nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

チャンピオンシップ第2戦、浮足立ってまさかの敗戦!

2016-12-04 00:43:05 | サッカー
チャンピオンシップ第2戦、引き分けかあるいは0-1の敗戦でも勝利という条件でしたが
1点先制の後で2点取られて、まさかの大逆転で、年間勝ち点74のチームが59のチームに優勝をかっさらわれてしまいました。
アウェーゴールを取って戻ってきたというのが、ある意味気持ちにゆるみが生まれてしまったのかもしれません。
相手は2点以上取るという明確な課題を果すために乗り込んで来て、しっかりと仕事をして堂々と勝利。
それに引き換えレッズの選手たちは、序盤こそそつなく戦えていたものの
1点先制した後は、勝って当然という慢心がにじみ出た展開で、ズルズルと失速。
監督はさらに浮足立っていたのか、とりあえず勝っているうえに、引き分けでもOKという条件を活かせず
自ら血迷った采配に走ってしまって、どうしようもない墓穴を掘る結果となってしまいました。
後半の高木は確かに前半とは違って、パフォーマンスが落ちてはいましたが
まだ勝っている状況で、あれほど早く青木を出して守りに入る必要があったのか?
そこから数分で関根→駒井も、関根がよかっただけにどうかと思うし
71分には興梠→ズラタンで、交代枠をと使い切ってしまったあとの逆転劇。
興梠は前半に痛めたシーンがあったので、それが理由だとしたら、どうして交代枠をもっと大事にしないのか!
一人目、二人目ともに、代えるべき選手は別にいたと思うし
最後苦し紛れに、槙野でパワープレーをするくらいなら
取っておいた交代枠で那須を入れた方が、どんなによかったか!
ミシャの浅はかな采配と焦りで、すべて台無しになった気がします。
結局リーグ終盤の強さを最後までキープすることはできず、何だかんだで逆戻り。
これでクラブW杯もなくなり、ゼロックスもなくなり、宙ぶらりんの気持ちのままに明日から長いオフに突入。
今年のサッカーがよかったのか、メンバーが適正だったのか、大いに疑問を残して今シーズンが終わってしまいました。
補強話も前線ばかりだし、DF陣の補強と現況の見直しは必須だと思うのですが、ちゃんと考えてくれているのでしょうか?



これが現実だという悔しさ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ天皇杯、3度追いつかれてPK戦で敗戦!

2016-11-12 23:10:19 | サッカー
天皇杯4回戦、浦和対川崎戦。
4回戦の時点で、年間1位の浦和と2位の川崎という好カードに
チケットが即日完売という、ラウンド16とは思えない注目の対戦です。
息子は現地に出かけていきましたが、私はテレビ観戦でした。

西川、槙野が代表で抜けて、GKは大谷、宇賀神が復活し槙野のポジション。
あとは、リーグの終盤と同じ布陣でスタート。
試合の方は、攻撃は仕掛けるものの、持ち込んでもシュートは打てず
縦パスをことごとく相手にさらわれて、振出しに戻るという悪い日のパターン。
相手も怪我の小林、中村、大島などの主力を欠いて、攻撃パターンに持ち込めずミスの応酬。
互いに行ったり来たりが激しいものの、決め手がないままに0-0で前半終了。
このままでは、かなりの体力消耗戦になるぞと思っていたのですが
このあとさらに、想像を超える死闘が待っていました。
後半に入り、71分興梠のゴールで先制するも、86分PKで追いつかれ
ため息をついた直後の88分にオウンゴールで勝ち越して
これで勝った気になっていたら、さすが川崎劇場!ロスタイムに森本のゴールで再び同点。
そしてほぼ全員が足をつり、倒れながらも延長に突入。
97分青木のゴールで突き放した後、またしても116分に追いつかれて、とうとうPK戦へ!
PKでは、相手が4人決めて、レッズはズラタンと興梠が外して、試合終了。
3点取って3点取られる試合は、結果だけ見たら6点も入ったおもしろい試合と言えなくもないですが
このところうまく繕えたつもりになっていたけど、ミシャ采配のほころびが露呈しちゃったかな?という試合。
まずどうして、素直に那須を先発に入れなかったかということ。
宇賀神、遠藤、森脇の3人では、どう見ても高さが足りず、相手のパワープレーに苦しむのは当然。
しかも延長になる恐れがあるのに、早い時間帯にいつも通りのパターンで交代枠使い切って
延長で動けなくなる選手が出るのはわかっていることだし、もしDFにレッドカードでも出たらどうするのという不安はないのか?
特に駒井のサイドは、最後いいようにやられっぱなしで、あそこに交代枠を残しておいてもらいたかったとつくづく思います。
PKの負けは仕方ないし、大谷も120分本当によく頑張ってくれていたのでPKの結果に文句はないです。
延長を視野に入れないお気楽采配と、3点取って3回追いつかれたということが敗因ですよね。

さあこれで目標の三冠はなくなりました。
さらにチャンピオンシップも落とすようなことがあれば、いくら2ndを取って年間勝ち点1位も取ったとはいえ
結局タイトルは、トーナメントから途中参加のルヴァン杯だけ、ってことになっちゃいますからね。
猛省して、何が何でもチャンピオンシップで優勝してほしいです。
川崎には鹿島に勝ってもらって、もう一度叩ける機会を作ってもらいたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ、最終戦引き分けるも年間勝ち点1位死守!

2016-11-03 19:43:45 | サッカー
川崎と勝ち点1差で、年間勝ち点1位を争う最終節。
レッズはホームに横浜Fマリノスを迎えての、ホーム最終戦です。
勝てば川崎の結果にかかわらず、自力で1位を決められるということで、必死で勝ちを狙うレッズ。
試合は攻める浦和、守る横浜の構図がひたすら続く中
相手の守備も硬いですが、レッズの選手たちもいつもに比べて動きの硬さが否めず
ドリブルのスペースも作れず、パスコースも阻まれ
最終ラインの中澤が相変わらずのポジショニングのよさで、シュートコースに立ちはだかります。

レッズが得点をとれないでもがく中、先に動いたのは川崎で、前半に2点を奪って幸先の良い戦い。
何が何でも勝ちに行くしかないレッズは、後半は必至で攻めます。
後半66分、関根のシュートのこぼれ球に詰めた、柏木のゴールにホッとしたものの
このまま守り切れるかと思った85分に、マルティノスにカウンターで走られ失点。
結局川崎が2点先制ののちに、後半3失点してガンバに敗れたため、結果的に年間1位は獲得しましたが
最後勝利で〆たいと思っていただけに、中途半に残念な気持ちが漂った最終戦でした。

あとはチャンピオンシップで、年間勝ち点1位のプライドをきちんと見せつけて
12月3日の夜、埼スタでしっかりと笑いましょう!



今日11月3日は私の誕生日ということで、試合の帰りに息子が焼き肉を奢ってくれました。
目標の年間勝ち点1位獲得とはいえ、祝勝会とは行かなかったのがちょっと残念。
以前はナビスコ杯の決勝が文化の日だったこともあり、これまでも誕生日の試合は幾度かありましたが
勝てたのは、2003年のナビスコ杯と、2014年の日産スタジアムでのマリノス戦。
数のわりに勝率悪いなと思う、文化の日の試合です。

追記
結局J2降格最後の1枠を巡る残留争いは、降格圏4チームの磐田以外がすべて敗戦し
終盤戻ってきた闘莉王の奮闘むなしく、数字的に一番位置が下だった名古屋の降格が決定。
しかもすでに降格が決まっていた湘南の直輝のゴールが、闘莉王に当たって入るという不運。
その後互いに1点ずつを入れた後、またしても直輝が闘莉王をかわしてゴールという辛い巡り合わせ。
とうとう名古屋までが降格し、オリジナル10のうち降格経験のないのは、横浜と鹿島だけとなりました。
しかし湘南は、今後の昇格に向けて一番面倒な相手を道連れにしちゃった・・・・という考え方もありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ、セカンドステージ優勝、そして年間最多勝ち点更新!

2016-10-29 21:39:03 | サッカー
レッズは、アウエーエコパスタジアムでの磐田戦。
先週の新潟以上に、真っ赤っ赤のゴール裏は、テレビで観ていても感動です。
ジュビロの浦和対策に縦パスが通らず、サイドから地道に攻める浦和。
惜しいシーンを繰り返しながらもゴールは生まれず、前半を0-0で終了。
後半も失点の気配は感じないものの、得点は遠く、カシマスタジアムでは川崎リードの情報。
引き分けでもセカンドステージ優勝は可能ですが、狙うのはあくまでも年間勝ち点1位とチャンピオンシップ優勝。
そのためには、今節次節ともに勝利を重ねることが大切で、今日も絶対に逃したくない勝ち点3。
68分、ミシャは高木に代えて李を投入。
今日の出来では、高木より武藤の方がダメでしょ。
あと駒井がチャンスをつぶしているシーンが、あまりにも多いので
交代は武藤か駒井でしょ!と憤っていたら、72分、駒井のアシストから武藤のゴールが決まり
ミシャさん、あなたの采配がドンピシャでした、すみませ~んって感じ。
ミシャ采配がすべて裏目で、ドツボ・・・という時期もあったのに
最近のミシャの交代策は、本当にズバリ当たっていて怖いくらいですね。
シュート数21対6という、点差以上の内容の差はありましたが、チャンスを決めきれず
それでもやっとの思いでとった虎の子の1点は、実に貴重でした。
ということで、今日も勝ち点3を積んだレッズは、セカンドステージ優勝を決め、年間最多勝ち点を更新しました!
この優勝は通過点にすぎませんし、目標はあくまで年間勝ち点1位と、チャンピオンシップの優勝です。
当然選手たちもサポーターも全く浮かれておらず、11月3日のマリノス戦に運命を託します。
最終戦、ホームで勝って堂々と年間1位を決めてください!
しかし、川崎もしぶとい・・・・・
そして降格争い、最後の1チームも最終戦に持ち越しです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟遠征 デンカビッグスワンスタジアム

2016-10-23 21:30:45 | サッカー
2年ぶりに、新潟に遠征してきました。
夫と二人で出かける予定だったのですが、急きょ夫が行けなくなってしまい、息子を誘って出かけました。
前日まで傘マークが点って危なそうだったお天気も、すっかりと晴れに変わり
関東よりも気温は低かったものの、なかなかの観戦日和でスタジアムと試合を楽しんできました。



何度来てもアットホームで嬉しくなるスタジアム
選手へのメッセージを届けるブースで
レッズサポも達也にメッセージ書いていってねと言われ、書いちゃいました。





こちらのスタジアムの魅力は、外のブースで繰り広げられているイベントの数々で
アルビサポもレッズサポも、楽しそうに集っています。



新潟和牛推進協議会のブースで、和牛の串を配っていました。



なんて太っ腹!
あと焼いてお醤油に絡めたお餅も試食でいただきました。
お米が当たる1回100円のくじもやっていましたが、そちらは人気過ぎて間に合わなかった!





お肉食べて、お餅食べて、結構お腹は満たされていたのに
入場ゲートで配られていたのは、なんとおにぎり!
お米のミルクはさっぱりとした口当たりで、甘酒のような風味。
ビッグスワンの、おもてなし最高です!

さて試合の方は、優勝を目指す浦和と残留を目指す新潟との勝ち点争奪戦。
ファーストステージ、スコアは0‐0の引き分けだったものの、はかなりてこずってしまい
今年はいい位置につけるかと思っていた新潟が、どうして今降格争いをしているのか不思議ですが
どちらのチームもできれば勝ち点3が欲しい、必死の戦いです。
メンバーは、DFは槙野、遠藤、森脇。
中盤は、柏木ベンチで宇賀神欠場、ボランチが阿部と青木、サイドは駒井と関根が先発。
前線はここ最近の、武藤、高木、興梠でスタート。
試合の方は前半7分、遠藤のパスに飛び出した興梠のゴールで先制するも
15分、森脇の実に不用意なパスミスをラファエルシルバにかっさらわれて失点。
そのショックを引きずってしまったのか、前半は結構新潟にかき回されてかなりアタフタ。
特に大失策の森脇のメンタルも心配な感じだったし、それをカバーしようとして全体がいびつになっているし
相手のスピードとテクニックに翻弄されて、選手たちそれぞれが体力を奪われていく感じ。
外国人枠3人をきっちり使っているチームがうらやましい・・・そんな印象です。

しかしミシャがこれまでにない早めの手を打って、後半から森脇に代えて那須を投入。
ここのところのミシャの采配は、昨年までには考えられないほど柔軟になって
サポーターが思うところの交代をやってくれるし、さらにそれがドンピシャで当たっているので後半に期待です。
ということで那須が入ったことで守備が整って、後半は相手の攻撃を抑えることに成功。
そして終了間際、相手が前掛りになったところをレッズが奪って、関根のクロスを李がスルーし
それを押し込んだ興梠の2点目で、勝ち越しました。
このゴールで、興梠選手通算100ゴール達成です、おめでとう!
ロスタイムの5分がいかにも長かったけど、無事勝ち点3をゲットしました。
勝てば川崎と神戸の結果次第で2ndステージ優勝の目もありましたが
川崎が広島に勝利したので、次節に持ち越し。
でも後勝ち点1でも積めば優勝なのですから、楽しみは次に取っておきましょう。








それにしても新潟はサポもスタジアムも温かくて、残留を争っているとは思えないくらいいい雰囲気。
今節で湘南の降格が決まり、残り1枠は名古屋、新潟、甲府、磐田に可能性が残りました。
残りの対戦相手を考えると、一番不利なのが新潟のような気もしますが
また来年あのスタジアムで温かいおもてなしを受けたいので、是非踏みとどまってもらいたいなと心から願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ、10年ぶりのタイトル!

2016-10-15 23:03:04 | サッカー
2週間前に、こんなチームだったっけ?と思うくらい、あっけなく弱かったガンバですが
今日は今野の先発も効いていたし、リーグで退場したアデミウソンのここで取り返すという気迫もすごかったし
昨年のチャンピオンシップや今年の元日の天皇杯決勝を、嫌でも思い出してしまうくらい
さすがに、ファイナルのガンバは強かったですよ。
それに引き換え、ファイナルに昇って来るまでは、のびのびやれていたレッズでしたが
どうもコチコチで、あれほどうまく走っていた縦パスが通らず、持ちすぎて横パスして、失ってあたふたの繰り返し。
これはヤバいと思っていたら、17分、アデミウソンに先制を許してしまいます。
この2チームの対戦って、先制した方が必ず勝つというジンクスがあるそうですから、すでにヤバい状態の上に
36分という早い時間帯に、宇賀神故障で駒井と交代というアクシデント。
駒井自身は調子がいいですが、予定外の交代枠を使ってしまうことは、延長もありうる戦いではかなりもったいない展開。
とにかくそんなこんなで、前半は完全にガンバ優勢で終わってしまいました。

今日のメンバーを見て、試合前に色々と感じることもありました。
代表から戻ったからって、西川はともかく、ここまでの道のりに参加してこなかった槙野、柏木を、あっさりスタメンに入れて
準々決勝、準決勝と頑張ってきた、那須、青木は評価してあげないの??と。
結果、槙野が入ることによって、どうもオフサイドラインがブレブレだし
槙野のむやみな上がりが失点の起点になったり、宇賀神が怪我したり、やっぱりミシャ持ってないわ・・・というがっかりな感想。
攻撃陣もシュートは打つものの、精度を欠き、残り15分までリードされた展開が続きます。
しかし76分、高木が打ったシュートをGKが弾いて、CKになったタイミングで
高木に代わって入った李のファーストタッチが、いきなりのゴールで追いつきます!
とにかく入った瞬間のゴールは劇的で、下を向きそうになっていたスタジアムが、一気に生き返った感じ。

しかしその後は一進一退で、それぞれにチャンスはあるものの、互いに追加点は入らず延長戦に突入。
今日はこの秋初めてというような、美しい秋晴れの日差しの強い暑い一日で、気温も上がり
選手たち誰もがかなりバテバテの状態の延長戦は、本当にハラハラ。
しかしそこでも追加点を奪えず、何と恐れていたPK戦に入ってしまいました。
西川は代表のGKで、今日本で一番のGKかもしれないけど
レッズに来てからPKを止めたのを見たことないし、もしPKになったら勝利は遠いと予想していました。
しかも延長の最後に、心配になるくらい長く倒れていて、首をおかしくしたようなしぐさをしていたし
もうだめと思っていたPK戦でしたが、西川がガンバの4人目の呉屋を止め
レッズは阿部、ズラタン、興梠、李、遠藤の5人がきちんと決めて、あきらめかけていた勝利が飛び込んできました。

気持ちがパーッと弾けたその瞬間、自分でも思っていなかった涙がじわじわとあふれ出てきました。
ミシャの采配にいろいろ疑問を感じることもあったし、息子びいきに嫌悪感を抱くこともあったけど
やはりレッズが好き、優勝してくれて嬉しい、そしてしあわせ!
10年ぶりの優勝シーンを見届けることができ、ふわふわとした高揚感を味わうことができました。

しかも相手は、これまで何度も煮え湯を飲まされたガンバだし
肋骨骨折を押して頑張ってくれた阿部ちゃんのリベンジも果たせたし
言葉は悪いですが、ガンバざまあみろ!の気分ですね。

そうそう今更ですが、阿部ちゃんの骨折を招いた遠藤のプレーは
あの日レッドで退場したアデミウソンよりも、悪質なものだったと思います。
アデミウソンは槙野に乗っかられて、本能的危機感から思わず手が出たともとらえられますが
遠藤の蹴りはわざと以外の何物でもなく、人間性を疑うプレーでした。
今日の勝利で、阿部ちゃんの痛みも少しは薄れたと思うと、そういう意味でも心から嬉しかったです。









MVPは李選手でしたが、ほぼ全員でとったタイトルですよね。

タイトルを一つ取ったことで、ミシャ無冠の呪縛は解けたわけだし、全員の自信に繋がったと思うので
このままリーグ年間1位を取って、チャンピオンシップで優勝して
天皇杯もとってしっかりと3冠を狙っていきましょう、今年はできそうな気がします。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ルヴァン杯、レッズ3年ぶりに決勝進出へ!

2016-10-09 21:19:00 | サッカー
本日レッズはホームに戻って、ルヴァン杯準決勝第2戦。
敵地で2-1で勝利しているので、引き分けもしくは0-1の敗戦でもレッズが決勝進出です。
先発は、宇賀神が戻り、ボランチは青木と遠藤で、ようやく阿部ちゃんを休ませることができました。
前線は、ズラタン、李に代わって、高木、興梠でスタート。
このところの固定メンバーにこだわらなくなった柔軟な先発に、サポとしての気持ちも和みます。

とにかくレッズには、アウェー勝利のアドバンテージがあるのですから、焦ることなく丁寧に攻めて
自分たちのペースを築き上げ、先制点を取って相手にダメージを与えて突き放すこと!
と思っていたら願い通りに、24分高木のパスを受けて興梠が先制。
その後も38分、駒井のクロスに合わせて興梠が2点目をとり、さらに点差を広げます。
代表に3枚も抜かれているとは思えない、アグレッシブで自信あふれる試合展開と
誰が出ても連携の取れたプレーが繰り広げられる、選手層の厚さと
ここで結果を出したいとひた走る、準レギュラー選手たちの心意気が爆発していました。
特に青木のかなり頼もしい仕事ぶりに、将来の阿部ちゃん2世が見えてきたし
柏木不在の中、CK、FKも任された高木は、要所要所に的確に出没しパスやシュートを使い分け
攻守にわたって大活躍し、堂々としたゲームメーカーになっていました。
そして後半8分、駒井が倒されて得たPKを興梠が決めて、ハットトリックで3-0!
そのまま無失点で行ってくれればよかったのですが、後半36分に中島に決められて3-1。


結果的に快勝ではありますが、ちょっと疑問を呈するとすれば
3-0で勝っている状況で、後半16分という早い時間帯に、前線の2枚替えって必要あったのでしょうか?
興梠は足を痛めていたかもしれないからよいとして、わざわざ武藤まで引っ込めなくても・・・・
そして後半を20分以上も残して、森脇→加賀の交代で交代枠をすべて使い果たしてしまいましたが
結局失点してしまってからあとは、少々不安を抱える時間帯に突入してしまいました。
大谷はビッグセーブもあったけれど、慣れていないゆえのミスも繰り返し、イエローを貰っていたことだし
さすがに終盤は、全員に明らかな疲れが見えていたし
もし大谷がもう1枚貰うとか、誰かが担架で運ばれるとか、そういうアクシデントも無きにしも非ずですから
余裕がある日には、交代枠は最後まで取っておいて、最後の5分間、阿部ちゃんか平川をクローザーで入れるとか
そういう余裕を見せられる、采配をしてもらいたかったなと思いました。
まっ、ドキドキでも決勝に進んでくれて、心から感謝しています。
選手のみなさん、本当にありがとう。




で、決勝の相手は、ガンバ大阪に決定!
1週間前には最悪に弱かったガンバですが、まさか同じ調子ではやってこないでしょう。
これまでの悔しさをすべてぶつけて、しっかりと勝利を勝ちとり
目の前でカップを高々と掲げる阿部ちゃんの姿を、ガンバに見せつけたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルヴァン杯 準決勝第1戦 敵地でFC東京に勝利!

2016-10-05 22:53:01 | サッカー
今夜はルヴァン杯準決勝第1戦、対FC東京戦。
台風による荒天の恐れがあり、催行が心配されましたが
それほどの影響もなく、無事試合が行われてまずはホッとしました。

代表に、西川、柏木、槙野の3人を抜かれ、宇賀神が突然の欠場で
GK大谷、左から森脇、那須、遠藤、ボランチ、阿部、青木
左関根、右駒井、前線は武藤、李、ズラタンでスタート。
前回退席処分になったミシャに変わって、堀コーチが監督代行。

このところ、普段からメンバーをまんべんなく回しながら使っているので
こういう人数が足りない時にも、安心して送り出せるメンバーたち。
しかしながら動きが悪く、試合にうまく入っていけず、いつになくミスも多く、スピードにも乗れず
攻撃の形はできていても、フィニッシュの制度を欠いてしまい、時間だけが経過していきます。
まさしく悪い時のレッズのパターンで、やっぱり柏木不在が痛いのかと心配がよぎります。
何とか0-0で前半を終えるも、後半早々に東に決められて失点。
その後も、得点の気配の薄い攻撃を続けていましたが
61分に、李に代って絶好調の高木を入れ、駒井と関根のポジションチェンジ。
70分に関根に代わって平川、72分にズラタンに代えて興梠を投入し
その後少しずつ動きが活性化して、落ち着いてキープできるようになり
77分、興梠のパスを受けた高木が、ためらいなく打ったミドルが右隅に突き刺さって同点。
高木選手、あのシーンであのシュートを選択できようになったのは
自信が付いた証拠ですし、実際にルヴァン杯の得点王まっしぐらですよね。
さらに平川の絶妙のクロスを、武藤がうまく蹴り込んで逆転。
平川今季3月のACL以来の出場だったようですが、スピードも衰えてないし、あの場所にあのパスを出せるのはさすがです。
途中降り出した雨のせいか、足を取られる選手も多く、ロスタイムも長かったりで
相性の良い味スタとはいえ、今日こそジンクスが破られるのではという不安も過り
終盤本当にハラハラさせられましたが、何とか逃げ切ってアウェーでの勝利を飾りました。

次は9日の日曜日にホームで第2戦が行われますが、そこを通過すればいよいよ決勝です。
気負わず着実に勝利して、決勝の舞台に立ってもらいたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

REX CLUB 再びポイント交換

2016-10-02 12:46:29 | サッカー
先週は REX CLUB のポイントで、ICカード用ステッカーをゲットしたお話をしましたが、昨日再びポイント交換。
先週品切れになっていた、レインジャケットが入荷していたのでそちらと、2WAYスマホスタンドに交換してみました。



 

サポーター風景バージョンと、関根選手バージョンがあり
夫がこちらを選びました。



うちは夫、息子、私と、シーズンチケット3席分なので、まだまだ結構ポイントとが残っています。
スタジアムの入場ポイントに加え、ちょこっとグッズや飲食を購入するだけで、知らないうちに結構溜まります。
あと試合に勝利したり、お気に入りに登録した選手が活躍するとボーナスポイントも!
今後さらに魅力的なグッズや体験が増えることを期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ天敵G大阪に4-0、川崎が敗戦で年間首位浮上!

2016-10-01 22:31:46 | サッカー
雨は止んだものの、長袖でも肌寒いくらいに気温がガクンと落ちた本日、レッズはG大阪とのホームゲーム。
毎度毎度この時期に、ここぞという勝負に負けて来たレッズですが
先週の広島に勝ち、今日のガンバに勝てば、行く手が大きく開けてくる予感。




槙野復活で、那須がベンチ遠藤が先発。
出場停止の関根の代わりは駒井、前線は、高木、武藤、興梠でスタート。
ガンバのようなチームには、先制点を許さないのがまずはキーポイント。
スタートすぐに、果敢にパスを繋いで攻めの姿勢に出るレッズ。
その攻撃が功を奏し、美しいパスワークから、相手を完全に崩す形で高木のゴールで先制。
高木選手、完全に自信をつけましたね。
迷いがないし、プレーに気持ちが入って根性が座ってきました。
前半は惜しいけどゴール割れず・・・が続いていましたが、特にガンバに脅威はなく1-0で折り返し。
そして後半に、レッズの攻撃は大きく花を開きます。
50分、武藤、83分、宇賀神、87分、途中出場同士の、李→ズラタンでゴールと
今日は苦手ガンバ相手に、全4ゴールを上げました。
前節広島戦も、3-0と数字的には快勝でしたが
内容は、西川の好セーブの繰り返しで凌ぎ切ったというのが実情でしたが
今日はレッズのシュート20に対し、ガンバのシュートは3という好対照な中身。

途中相手に退場者を出したとはいえ、シーズンを通して、ここまで西川の仕事がないのも珍しいくらい
試合を支配し、ガンバらしさを消し去り、ほぼ危なげのない勝者のサッカーを展開しました。
毎年のように終盤の急降下を経験してきたチームが、この危なげのなさで残すところ3試合。
川崎が神戸に敗れ、2nd、年間ともに1位浮上です。
2ndに関してはなんと神戸が2位に躍り出るという、予想外の展開ですが
川崎も降下を始め、例年のライバル、広島、ガンバともに勝手に沈んで
あと3試合、レッズが大きな自滅さえしなければ、本気で優勝も見えてきました。
次を勝てば他チームの結果いかんで、2nd優勝もあり得るのだとか?
しかしそんな数字に踊らされることなく、落ち着いて落ち着いて残り3試合しっかり勝っていきましょう。
もちろん2ndをとろうが、年間勝ち点1位になろうが、チャンピオンシップを勝ち抜かなければ、年間優勝はないのですが
どんな相手とも平常心で戦えて、今のこの時期に落ち着いた試合運びができているということは
これまでの苦い経験が、ようやく活きてきたんだなと思います。
8月の川崎戦のふがいない敗戦で、膿を出し切ったともいえるのかもしれません。
そして首位に立った今でも、チームやサポーターに変な高ぶりや舞い上がりを感じないのも、よい傾向かもしれませんね。
そして願わくばルヴァン杯も天皇杯も、勝ち抜ければ嬉しいですね。



無失点試合が伸びてきました。



そして本日は、キャプテン阿部選手の500試合達成試合となりました。
記念試合を勝利で祝えて、本当によかった。
Jリーグ最年少達成らしいです、素晴らしいですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加