みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

万寿山(セリバオウレン、3/24)

2017年03月24日 | 花巻周辺
 万寿山には、セリバオウレンが結構咲き出していた。 《1 》(平成29年3月24日撮影) 《2 》(平成29年3月24日撮影) 《3 》(平成29年3月24日撮影) 《4 》(平成29年3月24日撮影) 《5 》(平成29年3月24日撮影) 《6 》(平成29年3月24日撮影) 《7 》(平成29年3月24日撮影) 《8 》(平成29年3月24日撮影) 《9 》(平成29年3月24 . . . 本文を読む
コメント

成島の毘沙門(カタクリの様子等、3/22)

2017年03月24日 | 花巻周辺
 成島の毘沙門山の 《1 アズマイチゲはそろそろ盛りが過ぎていた》(平成29年3月22日撮影) 《2 》(平成29年3月22日撮影) 《3 》(平成29年3月22日撮影) 《4 一方、カタクリは大分蕾が色付いていた》(平成29年3月22日撮影) 《5 》(平成29年3月22日撮影) 《6 》(平成29年3月22日撮影) 《7 》(平成29年3月22日撮影) 《8 》(平成29年3月2 . . . 本文を読む
コメント

南成島(アズマイチゲ、フクジュソウ等、3/22)

2017年03月24日 | 花巻周辺
 約10日前に訪れた南成島のフクジュソウは殆どが蕾だったが、3月22日に訪れてみると 《1 フクジュソウは大分咲いていた》(平成29年3月22日撮影) 《2 》(平成29年3月22日撮影) 《3 》(平成29年3月22日撮影) 《4 》(平成29年3月22日撮影) 《5 》(平成29年3月22日撮影) 《6 》(平成29年3月22日撮影) 《7 アズマイチゲも咲き出した》(平成29年3 . . . 本文を読む
コメント

胡四王山(カタクリの様子等、3/22)

2017年03月23日 | 胡四王山とその周辺
 胡四王山のカタクリの様子など。 《1 この立て看の足元の》(平成29年3月22日撮影) 《2 カタクリの様子》(平成29年3月22日撮影) 《3 こちらは蕾が少し色付いていた》(平成29年3月22日撮影) 《4 シュンラン》(平成29年3月22日撮影) 《5 》(平成29年3月22日撮影) 《6 ばっけ》(平成29年3月22日撮影) 《7 ハンノキ》(平成29年3月22日撮影) 《 . . . 本文を読む
コメント

《「羅須地人協会」の会員等一覧(叩き台)》の典拠

2017年03月23日 | 「賢治研究」の発展のために
 それでは、下掲の《「羅須地人協会」の会員等一覧(叩き台)》の「典拠欄」の説明をしたい。  まず、この「典拠欄」のの「〇囲み数字」がそれぞれ何を指しているのかといえば、それは下掲の出典を指している。  次に「典拠欄」の全体では何を指しているのかというと、下掲の【典拠リスト】のそれぞれに当たる。  そして私が何故上掲のような資料を作ったのかというと、  『羅須地人協会のメンバーを . . . 本文を読む
コメント

胡四王山(アズマイチゲ、3/22)

2017年03月23日 | 胡四王山とその周辺
 胡四王山にアズマイチゲも咲き出した。 《1 》(平成29年3月22日撮影) 《2 》(平成29年3月22日撮影) 《3 》(平成29年3月22日撮影) 《4 》(平成29年3月22日撮影) 《5 》(平成29年3月22日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《鈴木 守著作新刊案内》  この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治 . . . 本文を読む
コメント

胡四王山(セリバオウレン、3/22)

2017年03月22日 | 胡四王山とその周辺
 1週間前は全く咲いていなかったのだが、本日(3/22)胡四王山には沢山のセリバオウレンが咲き出していた。 《1 》(平成29年3月22日撮影) 《2 》(平成29年3月22日撮影) 《3 》(平成29年3月22日撮影) 《4 》(平成29年3月22日撮影) 《5 》(平成29年3月22日撮影) 《6 》(平成29年3月22日撮影) 《7 青軸もあった》(平成29年3月22日撮影) . . . 本文を読む
コメント

イギリス海岸(3/20)

2017年03月22日 | 賢治関連
《1 早池峰連巓と薬師岳》(平成29年3月20日撮影) 《2 鶏頭山、中岳、早池峰山》(平成29年3月20日撮影) 《3 東根山、上ン平、南昌山、岩手山》(平成29年3月20日撮影) 《4 瀬川合流地点》(平成29年3月20日撮影) 《5 》(平成29年3月20日撮影) 《6 》(平成29年3月20日撮影) 《7 》(平成29年3月20日撮影) 《8 ハンノキ》(平成29年3月20日 . . . 本文を読む
コメント

《「羅須地人協会」の会員等一覧(叩き台)》

2017年03月22日 | 「賢治研究」の発展のために
 これは、ある経緯があって私が先頃作った《「羅須地人協会」の会員等一覧(叩き台)》である。  私如きが今頃になって作るまでもなく、疾うの昔に少なからぬ賢治研究家の方々がこのような一覧表を作っていて、それもかくの如き叩き台のような中途半端な物ではなくて、もっと完成度の高い一覧表を作っていて当然なはずだが、どういう訳か未だかつてこのようなものを作った人を私は知らない。  なお、「典拠欄」の記載が . . . 本文を読む
コメント

相去のとある丘(アズマイチゲ等、3/19)

2017年03月22日 | 北上・江刺周辺
 北上市相去のとある丘にも 《1 アズマイチゲ》(平成29年3月19日撮影) 《2 〃 蕾》(平成29年3月19日撮影) 《3 キバナノアマナの蕾》(平成29年3月19日撮影) 《4 》(平成29年3月19日撮影) 《5 》(平成29年3月19日撮影) 《6 エンゴサク》(平成29年3月19日撮影) 《7 オオウバユリ?》(平成29年3月19日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みち . . . 本文を読む
コメント

高瀬露と賢治の詩(「秋」)

2017年03月21日 | 賢治作品について
 賢治は次のような、「春と修羅 第三集」所収の詩 七四〇   秋    一九二六、九、二三、    江釣子森の脚から半里    荒さんで甘い乱積雲の風の底    稔った稲や赤い萓穂の波のなか    そこに鍋倉上組合の    けらを装った年よりたちが    けさあつまって待ってゐる    恐れた歳のとりいれ近く    わたりの鳥はつぎつぎ渡り    野ばらの藪のガラスの . . . 本文を読む
コメント

国見山(フクジュソウ等、3/19)

2017年03月21日 | 北上・江刺周辺
 北上の国見山にも 《1 フクジュソウ》(平成29年3月19日撮影) 《2 》(平成29年3月19日撮影) 《3 》(平成29年3月19日撮影) 《4 》(平成29年3月19日撮影) 《5 》(平成29年3月19日撮影) 《6 ミズバショウ》(平成29年3月19日撮影) 《7 キバナノアマナ》(平成29年3月19日撮影) 《8 》(平成29年3月19日撮影) 《9 カタクリ》(平成 . . . 本文を読む
コメント

庭のミスミソウ(3/19、3/20)

2017年03月20日 | 花巻周辺
 我が家の猫の額にも咲きました 《1 ミスミソウ》(平成29年3月19日撮影) 《2 》(平成29年3月19日撮影) 《3 》(平成29年3月19日撮影) 《4 》(平成29年3月19日撮影) 《5 》(平成29年3月19日撮影)  これが一日経つと、 《6 》(平成29年3月20日撮影) 《7 》(平成29年3月20日撮影) 《8 》(平成29年3月20日撮影) 《9 》(平成 . . . 本文を読む
コメント

高瀬露と賢治の詩(〔同心町の夜あけがた〕)

2017年03月20日 | 賢治作品について
 さて、賢治は大正15年4月に下根子桜の宮澤家別宅に移り住んだわけだが、その約1年後の昭和2年4月21日付の次のような詩〔同心町の夜あけがた〕がある。   一〇四二  〔同心町の夜あけがた〕   一九二七、四、二一、    同心町の夜あけがた    一列の淡い電燈    春めいた浅葱いろしたもやのなかから    ぼんやりけぶる東のそらの    海泡石のこっちの方を    馬をひいてわたく . . . 本文を読む
コメント

展勝地(アズマイチゲ等、3/19)

2017年03月20日 | 北上・江刺周辺
 北上市の展勝地にも  《1 アズマイチゲが咲き出していた》(平成29年3月19日撮影) 《2 》(平成29年3月19日撮影) 《3 》(平成29年3月19日撮影) 《4 》(平成29年3月19日撮影) 《5 エゾエンゴサク》(平成29年3月19日撮影) 《6 フクジュソウ》(平成29年3月19日撮影) 《7 》(平成29年3月19日撮影) 《8 》(平成29年3月19日撮影) 《 . . . 本文を読む
コメント