散歩者goo 

タイトルのgooは、同名のHPやブログと区別の為付けてます。HPの「散歩者」はこのブログ筆者の私とは全く無関係です。

食と経済と健康について + 「ほっと一息」(散歩者より)

2018年03月21日 12時02分57秒 | 村ぶろ散歩者アーカイブ
昨日(20180320)外資系スーパーSで5kgの米を買った。
購入したのは、下記のブログに書かれているようなくず米ではなく、ブレンド米の下級品だが、5kg1630円(税抜き)で購入した。
他のスーパーを見ると米の価格は、安くて5kg1700円以上で一般的価格帯はもっと高い。
11年前と比較して(現在2018年)、食料品の価格高騰を感じる。
下記のブログに記された、近所のスーパーM(大阪府下にチェーン展開していて他店は営業中)は、閉店し、今は大きな駐車場になっている。
この当時は、我が家から2km圏内に4店舗あるスーパーLには行っていない。
価格が、すべて高かったからだ。
最近は、多くの食材をスーパーLで購入している。
チラシになくても、特売商品がよく出ているからだ。
例えば普段198円から200円台で売っているブロッコリーが、安い時は138円で売っている。
最近はスーパーSも安売りのTも結構値上げをしている。
ただ、スーパーTのニンジンやカボチャや鶏肉や特定の昆布や削り節は、いつも他店より安いので、遠いが、食材が無くなると必ず行く。
食材買い出しの為には、2km程度であれば、自転車で買い出しに行く。
月10万円(家賃を除くと8万円)で生活する者にとって、食費をいかに抑制するかは、最も大切なことである。
私のような低所得で生活するものは、時間をお金で買えないのだ。
即ちお金を払って、外食したり、惣菜や弁当を購入することで、食材買い出しの時間、調理の時間、後かたずけの時間を省略することが出来ない。
経済的にぎりぎりの生活をしているのだ。
その為に、食事関連家事が生活時間の半分以上どころか、大半を占めることも日常的にある。
しかし、すべて自炊しているおかげで、食材を栄養学的なデーター(単に炭水化物やたんぱくといった栄養素のみでなく、機能食品の知見も取り入れている。)を基に選択しているので、健康維持に大きく貢献し、医療費の出費抑制につながっていると考えている。


2007年08月30日 01時07分(村ぶろ「散歩者」より)
ほっと一息
昨日初めてのブログを発行してしばらくすると、雨が降り出した。
地面がぬれる程度の雨でしばらく少し降ってやんだ。
それで少し涼しくなった。(といっても1から2度程度)
大阪は今日は曇り空で夕方には、晴れた。
現在の室温33度。 しのぎやすく感じる。

昨夜も良く寝られることが出来たが、この分だと
今夜も問題なさそうである。

夕方スーパーに行き食材を買った。
私はいつも自転車で行く。
いつも行く店はスーパーMとSとTである。
スーパーMは家から歩いても5分もかからない。
自転車だと1分程度。
スーパーSは最近外資の傘下にはいった。
自転車で5分程度
スーパーTは規模も大きく人も良く集まる
自転車で10分以上かかる。

この3つのスーパーは個性が違う。
Sは元々大資本系列の会社で質は悪くないが高い。
従って最も集客力が無い。
たまに時間限定で数個のクズバナナ等を叩き売る。
私がそこで買うのは食パンと牛乳で野菜が安いときは買う。
Mは価格に波がある。
給料日から数日は露骨にすべてが高くなる。
消費者を馬鹿にしているのではないかと思う。
老人も多く来ているが、お年寄りには体力的に安いものを選択する余裕が無い。
その代わり給料日前は特価・大特価が多くなる。
Mは最近コンプライアンスや省エネや品質に気配りをしている。
会社が成長し管理が行き届き始めた証しだ。
それでも価格はイオングループよりずっと安い。
ママの店ダイエーも低価格路線でのし上がった。
創業期の頃千林のダイエイは安いという噂があったのを知っている。
スーパーTは四六時中どこよりも安い店と店内放送でがなりたてている。
昔の商店街の雰囲気である。
価格はSやMより安く飲食店の人も仕入れに来ているようだ。
レジ係りは中国の人が多い。
Mのように価格に時期的な差はない。
SもMもレジ袋問題に取り組み始め自家製の買い物袋を販売している。
(ほとんど普及していない。  大阪の特徴が現れているのか)
その点スーパーTは全くその気配が無い。
買い物をすると、レジで大小何枚ものビニル袋をくれる。
Tはいつも混んでいる。
野菜なんかはばら売りでかなり安い、傷物や不ぞろいな物も半値
で出したりする。
飲食店向けの高級魚も置いている。
米でも5kg1200円台の物も売っている。当然古米くず米のブレンドだが。
私も常食しているが、問題ない。
卵は特に安いが、たまに古いのが混じっていたこともある。
まさに薄利多売である。
薄利多売は回転が止まると一気に経営は傾く。
昔の大阪商人が使った手法で家電等の工業製品につながる。


自選ブログ集・新規掲載(新規掲載は、数か月以内に書いたブログの中から選定しています。)
新規掲載下段に分野別自選ブログ集(フォルダーリンク)も掲載しています。
散歩者gooのトップページへ、 http://blog.goo.ne.jp/sksoo


コメント

村ぶろ散歩者アーカイブ 「散歩道1」

2018年03月19日 20時35分45秒 | 村ぶろ散歩者アーカイブ
「村ぶろ」http://www.murablo.jp/が今年5月末に閉鎖されることに伴い、今まで村ブロに投稿していたブログを一括ダウンロードしました。
「村ブロは」今も運営されていて、新規登録は出来ませんが、和歌山県東牟婁郡北山村(特産品じゃばらや熊野川の川下りで有名)の様々な情報や、個人の書き込みが更新されています。
今後、昨日記その他と並行して、このサイトにて、村ブロに投稿したブログを投稿していきます。

最初は「村ぶろ」への投稿は「散歩道」というタイトルで始めました。
ブログは、当時話題になっていたので、何かの役に立つかもしれないと思い始めました。
「村ぶろ」は朝日新聞の紹介記事で、実在の村が運営していて、無料ということで申し込みました。
ブログを立ち上げるまで、様々な設定の為試行錯誤し、何日もかかったような記憶があります。
文章を日常的に書いたことがなく、(仕事で取扱説明書やサービスマニアルはよく書いた)PCもタイピングは初心者で、初めはひらがな打ちで打っていて、確か400字程度打つのに、2時間ぐらいかかっていたように思っています。
以下当時のブログをそのまま掲載し、コメントも掲載しています。
今後も、適当に投稿しますが、コメントやブログ内容をカットする場合もあります。

2007年08月28日 22時19分
散歩道 1
テーマ:ブログ
はじめまして。散歩道 の タダオです。
大阪市内の古い長屋の一人住まい。生まれて以来同じ場所で生活しています。

クーラーの無い今年の夏は暑い。ここ数日室温は34度から下がらない。
今日も暑くて4時ごろ目が醒めた。朝から体に纏わり付くような蒸し暑さである。 ほぼ無風でたまに表から裏方向に
風が吹くとき台所の冷蔵庫の熱が加わって室内の気温が下がらないようだ。無論扇風機は24時間回りっぱなしである。 例年地蔵盆のころになると、朝晩涼しくなる。 今年は本当に暑い。

ところで地蔵盆というと大阪市内には昔から地蔵様が各路地に祀られていて、地蔵盆が盛んであった。
私が幼い頃、地蔵盆になると地蔵様の前にテントを貼り台を作りお供え物を山のように飾り(終了後子供に配られる。)、子供の名前を書いた提灯をテントの下に吊り下げ夜になると灯をいれる。各家の玄関先には四角い箱型の行灯が取り付けられ行灯には和紙に様々な絵が描かれていて、夜にはローソクで灯をともす。うちの町内にプロの絵描きが住んでいたので箱行灯が美しいのが自慢だった。子供は夕方になると浴衣に着替える。夕方には近所のおばあちゃん達が集まりご詠歌をとなえる。 子供たちは「アーアーチン」とはやし怒られていた。 夜になると、町内ののど自慢が酒を飲み江州音頭をうなり盆踊りが始まる。 「あー、皆様たのみます。」「あーさてはこの場の皆様よー」  「それからどした」 「・・・そらーよいとよいよまっかどっこいさのせー」といった音頭とりと踊り子が延々と本題+アドリブと掛け合いをしながらながら盛り上がる。(大阪市内の盆踊りは江州音頭が中心であった。船場の商人に近江出身の近江商人が多かった為ともいわれている。 河内音頭は当時新興のラジオ大阪が鉄砲節を取り上げた影響で広まった可能性がある。)  各路地こうした踊りの輪が出来、大きささや華やかさを競い合った。子供達もよその町内の踊りを偵察に行ったりして楽しんだ。  昭和復興期から高度成長期の懐かしい思い出である。
________________________________________
ハイジ (2007年10月25日 14時24分)
はじめまして♪こんにちは^^
足あとたどってここまで来ました。
生まれたときからずっとクーラーのない家の住人です。
ようやくの本格的な秋に、ほーーーっとしています。

お地蔵さんのお祭り、この辺でも子供がいないどころか
お世話する方々も高齢となり、年ごとに寂れていくような感覚に胸がいたみます。
________________________________________
ただお (2007年10月25日 21時44分)
ハイジさんコメントありがとうございます。 うちの長屋の周辺は新しい家に建て替えられ、新住民のお子さんが何人かいます。
昔と違い、ほとんど交流はありません。
コメント