nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

宝満宮 竃門(かまど)神社

2015-06-08 16:00:23 | 九州
太宰府天満宮の北東方向、宝満山に向かって登った先に 竃門神社 があります。
玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀った神社で、縁結びの神様として親しまれているようです。
距離にして2キロ程度、歩いて歩けない距離ではありませんが
1時間に1〜2本のバスが出ているということで調べてみると、ほんの数分後に天満宮そばの停留所を出るみたい・・・
慌てて走って間に合って、無事バスで向かうことが出来ました。
バスの中から歩いていく人も見かけましたが、予想以上の距離とかなりの坂・・・
バスに乗れてよかった〜





唐に留学する最澄・空海・円仁・円珍が船便を待ち、上洛を待った場所とされていて
神社でありながらお寺の要素も持ち合わせていて、天台宗とも縁が深いそう。
かつては竃門山寺と言うお寺も存在したとのこと。



木がうっそうと茂った厳かな参道が続きます。





何の知識もなく出かけたのですが、まさに年に1度の採燈大護摩供の当日であり
ちょうど始まって間もないという、ジャストタイミングに行き合わせてしまいました。



境内はすごい人です。



拝殿には、ぐるっと回って何とか近づけると言う感じ。





再会(さいかち)の木
この木に向かって、大切な人との再会を祈ると叶うと言われています。



五穀社
右と左の端にあるのが 愛敬の岩
目を閉じて歩き、もう一方の岩に辿りつければ恋が叶うと言われています。



護摩焚きの様子









なかなか見られる光景でもなくずっと見ていたい気持ちもあったのですが
何しろすごい人出で、帰りのバスに乗れなくなっては困ると思い帰路につきました。



コミュニティバス まほろば号



頂いた御朱印
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太宰府天満宮の敷地内にあるパワースポット 天開稲荷社

2015-06-07 11:34:27 | 九州
太宰府天満宮の裏手の小高い山を上った先に、ひっそりと建つのが 天開稲荷社
九州最古のお稲荷さんで、名前の通り天に道が開け、運気が上昇するパワースポットと言われているそうです。



まるで人の海のように賑やかだった天満宮でしたが
このあたりまでは団体客も来ないので
一気に静けさが漂い、厳かな気分になれます。



お茶屋さんが並ぶ一帯を過ぎ、坂道を歩いた先に最初の鳥居が現れます。



いよいよちょっと険しい参道の始まり・・・・



途中の紫陽花の花に癒されます。





階段が急でかなり息が上がりますが、見上げると天に吸い込まれていくよう・・・・



15分ほどで本殿に到達
京都の伏見稲荷神社からの御分霊が祀られているそう
干支ごとに分かれている12本の鈴が並びます。



パワースポットと言われている、奥の院の石室



掻いた汗が心地よい風で収まった後は、また来た道を戻ります。



帰りは途中まで、少しなだらかな迂回路を通って帰ってきました。



御朱印は、天満宮の社務所で頂く形になりますので
同じ場所で再度書いていただきました。
しっかりと、開運の神様と書いてありますよ!
太宰府天満宮の印も押してあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太宰府天満宮

2015-06-06 22:09:29 | 九州
太宰府天満宮 は菅原道真を祭った神社で、全国に約12000社ある天満宮の総本宮に当たります。
私がこちらにお参りするのは、多分人生で5回目くらいですが
この前来たのは息子がまだ1歳にもならない赤ちゃんだった頃、と言うことで約25年ぶりの参拝です。


 
御神牛
道真公は丑年の生まれだったそうで、頭をなでると知恵を授かると言われているそう。



中世の大鳥居





心字池
太鼓橋→平橋→太鼓橋の三橋からなる御神橋が架かっています。
さだまさしさんの曲、飛梅にでてくる3つの赤い橋ですよ。
それぞれ過去・現在・未来を表しています。









鳥居の奥に見えるのが 楼門



手水舎



御本殿



檜皮葺の屋根は落ち着いた貫禄があり
遠目には質素ですが、近寄ると実に華やかな細工が見て取れます。





屋根を突き破って伸びている樟







夫婦樟



麒麟像



ちょうど見ごろだった 菖蒲池



 



御朱印も頂きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西鉄太宰府駅〜太宰府天満宮参道

2015-06-06 16:17:23 | 九州
福岡滞在2日目は、天神から西鉄電車に乗って太宰府へ。
本来なら地理的に、鳥栖に向かう途中で寄りたかったのですが
前日、お天気が雨に向かっていたということで、予定変更。
おかげで好天の元、精力的に散策することが出来ました。
天神から天神大牟田線に乗り、西鉄二日市で乗り換えて太宰府駅まで30分足らずと言う近さです。

 



駅前では、上部にうそ(鷽)が乗っている、石造りのポストがお出迎え





大町参道



この鳥居をくぐった先は 馬場参道



梅ヶ枝餅のお店がいっぱい!





参道沿いだけでも、20件近くのお店で梅ヶ枝餅提供しているようです。
あちこち食べ比べをして、ブログに感想を書いている方もいるみたいですよ。





野球少年たちも、勝利祈願でしょうか?





ここで天満宮の境内に到着です。
この先の様子は別記事で・・・

で、ここからは帰り道のお話。



 

帰りは参道を通らなかったので、最後に駅のロータリーの角にある
こちら萬屋さんで梅ヶ枝餅を買って、帰りの電車の中で熱々を頂きました。



梅ヶ枝餅って催事などでも買えますが、やっぱり焼きたては別物!
皮がパリッパリであんが熱々で、最高でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多 櫛田神社

2015-06-02 11:27:46 | 九州
さて1泊2日でレッズの鳥栖戦に出かけてきましたが、一応弾丸で観光もしてきたので少しずつご紹介。
まずは、櫛田神社から。
博多はお祭り好きの街、博多のお祭りと言えば5月の博多どんたく、7月の祇園山笠、10月の博多おくんちが有名ですが
そのすべてに関わっている博多っ子の氏神的神社が 櫛田神社 です。
中洲川端駅か祇園駅が近いですが、博多駅からも10分程度の賑やかな場所にあります。



キャナルシティや川端商店街に面している 南神門
こちらから入りました。



夫婦ぎんなん



飾り山





座牛



北神門

 



楼門
稜威(いつ)とは、天子・天皇の御威光という意味だそうです。



手水舎





御神殿







霊泉鶴の井戸
不老長寿が叶うという、しょっぱい水の井戸です。



来月は山笠ですね。




頂いた御朱印
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の福岡

2010-03-27 21:34:32 | 九州

今回の福岡、カメラは持って歩いていたものの
行きと帰りの移動日だけ晴れて、滞在中はずっと雨でした。
ということで、写真はほとんど撮れなかったのですが  
わずかに撮った画像を、記録として貼っておきます。

伯母の家が シーサイドももち にあり、挨拶に行った帰りに近くにある福岡タワーに行ってみました。
シーサイドももち は、図書館や博物館などの公共施設のほか 
福岡Yahoo!JAPANドーム やホテル、TV局の建物などが立ち並び
高層マンションがそびえたつ、福岡市のウォーターフロント地区ですが   
雨のため、この上なく美しい景色も霞んでしまっていました。
晴れていれば福岡タワーにも昇りたかったし、周辺をもっと歩き回りたかったのですが・・・それも断念。  











          



西区姪浜 名柄川沿いのボートの停泊風景
雨の合間に一瞬晴れた瞬間に撮った風景ですが、この後また大きな雨雲がやってきて激しく降りました。



元実家から徒歩10分のアウトレットモール マリノアシティ福岡 
どんなに忙しくても一度は足を運ばなくてはと、夕方5時を回ってから小走りしてきました。



福岡のマンホール


話変わって、Jリーグ第4節。
レッズはアウェーのセレッソ戦を戦い、達也が先制するも瞬時に追いつかれ
エジが追加点を上げるも、再び追いつかれ・・・
またまた分けかとイライラしていたところを、エジの2点目で突き放し勝利。
2勝1分け1敗で、勝ち点を7に伸ばしました。
今日はよくシュートを打ちに行っていたと思いますし
相手の弱さを差し引いても、3点獲れたことを評価したいです。

人気@BlogRanking にほんブログ村 主婦日記ブログへ 応援よろしくお願いします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

博多 川端通商店街〜キャナルシティ博多

2006-09-02 22:45:29 | 九州

ちょっと後戻りの話題になりますが、せっかく写真があるので
福岡の川端通商店街〜キャナルシティの記事を  したいと思います。

地下鉄の 中洲川端駅 を降りて地上に上がるとアーケードの続く昔ながらの面影の残る 川端通商店街




 ソフトバンク のユニフォームや、銘菓 にわかせんぺい のTシャツなど博多色いっぱい




  川端ぜんざい広場
奥には、7月に行われた博多の夏祭り 博多祇園山笠 の 飾り山 が飾られ
通行人は、ぜんざいをいただきつつ一休みできます。





 櫛田神社 
古来から博多の鎮守神として崇敬をあつめてき神社で
「博多祇園山笠」の追山はこの神社境内から出発します。


 
  キャナルシティ博多





1996年4月にオープンした、ジョン・ジャーディー氏デザインによる
曲線を基調にした斬新なデザインの美しい都市型複合商業施設です。

大きく分けて、シアタービル、福岡ワシントンホテル、ビジネスセンタービル
アミューズメントビル、メガストアビル、グランド・ハイアット・福岡の6つのビルからなっていて
グランド・ハイアット・福岡を除く5ビルは低層階では一体となっています。
英語で「運河」を意味するキャナル(canal)の名前の通り
全体に運河が流れ、中央にあるサンプラザステージでは
ほぼ毎日マジックショーや音楽ライブなどの様々なイベントが行われています。

シアタービルには劇団四季専用の劇場である福岡シティ劇場
アミューズメントビルにはシネマコンプレックスのユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
フードテーマパークであるラーメンスタジアム、ゲームセンターのCLUB SEGAなどが入居しています。



       毎時ジャストになると 
「ダンシングウォーター」の音楽に合わせて、噴水「プレリュード」のショーが登場      









コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

湧水 千石の郷

2006-08-24 12:54:03 | 九州

福岡に着いた翌日は、夕刻から母が予約しておいてくれた宿泊施設 千石の郷 へ向かいました。
なぜ同じ市内にわざわざ泊まりに行くのかと不思議でしたが、行ってみて納得でした。
かつて国民宿舎だったところを、明太子の福太郎が買い取って再生。
2004年にオープンした新しいスポットで、お湯よし、食事よし、景観よし、散策もよし・・・
かなり山の上にあるので、とても静かで夏も涼しい素敵な場所です。

宿泊客は着いてすぐ作務衣に着替え、建物内はすべて素足で歩きます。
ピカピカに磨かれてつやの出たフローリングが、素足に馴染んでとてもいい感じ。
半露天のお風呂からの、福岡の街を一望出来る夜景は最高でした。       


宿泊客以外も利用できるレストラン 姫蛍 は、五穀豊穣の恵みがテーマの自然食ビュッフェレストラン
(ランチ1500円、夜1800円)でしたが、種類が多すぎて制覇できませんでした。 




 こんな感じのお料理が80〜90種類あるということです。
飲み物の種類も豊富で、飲んベーでもアルコール抜きでいけちゃいますので安上がり。
デザートの多さにも心踊りました。





 こちらが朝食。
この朝食と大浴場の入浴付きで、一人一泊4800円!
夕食を付けて、6600円という超破格値でのんびりできます。



お近くの方はもちろん、遠くの方も福岡に泊まる機会があるなら
絶対にお勧めのスポット  ですよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま〜

2006-08-22 12:54:06 | 九州

 の画像は、先日携帯からアップした マリノアシティ の昼間の画像。
実家の玄関から撮りました。

大きな観覧車の隣に小さな観覧車、向かって左がアウトレットモールで
右がホームセンターや大型店・専門店、アミューズメント施設などを構えるショッピングモールです。



移動日も含め6日間の里帰りから、昨夜帰宅いたしました。

とにかく男二人の留守番が心配でしたが 
それほど散らかってもなく、冷蔵庫に用意しておいた食材が減っているところを見ると
いろいろと工夫して料理もしてくれていたようです。 


仕事の関係で下関に住んでいた両親が、老後のために福岡にマンションを購入し
5年ほど下関と福岡の住まいを行ったり来たりした後、完全に福岡に越したのが17年前。
私は福岡で生まれましたし、ずっと伯母の家もあったで
友達こそいませんが、幼いころから馴染みのある大好きな街福岡。
3年ぶりですから、行きたいところがいっぱいで
母には 「もっとゆっくりしに帰っていらっしゃい。」 と、言われつつも
足にマメを作り、絆創膏を何枚も貼りながら歩き回って
楽しい日々を過ごしてきました。

開発が進み、変化が激しくにぎやかな福岡の街ですが
実家はいつまでも十年一日のごとく、心休まる場所で 
心置きなく娘に戻れる自分が、しあわせだなと思います。



 つまらない画像ですが、撮ってきたので一応 

実家のベランダからのパノラマ風景です。
ここが建った22年前には、大きな建物はほとんどなく
最上階に一軒だけの実家は、マンションなのに東西南北に開口していて
360度の景観が楽しめていたのに、周囲にマンション乱立。 
でも、そのおかげで美しい夜景が楽しめます。(でも、画像は撮り忘れました・・・  )










コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加