nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

秋の箱根旅 最終章

2017-11-14 11:40:09 | 神奈川
さて箱根の観光に関しては、先日の 箱根駅伝ミュージアム の記事ですべてアップ終了。
今回は天候が悪かったせいもあって、バス利用が多く、箱根登山電車とケーブルカーは最低限。
唯一海賊船は3コース乗ったものの、ロープウェーに至っては、まったくその姿も観なかったという残念な結果に終わり
箱根に於ける、多様な乗り物旅の醍醐味を味わうことができなかったのですが、ちょっとだけご紹介。



初日、箱根町からバスに乗って、小涌谷から登山鉄道で強羅へ



強羅からケーブルカーで、宿のある上強羅へ





翌日もまた同じように、箱根町からバスで小涌谷へ



向かいのホームに電車が入ってきます。



2000形車両
スイスのレーティッシュ鉄道の駅名サン・モリッツにちなみ
「サン・モリッツ号」の愛称で親しまれているそうです。





こちらのホームにも電車が入って来ました。
単線なので、ここですれ違います。



モハ2形車両



乗り込みました。



座席が箱根寄木細工模様で素敵!



 

山の傾面を登るため、スイッチバック方式をとり入れてジグザグに登ります。
スイッチバックは出山信号場、大平台駅、上大平台信号場の3ヶ所で行ないますが
そのたびに運転士と車掌が入れ替わるので大変そう(特にこの日はかなりの雨だったし)



箱根湯本駅のホームの様子
登山鉄道と小田急線は同じホームなので、乗り換えも楽ですが
せっかくなので外に出て、駅前のお土産物屋さんを物色。



帰りのロマンスカー

 

駅の売店で買ったお弁当 炙り金目鯛めし
ご飯が金目鯛のだしで炊かれているらしく、上から下までおいしかったです。

今回は天候には恵まれなかったものの、バスや船がすぐにやって来て、移動のロスが少なく
食事や施設でも並ぶことなく、時間を有効に使えました。
雨でも充実の楽しい2日間でしたが、やはり次回は晴れている日に旅したいですね。
いつか、新緑の季節にでもリベンジしたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅 再び海賊船に乗って箱根駅伝ミュージアムへ

2017-11-10 11:58:03 | 神奈川
ランチの後はバスに揺られて、桃源台へ。
前日に引き続き 桃源台港 から、海賊船に乗船。



雨がひどかったのでデッキに上らず、追加料金を払って1Fの特別室にグレードアップ



一番先頭の席で前方を眺めながら、約20分の航海
ただ雨天ですから、景色はほとんどかすみが掛かっていて残念。。。。



前日は賑わっていた箱根町港もこの日は静か



再びやってきた目的は、前日から気になっていた 箱根駅伝ミュージアム 



港を降りて目の前にあります。

  

箱根駅伝の往路ゴール地点と復路スタート地点の石碑(裏表ですが) 



入ってみました。
中は撮影禁止だったので画像はありませんが
懐かしい写真や記録情報や、年季の入ったユニフォームやシューズ展示など・・・
中継の様子のダイジェスト放送も、エンドレスで放映されていて
観ているとその年の様子などを思い出すシーンもあって、結構長居出来ます。



トイレのマークも走ってました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅 箱根ラリック美術館

2017-11-08 15:18:28 | 神奈川
2日目の箱根は前日よりも、さらに激しい雨が降っていたので
アウトドア系の観光はあきらめ、美術館に行こうということで、ホテル近くのバス停からバスに乗り込みました。。
強羅から仙石原に向かう道すがらは、美術館が多く点在する場所で
ポーラ美術館や、星の王子さまミュージアムなどがありますが
私たちは 箱根ラリック美術館 を目指し、仙石案内所で下車しました。

アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けた、宝飾とガラス工芸作家、ルネ・ラリックの作品が並ぶ美術館。
ラリックがこよなく愛した草花や、四季折々に表情を変えるガーデンなど
自然とアートが響きあう場所ということで、ちょっと大人な雰囲気の漂うミュージアムです。







企画展 ラリックの夢をのせて 豪華列車が旅した南フランス を開催中
ラリックが内装を手掛けた豪華列車 コート・ダジュール号(1929年製)
(オリエント急行のサロンカー) の実物車両が展示されています。



コート・ダジュール号(1929年製) の中に入ることができるので、豪華な内装を目の当たりにしながら
パリを出発し、ディジョンやカンヌ、ニースを通り、南フランスへ向かった鉄道の旅に思いを馳せることができます。















企画展の後は中庭の風景を楽しみながら、別棟にあるミュージアムへ移動
美術館の中は撮影不可でしたので、この先はお庭の様子だけですがお楽しみください。



今回は利用しなかったのですが
企画展会場に併設するレストランも、落ち着きのある良い雰囲気





ガラスでデザインされたラジエーターグリルを飾る、カーマスコット











 





紅葉が始まった木々が雨に打たれて、とても美しい輝きを見せてくれていて
雨の日ならではの、とっておきの景色を堪能させていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅 箱根関所

2017-11-02 15:13:26 | 神奈川
箱根関所 といえば、江戸時代の全国53ヶ所の関所の中でも最も重要な役割を担った関所です。
以前よりここに復元関所はあり、私も見学をした記憶があるのですが
多くの資料を基に、平成19年に現在の形でより精巧に復元されたそうです。



京口御門





大番所・上番休息所















獄屋





 

足軽番所雪隠

 

芦ノ湖や軌道沿いを、昼夜を問わず交代で見張っていた場所
遠見番所



お天気が良ければどんなに素晴らしい眺めだったことでしょう。。。









江戸口御門

これ以外にも、撮影不可だったのですが資料館もあり、なかなか興味深いスポットでした。
奉公先から逃げ帰ろうとして、さらし首で処刑されたお玉のような、悲劇の物語もあったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅 海賊船で芦ノ湖クルーズ

2017-11-01 10:05:15 | 神奈川
ランチの後は再び芦ノ湖に戻って、海賊船に乗ることにしました。



ジャストタイミングで改札を開始していました。



元箱根港を出発!



赤、青、緑の3隻あるうちの、青い ビクトリー に乗船



3階のデッキに上って景色を満喫しましたが、何しろ曇天なのが残念。
晴れていれば富士山も臨めるところです。







先ほど行った 平和の鳥居 が見えます。







赤い ロワイヤルⅡ とすれ違いました。



こちらは 九頭龍神社本宮 
船が出る13日を除いては、徒歩でしか行けない秘境の地
次の機会にはこちらに行けるといいなと思っています。





桃源台港に近付いてきました。





待っていた、緑の バーサ に乗り換えます。
今度は2階の船室で座って過ごしました。







箱根町港に到着



このタイミングで、いよいよ雨が降り始めてきました・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅 箱根神社

2017-10-30 14:09:47 | 神奈川
元箱根から参道を通って 箱根神社 へ。
恋愛運アップのパワースポットとされていて、近年若者に人気なのだとか。
そもそもが木々が生い茂った暗い場所&今にも降りそうな曇天で、写真がブレブレですみません。。。。



第三鳥居



第四鳥居 に続く正参道
鳥居の脇に矢立ての杉がそびえています。



手水舎



武道場





御本殿





九頭龍神社新宮







九頭龍神甘露の霊水







安産杉





本殿を降りてきて国道を渡った先にある
芦ノ湖に面した 平和の鳥居





国道側に戻らず、そのまま芦ノ湖畔を進みます・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の箱根旅へ

2017-10-30 12:25:53 | 神奈川
狭い地域にたくさんの施設や、様々な楽しい乗り物があって交通網も充実。
お得なフリーパスなどもあり、車のない我が家のような家庭が、家族で出かけるのにちょうどよい箱根。
以前はよく出かけていたのに、最後に行ったのが子供たちが小学生のころ。
気付けば随分長く行ってないよね?ということで、夫婦で出かけてきました。
厳密には、バスツアーでちょっと立ち寄ったりはしているのですが
ちゃんと箱根を目指して出かけるのは、約20年ぶり。
ただ、1週間前の予報では晴れマークだったのに、週明けから台風予報がちらつき始め
その影響をまともに受けそうな暗いムードの中、不安を抱えての出発。



小田急箱根フリーパスを使って、ロマンスカーで出かけます。
新宿から1時間半で箱根湯本に到着するのですから、改めて近いですよね。





箱根湯元到着、まだ降っていません!

※ 今回箱根湯本駅で キャリーサービス というサービスを利用
駅の構内で荷物を預けると、宿泊するホテルまで届けてくれるというシステム。
到着した瞬間から、手荷物だけで一日廻れるという嬉しいサービス。
コインロッカーに入れると、またその場所に戻ってこなくてはいけないので
観光コースや周遊パターンが様々ある箱根ですから、とっても便利なサービスですよね。



バスに乗って、元箱根方面へ移動



元箱根に到着







芦ノ湖 を眺めながら歩きます。



最初に目指すのは 箱根神社



第二鳥居
第一鳥居はもっと後方にあり今回通りませんでした。 
この先はまた次の記事へ・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎大師

2017-06-11 12:56:23 | 神奈川
昨日夜京急沿線で待ち合わせがあったので、ずっと行きたいと思っていた 川崎大師 に寄ってきました。
川崎市民でありフロンターレサポである娘夫婦は、お正月やチームの始動時には毎度参っているようですが
私たち夫婦はまだ子供もいない新婚のころ、お正月に出かけて、余りの人出にびっくりして以来になります。



京急川崎駅から3つ目 川崎大師駅 下車



駅前に立つとすぐに大きな門に迎えられます。





まっすぐ行ってカクンと曲がって  
またもと来た方に向かって折り返すように新たな参道が続いています  



飴屋さん、葛餅屋さん、達磨屋さんなどがいっぱい!















大山門





大本堂



八角五十塔



祈りと平和の像



力強い御朱印!
川崎大師では全部で4か所の御朱印がもらえるとのことでしたが
到着時間が16時を過ぎてしまっていたので、頂けるのが本堂だけになってしまいました。

 

昨日は 「KIRIN×KEIKYU 横浜づくりビール電車 が走っていたらしく、京急川崎駅では夜の号の準備の真っ最中でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みさきまぐろきっぷを使ってお出かけ! 三崎港

2017-05-06 21:31:21 | 神奈川
城ヶ島からバスで三崎港へ移動し、レトロ感漂うな漁港の街を散歩しました。









海南神社









三浦半島の総鎮守



源頼朝のお手植えといわれる樹齢800年の大銀杏
雌雄2株で保存されています。





御朱印も頂きました。



こちらもまぐろ料理店がいっぱい!





港でまぐろの加工品やイカなどのお土産物を買って、バスで三崎口駅へ!
しかしそのバスが大渋滞で一向に進まず、最後に観光地の洗礼を受けてしまいましたが
早起きしたおかげで、おおむね順調で楽しい日帰り旅となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みさきまぐろきっぷを使ってお出かけ! 城ヶ島海岸

2017-05-06 17:04:00 | 神奈川
中村屋さんで、まぐろきっぷメニューをいただいた後は、お店の前にあるらせん階段を上って灯台を目指します。



オレンジの庇が中村屋さん
長い列ができているのが垣間見れます。





灯台が見えてきました。



日本で5番目に点灯した西洋式灯台で、こちらは2代目



灯台から今度は海側に抜け、海岸沿いを散歩することに・・・



ゴツゴツした岩が連なる海岸沿い







馬の背洞門
大自然に寄って作り上げられた、高さ8m幅約2mのダイナミックな洞門







馬の背洞門 の左手にある階段を上ってさらに散歩を続けます。
画像で見えている先まで結構急激な階段が続いていて、かなりの体力勝負!



 

その先は気持ちのよい散策コースが続いていました。
この後はバスで三崎港に戻ります・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加