隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

旅行記 第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』 (その3:最終回)

2018年03月10日 | 旅行記

『初春の水戸 日帰り旅行』(その2)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7784fa3fff3a1f7f88ea33c86b4e97a3   


水戸藩第九代藩主徳川斉昭が、天保12年(1841)に藩士とその師弟の教育のために設立した藩校の「弘道館 正庁・至善堂」の館内を見学し、裏手にある当時は“聖域”とされていた場所に向います。


現在は梅林となっている「文館跡」を通り抜けます。「文館」は、居学・講習・寄宿・句読の四寮のほか、編修局・系纂局・講習別局・教職詰所などがありましが、明治元年の弘道館の戦いのときに焼失してしまいました。


平日の午後4時半、まだ雨風が止まぬ天候のためでしょうか。通り抜ける人は、我々四人以外にいませんでした。


「孔子廟(こうしびょう)」の「戟門(げきもん)」。「孔子廟」は、弘道館建学の趣旨のひとつである「神儒一致」の教義にもとづいて、儒学の祖である孔子を祀るために建てられたものです。現在は非公開。


「鹿島神社」の鳥居。「鹿島神社」は、安政4年(1857)に遷座祭が行われ、同時に弘道館の本開館式が挙行されました。


「拝殿」。祭神は、武甕槌命(たけみかづちのみこと)で、常陸一の宮である「鹿島神宮」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b413a1d138f8741a44de8fdcda0cc307 から分霊を勧請して祀ったものです。


御朱印は社務所が閉まっていて、頂くことが出来ませんでした。代わりに置いてあった「八卦堂(はっけどう)」のスタンプを自分で押印しました。


「八卦堂」には、弘道館建学の精神の象徴である記碑が納められています。


現在は、「茨城県三の丸庁舎」が建てられている砲場・弓砲場・馬場・鉄砲場などがあった軍事練習場跡。


同庁舎は、歴史的な雰囲気を残しているので、映画やドラマの撮影によく使われているそうです。


「学生警鐘(がくせいけいしょう)」には、徳川斉昭自鋳の鐘(複製)が吊り下げられています。


「弘道館」を堪能し、駐車場からS君が午後5時に予約をしておいてくれた店に向います。


「京成百貨店」並びにある、水戸郷土料理の「山翠(さんすい)」に入ります。


“あんこう鍋”は、うん十年前に東京神田の「いせ源」で頂いて以来です。


エビスビールで喉を潤して、先ずは先付けの“ちぎりこんにゃく”を食します。


刺身は“いかのなめろう”。


地酒の“天狗党” 四合瓶。


鍋が、美味しそうに煮立ってきました。


同店の“あんこう鍋”は、漁師料理のどぶ汁を元に改良を加え、食べやすく造られています。焼き味噌とだし汁が、絶妙の味付けになっています。


揚物の“納豆天婦羅”。


シメの“雑炊”は、具を全て食べた後、ごはんを入れて、中火で少々煮込み、溶き卵を入れたら火を止め、ふたをして蒸してから頂きます。


“水戸の味”を満喫し、お酒を飲まなかったS君の奥様に「水戸駅」迄送って頂きました。


S君夫婦には、大変お世話になりました。


水戸発19時27分、東京着20時43分の「ひたち26号」で帰京。こうして『初春の水戸 日帰り旅行』は、終わりました。



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回~5回 省略

第6回  『小江戸川越 日帰り旅行』2014年5月28日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f88a5e0fac35c4e4a8b2060537c6424

第7回  『横浜山下公園の氷川丸』2015年3月17日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fae5b793311d150fef5db7920747915f

第8回  『春の飛騨高山・白川郷・松本・高遠 3日間』2015年4月12日~14日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/beb7aed85d23c8997bb6b7d656293ef0

第9回  『初冬の秋田 2日間』2015年12月5日~6日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01f6e24e59df411d42a50f986ea5eca2

第10回 『春の三島大吊橋とハワイアンズ』2016年3月27日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ea737de674d44aa97007413023705eb

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474

第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661

第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03

第17回 『会津柳津温泉「花ホテル滝のや」』 2017年8月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/737b100fca672fb89dab390f4649eaef

第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530

第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56

第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a

ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
« 「学ぶ」 バックナンバー | トップ | 映画 Film123 『空海―KU-KAI―... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事