頑張れ!!一人娘!再び。

心臓人口弁で要介護3の父。髄膜腫の一人娘の私の、母亡き後の日々の事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

良かったのか、、、

2017年10月31日 | 私。
いよいよ、明日から父は、予定通り約三か月のロングショートへ。

特養に入れそうとか、、、半年くらいはロングショートをお願い出来そうとか、、、
二転三転。

とりあえず、三か月は預かってくれるらしいことは確実みたいだから、、、私も予定通り、手術する。

ホントは、まだ怖い。
手術もだけど、手術後も。

そして、キングジーが、、、どうなるか?


今、かなり記憶力低下で、本人もビックリするくらい、忘れちゃう。



昨日は、夜中に二回起こされた。

1回目は、二時くらい。
「安定剤を飲みたいんだけど、いいかな?」と。

やはり、いろいろ不安だよね。

しかし、、、ベッドの中にいたまんま、私に水を汲ませ、布団を掛けろと言う。
完璧にキングジーに変身か?

「それくらい、自分でして!」と私が言う。

「出来ない、、、」と父が言う。


出来ないわけが、ないのに、、、どんどん私を頼る。
眠りにつくまで側にいて欲しい?そんな感じになる。
優しくない私は、とにかく寝たい。
しかし、キングジーは私を寝室に返したくないみたいだ、、、

で、わけわからないことをブツブツ言う。
当然、夜だから、補聴器を外している父。
大きな声を出すしかない。

つい口調も、きつくなる私。



結局、再び布団に入れたのは、三時過ぎ。
なかなか寝れない、、、

再びブザーが鳴る。


2回目は、4時半過ぎ。

「照明のリモコンのボタンが見えない。常夜灯、付けたいんだけどなぁ〜どうすればいいのが分からない」

もうさ、私は残り1時間も寝れない時間だ。

分からないのは仕方ないと分かりつつ、、、

「そんな事?」と、言ってしまう。
怒ってしまう。
つい、声も大きくなる、、、




近所迷惑だよなぁ。




五時過ぎに布団に入ったけど、全く眠れない。


六時前、携帯の目覚ましが鳴る、、、


旦那を見送り、コタツに入り、ウツラウツラ。

7時過ぎに、長女の「行ってくるね〜〜」で、起き上がる。


30分後、父を起こしに行くと、ポータブルトイレから立ち上がろうとしていた。

チャンス!

そのまま着替えさせる。
キングジーは、まだ寝たいと言ったけど、そうはいかない。


前の日は、9時近くなっても起きてくれなかったから。
一日中、ご飯を食べてるような感じになってしまった。






今朝、私は、起きた時に足に力が入らず、ガクンとなった。
それでも、起きなくてはいけない。

朝だから。



今、父は歯茎が腫れていて、お粥生活。
オカズも、ミキサーで潰している。
案外と、大変なのだ。



朝ご飯。





しかし、、、美味しくないと言う。
そりゃ、そーだ。





これ、柿。


「こんなの、食べたくない」
だ、そーだ。

折角、ミキサーにかけても、、、そんな手間は関係ない。


もうなんだか、一日中喧嘩越しで話している感じがする。


それに、私の言うことは、父は信じられないみたいた。





仕方ないじゃない、、、

食べなきゃ、痩せちゃうし。



ヘルパーさんが来て、訪問看護師さんが来て、一日中バタバタしていた。

疲れた。


父も、疲れた顔をしている。

悲しそうだし、不安げだし。




明日から、三か月はロングショートだ。

だから、優しくしなきゃ、、、と思う。
思うけど、、、出来なくなる。



腰から下が、激しく痛い。
頭も痛い。
血圧、上がってるだろなぁ。
顔も激しく痺れている。
昨日、寝てないからなぁ。



腰の手術まで一週間。

来週の今頃は、手術も終わってる。
痛くて寝れていない頃かなぁ、、、




まだ、父は寝ていない。
モニターから、まだテレビの音が聞こえる。

私はもう、付き合い切れず、寝室へ来たけど、今夜は、どうなるんだろ。




明日から、父がいない。



手術を決めた事、正しかったのだろうか。


分からなくなる。





とにかく、私はもう寝よー。


おやすみなさい。
ありがとう。
コメント

ビビる。

2017年10月25日 | 私。
今回のキングジーのショートステイ、7泊8日でお願いした。
特に用事があった訳では無いのだけど、11月から、最低三ヶ月はロングショートステイで、施設に行って貰うから、ちょっとした予行練習で、今月は二回、一週間のショートステイを入れた。

1回目は、特に変わりなく、帰宅した。

2回目の今回、半分が終わったけれど、既にチョット怪しい感じだ。


初日、私の携帯の電話番号を書いてくるのを忘れたから、メールして欲しいとメールが来た。
携帯の中に、私の携帯番号が入っている事を忘れてる。
携帯の連絡先を開いてみるように返信した。
メールしてこれるだけ、まだ大丈夫だとは思うけど、、、こんな事をメールしてくるのは、初めてだ。


翌日、補聴器の電池が切れて困っていると電話が来た。
私の携帯に電話出来ているから、前日のメールの件は解決したようだ。
もしくは、、、メールしてきた事も、忘れちゃったか?

替えの電池は、山ほど持って行ってるから「鞄の中を見て」と話した。
暫くして、取り替えられた、、、と、電話が来た。
「なんだか、いろんなことを、覚えていられないんだ」と、不安げな声だった。

その日の夜、メールが来た。
「メールが来ないけど、元気なのか?」と。
朝、補聴器の電池の話を電話でした事を、忘れている?
「元気だよ!心配いらない」
と、メールを返したけど、返事はない。


そして、今日は4日目。
何度かメールをしたけど、返信は無い。
特に変わりないから、返して来ないのか、、、メールの仕方を忘れたか?

何かあれば、施設から電話が来るはずだから、大丈夫だとは思うけど、、、

もうすぐ88歳になる父と、メールのやり取りが出来る事、安心ではあったけど、この先どうなるか、、、


あと3泊、頼りの無いのは、元気な証拠だと思うけど。


月末に3日だけ帰宅して、暫くは家に帰れなくなる父。
私が入院して、手術後数日は、完全に連絡が取れなくなる訳だ。

今まで、そんな日は1日も無かったから、果たして大丈夫なのか、、、急に心配になってきた。

私の痛みが消えても、、、
父の記憶力まで、消えたら、、、

アリエルよなぁ、、、


今、父の介護を全くせず、ひたすらノンビリ過ごしているせいか、腰の痛みがあまり無い。
今日は、雨が降っていたのに、スーパーの中で歩き回っても、立ち止まることなく、買い物を済ませられた。

もしかしたら、私のすべり症、大したこと無いのか?
とか、思ってしまった。


父がいないと、当然、父の部屋への上り下りが無く、洗濯物も激減。
食事の支度も自分のペースで、夕食だけでいいし、、、家事も適当だから、残りの時間は、ゆっくり、ノンビリ出来ている。
だからなのかな?



今更、、、いろいろ心配になってくる。



レントゲン写真を見る限り、私の腰椎が、普通じゃ無いのは明らかで、、、



今、手術をやらないと、また強烈に痛くなっても、三ヶ月先にしか予約は取れないだろう。

何より、キングジーを預かってくれる場所も、その時点に無いかもしれない。




ホントは、それだけじゃなくて、、、

痛みが少ないからこそ、いろいろ心配になってくる。

今の痛みなら、耐えられるから。
今より悪くなる事は無いのか?

全身麻酔、、、

骨に入れる、ボルト、、、

手術後の三日間も、かなり痛いらしい。
1回目の、神経コンブロック注射の20分さえ堪え難かったのに、、、三日間、激痛に耐えられるのかと、間際になった今、私はかなりビビってる。




半年は、いろいろ気をつけなきゃいけないらしいし、、、
キングジーの介護は、とりあえず三ヶ月は、施設にお願いしてあるけど、、、
今と同じ、父でいてくれるか?



ホントに、、、今更なんだけれど。




やっぱり、、、
私は、気が小さくて、臆病者だな。
コメント (2)

台風

2017年10月22日 | 私。
昨夜から、旦那と、二人きり。

詳しくは、朝、父をショートにお願いしてから、私は一人きり。

自由な時間、ひたすらゴロゴロ。

何にもやる気にならず、、、
溜め込んだビデオを見るとも無しに、流しながらウトウトしてた。

夜、旦那が帰宅して、二人でビデオを見ながら夕飯を食べて、、、

ひたすら、ノーンビリ。
ザ、50代熟年夫婦!
みたいな、静かな時間(笑)

雨の音を聞きながら寝て、雨の音を聞きながら起きた。
今朝は、久々にゆーーーっくり寝て、ゆーーっくり起きた。

雨。
よくまぁ降ること。

台風だからね〜仕方ないか。


日帰り温泉にでも行く?とか、言ってたんだけど、、、支度して出掛ける気力が夫婦ともに無く、、、

だってさ、旦那はまた、台風のお決まり、夜は現場に張り込み命令が出てるし。
日曜日しか休みが無いのにさ、その休みも中途半端にしか休めないなんて、、、
仕事柄、仕方ないとは言え、辛いよね〜

出掛けたところで、落ち着かないし。
キングジーもいないから、、、ダレまくりで、コタツに潜り込んでは、ゴロゴロ、ゴロゴロ。

おかげで、今日は座骨神経通も無く、足が少し痺れてるくらい。


普通、雨なら痛みが強いはずなんだけどね〜〜何故だろか?
こんな日があると、手術しなくても大丈夫なんじゃないかと、今更ながら思う。


旦那に、買い物に連れて行って貰い、そのままランチ。



回転寿司(笑)

今日は、私の大好きなホタテが無くて、小さな貝柱の盛ったやつを頼んだ。
お皿に、一貫しか乗って無いフグ。
お味は、イマイチ〜かな。
美味しいらしいフグ、食べたこと無いから、分かんないけどね〜〜
いつか、絵皿の柄が透けて見える、ふぐ刺し、、、食べてみたいもんだ。


旦那は、出勤時間まで時間あるからと、指の体操へ。


帰って来て、夕飯食べて、仕事?に行くんだってさ。


台風なんだけど、また一人だぁ。

台風だから、また一人だぁ。



早く、定年の日が来ればいいね〜

なんてね。



それにしても、痛みが少ない。

その話を、クルマの中で旦那としていたのだけど、、、

「手術、しなくても大丈夫なんじゃないかと思うくらい、、、」って。


旦那
「ならば、やめたら?手術なんて、しないに越したことないでしょ?神経触ったり、するわけでしょ?」

旦那、実は手術に反対してる。
正確には、反対してた。

出来るなら、しないに越したことはない。
それは、私もそう思うけど。

多分、私が痛い痛いと言うから、、、
手術をしたら、バイクにも乗れるようになって、私はそれが一番嬉しいと言うから、仕方なく了承してる。
多分、、、ね。


旦那も、母の事があるから、怖いのかもしれないな。

あと、三週間。
今なら、まだ間に合うぞ。





ゴロゴロ、ダラダラしていたら、痛くないけど、、、
動き出したら痛くなっていくと思う。

家事や介護、、、私は、ホントは苦手。
ホントもウソもなく、、、嫌い。

そういう、苦手な事や、嫌いな事を、しないで生きていけたら、痛くないとか、、、

そうか!
そうなんだわ。

なんて、スゴイコト考えてる。

私って、すごい!(笑)

こんなすごさ、ダメダメだよね、、、イヤんなる。
ホント、トホホだわ。


さ、ボチボチ、夕飯の支度、しなきゃな。
時間、かがんだもーん、、、

せめて、料理上手に、生まれたかった。

ううん、料理好きに、生まれたかったな。



ちょっとやそっとで、壊れない、強い身体なら、尚、良かった。
と、、、コレもアレも、生まれたかったの問題じゃなく、、、


自分の心掛け次第、、、だねー


私の場合、かなり、ソレ。






どうやら、かなり大きな台風らしい。

災害、被害、ありませんように。

コメント

起こしてよぉ〜

2017年10月20日 | 私。
今朝、目覚めると、、、


旦那がいない!




やってしまった、、、



寝坊。





携帯を見ると、六時半。


既に、出勤している時間。






長女から、LINEも来ていた。




目覚ましの音が聞こえないのだから、LINE音が聞こえるはずもない。





五時五十分に起きて、六時六分に家を出。る旦那。


私が起きたところで、せいぜい、お茶を入れて、見送るだけ。



だから、寝ていていいって言ってくれる旦那だけど、、、







夜中の4時に、父に起こされた。

寝汗をかいたから、着替えさせてくれって。

自分一人で着替えると、かなり時間がかかるけど、私と一緒に着替えれば半分の時間で済むからね。
せいぜい、30分のこと。

旦那を起こさないように静かに三階から一階まで降りる。

起きがけは、腰が痛いから、階段の壁に背中を付けて、ズルズルと降りる。




着替えさせて、また、夫婦の寝室に戻る。


旦那は、夜中には、滅多なことでは起きないから、寝息を立てて眠ってる。


私は、夜中に何度も目が覚める。

多分、母の介護の時に付いた癖かなぁ。
三時間続けて眠れたら素晴らしい。


それでも、起こされるのと、自分で起きるのは違う。
やっぱり、辛いもんだよねー


一度起きると、なかなか寝付けないし、、、


それでも、いつのまにか眠ってしまうんだけどね。


寝坊の、言い訳だけど。




で、、、旦那は静かに出勤する。




嫌なんだってば!

起こしてよ!!



何度言っても聞いてくれない。


それどころか、私が起きて慌ててるのを想像して、楽しんでいるらしい、、、



優しいのか、優しくないのか、、、




優しくないっ!




何故ならば、私はそれで、嫌な感じの1日を過ごすんだから。





くだらない、、、


結婚して、もうすぐ29年目の結婚記念日を迎える。

今更、、、

多分、旦那はそう思っているんだろな。




でもさ、、、



以前、友人の旦那様が会社で倒れて、、、
それきりだった事があったの。


寝坊して、それきりなんて、辛すぎるよね〜

縁起でもないけど、、、

だから、朝だけは、喧嘩をしていたとしても、ちゃんと見送りだけはしたいんだ。


私だって、何をしでかすか分からないよ?



何回言っても、静か〜に出て行く旦那。






ならば、起きろ!

って話なんだけどさ。





旦那との温度差。

間違いなく、私の方が高いかなぁ。


旦那にしたら、うっとーしーかもしれないけどさ。

幸せな旦那さんでしょ?


こんなに妻に思われて(笑)


なーんてね。



見送りもせず、グーグー寝てる妻。


幸せな旦那さんで、あるわけないか、、、



熟年夫婦の、、、実態でした(笑)





たまには、こんな話も書かないと、やってらんないわ(笑)





コメント

泣きそうな顔

2017年10月19日 | 父の話
今日は、父がディに行ってくれたので、昼はお粥を作ることも、オカズに頭を悩ますことも無く、ダラダラとコタツに入っていられたの〜

お陰で、この真冬みたいな寒さでも、あんまり足が痛く無くて、早めに夕飯の支度も出来たし、、、余裕!


と、、、思いきや、、、

父がディから帰宅すると、、、

なんでこんな事で呼ぶの〜?
って、思わず言ってしまうくらい、私を呼ぶ呼ぶ。

なんか、赤ちゃん返り?

自分で出来ることは、なんとか自分でやってくれ



怒ったり、喧嘩をしても、、、結局は私がやるから、段々父は、私任せになる。

のか、、、

ホントに、自分で出来なくなってる、、、のか、、、

分かんなくなる。





今週は、土曜日から、一週間のショートが入ってる。

私も、手術前にいろいろしたい事があるしね、、、
多分、入院したら、誰も掃除しないだろうし、、、トイレや風呂は、綺麗にしておきたいし。
入院準備もしなきゃだし。
とりあえず、行って貰わなきゃ、何も出来ない。
その後、父は一旦帰宅する。

3日間は家にいて、、、いよいよロングショートに入るわけだ。

荷造り、、、大変だろうからね〜〜
3日掛けて、するわけだ。

私が。

引き出しの中の服、一枚、一枚、全部ビニール袋に入れてる父。
超綺麗好き。

自分でやってる時は、笑って見てたけど、今は私がやらされる。
ホント、めんどくさい。

ショートのバックに持参する物も、ビニール袋に一枚一枚入れる。
荷物、嵩張る〜〜


服だけじゃ無く、なんでもかんでも、ビニール袋に入れている。

大事なものや、壊れ易いものは、プチプチの緩衝材に包む。

そこまでしなくても、、、海外旅行するわけじゃないんだよね〜〜

車で十分の施設に、行くだけなんだよー

洗濯もしてくれるわけだから、、、下着も靴下も、パジャマも、タオルも、そんなに沢山いらないんだけど、、、
スーツケースに、旅行バック、手提げ袋二つ。


私の横に立って、私が入れるのを、監視してる。
私が、適当な事をしないように、、、

キングジーは、見てるだけ〜〜


前は、自分でやってたのにな。
自分でやらないから、ショートに行ってから、何処にしまったか分からなくなって、メールや電話が来るわけだ。


前回は、替えのズボンが無い!と電話が来た。
家には無いから、持って行ってるはず。
施設のタンスに入れ替えたんじゃない?と言ったら、、、
案の定、そうだった。


いつもの、3泊4日のショートならば、何とかなってたけど。

前回は一週間で、、、パニックだったみたいで、ワーカーさんが、かなり呼ばれたらしい。


今回も、一週間。


次回は、一か月、、、二か月?

少なくても、入院してる間は、父に何かあっても、私は行けない。



キングジーは、キングジーなんだけどね〜

偉そうじゃ無くて、、、
不安な顔した、キングジー。


最近、毎日、泣きそうな顔なんだぁ。








私、手術、、、早まったかなぁ、、、






コメント

2017年10月18日 | 父の話
父、落ち込む。

私が、悪いんだぁ。





私の、すべり症の手術まで、いよいよ一ヶ月を切った。
情けないけど、、、不安と心配と恐怖が、入り混じってる。



私、イライラしてるんだよなぁ。




この、急な寒さで、臀部から足首まで痺れてる。
立っていても、座っていても、腰から下に起こる嫌な痛み。
痛み止めも、効いてない。

ジーっと寝ていたら、少しはマシになるんだけどな。


そうもいかない。



何やかやと、忙しい。

しかも、痛くて、素早く動けない。




朝、旦那を6時過ぎに見送り、暫くポーっとしてる。
自分の朝ご飯を食べながら、BSで朝ドラの再放送を見る。
今は、「花子とアン」をやっている。
数年前、テレビを買い換えて、録画機能が使えるようになって以来、朝ドラを見るようになった。
朝の薬を飲んで、行動開始。

さ、ここからは、昼まで座れない。


父を七時半に起し、着替えを手伝う。
今は、腰を曲げるのが痛くて、父に、ズボン下や靴下を履かせるのも辛い。
だから、思わずヒィヒィ言ってしまう。

父が歯磨きしている間に、父の朝ご飯を作る。


前回、ショートに行く前辺りから、父は歯茎が痛いと言い出した。
高い入れ歯を作って、暫くは良かったんだけど、、、また、痛みが出て来てるらしい。
そんなわけで、毎日、三食、お粥を作る。
柔らかめのオカズも、作ってる。
普通のオカズを、ミキサーで崩してしまいたいけど、それは嫌なんだってさ。
つい、ワガママだよなぁ、、、と、思ってしまう。


緊急で、ショートに行く当日の朝、訪問歯科医が来てくれて、父の歯茎を診てくれたけど、なかなか治らない。
結局、ショート中も、ずっとお粥だったそうだ。



それから、父は、お腹が出るのを気にしている。
毎年、ズボンがキツくなって、ウエストのサイズが大きくなっている。
見た目も、赤ちゃんみたいに、お腹だけポッコリしている。

腹筋を使わないから、仕方ないんだと言っても、本人は太ったと思ってる。

体重は、全く増えていないんだよ。
逆に、痩せてるくらい。
私より、軽い(苦笑)


お腹を引っ込める為に、ダイエットやらトレーニングやら、出来る年齢では無いよ。
87歳、、、無理でしょ?

仮に、食べる量を減らしても、お腹は引っ込まないだろうし、逆に栄養失調になっちゃう?
ただでさえ、貧血気味だし、私だってそれなりに、考えつつ出してる食事なんだよなぁ。

私は母と違って、料理のセンスが無いからなぁ。
母は、本当に料理が上手かったから、私の精一杯の料理は、なかなか父に気に入って貰えない。

旦那や、娘は、文句は言わないんだけどなぁ〜〜
あ、言えないのか?(笑)
父は、案外と、ハッキリ言うか、、、かなり残す。


旦那は、好き嫌いが激しくて、献立に困る。
魚より、断然肉料理。
しかも、小難しい料理じゃなくて、子供が喜ぶメニューで良い。

だから、実は楽なんだけど、、、
お陰で、私は料理が上手くならないのだ。


最近、一日中、台所にいるような気がする。
足が痛くて、長い時間立ってらんないから、台所の椅子に座ってみたり、片足上げてみたり、、、お米研ぐのさえ、前屈みがシンドくて、休み休み。
時間がかかる。



父が家にいる時は、アレコレ予定を入れているから、尚更にバタバタで、痛くても寝ている場合じゃない。


月曜日は、父の精神科。
大学病院へ。

火曜日は、午前中に、父の部屋の掃除にヘルパーさんが来て、夕方には、訪問看護師さんが来た。
薬局から、薬も届くし、、、ロングショート中に必要な、リハビリパンツや服薬ゼリーの注文もして、、、
父に頼まれた出金、通販で買った父の服の支払いもしなきゃだ。
洗濯屋さんに出してある、夏用のズボンも取りに行かなきゃだし、、、

雨の中買い物に行く。



ヘルパーさんが帰った後、父の昼御飯の支度して、父の部屋に持って行く。
私はレトルトカレー食べて、昼の薬を飲む。
やっと座れたのが、一時過ぎ。

訪問看護師さんが来る前に、入浴の準備もしなきゃだ。

三時に訪問看護師さんが来て、ちょっと話をして、父は訪問看護師さんと入浴。
私は、夕飯の支度に係る。


牛肉が半額だったから、今日はすき焼きした。
これからの季節、鍋は強い味方だ(笑)

父には、シャブシャブ用の柔らかい豚肉のすき焼きにした。
私達が食べる半額の牛肉より、高い(笑)


でも、、、それを見るなり、父。


「スタミナ付く料理だなぁ、、、肉じゃなくて、魚がいいなぁ」

って言うから、、、



つい、イラッとしちゃって、、、

私、一方的に、いろいろ言っちゃった。

「分かったよ」って、言えばいいのにさ。


なんかもう、痛いやら、疲れたやら、、、


ここには書けないくらい、、、嫌なこと、言っちゃった。


ダメだなぁ、私は本当に。




旦那と娘が帰宅して、すき焼きの準備。

私も食べようって時に、父から呼ばれた。



父の部屋に行くと、食事は半分も食べていない。
しかも、、、

「訪問医を呼んでくれないか?」と。


「どうしたの?」って聞くと、、、


「急に苦しくなって、、、悲しくなった。
先生、来てくれないかな、、、」





血圧を測ってみると、多少の不整脈は出ていたけど、120代でとても良い。

「これでは先生は、呼べないよ、、、大丈夫だから、とにかく、早く薬を飲んで、横になろう」

全く根拠はないけど、そう言うしかなくてさ。



ちなみに、私も血圧を測ってみたら、上が160代でヤバい。
最近、血圧が高くなる。
ずっと低血圧で、100無い時もあったくらいなんだけど、、、

これで手術なんて、怖すぎるよなぁ。
母のことがあるから、、、尚更に。



つい、頭に血が上り、父と口争いしたせいかなぁ。
いや、私が一方的に怒ってたせいだな。

単なる、親子喧嘩なんだけど、あまりにも落ち込んでいる父で、どうして良いやら分からなくなる。



「もう、手術しない。やめる!
その方が、いいなら、そうする!」

父の不安は、私のせいだと思う。
手術をやめたら、私の手術前のイライラも無くなるかな?


それならそれで、優しく言えば良いものを、まるで父のせいみたいに、口にする。

嫌な言い方、、、最低な私だ。


父、、、いつもなら、怒リ返すんだけど、益々、落ち込んで、虫の声になる。

悲しい顔をしている。

誰より、私を心配してくれている父だと言うことは、よく分かっているのに。


父も、痛さや、辛さを沢山我慢している。



父は、脊柱管狭窄症でもある。

私と同じような痛みを、私より長く抱えている。
でも、心臓弁膜症の弁置換手術をしているから、MRIにも入れない。
今の弁置換手術の弁なら、大丈夫なものもあるらしいけど、どうやら父の弁は、あまり大丈夫とは言えないらしい。医師によって見解が違うから、これまた困る。
ワーファリンも飲んでいるから、簡単に手術は出来ない。

何より、87歳、、、リスクの方が高い。
故に、手術は避けるようだ。

つまり、完治が出来ないから、一生、痛いまんま。


私は、まだ若いから、手術を選べたけれど、、、

だから、、、優しくしてあげなきゃいけないんだぁ。
分かっているんだけどな。





でもね、、、
優しくしてばかりいると、、、

「よーし、頑張るぞ!」って、思わない父なんだ。

どんどん暗くなって、落ち込む。


ついには、父が、言ってはいけない事を、口にし始めたから、、、

娘としては、やはり、怒るしかない。



怒りまくったからって、どうなるもんでもないけどね〜



でも、暫くすると、父も我に帰る。

私も、反省せる。









今日は、普通に戻って、落ち着いている父。

私も。




親子だから、言わなくていーことまで言っちゃったりする時も沢山あるけど、、、


誰より血は濃く、繋がっているから、、、


分かろうと思えば、分からなくは無い気持ち。



ま、親より、やっぱり子供の方が、断然ワガママなんだけどね〜〜



親は、結局、子供の幸せを願うもんだし。




と、、、




落ちたり、上がったり、忙しい。





今日は、昼は銀ダラの煮付け。


夕飯は、タラのアクアパッツァ。





あ!タラばっかり(笑)



ま、いーか。

コメント

期日前投票

2017年10月15日 | 父の話




今日は、秋雨真っ盛りの日曜日、父を連れて期日前投票へ行って来た。

残念ながら、来週の投票日は、父はショート中。
本人は、半ば棄権も致し方ないと思っていたようだけど、本心は行きたいに決まってる。
何故なら、父は、そういう人だから。
娘だから、よく知っているのだ。

ってね、、、昭和初期に生まれた人は、多分、皆さんそうなんではないかなぁ。

しっかりと、日本の国を見ている。

苦しい時代を乗り越えてきた世代だからこそ。
他人に未来を任せる以上、厳しく、現実的に、ちゃんと選びたいと考えている。

そりゃ、歳相応に物忘れや、訳わからない事を言ったり、したりもあるけどね。

チャラチャラしていない。
クソが付くほどに、真面目なのだ。




父も、私も、この雨にやられて、あちこち痛いのだけど、旦那が車で連れて行ってくれると言うので、頑張って行って来た。

やはり、良かった。
父は、嬉しそうだった。


父が、誰に気持ちを託したのか分からないけれど、どうか少しでも良い未来が来るようにと、痛い足を前に出して行ったこと、祈って選んだ事を、議員なる方達は、忘れないで欲しい。




選挙に行きたくても行けない老人が、多分沢山いるんだろうなぁ。

施設に入居している方は、施設自体が投票所となっている場合も、あるようだけどね。

要介護5だったり、肢体不自由な障がい者の方ならば、郵送での投票も出来るとか。


でも、、、

要介護4だったら、ダメなわけだし。
要介護4て、かなり不自由だとおもうのだけれどなぁ。
要介護3の父だって、選挙は毎回、私の旦那が送迎する。

在宅介護の大変さ、ここでもイマイチ分かっていないような気がする。

そんな政治家を選ぶために、投票に行くわけじゃないのにな。


ささやかな年金からタクシー代を出してまで、選挙に行くかしら、、、?

それとも、タクシー代がささやかだと、思っている?


高校生が選挙に行けても、確かな目を持っている高齢者が、選挙に行けないとしたら、、、


なんだか変な話だよなぁ。



違うかなぁ、、、








コメント (2)

クラス会

2017年10月14日 | 私。
今月は、同級会が二回あった。

一つは、高校2年のクラス。
先日、奥様を亡くした同級生を「励ます会」という事での集まりだった。

私は、旦那との旅行が先約だったのと、歩いて会場まで行く自信も無かったから、欠席した。

励ますはずの同級生とは、ラインで少し話をしたのだけれど、結局、来月手術をする事を他の同級生に聞いたようで、すっかり私の方が励まされてしまった。

頑張って来いよ〜〜ってね。



それから、もう一つは、中学三年の時の同級会。
やはり、会場が遠い事と、当日は父がショートから帰宅する日でもあったから、残念ながら、欠席。
(昨日の事なんだけどね)

幹事さんの頑張りで、随分と沢山の人が出席していた。
入れて貰ったグループラインのアルバムを見させて貰ったら、皆んな、それなり年は取っていたけれど、楽しそうで、、、とてもステキな時間を過ごしたようだった。

不思議と女子は面影があって、大概は分かるのだけど、男子はサッパリ、誰だか分からない人も沢山いた。

そりゃそうだよね〜40年前の同級生だもの。


高校の同級生とは、何だかんだと会っているので、同じ速さで歳をとって来たけれど、中学の同級生とは、浦島太郎の玉手箱を開けた感じかなぁ。
本当に、行きたかったなぁ〜〜と、写真を見ながら思った。

写真を見せて貰った事と、行けなくて残念だった事、幹事さんにお礼もしたくてラインをしたら、、、


幹事さんが、返信をくれてね。

私の、復活祭をしよーか!って。


嬉しかったなぁ〜

いつ手術?って、聞いてくれた友達もいる。


11月7日だよ(笑)
いよいよ、一ヶ月切ってしまった〜
多分、三ヶ月は、固いプラスチックのコルセットを装着してるかなぁ。



来年か、、、還暦になった年か、次の同級会がいつになるとしても、、、
私も、またあの中に入って笑える日を、楽しみにしていようと思った。

中学の頃に戻って、、、
ほぼ自分の事だけを考えて過ごしてきた、あの若過ぎる時間に、戻ってみたい。


そんな小さな明かりを点けてくれた同級生に、感謝だ。



頑張ろっと。

手術をして、何処までも歩けるようにならなきゃな。








最近、寒くなってきたせいでか、腰から下の痛みが辛い。
神経が、骨に挟まってる?と、思う時もある。

顔の痺れが増してきて、舌もおかしくて熱いものが食べれない。
一体どうなるのか、、、
先の見えない不安で、気持ちが潰れそうだった。


そんな時に、、、


命に関わる事以外は、大した事じゃない。


と、、、言われて、落ちていた。

たしかに、命は一番大事。

でも、死んでしまいたくなるような痛みも、世の中には、あるんだよ〜〜
知らないから言えるんだよ、、、

と、言いたかったけど、やめた。




介護についても、、、

介護される側の気持ちになったらどう?
歳をとる事は、仕方ない事よ。

と、、、ブログに書かれた。

そんな事、いつもなってるわい!

と、言いたかったけど、それもやめた。



分からない人には、多分、どう説明しても伝わらない。



口に出して言えない事や、活字にさえ出来ない事が、増えてきた。



吐き出す事が出来ないと、案外と苦しい。

吐き出す場所があるのに、使えない。



もう、ブログもやめようかと思ったけど、嬉しかった事も書けないのは寂しいから、やっぱり続けようと思う。





何より、私は、自分を励まさないと、頑張れないから。



さ、再び、頑張れ一人娘!!




なんてね(笑)

コメント (2)

術前検査と達磨さん

2017年10月12日 | すべり症
昨日は、すべり症の手術の術前検査だった。


慌てなくて良いように、前日にタクシーの予約を入れておいた。

バスが来なくて、イライラするのも嫌だしねー。
嫌いなMRI検査もあるから、気持ちが落ち着かないに決まってるし。

あんまり無駄遣いはしたくはないけど、このくらいは許して貰おう。



そうそう「限度額適用認定証」が送られて来たよ!



書類を送って貰って、記入して返送して、結局、電話で申請してから10日くらいで手元に来た。
だから、そんなに慌てなくても良かったかもしれない。

この認定証は、入院日に提出するそうだ。

これで、手術代が何百万掛かっても、安心して受けられる(笑)




しかし、どうやら、、、部屋代は掛かるらしい。
無料の部屋は、多分、空かない?!とか。






わざと横向きにしてみた(笑)



笑うしか無い。

流石、お高い大学病院だわ、、、

最短入院だとして10日で、八万?!

こんだけあれば、温泉が部屋に付いてるホテルに、平日ならば3泊位出来たよね〜〜

あー勿体無い、、、





と、、、



検査は、MRIが9時予約で、それ以外は予約時間は決まっていない。
つまり、下手をすると、待つわけだ。

ゆえに、私は8時に出発〜
少し早めに行って、時間予約の無い検査を効率良く済ませちゃえば、それだけ早く帰れるもんね。

何しろ、大学病院は混む。


血液検査、尿検査、心電図、肺のレントゲンを済まして、腰のMRI、機械の上に乗っかっての全身チェック。
身長、体重からの、もろもろな数値が出てくるわけだ。

肥満かなぁ?と、思っていたら、、、案外と、全てが標準範囲に入ってた。
良かった良かった(笑)


薬剤師さん、看護師さんとの面談。

病棟医師との問診も終了。

この検査結果を診て、手術の方法が確定するらしい。
執刀主治医からの説明は、手術の前日とか。
えー?って感じだけど、普通なのかな?

もう主治医に任せるって決めたんだから、任せるしかない。


とりあえず、検査結果は、全部クリアで、手術出来るそうだ。

ちょいと、白血球が高めで、肝機能も少し弱ってるみたい?とか言われたけど、あまり心配するほどでも無いらしい。



手術出来ます!

だ、そーだ。





しかし、やっぱり、、、怖いなぁ。


背中に穴を開けて、ズレてグラグラしている骨を固定する〜


ひゃー、、、怖い。



まぁ、骨折した人が、ボルト入れるのと同じようなもんだと思えば、、、
母も、大腿骨に死ぬまでボルト、入っていたしなぁ。




この痛みが無くなるのならば、、、
頑張らなきゃね〜



髄膜腫からの、顔の痺れと痛みも、波のようにやってくるし、、、
こっちも、かなり痛い。
すご〜く、辛い。

こちらは、今は、どうにもなりそうに無いのだけれど、、、
沢山歩けるようになったら、こっちの痛みについても、考えている事がある。
その為にも、沢山歩ける様にしなきゃなのだ。


残念ながら、私には頼れる兄弟姉妹がいない。
親戚も、みんな遠い。
旦那や娘達は、朝から晩まで仕事だし、出来るだけ、迷惑をかけないようにしたい。
大事な父もいるし、とにかく、今みたいにあまり歩けないんじゃ、どーにもならない。



だから、頑張るしか無いのだ。


てかさ、、、痛みを我慢してばかりいたら、頭がおかしくなりそーなんだもの。

せめて一つは、消えて欲しい。


正直、心が病みそうなのだ、、、

既に、病んでるかもしれないな(笑)




私は、幸せだけど、、、


痛みの無い身体の人が、やっぱり羨ましいと思う時があるし、なんで私ばっかりって、思う時もある。

落ち込む。

落ち込む事に、また落ち込む。




なんで私ばっかり、、、??


誰と比べてるんだ?

誰に文句言ってんだ?



比べられる人なんて、いないのに。





世の中、私なんかより大変な人も辛い人もいるとか、、、

頑張ってる人は沢山いるとか、、、





言わないでね〜





そんなこと、ちゃんと分かってるからね〜













でも、




だから、




私は、誰とも、比べたりしないよ。



比べないで、いーんじゃない?



皆んな、いろいろある!
そりゃ、この歳になれば、いろいろある人も多くなる。




何にも無い人には、分からなくていいんだし。








誰かと自分を、比べたりしないでいいよね〜
自分だけが辛いで、良いよね〜〜

自分の痛みは自分にしか分からないのだから。




痛いって言わなきゃ分かんないしね。





私も、比べないでね〜

そんな事くらいって、、、言わないでね〜




そうだ!
我慢しないからこそ、医学は進歩するのだから!

だよね〜〜


皆んなが我慢強かったら、細い針だって、内視鏡手術だって、なかったはずだよね〜

神経根ブロック注射だって、無かったかもしれないしね〜〜(笑)


なんてね。


やっぱり、情緒不安定で、自律神経失調気味かしら?





もう、笑わなきゃね〜


ちょっと、笑ってみよう。






ダルマさん、ダルマさん、にらめっこしましょ。






笑うと負けよ、、、って、、、この達磨さん、顔、怖いし〜〜笑えないし、、、






だから、私の勝ち!!
コメント (5)

伊豆、二日目

2017年10月10日 | 私の好きなこと。











楽しい秋の旅行。








次に来る時は、必ず旦那のバイクのタンデムシートに乗って、、、

出来たら、どこも痛くないといいなぁ。





さ、日常。


私は私で、頑張らなきゃね。










そして、、、、






ウルルちゃん、お父様のご冥福を、心からお祈りしています。

ウルルちゃんも、身体には気をつけてね。
コメント (2)

下田

2017年10月09日 | 私の好きなこと。
旦那と、下田へ一泊二日で来ています。

ツーリングの為に、前から予約してくれていたホテル。
残念ながら、やはりクルマだけど、、、

思いがけず、ラッキーな事も沢山あったし、やっぱり私はついている!


皆様も、良い連休が過ごせていますように。



















コメント

誕生日。

2017年10月01日 | 私の好きなこと。
今日は、主人の誕生日です。


56歳になりました。


暫くは、同じ歳です。



そして、、、
結婚して、もうすぐ28周年です。
あと2年で、真珠婚式。
その時は、二人で、九州へ行きたいと、密かにヘソクリしております(*^^*)




二人が同じ歳の今月に、、、28歳同士で結婚したので、漸く、二人で生きてきた年月が、一人で生きていた年月を越すことが出来たわけです。


嬉しい。




よくぞ、私と共に生きてきてくれたなぁ。


本当に、私の好きなように、過ごさせてくれています。

心から、感謝しています。




私は、とても幸せだと思います。


甘い言葉は全く無いし、目に見える優しさも少ない人だけど(笑)


真面目で、照れ屋で、頭が良くて、優しいんだけど、面倒くさがり、、、いつも冷静な主人。

私の携帯には、主人の背中の写真が沢山です。


バイクに私を乗せて、いろんな所に連れて行ってくれました。

今は、あちこちポンコツな私を、クルマで運んでくれます。

暫くは、不自由をかけるし、お金も沢山使わせてしまうなぁ。
本当にごめんなさい。





お互いに、大分くたびれてきた身体ではあるけれど、、、これからも、それなりに元気で、私の側にいて欲しい。

出来るだけ、大事にします(笑)






大切な人です。


愛してるなんて、聞いたことも言ったこともないですが、、、


愛していますよ〜



お誕生日おめでとう






身体には、お願いだから、気を付けて!
私より、必ず長生きしてね。




コメント