旅と祭りのフォトログ

さて、どちらへ行こう 風が吹く

石取祭2016 其の三

2016-08-10 22:32:55 | 石取祭

 伝統の祭りというものは・・・

 

 長年にわたり地元の人々が育んできた宝物。

 

 「石取祭」は’日本一やかましい奇祭’と呼ばれる。

 

 天幕図柄は「猛虎図綴」 まさに寅さん好みの祭車だ。

 

 男はひたすら豪快に、

 

 女はやかましくも美しく、

 

 八間通を埋め尽くす祭車の群れ。

 

 子供は凛々しくも愛らしく、

 

 伝統の重みを感じながら、

 

 祭りを楽しもうではないか。

 

 もっと熱く、もっと激しく、

 

日本の夏祭りに屋台は欠かせない。

 

 路上に座り焼きそばとビールで一服しても、

 

 誰も文句は言わない。

 

 真夏の夜の自由空間である。

2016年8月 三重県桑名市

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

石取祭2016 其の二

2016-08-09 22:07:32 | 石取祭

 祭車の数は43台。

 

 「石取祭」では曳山を祭車(さいしゃ)と呼ぶ。

 

 氏子の各町内が11の組に分かれて参加する。

 

 全ての祭車に密着することは難しいが、

 

 試楽日は夕刻より各組町内で祭車の練りが行われる。

 

 昼間は夜の練りに向けて飾り付けが進む町内を回りたい。

 

 町の古老から興味深い祭り話を聞けるかもしれない。

 

 練りの準備が整ったようだ。

 

 この時刻はまだ観衆も少なく、

 

 祭車の後方に付き従いたい。

 

 提灯の灯が彩を深める黄昏時。

 

鉦と太鼓が勢いを増す。

2016年8月 三重県桑名市

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石取祭2016 其の一

2016-08-08 21:43:14 | 石取祭

 桑名宿は東海道五十三次の宿場町。

 

 東海道唯一の海上路、’七里の渡し’の船宿として栄えた。

 

 往時の面影を残す掘割が旅情を誘う。

 

「桑名宗社」は 別名「春日神社」とも呼ばれる桑名の総鎮守社。

 

 江戸時代に神社の祭場へ石を奉納した神事・・・

 

 「石取祭」へ飛び出そう!!

 

 オリンピックに高校野球、夏真っ盛りの休日。

 

 太鼓と鉦の音が響いてきた。

 

 それでは、ご一緒に。

2016年8月 三重県桑名市

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

石取祭2015 其の三

2015-08-06 09:17:39 | 石取祭

 桑名の夏は粋である。

 

 江戸の昔から400年以上の歴史を有する「石取祭」

 

 曳山神事として昭和の頃まで女人禁制が習わしであったようだ。

 

 女性の役割分担は食事の世話や掃除といった裏方仕事が主であったと聞く。

 

 頑なに伝統を守ることは大切だが、女性や子供たちが広く参加すれば祭りは華やぎ活性化すると思う。

 

 華やぐ祭り舞台で、主役の男たちは一段と輝きを放つ。

 

 提灯の灯りに光る額の汗。

 

 祭車を囲み打ち鳴らされる鉦太鼓。

 

 夏祭りはこうでなくっちゃ~

 

 子供たちの技を若手、ベテランがしっかりと見守っている。

 

 「石取祭」には夏祭りの魅力が全部詰まっています。

 

 だから、盛り上がるときは徹底的に弾けようではないか。

 

 今年も巡り来た非日常の夏。

 

 観光客に見せるショーアップした祭りも素晴らしいが・・・

 

 町の老若男女が共に参加して、

 

 地域の縦と横の繋がりを深め、

 

 自分たちが楽しむ郷土の祭り。

 

  祭りの熱波、心地良き試楽の宵である。

2015年8月 三重県桑名市

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

石取祭2015 其の二

2015-08-05 10:56:09 | 石取祭

 揖斐川をわたる風が暑さを和らげる。

 

 歴史の面影が残る市街地と老舗料亭の灯り。

 

 「日本一やかましい祭り」が見せる別の顔、目の前に広がる光景は美しい。

 

 試楽の夕刻から町練りは始まった。

 

 ブルーモーメントも美しい夏の黄昏時。

 

 この頃から祭車は彩車(いろどりのくるま)となる。

 

 そろそろ、始めるか・・・

 

 祭車は定められた組ごとに、

 

 車列を組んでゆっくり各組内を練り、

 

 桑名のメインストリート、八間通に整列する。

 

 提灯と蝋燭の灯りに浮かび上がる祭車。

 

彫刻、飾金具、染織品・・・伝統の美のお披露目だ。

 

 多くの屋台が軒を連ね祭り気分は盛り上がる。

 

 ここでは絢爛豪華な祭車の様式美に目を凝らしたい。

 

 桑名町衆の心意気と美意識が伝わってくる。

2015年8月 三重県桑名市

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加