旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

阿波おどり2017 うずき連 其の一

2017-08-31 23:14:50 | 阿波おどり

 「阿波おどり」開幕日、南内町桟敷第二部のスタートは「うずき連」

 

 全長約120mの演舞場は正面から俯瞰できる特別席を有している。

 

 人気の演舞場とあってチケットは完売。

 

 プレミアム桟敷の面前で男踊りは一層熱を帯びてくる。

 

 噴き出す汗は本気モードの証しだ。

 

 女踊りは美人が多いと評判の「うずき連」 三味線奏者にも当てはまるようだ。

 

 両国橋北詰は「うずき連」の廊下。

 

 幸運にも初日から輪踊りに遭遇することができた。

 

 「うずき連」が「よんでん阿波おどり広場」へ踊り込む。

 

 無料演舞場とあって開場前から行列ができていた。

 

 正面からの見物は諦め斜め後方から拝見することにしよう。

 

 女踊りのお尻を捉えることができた、女踊りの様式美はお尻にあり。

 

 今年は鳴り物衆の鉢巻が変わった、阿波おどり会館で販売してないかな~

 

 お盆の買い物客で賑わうショッピンク゛センター内を流す。

 

 徳島市内の「キョーエイタクト」で行なわれる恒例イベントです。

 

 涼しい店内でカジュアル感覚で楽しみたい。

 

 名人はそんじょそこらのTVキャスターなど寄せ付けない名司会者ぶり。

 

 子供たちを交えてアットホームな雰囲気がいいね。

 

 何よりも有難いのは踊り子さんとの距離が近いこと。

 

あ~ら、寅さん・・ 来てたのね~

 

有料桟敷では見せないとっておきの笑顔で歓迎するわよ~!!

2017年8月 徳島県徳島市

コメント

阿波おどり2017 序章

2017-08-29 21:03:19 | 阿波おどり

踊り浮かれの舞台は土佐から阿波の国へ。

 

阿波池田発「剣山4号」の徳島到着時刻は午前9時47分と絶妙なタイミング。

 

午前10時から徳島駅前で「阿波おどり」の開幕を告げる「阿波おどり振興協会」の流し踊りが始まりました。

 

新町橋畔の浮きステージでは多くの観客がお待ちかねだ。

 

「阿波おどり振興協会」を代表する約200名の踊り子鳴り物衆による華やぎのステージ。

 

「阿波おどり」の本番は夕刻6時から、それまでは市内の散策を楽しもう。

 

まずは人気の鯛塩ラーメンで腹ごしらえです。 鯛の旨味が凝縮されたあっさり系のスープが絶品。

 

昼間の新町川は夏らしいのどかな光景が広がる。

 

眉山の稜線に夏雲が湧き、徳島の盆が始まりました。

2017年8月 徳島県徳島市

コメント

第64回よさこい祭り 余情

2017-08-28 20:24:44 | よさこい

地方車の大音響と小気味よい鳴子が響く帯屋町アーケード。

 

ここまで凝った地方車も高知ならでは。

 

憩う踊り子さんの姿も街角に花を添える。

 

本祭二日目が終わろうとしている。

 

観衆と踊り子が一体化する柳町。

 

赤提灯の下で一杯飲みながら声援したいものだ。

2017年8月 高知県高知市

コメント

第64回よさこい祭り だるま

2017-08-26 09:41:24 | よさこい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月 高知県高知市

コメント

第64回よさこい祭り 帯屋町筋

2017-08-24 19:42:45 | よさこい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年8月 高知県高知市

 

 

コメント