nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

妻沼聖天名物 聖天いなり

2016-07-26 15:00:30 | うまいもの会
今回のうまいもの会、最後の記事になります。
妻沼聖天 の名物として 聖天いなり という、おいなりさんと巻きずしのセットがあります。
途中で立ち寄った、めぬま道の駅 の物産センターでも見かけたのですが
参道のお店で買うつもりだったのでそこはスルーして
聖天さまの駐車場に停め、歩き始めたら、まさかまさかのお目当てのお店が店休日。



お休みだった参道脇の 聖天寿し
本来の店休日は月曜日ですが、3連休の後で代休日だったようです。

雪くまをいただいた  騎﨑屋 さんでお聞きしたら
聖天いなりのお店はあと2軒あって、もう一軒もお休み
残る1軒は、もしかしたらやっているかも?ということでした。



ドキドキしながら、行ってみると、やってました! 小林寿し
他の2軒がお休みだからでしょうか?
午後3時の時点でも、厨房で一生懸命作っている気配が見えました。



これで460円
お店によって多少の違いはありますが
こんな感じで、大きなおいなり3本と巻きずしがセットになっています。



ボリューミーで、おいしかった!
夫婦二人で、夜ご飯の白米代わりにちょうど良い量でした。

ネットで調べてみると、3軒ともそれぞれにファンがいて
その割合はほぼ同じくらいで、人気も拮抗しているんだとか。
ちなみに、参道脇の聖天寿しさんが、一番味が濃い目とのこと。
濃いめの味付けが好きなので、次回はぜひ 聖天寿し
 さんのやっている日に訪れたいと思いました。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あついぞ!熊谷で、雪くまを食す!

2016-07-25 14:47:27 | うまいもの会
何度も日本最高気温の記録更新を続けている熊谷では、夏の暑さを逆手にとり
市民みんなで、暑さを楽しみながら積極的にまちづくりに活かそうとする事業 あついぞ!熊谷 を展開中!
その事業の一環として、市内随所の協賛店で 雪くま というかき氷を出しています。
ひと口にかき氷といっても独自のこだわりがあり、認定されたお店で出すかき氷には条件があります。

雪くま 3つの条件
1.熊谷のおいしい水を使った氷を使っていること
2.氷の削り方に気を遣い、雪のようにふんわりした食感であること
3.オリジナルのシロップや食材を使っていること



まずは 妻沼聖天山 歓喜院 さんの参道にある 騎﨑屋 さんへ





雪くまと普通のかき氷があって、雪くまは、いちごと梅とりんご、抹茶あずきミルクだったかな?
その中から3人とも イチゴジャムのいちごミルク をチョイス!
薄く削られたサラサラの氷とイチゴジャムの甘さが
歩き疲れた身体のほてりを、一気に鎮めてくれました。



そこからまた30分ほど移動して、訪れたのは
さわた 籠原自衛隊通り店 さん
さわたさんは、市内外に6軒ほど店舗を構えるお菓子屋さんですが
そのうち3軒で、それぞれにオリジナルメニューの雪くまがいただけます。



7月中に限り気温の高い日は、夏季オリジナルの梅ぼし大福がお安くなるそうです。



こちらの雪くまは、生メロン、生いちご、抹茶あずきの3種類



いちごを食べた後だったし、こちらでは3人とも 生めろん
メロンのシロップのかかった氷の中から、丸くくり抜いたメロンが現れて
甘さ控えめでしっかりと喉がうるおう、贅沢な大人の味のかき氷でした。



お店の横には、こんな顔出し看板も出ていましたよ!

先週末から今週にかけて、いまいち気温が上がらない関東地方ですが
この日は、干上がるほどの日差しと暑さで
はしごしても、食べた分そっくりそのまま汗で流した感じ。
まさに雪くま日和な、そんな一日でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妻沼聖天山 歓喜院

2016-07-22 14:49:09 | うまいもの会
ランチの後は熊谷方面に車を走らせ、妻沼道の駅に寄った後日本三大聖天の一つ 妻沼聖天山 歓喜院 へ。
日光東照宮を彷彿ほうふつさせる本格的装飾建築で、埼玉日光と称され国宝に指定されています。
平成15年から約7年をかけて行われた平成の大修理で、より美しくよみがえったそうです。
縁結びのパワースポットとも言われていて、今や妻沼全体が、縁結びで町おこしを展開中だとか?



中門
本当は通りに面した入り口に貴惣門があるのですが、駐車場の関係で、そちらは通らず・・・







仁王門





御本殿



百度石



太子堂



 

噴水が流れていて、境内は実に気持ちよい空気になっていて
暑さの中を歩いてきた私たちは、ここで一息ホッと癒されました。





仁王門を振り返った図



社務所



御朱印

この後は、あついぞ熊谷!の名物雪くまを食します・・・・つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行田 スープカリー&カフェ Neco

2016-07-21 13:37:07 | うまいもの会
うまいもの会の今回のランチは、行田市にあるスープカリーのお店 Neco さんへ。
埼玉でも、インドカリーのお店はどんどん増えている気がしますが
スープカリーのお店はなかなか珍しく、行田というマイナーな地でしかも駅から結構遠い場所。
いったいどんなお店なのか、ちょっとドキドキで入店しました。
店内は照明が暗くエスニックなインテリア、座席がブースで仕切られていたりして落ち着く雰囲気です。
席についてメニューを開くと、あまりの種類の多さに軽くパニくってしまいました。
ベースのスープが、トマトスープ、ココナッツスープ、和風スープの3種類。
そこに具材を選び、辛さ(1~10)を選び、さらにトッピングを追加することができます。



私は7月のマンスリーカリー 夏野菜のラタティーユ風カリー 1150円を、和風スープ、辛さ4でオーダー



ポーク、ゆで卵、基本野菜の人参・ジャガイモ・ナス・ピーマン・オクラ・ブロッコリー・水菜に
かぼちゃズッキーニ、パプリカがプラスされています。



レイちゃんの、ポークカリーココナッツスープ 1080円 辛さ4



おかめいんこさんの ポークカリートマトスープ 990円 辛さ3

口に入れた瞬間はそんなに辛さを感じないけど、身体に沁みていくにつれ、体の中からじわじわと汗が湧き出てくる感じ。
この日の暑さにぴったりの辛さかげんで、辛さ4は、私にはちょうどいい感じのチョイスでした。
こんなに多くの種類の野菜を使っているのに、ひとつひとつがそれぞれにゴロゴロといっぱい入っていて
柔らかくなった角煮風のポークもいっぱい入っていて、食べ応えも十分でおいしかったです。
和風スープ、ココナッツスープ、トマトスープ、それぞれに味わいがあって、全種類制覇したいですね。
食べログのクーポンでドリンクも無料になって、お得感たっぷりのお店でした。

Neco (ネコ)

スープカレー、カレーライス、カレー(その他)

048-553-4891

予約可

埼玉県行田市門井町1-12-10

行田駅から1,056m

営業時間

11:00~15:00(L.O.14:30)
17:30~21:30(L.O.21:00)

ランチ営業、日曜営業

定休日 第2水曜日
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古代蓮の里 ゼリーフライと田んぼアート

2016-07-20 22:16:42 | うまいもの会
さて 古代蓮の里 の記事の続きです。
蓮の花見を楽しんだ後はちょっと小腹を満たそうと、行田名物、ゼリーフライのお店に並びます。







 

行田名物ゼリーフライとは??
ゆでたジャガイモとおからと野菜を丸めて揚げたものを、ソース中に浸したもの。





出来立て熱々をいただきました。
コロッケとは一味違う、もちもちの食感です。



この後は 古代蓮会館 へ!
1Fnには展示会場や休憩所があり、奥に展望台に上るエレベーターがあります。



展望台に上ってみます。



行田の田んぼアートは、今年で7年目
今年はドラゴンクエストがモチーフ

 

6月11日・12日の2日間、田植え体験参加者や図柄部分を植える田植えボランティアなど
延べ約1500人(過去最多)が参加し、田んぼアートの田植えが行われたそうです。



ギネスに認定された、世界最大の田んぼアート
今年は台風も来ていないし、晴天が多かったため稲の生育もよく
今がちょうど見ごろだそうで、眼下に見事な光景が広がります。
あまりに素敵で、声も出ないほどの感動でしたよ。


古代蓮の開花と田んぼアートの見ごろが重なり、一粒で何度もおいしかった 古代蓮の里
今回ご一緒できなかったメンバーのためにも、また来年ぜひ訪れたいと思いました。
うまいもの会、まだまだ続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行田市 古代蓮の里

2016-07-19 22:33:00 | うまいもの会
今日はうまいもの会で 、行田、熊谷方面に出かけてきました。
今回は人数が揃わず3人での開催でしたが、結構濃い一日になったので順を追ってご紹介していきますね。
まずは、行田市にある 古代蓮の里 へ。 
蓮の開花は朝6時くらいから8時くらいということで、なるべく早めに行くのがベターなんだそうですが
諸事情あって、10時に行田駅集合でスタート。
行田蓮(古代蓮)は、原始的な形態を持つ、1400年から3000年前の蓮なんだそう。
時期的には少しピークを過ぎていたようですが、古代蓮以外にも古今東西、和から洋まで全41種類の蓮が植えられていて
色合いも形も様々な見事な花がいっぱいで、思っていた以上に神秘的な蓮の姿を楽しむことができました。

間違えているといけないのでひとつひとつの名前は記しませんが、蓮のブースごとに名札がついていました。
ということで名無しではありますが、様々な表情の蓮の花の画像を載せておきます。












































蓮は、4日間の命だそうです。
最初の日は6時ごろに花弁が開き始め、3~4cm程度で止まりまたつぼみに戻ります。
2日目7時~9時に満開となったのちまたつぼみに戻り、3日目に最大に開花して、受粉。
4日目の7時ごろには完全に開ききって、8時には散り始め昼には完全に散ってしまうのだそう。
なんていとおしくて、神秘的な花なんでしょう!
4日間のすべての過程を、見届けたいという気持ちにさせられてしまいました。
古代蓮の里 の話はもう少し続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菖蒲総合支所周辺のラベンダー

2016-07-02 12:33:59 | うまいもの会
ラベンダーの見どころとして人気の高いスポットといわれる、久喜市菖蒲地区。
今が、ジャストシーズンということで 雪みるく を出た後で足を延ばしてみました。
駐車場から降り立った瞬間に、ラベンダーの香りが鼻をくすぐります。





田んぼとラベンダーだけが広がる世界!







都会の喧騒を忘れて、しばしラベンダー色の世界に包まれました。



周囲には、ほかにもあやめとラベンダーが楽しめるスポットがいっぱいあるようですよ。
ということで、今回のうまいもの会はここで終了。
みなさま、お疲れさまでした。
来月は、古代蓮を見に行く予定です。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久喜市菖蒲町 雪みるく

2016-07-01 21:43:06 | うまいもの会
菖蒲神社の次に向かったのは、果物屋さん 花野果市場 さんが経営するかき氷店 雪みるく 
テントのような素朴な建物ですが、車がびっしりと止まり、整理券がある人優先で入店できます。
とまとさんが朝から足を運んでくれたおかげで、私たちは並ばずに入店できました。
元々が果物屋さんだけあって、生のフルーツやフルーツを使ったシロップのメニューが豊富で
かき氷以外にパフェもあります。
風通しのよさそうな建物ですが、冬場にはストーブを囲んで食べるそうですよ。







私は、はちみつグレープフルーツ
上にもグレープフルーツがたっぷりでしたが、氷の中からもザクザク現れました。
氷も柔らかなふわふわ氷で、グレープフルーツの冷たい酸味がのどにキューンと沁みます。



あんずミルク



一番すごかったのが、レイちゃんオーダー、メロンスペシャル
何と1/2カットのメロンを器に、はみ出るほどのメロンミルク
大量の氷を食べ終わった後にメロン半個って
掘っても掘っても終わらないといいながら、レイちゃん 



梅シロップ



カラメルホイップバナナ



集合写真
私のが一番に来たので、食べ進めて小さくなっていますが
どれもびっくりするほどのてんこ盛りでした。

帰りには、果物屋さんの方でメロンを買って帰りました。
かき氷は季節メニューも豊富だそうで、また季節を変えて行ってみたいお店です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久喜市 菖蒲神社

2016-06-30 12:46:24 | うまいもの会
ランチの後、もう一軒予約をしていたお店に向かったのですが
途中で 菖蒲神社 に参拝。
今は久喜市になりましたが、元は菖蒲町だったところです。





茅の輪くぐりのシーズンです。







埼玉県指定天然記念物 菖蒲の藤棚があります。
この場所、2か月ほど前なら見事な藤色だったはず!



本殿
菖蒲神社の名前から 勝負事に強いとされ
名物の藤から、無事(藤)に身を守る、無事身祈願も行われているそうです。

 

おかめさんととまとさんが、トンボ玉みくじを引きました。



御朱印は、書置きをいただきました。
藤の印が押されていました。

この辺りは最寄り駅がなく、車かバスでしか近づけない場所なので、菖蒲町エリア初潜入の私。
知らない場所がどんどん開拓されていくのも、うまいもの会の楽しみの一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北本 カフェレストラン ダンデライオン

2016-06-29 22:01:22 | うまいもの会
メンバー全員はなかなか揃わないながらも、最近は結構頻繁に開催されるようになったうまいもの会。
今月は北本駅に集合し、車2台に分乗してスタートです。
まずはいつものように農産物直売所に寄って、夕飯用の食材をゲットしておきます。(これがあると結構安心なので)



その後11時に、とまとさんのイチオシのフレンチのお店 
カフェレストラン ダンデライオン に入店
我々は事前予約済みでしたが、本日は予約のみで満席だったそうで
入り口にあるお知らせを見て、すごすごと引き上げていくお客さんもいました。



プチコースランチ  2.240円(税込)をオーダー
オードブル・本日のスープ・お魚料理又はお肉料理
サラダ・パン又はライス・ドリンク・デザート



焼き立てパン
すごく香りがよくてバターを塗らなくてもバターの香りたっぷりでした。



オードブル盛り合せ
丁寧にメニューの説明があったけど難しくて・・・???
しかし、ひとつひとつすごく繊細な細工が施されていました。





本日のスープ
カリフラワーのポタージュ
ほんのりカレー風味というユニークな発想のスープ
実になめらかでおいしかった!



サラダ
トマトのあまりの甘さに全員びっくり!





お魚料理
甘鯛のポワレと帆立貝のグリエと海老のコンフィ 枝豆のクーリとエシャロットソース
泡々クリーミーのソースにくるまれたプリプリの魚介たち♪



食べかけ画像で申し訳ないんだけど
食べ進めていくと、隠れていた海老が現れます!
帆立もビッグサイズで、いい感じのレア状態でした。



おかめいんこさんのお肉料理の画像を撮らせてもらいました。
牛ハラミ肉のグリエオニオンビネガー添えとオックステールの煮込みのクレピネットのオーブン焼き
すごくボリューミーでしたよ。



デザート盛り合せ
ざっくり言うとアイスとババロアとゼリーですが
こちらもめちゃくちゃ凝っていて奥が深く、何とも言えない極楽気分



ドリンクはアイスコーヒーをチョイス

しっかりボリュームもあって、質・量・味・雰囲気、すべてにおいてレベルの高いお店でした。
駅から近いわけでもなく、住宅街にあるというロケーションながら、ランチが予約で満席になるほどの人気も納得です。
近ければ、すぐにでもまた行きたいと思わせる素敵なお店でした。

カフェレストラン ダンデライオン

〒364-0007 埼玉県北本市東間8丁目304−6

048-541-7311
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加