旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

小樽雪あかりの路2018 

2018-02-22 20:53:41 | 北海道紀行

 札幌から小樽へ。

 

 「小樽雪あかりの路」です。

 

 厳寒の2月、小樽運河に浮かぶ数百の浮き玉。

 

 夜の雪は静かに優しく降り積もる。

 

 今年で20回目を迎えた「小樽雪あかりの路」

 

 「さっぽろ雪まつり」につづく北海道の風物詩として定着し、

 

 海外からも多くの観光客が訪れます。

 

 かつては「北のウォール街」とよばれ繁栄を極めた小樽の町。

 

 ノスタルジックな伝統建築群は小樽の文化遺産。

 

 氷点下の街並みに愛らしい雪だるまとキャンドルが並びます。

 

 幻想的な灯りのイベントは全国に数多く存在するが、

 

 詩情豊かな冬の小樽で開催されるこの行事は訪れた旅人を優しく包み込む。

 

 会場の一つ「手宮線跡地」・・・かつて石炭や海産物の積み出しで賑わった鉄道の線路が公園として整備されている。

 

 夕暮時からボランティアスタッフにより灯りが点灯され始めます。

 

 浮き球や石油ランプ作りから始まった小樽のガラス工芸。

 

 季節の押し花をあしらったガラスに氷のオブジェが小樽らしさをアピール。

 

 氷点下10度のフィールドを幻想的に彩ります。

 

 市民やボランティアの手作りによる灯りは優しく暖かい。

 

 We Love OTARU

 

 ♪俺の小樽の 年月を 辿れば 心に 雪が降る♪  「俺の小樽」by石原裕次郎

2018年2月 北海道小樽市

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回さっぽろ雪まつり 其の三

2018-02-20 21:02:37 | 北海道紀行

 朝の銀杏並木から眺める「北海道庁旧本庁舎」

 

 アメリカ風ネオバロック様式の傑作にして、重要文化財に指定されている。

 

 「赤れんが庁舎」として広く親しまれており、その堂々とした姿は北海道の象徴。

 

 前庭には約1000本の樹木が植えられており、朝の雪景色は清々しい。

 

 凍り付いた池にはマガモが遊んでおります。

 

 「赤れんが庁舎」を後にして「大通公園」へ急ごう。

 

 「さっぽろ雪まつり」期間終了後のお楽しみは大雪像の取り崩し場面。

 

 ファイナルファンタジーXIV”白銀の決戦” 名場面に登場する龍と重機の格闘場面です。

 

 おっと!! パワーショベルがやられそうだ!! もっとパワーを!!

 

 パワーショベルと竜の戦いは果てしなく続くのでした。

 

白い札幌で見かけた日常風景は道外からの訪問者にとって純白の非日常風景でした。

2018年2月 北海道札幌市

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回さっぽろ雪まつり 其の二

2018-02-19 20:21:58 | 北海道紀行

 石原裕次郎の「恋の町札幌」に登場する時計台、今ではビルの谷間で控えめに佇む。

 

 すこし歩けば札幌テレビ塔、この界隈の町割りは名古屋と似てますね。

 

 「すすきのアイスワールド2018」です。

 

 テーマは「氷を楽しむ」

 

 趣向を凝らした氷の彫刻や氷彫刻コンクール作品がすすきのを彩る。

 

 展示された氷像の数は約60基。

 

 「大通会場」の大雪像とは異なった美しさと繊細さが楽しめます。

 

 氷像のアクセントになるは歓楽街のセクシーな看板。

 

 「ミス氷の女王」の撮影会もあったようだが見逃してしまった・・・残念。

 

 降り積もる雪に氷像の除雪が必要なようです。

 

 職人の技が光る氷像群はいずれも完成度が高く、まさに氷点下の芸術作品。

 

 東京以北で最大の歓楽街「すすきの」

 

見事なクリスタルは夜が更けると妖艶な表情を見せ始める。

 

 どこかの店に入って温まりたい気分だ。

 

 そこで、会場近くの味噌ラーメンの名店「けやき」へ・・・幸福の一杯にレンズが曇ってしまった。

2018年2月 北海道札幌市

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回さっぽろ雪まつり 其の一

2018-02-18 13:51:30 | 北海道紀行

 今年で69回目の開催となる「さっぽろ雪まつり」です。

 

 地下街から外に出ると雪で路面は真っ白に凍っております。

 

 北国の厳しい天候下でも当たり前のように路面電車が走り人々は行き交う。

 

 さて、メインとなる「大通会場」

 

 新聞報道によると254万3000人の来場があったそうだ。

 

 札幌市民と陸上自衛隊が総力をあげて造った雪の芸術品。

 

 雪像に使われる雪は札幌市内および近郊から集められ、

 

 その量は5トントラックで約5500台にも及ぶ。

 

作品は「奈良・薬師寺大講堂」 1月7日から2月3日まで28日間を費やして制作された大雪像の傑作である。

 

 雪まつりと併せて楽しみたいのは札幌の冬風情。

 

 数年前に札幌市電がループ化され、すすきの交差点を路面電車が行き交う。

 

 美しい氷のビアジョッキ、ビールの泡が天然雪とは粋なものです。

 

 北海道料理店「古艪帆来」で味わう「北あかりイモ焼き」に「北海道限定サッポロクラシック」・・これを味わいたくて札幌へ来た。

2018年2月 北海道札幌市

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

snowmiku sky town

2018-02-17 09:27:43 | 北海道紀行

北海道を応援するキャラクター「雪ミク(初音ミク)」

 

 新千歳空港ターミナルビル4階にスペシャルミュージアム&ショツプが開設され、訪れた観光客を誘います。

 

 ここでしか出会えない等身大の「雪ミク」

 

 入場無料でファンの行列ができておりました。

 

 イラストグッズが多数展示されたミュージアムスペースはマニア必見とのこと。

 

 こちらは「第69回・さっぽろ雪まつり」の大通会場。

 

降りしきる雪、気温はマイナス8度・・カメラ持つ手が震えます。

2018年2月 北海道千歳市、札幌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加