。

2017-06-25 23:48:16 | ばあばの保育

日曜日、曇りで湿度が高く雨のマークが出ていたけど
まだ陽射しがあって、ジッとしていても汗ばむくらいのなか
家に周りで遊んでいるのも飽きたようで
運動公園の川と大きな池で水遊びをすると
自転車に乗って出かけて行った息子とサクぼんとまる子と。

私も朝仕事の疲れのせいか朝食後扇風機で微睡んでしまい
気が付けば出掛けた後だったのだが
この蒸し暑い中、帽子も持たないでと
届けてあげることにした。

急いで帽子を持って池の所に行くと
まだ水が流れておらずに、川も池もカラッカラ!
焼けたような石の上を未練ったらしく歩いているサクぼんに
伊佐須美神社外苑で開催されてる「あやめ祭り」にでも連れて行こうかと
そのまま自転車は運動公園に置いたまんまで
会津美里町にある伊佐須美神社へと車を走らせる。

途中朝早く起きたまる子はコックリコックリと舟をこぎはじめ
昨日に飲み会があって遅かった息子と一緒に
伊佐須美神社に車を停めて寝ている事のしたので
サクぼんと二人、あやめ祭りを見に行く事になった。

駐車場のすぐ脇には池があって、そこにはいつも白鳥が居るので
まずはサクぼんにその白鳥を見せたかった。
小屋の中に雌の白鳥が抱卵しているようで
池には雄の白鳥だけが悠々と泳いていた。

いつ行っても美しい優雅な姿を見せてくれる白鳥

以前来た時には子供の白鳥もいて、やっぱり卵を抱いていたはずなのに
なんでも抱いていた卵は孵ることがなく、子供の白鳥も死んでしまったのだそうだ。
ちょっと残念だなあ…只今抱卵中の卵に期待したい!!

白鳥を見て、いざあやめの咲き乱れる会場へと
大きな欅? 日陰になってス――っと清涼感を覚える。
日曜日とあって、たくさんの人が美しいあやめを求めて集まって来ていた。
野点が行われて置いたり、特設会場では何かの武道のイベントがあったりしている。

100円で二袋の鯉の餌を買って、サクぼんに手渡すと
集まってきた鯉に餌を投げる…大きな口がバクバクと
サクぼんの手のみ込まれるんじゃないか(;・∀・)って思うくらい
鯉って悪食だって言うしな~ちょっと怖い気がする。

孫太郎と一緒に行った時の事を思い出す後姿のサクぼん

思わず大きな口にパクリとされそうな気がした。

あやめを眺めながら、もう一か所孔雀を見せたかった。

会場の外れにある小屋に何羽かの孔雀が飼育されており
遠くからでも羽を広げているのが見えたか
サクぼんと小屋の近くまで行ったら羽を閉じてしまった。

羽を閉じた姿も美しい。

でも、やっぱり孔雀は羽を広げてのものだよな~( ̄▽ ̄)

なんだべ~~と、ちょっと待っていたけど
一向に羽を広げる様子もなくて
サクぼんと帰ろうとしたら、急に羽を広げてくれた。
孔雀は羽を広げていても閉じていても優雅さというか煌びやかさと
そんなに違いないく美しい鳥ではあった。

ソフトクリームをパクつくサクぼん。

前日にテレビで紹介されてたきんつば屋さん。

美里町キャラクターあいづじげんを模ったきんつば

初めて食べたあんことクリームのミックス! 超美味しかった!!

美里町の露店が並ぶ

高田梅で有名な美里町高田なだけあって、梅と梅漬けが売られている。

写真を撮って道路に並んでいる露店を覗いて
ほんとはもっとじっくりとあやめを堪能したかったのだけど
小さい子連れだとそういうわけにもいかずに
車で待っているであろう息子とまる子に気が揉めて…(~_~;)


まあ、それはそれで、それなりに楽しかったが。

一番のお気に入り涼し気な白いあやめ

 

コメント欄は閉じさせていただいてます。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加