nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

太宰府天満宮

2015-05-31 12:16:30 | モバイル投稿
一夜明けて、今日はお天気も回復。
太宰府に来ています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

有頂天勝利

2015-05-30 21:23:47 | モバイル投稿

なんと、6-1ですよ~
もう順番も人もすっかり忘れるくらいのゴールラッシュ!
酔いしれて、歌いまくり踊りまくりで大騒ぎしてしまいました。

世間ではすごい地震だったそうで、みなさん大丈夫でしたか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベストアメニティスタジアム

2015-05-30 17:52:35 | モバイル投稿
3F席の急勾配がかなり怖いです。
ここじゃ、危なくてビールも買えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

櫛田神社

2015-05-30 12:35:25 | モバイル投稿
雨は時折パラパラしていますが、傘をさすほどではない状態。
気ままにフラフラ博多見物をしています。
まずは、櫛田神社から。



御朱印も頂きました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡空港到着

2015-05-30 10:49:26 | モバイル投稿
5年振りの福岡の街、懐かしいです。
雨は今にも降りそうだけど、なんとか持っている感じ?
でも多分、雨中の試合になることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬間商店 お好み角てん

2015-05-29 15:28:19 | スイーツ・フルーツ
ちょうど1ヶ月くらい前、浦和パルコに北野エースがオープンしましたね。
地方の特産品や輸入品、めずらしいものやちょっと気の利いたものを探すのが楽しいお店です。
大宮のエキュートや池袋の東武にもあるので、これまでにも通りすがりに利用することはありましたが
こうやって普段の行動範囲に出来て、折りに触れてチェックできるのはうれしい限り。

で、最近発掘したお気に入りをご紹介。
瀬間商店さんの お好み角てん です。
名人が選んだ国産の天草100%で作られているという、寒天のかたまりです。
開けるとプ~ンと漂うてんぐさの香りと、漂白していない本物の色合い。
取り出すと強い弾力で、ぷるんぷるんとうねります。
こんな上質寒天が、1パックに360gも入ってなんと152円!
最初2パック買ってきたら余りにおいしかったので、昨日も6パックまとめ買いしてきちゃいました。



1パックの半分でこの量!
私の好きな食べ方は、角切りにして黒みつを掛けます。
寒天そのものに、深い味わいがあるので
黒みつはたっぷりかけなくても、ちょっと湿らせる程度で十分おいしいですよ。
もちろん、ところてんとして食べるのもおススメ。



152円の半量で結構腹持ちしますし、噛み応えもあっておいしいので満足度高いです。
しばらく家にいる日のお昼は、これで行こうと思っています。
カロリー的にも経済的にも、めちゃくちゃエコだわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦和 調神社で御朱印を頂く

2015-05-28 17:18:31 | 埼玉
浦和区岸町にある 調神社(つきじんじゃ) 通称調宮(つきのみや)と言えば
シーズンの始まりに、レッズの選手たちが揃って必勝祈願に訪れることでもおなじみの
地元にもレッズサポにも愛される、浦和駅にほど近い神社。 
我が家も娘が3歳の時と、息子5歳と娘7歳の時の2度の七五三は、こちらにお参りしましたし
そういえば受験の時も、就活の時も、こちらのお守りを頂いたことを思いだしました。



こちらは、たいていの神社にはある鳥居がないちょっと変わった神社です。
そしてつき神社という名前から、月待信仰があり
月と言えば兎だということで、兎が使姫となっている神社です。
鳥居のない境内の入口には、狛犬の代わりに狛兎が鎮座しています。





手水舎にも兎がいます。





本殿



神楽殿



神池の兎 



昨年から始めた秩父の札所めぐりで、すでに御朱印デビューはしていたわけですが
その他の寺社でもご朱印集めをしてみたいと思い立ち、御朱印帳を購入
左 お寺用 右 神社用 の2冊を用意



始めるに当たってまず最初のページはに、調宮の御朱印を頂こうと思い本日お参りしてきました。
そして明後日の鬼門鳥栖でのレッズの勝利も、強く祈願!

三峰に行く前にデビューすればよかったと思ったりもしていますが、いつかまた連れて行ってもらえることを願っています。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湊かなえ サファイア

2015-05-28 11:21:02 | 本・雑誌・ドラマ
先日まとめて購入した本の中から、まずは予告通りに、湊かなえさんの サファイア を読みました。
宝石をテーマにした7篇の短編集です。

あらすじ・・・・
市議会議員の選挙アルバイトを始めたことがきっかけで、議員の妻となった私は、幸せな日々を送っていた。
激務にもかかわらず夫は優しく、子宝にも恵まれ、誰もが羨む結婚生活だった。
だが、人生の落とし穴は突然やってきた。
所属する党から県義会議員への立候補を余議なくされた夫は、僅差で落選し、失職。
そこから何かが狂いはじめた。
あれだけ優しかった夫が豹変し、暴力を振るうようになってしまった。
思いあまった私は・・・・・・。
絶望の淵にいた私の前に現れた一人の女性―――有名な弁護士だという。
彼女は忘れるはずもない、私のかけがえのない同級生だった・・・・・・。 (ムーンストーン)

真珠/ルビー/ダイヤモンド/猫目石/ムーンストーン/サファイア/ガーネット

本当に千差万別、色々な人生が登場します。
いかにも湊さん的な、一人称が語り出したら止まらない的ストーリーから
星新一さんチックなホラーユーモアもの、読後感のサラッとしたものからヘビーなものまで
趣向を凝らした作品が、びっしりと詰め込まれていて楽しめました。
ムーンストーンは、手法がうまくて思わず唸ってしまったし
ダイヤモンドは、最後の行き詰ったドッキリ感にやられたし
個人的には、夢が広がるルビーが好きでした。
他でも言われているようですが、ガーネットで酷評されている「墓標」は、「告白」のことかな?と、私も思いました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キユートピア Wのうるおい実感セット

2015-05-27 14:49:57 | 美容・健康
キユートピア は、2014年12月から自社通販限定で販売されている 
キユーピー(株)が独自開発。 ヒアルロン酸の保湿力に着目したスキンケア商品 です。 
今回 モイスチャーミスト と ピュアヒアロ が同時に試せる Wのうるおい実感セット をお試しさせていただきました。



Wのうるおい実感セット 



ミスト状化粧水 モイスチャーミスト
美容液 ピュアヒアロ   



モイスチャーミスト 80mL 税込3,780円

キユーピー独自開発の低分子ヒアルロン酸「ヒアロオリゴ®」を高配合
角質層深く浸透し、肌年齢の内側からみずみずしさを保持



顔全体に4~5プッシュし、ハンドプレスでうるおいを行き渡らせて使用
しっとりすると同時に、肌の鎮静効果も得られて、暑い夏にはぴったり
顔と同時に、乾燥しがちな髪の毛にもうるおい補給できます!
コンパクトなので、バックに忍ばせて外出先で使うことも出来て便利



ピュアヒアロ 30mL 税込5,400円
高分子ヒアルロン酸配合で、肌表面の水分蒸発を防ぎ
水分がゆっくりと肌の隅々に浸透してくれて、しっとりなめらかな質感が持続



モイスチャーミスト のあと、手持ちの化粧水で整えてからこちらを使います。
2~3プッシュを手に取り、顔全体になじませるように使用
乾燥や小じわが気になる個所は重ね付するといいそう。
丁寧にハンドプレスするこちで、うるおいがしっかり閉じ込められます!
っこの後手持ちの乳液やクリームを使うこともできます。

ヒアルロン酸を見つめて30年のキユーピーが誇る、実力のスキンケア製品です。
このシリーズ、わずか2品だけで、使い方も製品のテクスチャーもいたってシンプルですが
このシンプルさが キユートピア さんの、自信の表れと言えるかもしれませんね。
年々暑さが厳しくなり、夏場エアコンの風を受ける機会も増していきますが
これでしっかりと対策していきたいと思います。

購入はこちら   からできます、ぜひチェックしてみてくださいね。  

キユーピー通販TOPページ

※ トウ・キユーピー様に商品をいただき、モニターに参加しています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 駆込み女と駆出し男

2015-05-26 18:16:07 | 映画・演劇
江戸時代、幕府公認の縁切寺とされた東慶寺を舞台にした映画 駆込み女と駆出し男 を観てきました。
井上ひさしさんの小説 東慶寺花だより が原案となっているそうです。

あらすじ・・・・
江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には
複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。
女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する、戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は
さまざまなトラブルに巻き込まれながらも、男女のもめ事を解決に向けて導き
訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。

時代物と言うことで、仰々しさや堅苦しさを想定して構えていたら
時代掛かっていたのは衣装と背景だけで、言葉づかいも
テンポの良いセリフの掛け合いも、興ざめしない程度にそこそこ現代風で
登場人物が多く個々の設定が複雑な割に、とっつきやすく
全篇に漂う人情味とぬくもり、ほのぼのとしたリズムに癒されながら、どんどん引き込まれていきました。
2時間半と言う長い映画でしたが、笑えますし、そこそこ泣かせますし、一度も飽きさせることなく気づいたらエンディング。
終わった瞬間もう一度見たいと思った、良質で心地よい映画でした。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加