nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

緒川怜 冤罪死刑

2016-11-27 21:37:35 | 本・雑誌・ドラマ
緒川怜さんの 冤罪死刑 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
三年前に発生し、犯人逮捕で終結したはずの少女誘拐殺人事件。
しかし、冤罪スクープを狙う通信社記者と、正義感に燃える女弁護士が事件を洗い直すと、意外な新事実が。
死刑判決、小児性愛、ハニートラップ、偽証、老刑事の告白ー。
どんでん返しの連続の後、幾重にも張られた伏線が鮮やかに回収される、会心作!

いきなり、リアルに再現された死刑のシーンから始まり、早々に心臓がバクバク・・・・
導入部分がかなり難解で、専門的な表現も多く、いくつかの事件が別々に展開され、どれとどれがどう結びつくのか?
文章自体も堅苦しく、ノンフィクションのレポかと思うほどで、とっかかりに苦労しました。
しばらく読み進めて、軌道に乗って来て、面白くなったと思った矢先。
ハタと気が付きました!テレビドラマで見た作品だったと・・・
そこからは配役も思い出され、伏線も、結末も分かってしまったから
ドキドキが一気に急降下してしまい、ちょっと勿体なかったです。
ストーリーもオチもよく練られているけど、ムリクリ感も禁じえず、もう少し唸らせてもらいたかった!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冤罪死刑 [ 緒川怜 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東野圭吾 新参者

2016-11-24 10:35:41 | 本・雑誌・ドラマ
先にドラマを観てしまったので、なかなか読めずにいた東野圭吾さんの 新参者 でしたが
ドラマから6年が経ち、だいぶん記憶も薄れてきたのでそろそろと思い、手に取ってみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
日本橋の片隅で一人の女性が絞殺された。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。
手掛かりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人びと。
「事件で傷ついた人がいるなら、救い出すのも私の仕事です」。
大切な人を守るために生まれた謎が、犯人へと繋がっていく。

煎餅屋の娘/料亭の小僧/瀬戸物屋の嫁/時計屋の犬/洋菓子屋の店員/翻訳家の友/清掃屋の社長/民芸品屋の客/日本橋の刑事

事件や被害者にかかわりを持ったかもしれない人々の間を、加賀が丁寧に回って歩きます。
殺人事件を扱ったストーリーだというのに、展開はどこまでも温かく
人形町という街が描き出す、人情と家族愛に溢れた心和む物語。
加賀は事件の捜査をしながらも、しっかりと家族を繋いでいきます。
そして最後は犯人に行きつくのですが、それですら家族愛が渦巻いていて
人が殺されているというのに、ここまで温かいストーリーはないだろうと思える物語です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新参者 [ 東野圭吾 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2016/11/24時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綿矢りさ しょうがの味は熱い

2016-11-14 21:19:05 | 本・雑誌・ドラマ
17歳のとき最年少タイで文藝賞受賞、19歳で芥川賞を史上最年少で受賞した綿矢りささん。
当時、高校生の日記風とか、あえて読むほどでもないとか
ずいぶん酷評が多かったので、結局スルーしてしまっていた作家さんでしたが
一度読んでみたくて、こちらを手に取りました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
結婚という言葉を使わずに、言いたいことを言うのは難しい。
「私たちこれからどうするの」-いつも疲弊している絃と同棲して一年近くになる奈世。
並んで横たわる二人の思考は、どんどんかけ離れてゆく。
煮え切らない男と煮詰まった女。
トホホと笑いながら何かが吹っ切れる、すべての迷える男女に贈る一冊。

しょうがの味は熱い/自然に、とてもスムーズに

完ぺきを望む男と、抜け感が魅力の女は、基本的に生活スタイルにズレがあり
愛があっても、相性が悪いと苦労するのではと悩む二人。
それでも女は相手に合わせることに必死になり、男は追いつめられていきます。
膿を出し尽くし、どうしても交わらない議論を重ねた後
いったん距離を置いた二人は、再び一緒に暮らすことになっていくのですが・・・・
きっとこの先も波瀾万丈なんだろうなと思わせる、世の中の結婚あるあるがたっぷりと詰まった物語。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しょうがの味は熱い [ 綿矢りさ ]価格:486円(税込、送料無料) (2016/11/14時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐野夏生 水の眠り灰の夢

2016-11-09 21:09:08 | 本・雑誌・ドラマ
桐野夏生さんの 水の眠り灰の夢 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
東京オリンピック前夜の熱気を孕んだ昭和38年9月
地下鉄爆破に遭遇した週刊誌記者・村野は連続爆弾魔・草加次郎事件を取材するうちに、女子高生殺しの容疑者に。
高度成長の歪みを抱えたまま変貌する東京を舞台に、村野が炙り出したおぞましい真実とは。
孤独なトップ屋の魂の遍歴を描いた傑作ミステリー。

昭和のオリンピック前年、実際に起こった草加次郎事件を軸にした、週刊誌のトップ屋の執念の物語。
オリンピック前年の活気ある東京を舞台に、その当時のジャーナリズムの世界にスポットを当てて描かれています。
警察の捜査スタイル、若者の流行とファッション、トップ屋の職業魂と、男女の愛憎のもつれ・・・
事件と世相をうまく絡めながら、昭和の郷愁が懐かしく漂う、しっかりと実の詰まった硬派の社会派ミステリーです。
飽きの来ない文章と筋立て、背景描写も素晴らしく、辛辣な事件でしたが最後はほのぼの、なかなか素敵な作品でした。
これまでにも感じていましたが、桐野さんって、作品ごとにまるで別人のように作風が違ってすごい!
この作品の後日談となる、村野ミロシリーズもぜひ読んでみたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水の眠り灰の夢新装版 [ 桐野夏生 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/11/9時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮木あや子 校閲ガール

2016-11-05 22:20:39 | 本・雑誌・ドラマ
今クールの私のイチオシ、抱腹絶倒痛快コメディドラマ 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 がおもしろすぎ!
丁々発止の小気味よいセリフの応酬と、悦子の素敵なファッションにハマってしまい
原作本である宮木あや子さんの 校閲ガール を読んでみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
憧れのファッション誌の編集者を夢見て出版社に就職した河野悦子。
しかし「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、配属されたのは校閲部だった。
校閲の仕事とは、原稿に誤りがないか確かめること。
入社して2年目、苦手な文芸書の仕事に向かい合う日々だ。
そして悦子が担当の原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルが巻き起こり…!?
読んでスッキリ元気になる!最強のワーキングガールズエンタメ。

原作とドラマ、登場するキャストの名前は同じでも、立場や関係性が微妙に違っていました。
原作でも悦子は元気いっぱいで、常に張り切っていて
衣食住の衣だけに、お金とエネルギーを懸けている点は同じなのですが
エピソードの内容がそっくり変わっていたり、悦子の仕事ぶりがあまりに本来の枠を超え過ぎていたりと
余り原作に忠実ではない感じのドラマ造りですが、ドラマの方が映像と音楽がある分俄然楽しめると感じました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

校閲ガール [ 宮木 あや子 ]価格:604円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東野圭吾 祈りの幕が下りる時

2016-10-31 21:24:01 | 本・雑誌・ドラマ
東野圭吾さんの、加賀恭一郎シリーズ 祈りの幕が下りる時 を読みました。
加賀恭一郎がなぜ新参者になったのか、加賀の過去の謎がついに決着するそうです。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。
捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い
その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。
それは孤独死した彼の母に繋がっていた。
シリーズ最大の謎が決着する。
吉川英治文学賞受賞作。

幼いころに別れた、恭一郎の産みの母親のその後の生きざま。
明治座での舞台公演を演出する、女性演出家博美の秘められた過去。
博美の幼馴染みと、恭一郎の母の知り合い男性
2つの遺体が見つかったところから、物語は始まりますが
実は恭一郎と博美には面識があり、事件が2人をどのように繋げて行くのか??が本筋。
少々のこじつけ感は否めませんが、思いもよらない関連が発覚し
徐々に明かされる真実にあぶり出されていく、想像をはるかに超える親子愛。
伏線だった、日本橋周辺の12の橋の謎に、涙があふれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祈りの幕が下りる時 [ 東野 圭吾 ]価格:842円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小手鞠るい 私の何をあなたは憶えているの

2016-10-27 19:50:48 | 本・雑誌・ドラマ
小手鞠さんは、児童文学の作家さんという認識だったのに、少し前に読んだ 美しい心臓 に何となく惹かれるものがあって 
今回 私の何をあなたは憶えているの を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
ひっそりと鎌倉で帽子屋を営むつぐみ。
妻子を不慮の事故で亡くし、自らも余命幾ばくもない編集者の洋司。
異国の地で夫と暮らしながら、「S」に秘めた想いを抱く由貴子。
交わるはずのなかった三つの人生が、まるで何かに導かれるように交錯する。
したたかさと烈しさを合わせ持った、大人のための極上の恋愛ミステリー。

精神の奥底で燃えながら、そして見た目は静かに愛し合う由貴子とSの世界を描いた、熱く切ない恋愛小説があり
その小説の原稿を読み進めているのは、死の淵に差し掛かっている編集者の洋司。
そして彼との過去に答えを見つけるために、死ぬ前の彼に会いに行くべきか?悩みもがくつぐみ。
二つの恋愛が、時系列に逆らって、ストーリーが目まぐるしく変化していくので、とっかかりがかなり難しい。
しかも、本人たちの愛に対する崇高な必死さはわかるけど、こだわればこだわるほどピンとこない部分が多く
ストーリーの組み立てはドキドキ系で素敵だったけど、解決すると思ったことがそのままだったり
最後は謎ともやもやが残り、物足りなさを感じました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私の何をあなたは憶えているの [ 小手鞠るい ]価格:680円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雫井脩介 仮面同窓会

2016-10-21 20:47:28 | 本・雑誌・ドラマ
雫井脩介さんの 仮面同窓会 を読みました。
雫井脩介さん、ドラマや映画になった作品もあるようですが、これまで知らなかった作家さんです。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
青春の思い出を語り合うだけのはずだった。
同窓会で再会した洋輔ら四人は、旧交を温め合ううちに、かつての体罰教師への仕返しを思いつく。
計画通り暴行し置き去りにするも、教師はなぜか別の場所で溺死体で発見された。
犯人は俺達の中にいる!?
互いへの不信感が募る中、仲間の一人が殺されて…。
衝撃のラストに二度騙される長編ミステリー。

400ページ強のそこそこ長編の作品で、ディープでグロテスクなシーンもあるのですが
途中で何度か盛り上がりがあるので、停滞することなく先へ進めます。
誰が犯人か、理由は何なのか、誰が誰をはめようとしているのか?
謎だらけのストーリーは最後まで糸口がつかめず、そしていよいよハラハラのクライマックス!
思わぬ展開にびっくりでしたが、意気込んで読んだ分、かなり物足りなさが残ります。
だってほとんど伏線もないし、そんなの聞いてないよ~という後出しじゃんけんのような結末・・・・
もっと読み手が、まんまと引っかかった~!と唸るようなヒントを、密かにちりばめておいてくれないとね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面同窓会 [ 雫井脩介 ]価格:702円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

石田衣良 憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークⅫ

2016-10-11 16:52:33 | 本・雑誌・ドラマ
池袋ウエストゲートパーク シリーズも、いよいよ第2シーズンが文庫本になりました。
更新頻度が落ちているとは言え、いまだ続いてくれているのは嬉しい限り。
1998年に始まって、こちらが発行されたのは2014年。
世の中はしっかりと現代になっていて、16年の歳月が流れましたが
マコトが重ねた年齢はせいぜいその半分といったところ。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
IWGP第2シーズン、満を持してスタート!
ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。
時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。
脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。
次々に火を噴くトラブルをめぐり、マコトやタカシ、そしてとびきりクールな仲間たちが躍動する。

北口スモークタワー/ギャンブラーズ・ゴールド/西池袋ノマドトラップ/憎悪のパレード

今までずっと、のめり込むように読んできたこのシリーズですが
今回初めて読みながら退屈を感じ、ちょっと持て余してしまいました。
物語の流れに勢いがなくなり、ホッとできる小ネタも薄れ、とにかくダークでいたたまれない感じ。
このシリーズの最大の魅力であるしてやったり感と、スカッとする読後感が足りない感じ。
石田さんが悪いのか、マコトが歳を取ったのか、現代の世の中がそうさせたのか・・・・?
でもシリーズが続いていく限り、この先も追っかけてみようかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパーク? [ 石田 衣良 ]価格:669円(税込、送料無料) (2016/10/11時点)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝井リョウ 星やどりの声

2016-09-29 20:56:50 | 本・雑誌・ドラマ
2011年、著者の3作目として登場した、朝井リョウさんの 星やどりの声 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
東京ではない海の見える町で、喫茶店「星やどり」を営む早坂家。
三男三女母ひとり。
亡き父が残した名物のビーフシチューの香りに包まれた生活には、慎ましやかながらも確かな幸せがあった。
しかし、常連客のおじいちゃんが店に姿を見せなくなった頃から、家族に少しずつ変化が。
各々が葛藤を抱え息苦しくなる早坂家に、父が仕掛けた奇跡が降りそそぐとき、一家は家族を卒業する。
著者が学生最後の夏に描いた、感動の物語。

父親が亡くなって、残された母と6人兄弟のその後の物語。
結婚して近所に住み火事や家業を手伝いにやってくる長女、就活生の長男、高校生の次女三女、中学生の次男、小学生の三男。
それぞれが個性的で、互いに励まし合い、いたわり合い、時に小競り合いながらもたくましく生きている兄弟たち。
6人兄弟それぞれの名前のタイトルで1章ずつ話が進み、全6章で完結します。
朝井さんらしい活きたせりふと、小憎らしいくらいの絶妙の表現力で
今どきの若者たちの生活スタイルが、とてもフレッシュに描かれていて
行間の空気が、静かに、そしてキラキラと輝いていました。
亡くなった父親が、どれだけ家族を強く思っていたか、次第に明かされていくます。
時にほのぼの、時にいら立ち、そしてしだいに涙腺が緩められていって、最後に崩壊しました。
家族っていいな、兄弟が多いっていいなと素直に感じる、家族愛のファンタジー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星やどりの声 [ 朝井リョウ ]価格:604円(税込、送料無料) (2016/9/29時点)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加