nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

西加奈子 漁港の肉子ちゃん

2017-02-23 21:55:43 | 本・雑誌・ドラマ
ずっと気になりつつ、読んでいなかった西加奈子さんの作品に初チャレンジ 漁港の肉子ちゃん を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。
肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。
太っていて不細工で、明るいー
キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。
ちゃんとした大人なんて一人もいない。
それでもみんな生きている。
港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。

子供のような肉子ちゃんと、大人のように気づかいするキクりん母娘の物語。
気持ちをほんわかとさせてくれる作品だろうな~という予感のもと、読み始めましたが
とにかく文章が軽快で明るく、随所に笑いが散りばめられていて、予想通りずっと楽しく読めます。
訳ありそうでいて、なかなか露わにされない肉子ちゃんの過去が
最後に爆発的に丸裸にされていき、感動の嵐!
漁港の街に住む素敵な人々の日常、キクりんとクラスメートたちの日々の出来事。
いさかいもあるし、勘違いもあるし、人それぞれに妬みや羨望もあるけど
人ってこうやって足りない部分を補い合って生きていくんだな~と、何ともほのぼの!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漁港の肉子ちゃん [ 西加奈子 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

貫井徳郎 愚行録

2017-02-16 20:21:48 | 本・雑誌・ドラマ
貫井徳郎さんの 愚行録 を読みました。
2月18日公開予定で、映画化された作品です。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
ええ、はい。あの事件のことでしょ?
-幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。
隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上がる、「事件」と「被害者」。
理想の家族に見えた彼らは、一体なぜ殺されたのか。
確かな筆致と構成で描かれた傑作。
『慟哭』『プリズム』に続く、貫井徳郎第三の衝撃。

湊かなえさん式といえばわかりやすいと思いますが、すべてインタビュー形式の一人語りのストーリー。
登場人物は意外に多いのですが、入れ代わり立ち代わり、昔語りがダラダラと執拗に繰り返されます。
この中に犯人はいるのか?あまりにも果てしない物語で、結末が全く予測できません。
全編に漂う気色悪さと、それでも読んでしまう怖いもの見たさ。
最後は、やられた!という感覚で、思わず伏線を探しに戻ってしまいました。
映画の配役が気になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愚行録 [ 貫井徳郎 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/2/16時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒川博行 破門

2017-02-14 11:33:24 | 本・雑誌・ドラマ
現在公開中の映画 破門 ふたりのヤクビョーガミ の原作 破門 を読みました。
大好きな疫病神シリーズの映画化とあっては、まずは読んでみてから、劇場で観るか決めようと思い慌てて読んでみました。

 あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
「わしのケジメは金や。あの爺には金で始末をつけさせる」映画製作への出資金を持ち逃げされた、ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。
失踪したプロデューサーを追い、桑原は邪魔なゴロツキを病院送りにするが、なんと相手は本家筋の構成員だった。
禁忌を犯した桑原は、組同士の込みあいとなった修羅場で、生き残りを賭けた大勝負に出るがー。
直木賞受賞作にして、エンターテインメント小説の最高峰「疫病神」シリーズ!

疫病神シリーズ、これまですべての作品を読んできましたが
これは今までの中では一番、インパクトが弱い作品でした。
まずこれまでのシリーズ作品をしっかり読んでいないと、分かりにくい話も多いし(これは私的にクリアでしたが)
繰り返し繰り返し同様の逃げ隠れや喧嘩のシーンが多く、結構ダラダラ感が否めません。
手に汗握るひやひやのスリル感とか、してやったり感にも欠け
これまでの作品にはあったヤクザなのにヒーローみたいな、思わず応援したくなるような感情も芽生えず
終わり方もいまいちどんよりでしたが、次の 喧嘩 を読んだらすっきりするのかしら?
映画は、たぶん観ないで終わりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺淳子 結婚家族

2017-02-10 21:04:21 | 本・雑誌・ドラマ
渡辺淳子さんの 結婚家族 を読みました。
結婚をテーマに描いた、家族物語の短編集です。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
弟が、自分の元彼女と結婚!?(「墓前式」)
姉の結婚式の真っ最中に、昔の男現る!?(「ビーチウェディング」)
父親が、再婚直前に浮気!?(「結婚記念写真」)
-人生最大のイベント、結婚を機に発生した、思いがけぬ「家族」の問題。
さあ、どうする?関係に悩み、互いに衝突しつつも、問題を乗り越えて新しい絆を結んでいく男女の群像を描く。
ほろ苦くも温かい、幸せを結ぶ珠玉の短編集。

墓前式/ビーチウェディング/敬遠しないで/結婚記念写真/いつくしみふかき/当家の跡継ぎ/くされ縁

人生いろいろ、結婚いろいろ、家族もいろいろ・・・・
えっ、ありえない!でも、あるのかも?と思う話、うんうん、そうだよねと思う話
許せないと思っても、結局許せちゃうのが男女であり、家族。
どの話も、なかなか奥が深い家族群像劇。
少し気を抜いてもサクサク読める、ほのぼの短編集です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

結婚家族 [ 渡辺淳子 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/2/10時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬丸岳 神の子 上・下

2017-01-31 11:22:50 | 本・雑誌・ドラマ

薬丸岳さんの最新文庫 神の子 上・下 を読みました。
上下巻それぞれが、550ページに及ぶ超大作でしたが
あまりのおもしろさに一気にのめり込んでしまい、あっという間に読み切ってしまいました。

あらすじ・・・・上(「BOOK」データベースより)
少年院入所時の知能検査でIQ161以上を記録した町田博史。
戸籍すら持たぬ数奇な境遇の中、他人を顧みず、己の頭脳だけを頼りに生きてきた。
そして、収容された少年たちと決行した脱走事件の結末は、予想だにしなかった日々を彼にもたらすこととなるー。
一方、闇社会に潜み、自らの手を汚さずに犯罪を重ねる男・室井は、不穏な思惑の下、町田を執拗に追い求めていた。

あらすじ・・・・下(「BOOK」データベースより)
身許引受人の町工場で働きながら、大学に通いはじめた町田。
知り合った学生たちの起業を手伝うことにもなり、他人と過ごす時間が彼の心を少しずつ解きほぐしていく。
だが、忌まわしい過去は、彼を易々と手離しはしなかった。
ふたたび町田に接近する室井の真意とは…!?
吉川英治文学新人賞作家が描く、エンタテインメントの醍醐味を存分に詰め込んだ圧倒的傑作!

薬丸さん独特の少年犯罪物ですが、少年たちの生い立ち、更生、その後・・・と長期にわたった物語。
登場人物も多く、それぞれが不思議に絡み合って複雑なストーリー仕立てになっています。
戸籍がなく、教育を受けられなかったのにIQは抜群で、振り込め詐欺シナリオを書くことで悪事に手を貸していた博史。
少年院に入り、外に出た後は、やさしい身元引受人のもとで、大学に通いながら更生を目指していくのですが
人生に絡む多くの人たちによって、いいようにも悪いようにも運命が変わっていきます。
誰が味方で誰が敵か?影の力の本当の目的は何なのか?最後まで真相がわからず、めくる手がもうドキドキ!
読み終えて、よく練られた物語だったと大きな感動がありましたが
なんとなく予想と違っていたような物足りなさが、モヤモヤとして残っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神の子(上) [ 薬丸岳 ]価格:950円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神の子(下) [ 薬丸岳 ]価格:950円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

芦沢央 罪の余白

2017-01-27 13:54:47 | 本・雑誌・ドラマ
娘に借りて、芦沢央さんのデビュー作 罪の余白 を読みました。
2015年には映画化もされた作品ですが、残念ながら私は観ていません。
大好きな内野聖陽さん主演なのに、どうして観ていなかったんだろう??
芦沢央さんは女性で1984年生まれ、こちらのデビュー作で2012年、第3回野性時代フロンティア文学賞受賞を受賞されました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまうー。
安藤の娘、加奈が学校で転落死した。
「全然悩んでいるようには見えなかった」。
クラスメートからの手紙を受け取った安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由を知りたい、という思いが強く芽生える。
安藤の家を弔問に訪れた少女、娘の日記を探す安藤。
二人が出遭った時、悪魔の心が蠢き出す…。
女子高生達の罪深い遊戯、娘を思う父の暴走する心を、サスペンスフルに描く!

プロローグでいきなり、安藤の娘が学校のベランダから飛び降りて死ぬという展開。
大学に勤める安藤と、同じ大学に勤めるアスペルガーの疑いのあるの早苗との絡みも、同時進行していきます。
あらすじを読んだ感じでは、ガンガン攻めていく復讐劇かと思っていたのですが
意外にゆっくりじんわりと進んでいき、つい先走ってしまう読み手としての気持ちが、かきむしられるようなもどかしさ。
終盤の犯人が追いつめられていく恐怖と、誰も知らなかった真実が明かされていく様はもうドキドキでしたが
もう少し徹底的にガツンとやって、スッキリした気分にさせてほしいと思う結末でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

罪の余白 [ 芦沢央 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中島京子 花桃実桃

2017-01-21 12:32:30 | 本・雑誌・ドラマ
最近ちょっとヘビーなものを読んでいたので、少し気が抜ける緩いものをと思い
中島京子さんの 花桃実桃 を選んで読んでみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
43歳シングル女子、まさかの転機に直面すー会社勤めを辞め、茜は大家になった。
父の遺産を受け継いだのである。
昭和の香り漂うアパート「花桃館」で、へんてこな住人に面くらう日々が始まって…。
若くはないが老いてもいない。
先行きは見通せずとも、進む方向を選ぶ自由がある。
人生の折り返し地点の惑いと諦観を、著者ならではのユーモアに包んで描く長編小説。

父親から受け継いだ3階建て全9戸の古アパートに住む住人たちと、大家になった茜のお話。
目次が号室になっていて、1室ずつ話が進んでいきます。
とにかく住人たちがそれぞれに個性的で、やたらドタバタが起こりますが
すべてが何となくほっこりと収まっていく、ホームドラマ仕立て。
庭に咲く植物や木々、南に面しているお寺と墓地という、のどかな光景も
ホンワカをさらに助長させてくれていて、読んでいて心和む物語です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花桃実桃 [ 中島京子 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐野夏生 顔に降りかかる雨/天使に見捨てられた夜

2017-01-14 21:04:55 | 本・雑誌・ドラマ
 

昨年11月に読んだ桐野夏生さんの「水の眠り灰の夢」の、後日談となる「村野ミロシリーズ」から
顔に降りかかる雨 と 天使に見捨てられた夜 の2冊を読んでみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
顔に降りかかる雨
親友のノンフィクションライター宇佐川耀子が、一億円を持って消えた。
大金を預けた成瀬時男は、暴力団上層部につながる暗い過去を持っている。
あらぬ疑いを受けた私(村野ミロ)は、成瀬と協力して解明に乗り出す。
二転三転する事件の真相は?
女流ハードボイルド作家誕生の’93年度江戸川乱歩賞受賞作。

天使に見捨てられた夜
失踪したAV女優・一色リナの捜索依頼を私立探偵・村野ミロに持ち込んだのは、フェミニズム系の出版社を経営する渡辺房江。
ミロの父善三と親しい多和田弁護士を通じてだった。
やがて明らかにされていくリナの暗い過去。
都会の闇にうごめく欲望と野望を乾いた感性で描く、女流ハードボイルドの長篇力作。

「水の眠り灰の夢」に登場する村野善三は義理の父親にあたり、その作品当時はまだ幼女だったミロでした。
そのミロが、夫に自殺されたというわけあり30代という設定で
傷心のまま、父から譲り受けた探偵事務所を気が付いたら始めていたという展開。
ミロは仕事はそこそこ頑張るものの、生活はどちらかといえば自堕落で、
住んでいるのは、様々な職業や訳ありの人種がひしめき合う、新宿二丁目の古いマンション。
計画性はないわ、やめていたタバコは再び始めるわ、男にはだらしないわ・・・・で、いわゆる颯爽とした探偵像とは正反対の人格。
最初は探偵業に抵抗があったミロが、依頼を受けて困難に立ち向かううちに
プライドとやりがいを見出していく様子が、丁寧に描かれながら進んでいくハードボイルドストーリー。
ストーリーは重く暗く、どうひいき目に観ても決してさわやかではないのですが
地雷のように敷き詰められた伏線が少しずつ解きほぐされていき、最後まで飽きずに読ませてくれました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

顔に降りかかる雨 [ 桐野夏生 ]価格:712円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天使に見捨てられた夜 [ 桐野夏生 ]価格:699円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンドラ・ブラウン コピーフェイス~消された私~

2017-01-07 21:13:55 | 本・雑誌・ドラマ
NHKのドラマ10でやっていた コピーフェイス を、観ていたのですが
初回と2回、最終回は見たものの、途中を見逃してしまったので原作を読んでみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
私は別の女性の運命を生きることになった。
あの恐怖の瞬間からー飛行機墜落後、収容された病院で上院議員候補夫人と取り違えられたTVリポーターのエイブリー。
形成手術によって夫人の顔に変貌した彼女の耳には病床で聞いた「夫を殺す」の一言が残っていた。
この家族は何かが狂っている…夫人になり代わったエイブリーを待っていたのは驚愕の真相だった。

他人の顔で生きることになった女性の苦悩と、その背景に広がるスリリングな事件を描いた物語。
全800ページにも及ぶ長編で、持つ手が重くて疲れました(笑)
原作とドラマ、登場人物の家族構成や職業などの設定は大幅に違っていますが結末は同じ流れです。
でも原作の方が細かい部分にも突っ込みがあり、よりリアル感が強く、ハラハラ感が強まる感じで
ありえそうにないことにも強く納得してしまう感じで、感情移入を何度も繰り返しながら引き込まれていきました。
連ドラとはいえ6回シリーズだったのもあり、かなり端折ってある感じだったので
この作品に関しても、観てから読むという順番でよかったなと思いました。
ドラマを観た方も、ぜひ読んでみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コピーフェイス [ サンドラ・ブラウン ]価格:1188円(税込、送料無料) (2017/1/7時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東野圭吾 雪煙チェイス

2016-12-22 15:03:11 | 本・雑誌・ドラマ
東野圭吾の雪シリーズの新作 雪煙チェイス を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。
彼のアリバイを証明できる唯一の人物ー正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。
それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。
村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる!
どんでん返し連続の痛快ノンストップ・サスペンス。

雪シリーズは、比較的緩めの娯楽作品に仕上がっているので
読むのが楽で、忙しい合間にもサクサク読めて好きです。
今回もおなじみのコンビ、根津昇平と瀬利千晶のコンビが登場し、事件の解決に一役買っていました。
探す、逃げる、見つかる、かわす・・・という展開が、雪煙チェイスというタイトルそのままでハラハラ感たっぷり。
しかし一度容疑者として浮かび上がると、たとえ無罪であっても、一切の弁明は許されず
アリバイの証明者を探すのも一苦労だし、本庁の言いなり、上司の言いなりというのも、日ごろ読んでいる作品に共通しているようで
この事態が事実に近いものであるなら、ちょっと恐ろしくも感じます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雪煙チェイス [ 東野圭吾 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2016/12/22時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加