串カツ子の旅日記

美しい国、日本。まだまだ見たい所がいっぱい。
温泉、宿屋、食べ物、紅葉、桜、街並み・・・興味の対象は尽きません。

妙見石原荘-1

2020年08月12日 | 宿-九州・沖縄

Peachの格安航空券で宮崎入り。

レンタカーを借りて、妙見石原荘神の郷温泉でのお泊り旅。

何度も来てるし、梅雨明けで暑い。

観光は無し。

でも、嘉例川駅は見た事がなかったので行ってみる事に。

もう30分程すれば列車がやって来るが、その30分が待てない。

ニャン子駅長は今年の7月に亡くなっていた。

まだ1ケ月も経ってない。

駅の周囲はきれいに整備されていて、東屋で老夫婦がお弁当を広げている。

のどかだなぁ。

車で60キロ程走ると水害で大きな被害が出ている人吉。

暑い中、後片付けにあたっておられるだろう。

のんきに大阪から遊びに来て・・・申し訳ないです。

実に13年ぶりだろうか?妙見石原荘。

確か、この石蔵が建った頃から来ていない。

今回のレンタカーはパジェットで借りたフイット。

格安料金なのに、走行3万キロ程で、まだきれい。

宿は直で予約したが、このレンタカーの予約はじゃらんで。

レンタカー会社直で予約するよりも安い上、
クーポンもあるので、随分安くなる。

左手フロント、右手は土産物コーナー、突き当りのロビーでチェックイン。

 

手造り羊羹がお着き菓子。

うっ、これは苦手な深蒸し茶

懐かしい廊下を通って客室へ案内される。

廊下の左側に客室が3~4室。

うん?一番安い道路側の部屋で予約したハズなんだけど、
この辺りは川側の部屋・・・???

空いているからと川側の部屋にランクアップして頂いたもよう。

部屋は浅葱(あさぎ)。

ガラガラ、部屋の戸を開けると広い玄関が目に入る。

以前もこの部屋に泊まっているので驚きはない。

部屋は2間続き。

主室の8畳間。

横の4畳半の部屋、元々は茶室として設計されたんだろう。

畳には炉が切られているようだ。

2人なら8畳の主室だけで十分。

こちらの部屋に座る事はなかった。

窓の外は天降川を挟んで雅叙苑

夜、かやぶき屋根の建物に明かりが灯ると、お客が入っているのが分かる。

逆に雅叙苑からも明かりの灯り具合で客の入りがわかるだろう。

もしかして、川側にランクアップしてくれたのは
そういう意図があるのかもしれないと邪推した。

以前、ここは雅叙苑の露天風呂だった。

今は使われてないのかな?

 

 

クレンジングと化粧水は、ドイツの温泉地バーデンバーデンにある
ビオドラガ社の製品。

クレンジング、良かったけどミキプルーンの扱いで、簡単に買えないわ。

浴衣は2枚共中サイズ。

相方には短い。

男女各1名とわかっているのに、どうして1枚は大を用意しないのだろうか?

湯上り後汗が引かず、浴衣は汗まみれ。

もう1枚欲しかったが、夜、ガーゼ生地のパジャマが用意されるので、
浴衣で寝る必要はない。

廊下にさりげなく置いてあればいいのになぁ。

帯はしっかりしたもので、足袋も付いていた。

置かれた煎茶はおいしい。

深蒸し茶ではなかったと思う。

大きな湯呑みは、私の好きな粉引。

 

有料飲料の他に冷茶が用意されていたようだが、
部屋に案内された時に説明はなく、気が付かなかった。

大浴場の他に露天風呂が3ケ所。

うち1ケ所が有料。

いずれも館内にはなく、天降殿という別棟にある。

翌朝、ロビーに看板ネコロブーが座っていた。

滞在中朝の早い時間しかお目にかからなかった。

もう日中は暑い。

涼しい早朝、ひんやりとしたこの床がお気に入りなんだろう。

客もまだ動かない時間だし。

朝、部屋の入り口に、青海波の古布に入った朝刊。

この宿、青海波の布がよく使われている。

 


断られた

2020年08月01日 | 旅-九州・沖縄

梅雨が前日に明けた南九州、暑かった~。

夏用のマスクをしているけど、夏のマスクは辛い。

風呂場へ行くにもマスク。

宿にチェックイン時、検温有り。

暑い季節、公共交通機関で旅行するのはホントに疲れる。

もう、無理だぁ。

昼食に蕎麦を食べる予定だった。

開店を確かめようと電話すると、「関西の方お断り」と。

話すイントネーションで関西からだと分かったのだろう。

店に行ってみると、↑ のような貼紙が玄関に。

トホホ、私はバイキンなのか?

でも、これだけ感染者が増えたら仕方ないなぁ。

蕎麦は諦め宮崎名物の「冷や汁」を。

味噌味のだしには刻んだカシューナッツが入っていた。

私には味噌味が濃い過ぎる。

ご飯に冷たい味噌汁を掛けて食べている感じ。

相変わらずほれぼれする神の郷温泉の宿泊者専用檜の湯

美しい。

詳しくは後日。

ほんとに書くのか?>自分

2泊3日の旅から戻ったら、シュウメイギクが2鉢枯れていた。

水、やって下さいよ>お留守番さん。


3度目のグランディア芳泉の食事

2020年07月29日 | 宿-北陸

コロナで予定していた3つの旅が消えてしまった。

残念だったという気持ちはあるが、むしろしんどい思いをせずに
済んだとほっとしているかもしれない。

5泊もの用意をして早朝のフライトで北海道へ飛ぶ。

これまた早朝のフライトで屋久島へ。

無理な計画をたてたものだと、今はそう思う。

もう旅は出来ないのかもしれない。

せいぜい近場のお気に入り宿で、湯につかりおいしいものを食べる。

それがピッタリの宿、芦原温泉のグランディア芳泉。

7月初め3度目のグランディア芳泉。

福井県民向け、県内宿泊半額補助という事で、この日宿泊客は多かった。

これを使っての予約の63%が芦原温泉に集中したらしい。

料亭遊膳で文月特別懐石の夕食。

先附はウニ豆腐。

福地鶏卵で作られた卵豆腐にウニが乗るジュレ掛け。

卵豆腐の下に敷かれたジュンサイ。

竹の器を使い、天の川をイメージした逸品。

2人分が盛られた八寸。

飾りや器は前回の方がいいが、今回も手の込んだ料理の数々に大満足。

                   

ほうづきを割ると、西京味噌に漬けた温泉卵の黄身に
削ったカラスミをまぶしたものが現れた。

鮎の子うるか

                     

 

特産のトマト越のルビーフォアグラ寄せ。

とうもろこしと思って口に運んだら、芯は真薯だった

タコの柔らか煮と蒸しアワビ。

 

刺身は、若狭ハタ(珍しい)、シマアジ、中トロ、イカ、もう一つは何だったかな?

 

右は梅肉、左は泡醤油。

白身魚や貝類は梅肉で、脂ののった中トロは、泡醤油で食べるのがお勧めとか。

椀は鱧のお吸い物。

出しがいい味です。

素麺かぼちゃも出世してるね。

焼き物色々。

前回、脚付の皿で供され、演出に驚いたが、今回は地味なお皿。

ウロコが付いたグジを食べるのは随分久しぶり。

30年ぐらい前まで、グジ(アマダイ)はよく食卓に上ったが、
最近では手の出ない高級魚になってしまった。

他に若狭牛の麹焼きなど。

福井丸岡産の石臼挽そば粉で手打ちされた冷たい蕎麦。

キーンと冷えた蕎麦で口の中がさっぱり。

大きい荒削りの鉢。

随分軽い。

漆器の軽いのは、木地がプラスチック製だと思い込んでる私。

でも、まさか芳泉さんでプラスチックはないでしょう。

両手で包み込むとしっくり手に馴染む。

いいなぁ~。

漆器にも目が行き始めた。

近くの鯖江にはうるしのさと会館があり、展示即売されている。

この次、芦原へ行く時に立ち寄ってみよう。

で、器の中には揚げ物が。

〆は鮎ご飯。

お釜がテーブルへ運ばれた。

う~ん、おいしい!

鮎もさることながら、このかやくご飯の味は今まで食べた中でも最高においしい。

調味料の割合、教えて欲しい。

すでにお腹はいっぱいだったけど、食べれるだけ食べた。

卑しいわ。

デザートです。


 

朝食はバイキングではなかった。

食事処も前夜と同じ遊膳で。

 

 

残念ながら鮭はちょっとカスカス。

スイカのデザートは出たが、コーヒーはなかった。

ほんとに食事はおいしい。

総料理長 部谷 保氏
料理長 石井 隆一氏

3度目のグランディア芳泉の食事は以上です。

今、朝の4時。

しんどい旅は嫌だと言いながら、始発近くの電車に乗り関空へ。

Peachの宮崎便で鹿児島へ飛び、妙見石原荘と神の郷温泉のお泊り旅です。

妙見石原荘は実に15年ぶり。

どう変わっているか楽しみです。


2度目のグランディア芳泉の食事

2020年06月27日 | 宿-北陸

長い間ほったらかしにしました。

コロナに罹った訳ではなく、単なるさぼりでした。

4月初め、緊急事態宣言が出る寸前に泊まった芦原温泉 グランディア芳泉の食事です。

今回泊まったゆとろぎ亭の食事処は1階にある料亭遊膳

ズラリと個室が並ぶ。

 

呑み比べセット@1500を注文。

左端、黒龍の大吟醸は、さすがにおいしい。

卯月特別懐石と銘打ったごちそうの始まりは
蒸しアワビ、ハマグリ、タケノコ、うるいなどを
イチゴ酢ジュレで頂きます。

大きな皿に二人分の前菜。

なんてステキな大根のランプシェード。

 

 

 

ほたるイカの木の芽味噌掛け

器もいい

ちょっと酸っぱい越前もずく酢。

うわぉ、この色!

花びらは白エビの真薯、上にウニ、うぐいす仕立て。

刺身は蝶貝の器で。

 

 

 

温められた脚付きの器に、左は若狭牛の炭火焼き、右はノドクロ地酒焼き。

こんな脚付きの器を見るのは初めて。

 

手打ち越前おろし蕎麦

黄色のトッピングは自家製カラスミを削ったもの。

キーンと冷えた蕎麦、もう少し食べたかった。

揚げ物は、ホタテのすり身を挟んだ加賀レンコン等。

桜エビと筍のご飯

 

はぁ、実においしい夕食だった。

これだけの懐石料理、料理だけでも宿泊料金ぐらいはするでしょう。

素材にこだわり、見た目も美しく、味よく作られている。

久しぶりに大満足の宿の食事でした。


以下、朝食です。

 

これ大好き!

 

 


そば 乾

2020年05月22日 | 蕎麦

更新、さぼってた。

1週間程前、アベノマスクが届いた。

開けずに記念にとっておこう。

昨日、市から10万円の申請書類が届いた。

早速記入し、夕方のウォーキング時に投函しようとした。

相方、今日来て、今日に返信を出すのはカッコ悪いと言う。

なるべく目立たないように封筒を持ち、ポストへ投函。

前から歩いて来た男性の手に同じ封筒。

市役所、大変だなぁ。

久しぶりに蕎麦 へ。

今は、木、金、土の週に3日間のみ営業。

ご主人一人でやっておられるので、天婦羅は出来ない。

それでは、キノコおろしを注文。

大阪の細かい青ネギは、蕎麦の邪魔をしない。

かつおが香るつゆをぶっかけて・・・。

キノコはしっかりした国産もの。

 やや緑がかった十割蕎麦は細くてのど越し抜群。

相変わらずおいしい。

私は乾の蕎麦が日本一おいしいと思う。

 

 


2020.05.02 庭

2020年05月03日 | 日常

カレンダーは早くも5枚目。

5/20からの北海道行きは結局オールトケ(取り消し)とした。

4月初めの屋久島、4月終わりの秋田、それに北海道・・・。

3つの企画がお流れに。

お金使わないで済んで良かったかな?

今日、アイリスオーヤマのマスクが買えた。

今までも何度かトライしたが、アクセスが多く繋がらない。

我が家、在庫はあるので急がない・・・と、途中で断念していた。

今日も諦めムードで再読み込みのボタンを何度も押していると買えた。

7枚入りが2セットで税別453円。

1枚32円程と安い。

シャープのマスクが1枚60円程。

品質に差があるのか?

値段だけみるとシャープのは、最近よく出回っているメーカーも分からない、
なんでこんな所で売られてるん?と、思うマスクと同じ。

シャープさん、高いんじゃない?

以前、ドラッグストアで買えたマスクもアイリスオーヤマのだった。

新型コロナのマスク騒動、アイリスオーヤマは実に良心的に消費者に接してくれたと思う。

次々花咲かせたラナンキュラスは終了し、芝サクラが満開に。

北海道、滝上町の芝サクラを見に行く予定だった。

それに合わせた日程だった北海道旅行。

大空町の芝サクラは過去に見ているので、滝上町の芝サクラと高橋武市氏の庭園陽殖園を楽しみにしていた。

白にピンクの縞模様。

キャンディーストライプという品種。

黄花尾長オダマキ

 

 

                   

左のつぼみ、花開くと右側の写真。

ちょっと下品で好きじゃない西洋オダマキ。

これが好きかな。

早池峰という品種で、下向いて咲く上品な花。

ベツレヘムの星

植えっぱなしにしている球根だが、毎年多くの花を咲かせる。


非常事態宣言が発出されても以前と生活は変わらない。

収入が減る訳でもなく、予定してた旅は取り消しになったが、無理に外出を抑えている訳でもない。

でも、大きな犠牲をはらっている人はたくさんいるでしょう。

新しいランドセルもいつになったら背負えるのやら。

わたし、10万円もらっていいんだろうか?


二度目のあわら温泉グランディア芳泉

2020年04月23日 | 宿-北陸

4月初めに泊まったあわら温泉 グランディア芳泉の話。

チェックイン可能時間の少し前ホテルの駐車場に到着。

えぇ~、車停まってない。

1カ月前も同じような時間だったが、この見える範囲ほとんど車が停まっていた。

1ケ月の間にコロナの影響は深刻な状況になってきたようだ。

 

今日はゆとろぎ亭に泊まるプラン。

ゆとろぎ亭へはラウンジを抜けて行く。

途中、枝垂れ桜は満開に。

ゆとろぎ亭の入り口で靴をぬぎ、専用の靴箱へ。

ゆとろぎ亭の廊下などは畳敷なので素足で。

ここに置いてあるスリッパは、風呂や食事処などへ行く時に使用。

畳敷の廊下の両側に客室が並ぶ。

入り口近くにある衣装部屋で浴衣を選び客室へ。

女性は色浴衣が選べる。

 

ゆとろぎ亭の入り口に近い桔梗の部屋。

ツインの洋室。

部屋に入り、スタッフの方が居なくなると、さぁ消毒!

持参したアルコールや除菌シートでアチコチ拭き掃除。

そこまでして泊りに行きたいか?

行きたいですぅ、温泉に入りたい・・・。

ストレス溜まってます。

広々リビング。

入り口方面を見ると。

洗面台の横に脱衣棚や冷蔵庫。

バスタオルは各自2枚。

バスローブがあれば申し分ないけど、この宿泊料金じゃそこまで求めるのはあつかましい。

アメニティには雪肌精の化粧品も。

 

 

冷蔵庫の中はドリンクフリーのオールインクルーシブ

瓶ビールが2本、冷酒1本、オレンジジュースに缶コーヒーが2本。

缶コーヒー以外は全て頂きました。

バリアフリーの部屋だった。

作務衣も用意されてて、結局、作務衣で過ごし浴衣は着なかった。

足袋も付いていた。

部屋には温泉の露天風呂が付いている。

ず~っと湯は掛け流されていた。

循環でしょうが、温度調節も出来、なかなか快適。

 

カップルプランで女性一人分が半額になり@19500。

この料金で温泉の露天風呂付の部屋に泊まれ、部屋の冷蔵庫はドリンクフリー。

お得なプランです。

 


殺生な

2020年04月22日 | 日常

5/20からの北海道旅行で予約しているレンタカー会社から電話有り。

5月いっぱい休業する事になったので、予約はキャンセルとして欲しい・・・と。

そんな殺生な。

飛行機は5/17までのフライトのキャンセル料金はかからない。

それ以後のフライトに関しては、まだアナウンスはない。

これがはっきりしたら、旅館も全てキャンセルするつもり。

あぁぁ、多分、いぇ、ほとんど諦めムード。

たくさん咲いたラナンキュラスも最後の花になりました。

水と太陽だけでこんなに花咲かすなんてかしこいね。


2020.04.19 庭

2020年04月20日 | 日常

桜も終わりツツジがちらほら咲き出した。

4月初めの屋久島行きはキャンセル。

4月下旬に予定していた男鹿半島行きもキャンセルした。

5月20日からの北海道は行けるのか?

これもキャンセルとなったら悲し過ぎる。

我が家の庭、ホスタが生えそろってきて、夏が近い事を教えてくれる。

今年はイカリ草がよく咲く。

妖精のような可愛い花。

 

種を蒔いた昨年は咲かなかったオダマキ

今年は次々と花を咲かしてくれる。

 

 

 

 

この風鈴オダマキ、元々は弘前桜まつりの時に買ったもの。

黄色のオダマキは、背も高く花も大きい。

 

カラーも好きで、庭には何鉢もある。

よく咲いたラナンキュラス

白・黄・ピンクの濃淡・オレンジ・それにこの赤と色とりどり。

家中の花瓶を動員しても足らないぐらい次々咲いた。

生け花にしても日持ちが良い。

球根を掘りあげて来年に備えよう。

あぁ~、温泉に入りたいぃ~。


2020 福井の桜

2020年04月13日 | 

4月初めに予定していた屋久島行きをキャンセルした。

その浮いた旅費であわら温泉グランディア芳泉を再訪。

当初予定していたのは12日。

待てない私、日にちを早めて泊まってきました。

良かった!

緊急事態宣言が出た後なら行けなかった。

鯖江インターで下りて桃源清水で水汲み。

亀蔵で蕎麦を食べ、桜も満開になっている西山公園へ。

鯖江には何度も水汲みで来ているが、西山公園へ来るのは初めて。

 

満開です。

花びらが散ったように見えるのは、舗装の関係で紛らわしい。

 

 

つつじも有名な西山公園。

そのつつじ、ひと月もすれば花開くでしょう。

こちらも初めて訪れた丸岡城

日本一短い手紙、一筆啓上で有名。

天守のある境内へは入場料金必要だが、天守内はコロナ騒ぎの為閉館中。

小さな天守、豪華さはないが渋くてなかなかいい。

柴田勝家の甥 柴田勝豊 が1576年に建設し初代城主。

昭和9年に国宝となったが、昭和23年の福井大震災で倒壊。

昭和30年、当時の建築材を使って再建された。

現存する最古の建築様式を有しているらしい。

それにしても結構な斜度の石段だわ。

 


一昨日、初めてマスクを買いました。

買いましたというよりは買えた!

夕食後、ウォーキングを兼ねて駅前のスーパーへ。

スーパーの中のドラッグストアのレジ前に、手にマスクを持った人が並んでいる。

えっ、それ、どこにあるの?

有りました!

コロナ騒ぎ以来初めてお目にかかる店頭のマスク。

やった!と、気分高揚。

普通サイズ7枚入りで300円弱と適正価格。

早朝より並び、入荷がなく肩を落として帰る人には申し訳ない。

凄くラッキー。

入荷し店頭に並ぶのは開店前とは限らないんだ。


あわら温泉 グランディア芳泉の風呂

2020年04月04日 | 宿-北陸

大浴場は2ケ所。

うち1ケ所は、露天風呂付スイートの別邸個止吹気亭(ことぶきてい)
庭園露天風呂付客室の離れゆとろぎ亭宿泊者専用のひのき風呂

一方、リーズナブルな料金で泊まる客には展望大浴場天上のSPA

直前割プランで安く泊まった私は天上のSPAしか入れない。

天上のSPAは、星の湯と月の湯。

夜は午前1:00まで、朝は5:00~9:30まで。

翌朝には男女入れ変わっている。

5階にある天上のSPA入り口

タオル・バスタオルは風呂場に完備。

キーBoxも有り。

鍵のかかるロッカー、少なかったような。

貴重品はキーBoxへ。

 

 

化粧落としはこの洗面所に置いてあるだけで、風呂場内には無い。

隅っこに置いてあるが、客が使っていいのかな?

チェックイン時女性用だったのは星の湯

青石のこの湯舟からは静かに湯があふれていた。

カランの数はいくつあっただろうか?

さすがに湯舟も大きく、カランも多い。

このヒノキ風呂から湯はあふれない。

私はもっぱら青石の湯舟に入っていた。

無味無臭、特徴に乏しい湯です。

こちらは露天風呂。

 

洗顔料やベビー用のシャンプー完備。

 

翌朝、女性用になった月の湯

まだ夜も開けない5:00過ぎの大浴場。

この大浴場の湯は、循環、濾過、消毒。

これだけ大きな宿・風呂なら仕方ないでしょう。

塩素はそう匂わなかった。

 

めったに泊まらない大型旅館だった。

リーズナブルな料金から高級宿の料金まで段階的な設定が有り、
安い料金で泊まっても、リッチな気分が味わえる宿でした。

すっかり気に入ってしまったので、今日、これから泊りに行って来ます。

今回は、ちょっとはりこんでゆとろぎ亭に泊まります。

楽しみ!


あわら温泉 グランディア芳泉の食事

2020年03月31日 | 宿-北陸

屋久島、あきらめました。

4/5からの屋久島行き、随分迷ってましたが、とうとう諦めました。

外出自粛要請が出ている中、リュックを背負い、
明らかに旅姿で歩いているとどんな目で見られるか?

それに旅程、出発は始発で空港へ向かい、帰りのフライトは予定していた便が欠航になり
最終便になるという随分ハードなもので、ちょっと自信をなくしてたという事もあった。

JAL、ホテル、レンタカー・・・申し訳ないです。


あわら温泉グランディア芳泉の食事です。

食事処は2ケ所あるが、リーズナブルな料金で泊まっている客は
レストラン季の蔵で、朝・夕共に頂く。

福井の観光地や名産、名物料理を網羅したランチョンマット。

もちろん紙ですが。

 

デザートはビュッフェスタイル。

オープンキッチンの季(とき)の蔵。

まずは先附のカニの甲羅盛り。

カニ脚、イクラ、ワカメにきゅうり・・・。

土佐酢かけの大根おろしでさっぱりと。

中身は大した事はないけど、見た目、お洒落な先附。

この先の料理に期待。

前菜はどれもおいしい。

器の中は、ホタテと菜の花の辛し和え。

炙りヘシコの寿司、合鴨ロース、サーモン玉子巻き・・・。

お造りは2人前。

福井産の大きな甘えびは卵がいっぱい。

若狭牛のステーキ。

揚げ物が出て、これでコースは終了。

ご飯、味噌汁、お漬物はビュッフェスタイル。

女将からのおもてなしコーナーには福井の郷土料理が並び、こちらもビュッフェスタイル。

これがないと、あのコース料理だけでは物足りない。

大野の名産、里芋の煮物には味噌がまぶしてあった。

厚揚げの煮物は、少し甘い目のいいお味。

全体に薄味、甘口で私好み。

すこというズイキの甘酢漬けもあり、これは私の大好物。

食後のコーヒーはない。

食材は、結構高級なものが使われている。

品数少ないと思ったが、物足りなければ
女将からのおもてなしコーナーの料理を食べればいい。

皿の数だけ多くて食べ残し食品ロスを出すよりはずっといい。

よく考えられてると感心。


朝食はバイキング。

トング類は30分毎に交換される。

 

 

バターケーキ類も並んでいた。

いつもはパン派の私だけど、和食のおかずがどれもおいしそうで、今日は和食。


快眠してます

2020年03月23日 | 日常

               2月10日過ぎより始まった寝つきが悪いという睡眠障害、どうやら収まったようです。

    鍼灸の先生のアドバイス通り、日中、陽に当たり1時間程のウォーキング(主に買い物)。

    快眠グッズ、色々使ってみたが、これが効いた!と、いうものはない。

    サプリメントは2~3日服用しただけなので、効果があったかどうか分からない。

    チョコに至っては10箱程冷蔵庫で眠っている。

    ドーミンという超高周波帯域音を再生するスピーカーのような物を買ったけど、聞こえるのは雑音としか思えない。

    10,000円もしたのに。

    スマホでスリープサウンド瞑想音楽のアプリをダウンロードし、繋いでスピーカーとして使っていたが、
    これで眠れたという実感はない。

    結局、鍼灸院での治療、それに日中歩いて体内時計をリセットする事が効いたような気がする。

                    もっとも、体調が戻る時期にきていたのかもしれないが。

 48種類のいやしサウンドが聞けるというが、どれも雑音でしかない。

一つだけ、子宮の中で赤ちゃんが聞いていたようなお母さんの心臓の音があり
     これは、もしかしたら赤ちゃんがぐずった時に聞かせれば効果があるのでは。    

テレビを見ていると眠くなってくるので、ベッドサイトに置ける携帯テレビを買った。

シャープの製品で価格20,000円ちょい。

このモニターとチューナーのセット。

チューナーはテレビコンセントに繋がなければいけない。

分波器やテレビケーブルを買うのにもお金はかかった。

届いて3日程で寝つきがよくなったので、これが役にたったかどうか分からない。

何はともあれ1ケ月余り続いた寝付けない症状は回復した。

寝付けない時のあの悶々と過ごす時間は辛いものです。


行くのか?やめるべきか?

2020年03月22日 | 日常

4/5から2泊3日の屋久島への旅を早くから計画していた。

出発まで2週間となり、行こうかやめるべきか迷っている。

大阪~鹿児島~屋久島と飛行機の乗継。

昨日、飛行機の座席指定を見直した。

鹿児島行きの飛行機、3/4は空席の模様。

航空会社、気の毒。

屋久島便で半分は空席。

周りに乗客が居ない席に変更した。

やはりみんな出かけるのを自粛してるんだ。

コロナ対策、満員電車で通勤する人に聞いた。

マスクはもちろん、どこも触らず会社に着くとすぐ手洗い。

足腰弱った身、階段の手すり、時々持つ。

空港バスに乗る時、必ず手すりを持っている。

どこもつかまないで行ける訳ない。

飛行機は4/30出発分まで、キャンセル料はかからない。

宿のキャンセル料が発生するまでもう少し悩もう。

以下、我が家の庭です。

去年は全く咲かなかったショウジョウバカマ

花はこんな白だったのか。

どんどん増えていくヒメリュウキンカ

カタクリは何年経っても群生してくれない。

 

レンゲショウマも芽が出てきた。

暑い大阪の夏を乗り越えて咲いてくれるだろうか?


あわら温泉 グランディア芳泉

2020年03月21日 | 宿-北陸

あわら温泉 グランディア芳泉 全115室もある大型旅館。

土曜日だというのに平日と変わらない料金で、部屋も多く空いている。

近くの三国へはず~っと行きたかったので、即、予約。

少し早いかな?

チェックイン可能な15:00少し前。

案の定、部屋が準備出来るまで上の写真のラウンジで待たされる。

ここにはすでに何組もテーブルに座っていた。

早いと思ったけど、もっと早くチェックインしてる人も居るんだ。

子供連れも多い。

カップルよりは、家族連れの方が断然多い。

ここでもコロナはどこ吹く風・・・か?

ビールはなかったけど、冷たい飲み物、熱い飲み物、それにお菓子。

食べ放題、飲み放題。

 

コーヒーとお着き菓子を頂く。

             

   ラウンジの外へ目をやると、足湯があり、清潔そうなタオルも置かれていた。

 

 

 

 

 

  

温泉卵を作るコーナーもあり、一人1個づつセルフで。

卵に名前を書いてネットへ入れる。

20分で出来上がり。

自由に飲め、食べられるサービス、好きだわ。

部屋の準備が整ったようで、お呼びがかかり、部屋へ。

左手に風呂、トイレ、洗面所。

踏み込み、広縁とは別に15畳の広い部屋。

 

窓からの展望は、福井を代表する米どころの坂井平野。

 

はるか奥にプールが見えた。

風呂、トイレ、洗面が一つ所に。

トイレはもちろんウォシュレット。

使い勝手が良い広い洗面台。

アメニティは風呂場にあるとの事。

 

各階のエレベーター前にサイズ毎の浴衣が置かれている。

サイズが合わない時はここからどうぞ。

                   

              空の冷蔵庫、電気ケトル、ミネラルウォーターが2本。

      お茶っ葉は、スティックの粉茶で味気ない。

      久美浜温泉、湯村温泉と設備の貧弱な宿に泊まっていたので
      凄く快適に感じる。やはり、これぐらいの部屋でないと・・・。

      鍵は2本。いつも予約時に、なるべくエレベーターに近い部屋で
      と書いておくのだが、今回は書き忘れた。

              で、当初予定されてた部屋はフロアーの端。  
              無理を言ってエレベーターに近い部屋に変えてもらった。

              部屋に文句はないが、夕食が終わり部屋に戻っても布団は敷かれてない。
      シーツがあれば自分で敷くのに、シーツが見当たらない。
                              ごろんと横になりたいのに、なかなか布団を敷いてもらえなかった。