みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

稲荷穴(ネコノメソウ、4/24)

2017年04月26日 | 遠野周辺
《1 ツルネコノメ》(平成29年4月24日撮影) 《2 ヤマネコノメ》(平成29年4月24日撮影) 《3 水際にあるがこれもヤマネコノメ》(平成29年4月24日撮影) 《4 しかもヨツシベヤマネコノメのようだ》(平成29年4月24日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊案内》  この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検 . . . 本文を読む
コメント

花巻のとある場所に咲くサクラソウ(4/25)

2017年04月25日 | 花巻周辺
 今年も無事に生き残っていて、そして咲き始めていた。 《1 》(平成29年4月25日撮影) 《2 》(平成29年4月25日撮影) 《3 》(平成29年4月25日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊案内》  この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました。 ◇『「羅須地 . . . 本文を読む
コメント

稲荷穴(イチゲ、4/24)

2017年04月25日 | 遠野周辺
《1 キクザキイチゲ》(平成29年4月24日撮影) 《2 》(平成29年4月24日撮影) 《3 》(平成29年4月24日撮影) 《4 》(平成29年4月24日撮影) 《5 》(平成29年4月24日撮影) 《6 こちらはアズマイチゲ》(平成29年4月24日撮影) 《7 》(平成29年4月24日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊 . . . 本文を読む
コメント

稲荷穴(ナニワズ、4/24)

2017年04月25日 | 遠野周辺
 ここには、ナニワズも多い。 《1 》(平成29年4月24日撮影) 《2 》(平成29年4月24日撮影) 《3 》(平成29年4月24日撮影) 《4 》(平成29年4月24日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊案内》  この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました . . . 本文を読む
コメント

稲荷穴(カタクリ、4/24)

2017年04月25日 | 遠野周辺
 暫くぶりに遠野市宮守達曽部の稲荷穴に行ってみた(大先輩に連れて行ってもらった)。  ちなみに以前の記録を調べてみたならば、 【平成22年4月27日】 〝1450 稲荷穴〟 【平成23年5月3日】 〝2109 稲荷穴報告(5/3)〟  それでは、まずカタクリについて報告する。 《1 》(平成29年4月24日撮影) 《2 》(平成29年4月24日撮影) 《3 》(平成29年4月24日撮影) . . . 本文を読む
コメント

遠野市の飛竜山薬師如来(4/24)

2017年04月25日 | 遠野周辺
 大先輩に、遠野市の飛竜山薬師如来へ連れて行ってもらった。 《1 》(平成29年4月24日撮影) 《2 アセビ》(平成29年4月24日撮影) 《3 飛竜山薬師如の石碑》(平成29年4月24日撮影) 《4 アズマイチゲ》(平成29年4月24日撮影) 《5 カタクリ》(平成29年4月24日撮影) 《6 》(平成29年4月24日撮影) 《7 スミレサシン》(平成29年4月24日撮影) 《8 . . . 本文を読む
コメント

遠野のとあるカタクリ群生地(白花、4/24)

2017年04月24日 | 遠野周辺
《1 》(平成29年4月24日撮影) 《2 》(平成29年4月24日撮影) 《3 》(平成29年4月24日撮影) 《4 》(平成29年4月24日撮影) 《5 》(平成29年4月24日撮影) 《6 》(平成29年4月24日撮影) 《7 》(平成29年4月24日撮影) 《8 》(平成29年4月24日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著 . . . 本文を読む
コメント

岩沢カタクリ群生地(残り、4/21)

2017年04月24日 | 北上・江刺周辺
 4月21日に訪れた岩沢カタクリ群生地の残りの報告である。 《1 こちらは萼片が緑色のエンレイソウ》(平成29年4月21日撮影) 《2 ウスバサイシン》(平成29年4月21日撮影) 《3 スミレサシシン》(平成29年4月21日撮影) 《4 ニリンソウ》(平成29年4月21日撮影) 《5 ミズバショウ》(平成29年4月21日撮影) 《6 》(平成29年4月21日撮影) 《7 コチャルメル . . . 本文を読む
コメント

岩沢カタクリ群生地(キクザキイチゲ、4/21)

2017年04月24日 | 北上・江刺周辺
 岩沢のカタクリ群生地の、キクザキイチゲの様子。 《1 》(平成29年4月21日撮影) 《2 》(平成29年4月21日撮影) 《3 》(平成29年4月21日撮影) 《4 》(平成29年4月21日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊案内》  この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために- . . . 本文を読む
コメント

岩沢カタクリ群生地(カタクリ、4/21)

2017年04月24日 | 北上・江刺周辺
 では岩沢のカタクリ群生地の報告をする。まずはカタクリだが、4月21日時点では咲き始めたところであった。 《1 》(平成29年4月21日撮影) 《2 》(平成29年4月21日撮影) 《3 》(平成29年4月21日撮影) 《4 》(平成29年4月21日撮影) 《5 》(平成29年4月21日撮影) 《6 》(平成29年4月21日撮影) 《7 》(平成29年4月21日撮影) 《8 》(平成 . . . 本文を読む
コメント

岩沢ミズバショウ群生地(残り、4/21)

2017年04月24日 | 北上・江刺周辺
 以前であれば、このミズバショウ群生地ではエゾエンゴサクとカタクリの見事な競演が見られたが、今年はその場所が立ち入り禁止になっていたのでエゾエンゴサクの群生はこれからは見ることができなくなってしまったようだ。ただし、ポツポツであれば咲いている個所があった。 《1 エゾエンゴサク》(平成29年4月21日撮影) 《2 》(平成29年4月21日撮影) 《3 》(平成29年4月21日撮影) 《4 》 . . . 本文を読む
コメント

岩沢ミズバショウ群生地(キクザキイチゲ、4/21)

2017年04月23日 | 北上・江刺周辺
 岩沢のミズバショウ群生地には色んな色合いのキクザキイチゲが競演していた。 《1 》(平成29年4月21日撮影) 《2 》(平成29年4月21日撮影) 《3 》(平成29年4月21日撮影) 《4 》(平成29年4月21日撮影) 《5 》(平成29年4月21日撮影) 《6 》(平成29年4月21日撮影) 《7 》(平成29年4月21日撮影) 《8 》(平成29年4月21日撮影) 《9 . . . 本文を読む
コメント

岩沢ミズバショウ群生地(ミズバショウ、4/21)

2017年04月23日 | 北上・江刺周辺
 4月21日に訪れた北上市岩沢の水芭蕉群生地のミズバショウはそろそろ終わりかけていた。 《1 》(平成29年4月21日撮影) 《2 》(平成29年4月21日撮影) 《3 》(平成29年4月21日撮影) 《4 》(平成29年4月21日撮影) 《5 》(平成29年4月21日撮影) 《6 》(平成29年4月21日撮影) 《7 》(平成29年4月21日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みち . . . 本文を読む
コメント

裏山(後編、4/20)

2017年04月23日 | 裏山
 4月20日の裏山の様子、後編である。  《1 》(平成29年4月20日撮影) 《2 》(平成29年4月20日撮影) 《3 》(平成29年4月20日撮影) 《4 》(平成29年4月20日撮影) 《5 》(平成29年4月20日撮影) 《6 》(平成29年4月20日撮影) 《7 》(平成29年4月20日撮影) 《8 》(平成29年4月20日撮影) 《9 》(平成29年4月20日撮影) . . . 本文を読む
コメント

「共有脆弱性の高い」宮澤賢治

2017年04月23日 | 真実の賢治を知りたい
 鈴木友氏の管理しているブログの中に、      〝天才って何が違うの?〟 という興味深い投稿があった。それは、  近年研究が進み、天才がエキセントリックな行動をとる理由が明らかになってきています。と始まり、そのことに関する論文の紹介があり、  この論文で提案されている共有脆弱性が高い人は「認知脱抑制力」が普通の人よりも低いため、より多くの刺激を意識に取り込んでしまう傾向にあります。というものだ。 . . . 本文を読む
コメント