nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

又吉直樹 火花

2016-05-19 16:46:42 | 本・雑誌・ドラマ
重たい本が苦手なので、文庫になったら自分で買って読むという主義ですが
こちらの 火花 は文庫になる前に、夫が友人から借りてきたので読んでみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
お笑い芸人二人。
奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。
笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。
神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。
彼らの人生はどう変転していくのか。
人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!
「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

私の読書傾向的に、純文学の世界に触れるのはマレなので
導入が難しく、最初の5〜60ページを読むまでは少し手こずってしまいました。
さすがの芥川賞作品、語彙が豊富で表現力に溢れ、文章が丁寧です。
また売れない芸人さんの苦労話や、先輩や相方や芸人仲間との云々かんぬんに関しても
綴られていることは誇張でも、歪曲でもなく、芸人の浮き沈みという話の流れに、浮つきがない感じもしっかり伝わります。
ただ主人公徳永とその先輩神谷の、凝り固まった性格や自分の主義に縛られる生き方は苦手。
実際にちょっと面倒くさそうな人物に見える、又吉さんというフィルターを通してみれば理解できますが
これが又吉さんではない作家さんの作品なら、ついていけなかったかも。
だから終わり方も、私個人の心にはしっくりとは来ませんでした。
それでも文章は素敵なので、次回作が出てくれると嬉しいなと思います。

火花 [ 又吉直樹 ]価格:1296円(税込、送料無料)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

宮部みゆき ペテロの葬列 上・下

2016-05-16 22:14:44 | 本・雑誌・ドラマ

宮部みゆきさんの杉村三郎シリーズ第3弾 ペテロの葬列 上・下 を読みました。

あらすじ・・・・上(「BOOK」データベースより)
「皆さん、お静かに。動かないでください」。
拳銃を持った、丁寧な口調の老人が企てたバスジャック。
乗客の一人に、杉村三郎がいた。
呆気なく解決したと思われたその事件は、しかし、日本社会のそして人間の心に潜む巨大な闇への入り口にすぎなかった。
連続ドラマ化もされた、『誰か』『名もなき毒』に続く杉村シリーズ第3作。

あらすじ・・・・下(「BOOK」データベースより)
杉村三郎らバスジャック事件の被害者に届いた「慰謝料」。
送り主は?金の出所は?老人の正体は?
謎を追う三郎が行き着いたのは、かつて膨大な被害者を生んだ、ある事件だった。
待ち受けるのは読む者すべてが目を疑う驚愕の結末。
人間とは、かくも不可思議なものなのかー。
これぞ宮部みゆきの真骨頂。

バスジャック犯人が、過去に関わったとされてクローズアップされていくのが
かつて日本中を森閑とさせた、悪徳商法と呼ばれるマルチ商法事件。
犯人と、被害者と、その周囲の人々が、複雑に絡まり合って、それぞれがもがき傷つき追い込まれていきます。
さらに杉村自身の仕事とプライバシーまでもが、どんどんと揺るぎを見せ始め、すべては思わぬ方向に・・・・
上下巻合わせて800ページ強の長編で、相変わらず宮部作品は長く
こんなに引っ張らなくてもいいのに〜と、実際途中で飽き始めていたのですが
ただ長く、くどいだけの話ではなかった!
どうでもよいような逸話も、何気ないフレーズも、すべて伏線でした。
こんなどんでん返しが待っていたとは、まさに寝耳に水。
読後感は女は怖い!の一言、ストーリー的にも、これを書いた宮部さん自身にも!

ペテロの葬列(上) [ 宮部みゆき ]価格:745円(税込、送料無料)



ペテロの葬列(下) [ 宮部みゆき ]価格:756円(税込、送料無料)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

江上剛 慟哭の家

2016-05-06 16:52:47 | 本・雑誌・ドラマ
江上剛さんの 慟哭の家 を読みました。
金融ものでおなじみの江上さんですが、こちらはちょっと毛色の違う社会派作品で
フィクションながら、ルポルタージュ風の内容になっています。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
妻と障害を抱えた息子を殺し、自殺を図るも生き残った一人の男。
複雑な家庭環境ゆえの無理心中として同情が集まる中、男は強硬に自らの死刑を望む。
弁護を引き受けることになった長嶋駿斗は、接見を重ねるごとに、この事件への疑問を抱き始める。
「愛しているから、殺しました」。この言葉に真実はあるのか。

主人公は、幼少期から虐待を受けて愛情不足で育ったという設定。
ようやく持てた自分の家庭も、ダウン症の息子が生まれたことで、希望とは違う方向に進みます。
病弱な自分の身体を考え、28歳になったダウン症の息子の将来を悲観する妻。
早期退職をして家庭に入った主人公は、知的障害の息子の日常生活に戸惑い
いかに息子が妻と一体であったか、自分が子育てに関わってこなかったのかを知ることになります。
妻の懇願もあって二人を殺しますが、自分は死にきれず、無理心中に失敗。
とにかくテーマが重たい上に、ある意味実際に起こった事件をなぞったような淡々としたストーリー。
障害児にかかわる施設や同じ立場の親たちの、事件に対する感想や主人公への思いなども描かれ
障害児を育てる厳しさはひしひしと伝わってくるのですが、殺してしまっている以上
どんなに反省しようと、どんなに責められようと、時計を戻すことは不可能だし
あまりにも投げかけられたものが大きく、最後まで重たいままで
目を背けてはいけないことだと思いつつも、個人的に答えを出すことも、自分に置き換えることもできませんでした。

慟哭の家 [ 江上剛 ]価格:864円(税込、送料無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石田衣良 少年計数機 池袋ウエストゲートパーク

2016-05-02 17:56:55 | 本・雑誌・ドラマ
池袋ウエストゲートパーク に続いて、第2弾 少年計数機 池袋ウエストゲートパーク を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。
その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた!
マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。
池袋の街を疾走する若く、鋭く、危険な青春。
爽快なリズム感あふれる新世代ストリートミステリー、絶好調第2弾。

妖精の庭/少年計数機/銀十字/水のなかの目

とにかく、石田さんの目の付け所が奇想天外というか、すべてのものに日の目を見せるというか
登場人物、設定、テーマ、結末・・・それぞれに特異性があり、一筋縄では話が進まず、残酷なのに人間性に溢れていて
重く殺伐としているのに、筋の通ったきらりと光るものがあり、犯罪と美談の痛み分け的展開にドキドキします。
そして相変わらず文章が美しすぎて、気に入ったフレーズで読む手が思わず止まり、しばしたたずんでしまうシーンも多々。
まだまだ物語は続いていくと思うと今後が楽しみですが、間に違うものも挟みながらゆっくりと進めていこうと思います。

少年計数機 [ 石田衣良 ]価格:637円(税込、送料無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石田衣良 池袋ウエストゲートパーク

2016-04-29 11:02:35 | 本・雑誌・ドラマ
先日読んだ「うつくしい子ども」の文章に魅せられたので、娘が残していった 池袋ウエストゲートパーク を読んでみることにしました。

あらすじ・・・(「BOOK」データベースより)
ミステリーの「今」を読みたければ、池袋を読め。
刺す少年、消える少女、マル暴に過激ジャーナリスト、カリスマダンサー……
駅西口公園、通称ウエストゲートパークを根城にする少年少女たちが、発熱する都会のストリートを軽やかに疾走する。
若者たちの現在をクールに、そして鮮烈に描く大人気シリーズの第一作。
青春小説の爽快感とクライムノヴェルの危険な味わいを洗練させ、新しい世代から絶大な支持を得て話題となった連続ドラマの原作。

クドカンさん脚本のドラマは観ていたのですが、昔過ぎて?なんとなく覚えているような忘れているような?
でもドラマで受けた印象より、小説の方がかなりスマートです。
内容はかなり過激でグロいのに、文章は実にリズミカルでさわやかで
言葉を追うのが心地よく、ストーリーよりもひとつひとつのフレーズに心ときめきます。
普通なら読むに堪えないような血なまぐさい話を、みずみずしい果実のようにさわやかに仕立てる石田マジック、この先の展開が楽しみ。
うちにあるのは全8冊で、実際にこれですべてかはよくわかりませんが、順番に読んでいきたいと思います。


池袋ウエストゲートパーク [ 石田衣良 ]価格:637円(税込、送料無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今野敏 宰領 隠蔽捜査5

2016-04-26 13:32:29 | 本・雑誌・ドラマ
今野敏さんのお気に入りシリーズ 隠蔽捜査 から 宰領 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
衆議院議員が行方不明になっている伊丹刑事部長にそう告げられた。
牛丸真造は与党の実力者である。
やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。
発信地が神奈川県内という理由で、警視庁・神奈川県警に合同捜査が決定。
指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。
反目する二組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた!

今野作品のシリーズには、碓氷弘一シリーズ、萩尾警部補シリーズ、ST警視庁科学特捜班シリーズなど色々ありますが
個人的に一番のお気に入りは、こちら 隠蔽捜査シリーズ です。
シリーズ的には久しぶりに読んだのですが、主人公竜崎の生真面目な朴訥ぶりは相変わらずで
対局的位置づけである、同期である伊丹との性格の対比と、ボケと突っ込みのような2人の絶妙な会話が心地よく
懐かしい居心地の良さを感じつつ、すぐにのめり込んでしまいました。
雁字搦めの縦社会警察組織の中で、地位とか立場とかではなく、現況で一番のチョイスを主張する竜崎。
あらゆる局面をその一徹さで乗り切っていく様に、水戸黄門的快感を得られ、スカッとするシリーズです。
殺伐とした警察小説に時折織り込まれる、竜崎の妻冴子と家族のエピソードも、ほっとした和みになっていて楽しいです。


宰領 [ 今野敏 ]価格:723円(税込、送料無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知念実希人 仮面病棟

2016-04-23 11:49:14 | 本・雑誌・ドラマ
知念実希人さんの 仮面病棟 を読みました。
実は知念さん医者だそうで、しかも1978年生まれ、まだ37歳の現役バリバリ!
Twitterでは医療系のトリビアをつぶやいていて、それも人気になっているそうです。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。
事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知るー。
閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。
そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。
著者初の文庫書き下ろし!

外部からの糾弾、内部告発、そういうものをひっくるめて、医療の裏側に強く迫ったストーリーになっています。
想像を覆す結末には唸らされるし、医者としての知識を多用していて
病院内部や治療の描写が素晴らしく、究極の医療ミステリー作家だと思いました。
ただ、理系の人が書いた文章なので、ストーリーをなぞるだけの語彙にとどまり
サスペンス物の醍醐味である、気持ちが高揚するドキドキハラハラの、あのスリル感が欠けるのかなと感じました。

仮面病棟 [ 知念実希人 ]価格:640円(税込、送料無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東野圭吾 夢幻花

2016-04-17 21:05:30 | 本・雑誌・ドラマ
ずっと待っていて買った、東野圭吾さんの最新文庫 夢幻花 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。
第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり
ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。
一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。
宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく“東野ミステリの真骨頂”。第二十六回柴田錬三郎賞受賞作。

ずっと植物の研究を続け、引退後も花づくりを趣味としていた老人が殺され、なぞだけが残ります。
物取り?恨み?・・・殺人の要因として、色々と憶測が飛び交いますが
第一発見者である孫娘は、それを大きく否定し、真実を暴くべく果敢に行動を始めます。
しかし上からの大きな力が働き、せっかく暴いた真実が否定され、もみ消されていくのです。
誰が悪者?誰が騙しているの?と犯人探しをしましたが、結末はとてつもなく果てしない
歴史に裏打ちされた運命的な真実があり、東野さんのストーリーの組み立ての奥深さに感動しました。


夢幻花 [ 東野圭吾 ]価格:842円(税込、送料無料)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

薬丸岳 友罪

2016-04-11 16:23:26 | 本・雑誌・ドラマ
薬丸岳さんのまだ読んでいない文庫を見つけたので、読んでみました。
薬丸さんお得意の、少年犯罪物を扱った 友罪 です。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?
埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。
無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。
しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになりー。
少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。

14歳で猟奇的殺人を行っってしまった鈴木ですが、今は犯した罪を心から悔いながら
自身の自立のため、世間に報いるため、まっとうに生きようとしています。
彼が働き始めた工場では、それぞれに辛く暗い過去を背負った人々が、彼と関わってきます。
現在の彼に信頼を寄せつつも、彼が過去に犯した罪の大きさに震え上がる周囲の人たち。
名前を変えても、どこに行っても、結局ははがされてしまう過去のベール。
それが自分の隣人だったら、すべてを受け入れて信用するか?疑ってかかるか?追放するか?答えは簡単には出ないですね。
そして物語でも結末は重く辛く、やはり世の中、覆水盆に返らずというのが現状であり
こういうテーマでのハッピーエンドは、簡単には起こり得ないんだなと感じました。
長編だっただけに、読み手としてもかなり心が重いです。

友罪 [ 薬丸岳 ]

友罪 [ 薬丸岳 ]価格:896円(税込、送料込)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吉田修一 怒り 上・下

2016-04-06 22:04:49 | 本・雑誌・ドラマ
 
以前に「悪人」を読んで、大きな衝撃を受けた吉田修一さんの 怒り 上・下 を読みました。
市橋達也の事件をきっかけに書かれた作品で、読売新聞で連載されました。
また、今週の映画化が予定されているヒット作品です。

あらすじ・・・・上(「BOOK」データベースより)
若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。
犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。
そして事件から一年後の夏ー。
房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬
沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

あらすじ・・・・下(「BOOK」データベースより)
山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。
洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し
泉は気に掛けていた田中が住む無人島であるものを見てしまう。
日常をともに過ごす相手に対し芽生える疑い。
三人のなかに、山神はいるのか?犯人を追う刑事が見た衝撃の結末とは!

夫婦を殺して指名手配されるも、1年以上身を隠している山上一也。
時を同じくして、東京、千葉、沖縄に、過去を隠した謎の男が出現。
3つの場所でそれぞれに起こる謎の男の行動と、それを取り巻く人々にスポットを当てていきますが
どの男も偽名を使っていて、山上である可能性があり、スリルある展開が続きます。
複雑な運命を背負った者も、小さな幸せを夢見て生きているのだというのが伝わってきます。
果たして、3人のうちの誰が山上なのか?
誰もがそれらしく思えるものがあるのですが、誰が犯人であって欲しくないかという
読み手の希望的なものが働き、何となく途中でわかっちゃった感じ。
最後は本当に切なくて、じわじわと涙が湧いてきました。
それぞれの配役もわかり、映画の方も楽しみです。

怒り(上) [ 吉田修一 ]

怒り(上) [ 吉田修一 ]価格:648円(税込、送料込)




怒り(下) [ 吉田修一 ]

怒り(下) [ 吉田修一 ]価格:648円(税込、送料込)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加