nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

レッズ、なすすべなしの悪夢のような敗戦!

2017-06-19 11:07:15 | サッカー
2週間前に柏に敗戦し、立て直しの2週間を送ったレッズは
昨夜ホームに磐田を迎え、起死回生の一戦のはずでした。
サポーターも大いに期待して、降り始めた雨の中向かったスタジアム。
先発は、何も変わらないいつものメンバーで、前線はKLMでスタート。
変わったことがあったといえば、ラファエルシルバがベンチ入りしたことくらい。

相手はチームの要中村俊輔を欠いていて、ベストメンバーではないはずなのに
試合開始早々、ラインを高く上げて浦和対策バッチリで
それにもたつき、攻撃に持ち込めず、シュートも打てず
監督と選手たちの言うところの、自分たちのサッカーができないでイラつくレッズ。
自分たちへの過信と連携不足で先制され、阿部のゴールで何とか追いつき、勝ち越したと思ったら
ホッとしたのか気が抜けてしまって、追いつかれ
さらに名波の策にはまって、途中出場の松浦にダメ押しの2ゴールで、なすすべなし。

相手を研究してきた名波監督と、あくまで自己主張を貫くミシャの違い。
2週間で、休養も反省も練習も対策も十分のはずが、ミシャの6年間のモヤモヤを象徴するようなぶざまな試合。

何故ここまでスランプに陥っているのに、メンバーを替えてみないのか!
そもそも気温37度での砂漠の試合に行って帰って来て、体調も不十分であろう代表3人をそのまま使い
2週間みっちり立て直しの練習に取り組んだはずの選手たちを、信じる気持ちがないのか!
しかも遠藤はボランチで90分フル出場していて、疲労は明らか。
その遠藤より信頼してもらえない那須の立場を、ミシャどう思っているのか!
サポーターだって何か新しい収穫や発見があれば、負けても納得できる部分があるはず。
頑なに同じことを繰り返し、失点が増え始めてもテコ入れのないDF陣。
元々ミシャを支持してはいないけれど、昨夜はさらなる失望に怒りの気持ちさえ沸かず、ひたすら呆然と帰ってきました。
もう少し相手を見て、メンバーを考えてもらいたい!
ただミシャのこと、水曜日の天皇杯で、ターンオーバーという名の全とっかえをして、お茶を濁しそうな予感・・・・
今年の終盤を待たず、早い時期のテコ入れ(監督交代)を求めたいです。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦和 オープンキッチン然(Z... | トップ | 父の日 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。