生きたまま極楽! 

ワタクシ、naojiiの、巷の旬な話題と情報への個人的意見、日々雑感。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

輸出産業J-AV

2010年05月18日 | 芸能ログ

 

AVで日中友好!? 禁断ツイッターで蒼井そら人気のワケ

 

      人気AV女優、蒼井そら(26)のミニブログ「ツイッター」に、なぜか中国のファンからアクセスが殺到、この週末には共同通信が北京電で社会現象として報じるほどの騒動になっている。グーグルを排除して話題になった中国では、ツイッターも禁止されているが、規制をかいくぐっての接続。エロに国境はないということか?

 「日本人女優のツイッターに殺到 中国、友好進展?」

 こんな見出しで共同通信が記事を配信したのは17日。19日になっても蒼井のツイッターには1時間ごとに100人以上の「フォロワー」(登録者)が増え続けている。

 東京都出身の蒼井は、2002年にAVデビュー。155センチ、B90(Gカップ)・W58・H83とグラマラスな肢体にロリータフェースで人気となり、「逆ソープ天国」や「ギリギリモザイク」シリーズで呼んだ。最近では一般映画やテレビドラマにも進出しているが、AVは引退していない。

 それが中国に飛び火したのは11日夜。中国人ユーザーが蒼井のツイッターにアクセスすると、蒼井や元AV女優の紅音ほたる(26)がネットの翻訳機能を使って中国語で「私は中国で有名ですか?」などと返答したことで、中国からの反応を煽る結果となった。

 それまで2000人だった蒼井のフォロワーは6時間後に1万4000人を突破。19日午前8時には4万8500人に達している。

 突然の大ブレークに蒼井もびっくりで、14日のブログでは「日本人に知られる前に中国人に見つかっちゃったってか。だから、英語で書かざるえないみたいな。ヘンテコ英語で頑張って書いてたりします」と、中国からの熱烈エールに丁寧に対応していることがうかがえる。

 蒼井のツイッターには、ファンから「あなた方のおかげで中日友好は偉大な進展を成し遂げた。ノーベル平和賞に値する」との絶賛や、「蒼井空老師(蒼井そら先生)。長年にわたるご苦労と努力に感謝いたします」と、“性の伝道師”と崇める書き込みが登場。「お金を払いたくなくて海賊版を見ているのではなくて、正規版が手に入らない。あなたにきちんとお金をお支払いしたい」と、インターネット上に口座開設を勧める書き込みまで現れた。

 規制の多い中国だが、水面下では日本のAVが大流行している。「中国にもAVらしきものはあるが、バストトップすら見えない露出不足。美人ぞろいでハードな日本製AVがもてはやされる。もちろん海賊版ですが」と、中国在住ジャーナリスト。

 1990年代には現在、ストリップで活動中の夕樹舞子(33)が人気を集め、昨年は中国の検索サイト「百度」で、小澤マリア(24)がクローズアップされた。

 こうした中国語圏でのAV人気を受け、蒼井は昨年秋、台湾と香港を訪問。現地では「童顔巨乳」と呼ばれ、アパレル関係のイベントやサイン会に出席、映画出演の話も浮上した。香港では、「ミス香港」出身の人気女優、マイオリー・ウーが蒼井との激似ぶりを出演ドラマの会見で質問され、「以前にも言われた。機会があれば彼女に会って双子姉妹を演じるのもいいかもね」と好意的に語るなど熱烈歓迎ムードなのだ。

 

○「国防予算に匹敵する日本のアダルト産業、各国から反感」―中国メディア

 

      中国のメディア・環球網が18日、「日本のアダルト産業輸出が多くの国から反感を買っている」という記事を掲載した。記事の中で、日本のアダルト産業を「総生産額がGDPの1%を占め国防予算の上限に匹敵すると言われる」とし、飽和状態になりつつある国内から海外にターゲットを向け始めたことによる、各国の反応や反発を紹介した。

  2000年頃から日本のAVが流通し始めたインドネシアでは、供給が追いつかないほどの人気を集めているという。その一方でイスラム教徒を中心に日本のAVブームを批判する声があがっており、昨年には首都ジャカルタにある映像制作会社が日本のAV女優を新しい映画の主役に起用しようとしたところ、デモなどの抗議行動が起こって計画がとん挫したそうだ。

  ドイツでは、高品質の「大人のオモチャ」が独身男性の人気を集めており、ダッチワイフなどは本物の女性の皮膚に近い感覚で評判なのだそうだ。また、AVやアダルトゲーム、アダルトチャットなどもドイツ国内で大きなシェアを獲得しており、「Shibari」(縛り)などと言った日本語も「輸出」されているとのこと。しかし、痴漢シーンを再現したゲームや、レイプシーンなど過激なシーンをふんだんに盛り込んだアダルトマンガなど日本独特の「変態」さに対して反感を持っている人たちも多くいるそうだ。「内容にはアダルト的要素が含まれているものの、直接的ではないために出版停止にはできない」という悩みもあるようだ。

  また、記事では日本独特の「性文化」についても解説しており、「古代に海洋漁業中心だった日本では、男性が長期間船に滞在することから性に対する渇望や幻想が潜在的に膨らんでいた事が現代まで受け継がれている」という、ある日本の大学教授の意見を掲載している。

 

 

 生々しい言い方だけど、もう随分昔から、1兆円射精産業、って呼ばれてるからねえ。昔って、そうだなあ、80年代くらいからか。“射精産業”って、生々しいが、これは人間男性の生理的なもので、今も昔もどう仕様もないものだ。昭和31年だっけかに赤線・青線を禁じて売防法というものが出来たが、だからって売春を完全に禁じてしまって罪を重くした訳でもない。何処か見て見ぬふり感はある。あれは、完全に防止してしまった方が性犯罪が増加するからだ。AVも同じだと思う。

 売防法があろうと、今も昔も法律の目を盗んで、法律の網を掻い潜って、非合法からグレイゾーン、風俗関係、歓楽街は盛況ですね。ラブホ・モーテル関係も入るし。無論、AVだってその一つだし、今やDVDに押されてますが雑誌グラビアも一つだと数えられぬことはない。これはもう人間の生理的なものだし、仕方の無いものだ。やる気の原動力でもあるし。諸刃の剣というか、何というか、両面を持つんだよね。

 男子15歳去勢法というのを作って施行したら、男はみんなやる気がなくなっちゃって社会の役に立たなくなるだろうし。いや、子供は全部、冷凍保存した優良精子だけを使って体外受精だけで作るようにしてね。男全員が女の言う通りに単純労働するだけのものになり下がってしまうんだろうな。

 性的なものって低俗で恥ずかしいものだけど、いつの時代も決してなくならなくてかなりの商売になる、何ていうのかなあ汚らしいけど金になるものだ。いつの時代でも一定のかなり大きな経済効果を生んでいる。どうしようもないな。人間の一番古い商売は売春だという説があるけど、これは未来永劫なくならないだろう。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 躁!玉置浩二 | トップ | エリカ様オーラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸能ログ」カテゴリの最新記事