撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

はばたけ!福島へ!!箕面の1万人の子どもたちから“絆のゆずる千羽鶴タペストリー”を届けます!

2013年09月13日 | こんなことがありました!

9月13日(金曜日)、箕面市立小中学校の全児童・生徒10,523名(平成25年5月現在、小学校12校、中学校6校、小中一貫校2校)の手により、“絆のゆずる千羽鶴タペストリー”が完成しました。できあがった“絆のゆずる千羽鶴タペストリー”は、9月21日(土曜日)、22日(日曜日)に福島県白河市で開催される「ご当地キャラこども夢フェスタin白河」 (以下、「ご当地キャラフェスタ」)において、箕面市の子どもたちから、福島県へ寄贈されます。

「ご当地キャラフェスタ」は、福島県内外のご当地キャラクターが一堂に会し、福島の子どもたちに笑顔を届けるとともに、福島県の元気を全国に発信することを目的として、9月21日(土曜日)、22日(日曜日)に、福島県白河市の城山公園で開催されます。当日は、「ゆるキャラ®グランプリ2012」で近畿1位に輝いた、箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」をはじめ、120体のキャラクターが「ご当地キャラフェスタ」に参加する予定です。また、2日間で、8万人の来場者が見込まれています。

箕面市では、「ご当地キャラフェスタ」に参加するにあたり、東日本大震災から2年半経った今、子どもたちに「命の尊さ」や「人と人との絆」を改めて振り返ってもらう機会として、市内の小・中学校、あわせて1万人以上の子どもたちが、 “絆のゆずる千羽鶴タペストリー”を制作することになりました。

今月初めから制作に取りかかり、箕面市立小中学校の全児童・生徒10,523名が、小学生は一人一羽ずつ、中学生は一人二羽ずつ福島への想いを込めて鶴を折りました。そして、9月13日(金曜日)、箕面市立豊川北小学校で、全20校から集まった1万羽以上の鶴を一羽ずつつなぎ合わせ、巨大タペストリー(縦約4m×横約2m、横断幕を含む)を制作しました。完成したタペストリーには、箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」と福島県の復興シンボルキャラクター「ふくしまからはじめよう。キビタン」が浮かび上がりました。また、タペストリーの上部には、縦約50cm×横約2mの横断幕をつけ、福島県の復興スローガン「ふくしまからはじめよう。」の言葉を掲げました。スローガンの文字は、箕面市立かやの幼稚園の園児たちによって、一文字一文字、色付けされました。

タペストリーの制作に参加した、箕面市立豊川北小学校6年生の平野咲希さんは、「福島の人たちが早く元気になって、早く元通りの生活になるように願って、鶴を折りました。福島の人にぜひこの思いを伝えたいです。」と話しました。

9月21日(土曜日)、22日(日曜日)には、箕面市の子どもたちを代表して、豊川北小学校から2人の子どもたちが福島に行き、“絆のゆずる千羽鶴タペストリー”を福島の子どもたちへ手渡します。福島へ派遣される子どもたちは、「福島の人たちへ伝えたいこと」をテーマにしたスピーチオーディションを受けて、選ばれます。また、豊川北小学校4年生では、箕面の特産品や名所の絵をあしらった手作りの「箕面かるた」を、福島の子どもたちに贈る計画も立てています。

 

「ご当地キャラフェスタ」に参加する滝ノ道ゆずるは、「福島へはばたく“絆のゆずる千羽鶴タペストリー”とともに、拙者も『ゆるキャラ®グランプリ2013』では日本一をめざして全国へはばたくでござる!」と意気込みを語っていました。

 

<みんなの想いがつまったタペストリーが完成したね!この想い、福島に届きますように☆


今年は10周年!「みのおNPOフェスタ」が開催されます

2013年09月12日 | こんなことがあります!

9月15日(日曜日)から1週間、みのお市民活動センター箕面マーケットパークvisola(ヴィソラ)で「みのおNPOフェスタ2013」が開催されます。


毎年9月に、箕面市内のNPOやボランティアグループが一堂に集まり、開催している「みのおNPOフェスタ」。子どもからシニアのかたまで楽しめ、「箕面にもこんな素敵な活動があるんだ」と知ることができるイベントです!

 昨年のようす



今年は、みのお市民活動センターがヴィソラに移って10年という節目の年でもあるので、例年以上に楽しめる企画が盛りだくさんです!

<9月15日(日曜日)の企画の一例>
○各団体のパネル展示、活動紹介コーナー
○まちなみパネル展「みのおの今、むかし」
○10周年記念「てがたdeアート」 …来場者のみなさんで一つの作品を作ります
○3会場を巡るクイズラリー(協賛事業者からの景品あり!)
○おもちゃでかえっこバザール
○エルステージでの音楽ライブ
○クワガタとふれあい
○出張シニア・ナビ協働相談窓口文化・市民活動促進課) など

詳しくはチラシをご覧ください。





おなじみの人気者「たきのみちゆずる」も来ます!


楽しみながら、「へえー、こんな活動があったんだ」という新たな発見ができるはずです。お友達やご家族でぜひお越しください!


<いろんな企画があって楽しそうだね!モミジーヌもヴィソラの買い物ついでに行ってみよーっと。


青少年文化祭、みんな生き生きしてました!

2013年09月11日 | こんなことがありました!

9月7日(土曜日)と8日(日曜日)の2日間にわたり、箕面市立メイプルホールにて、「第21回箕面市青少年文化祭」が開催されました。

雨が降ったり止んだりの天候でしたが、たくさんのかたにご来場いただきました。

 

このイベントは、中学校の文化活動部を中心に、市内で文化活動を行う子どもたちが集まり、日頃の活動の成果を発表する芸術・文化の祭典で、今回は作品の展示に15団体、舞台発表に18団体が参加しました。

ロビー・小ホール・リハーサル室には、絵画や写真、陶芸など、子どもたちの個性豊かな作品がたくさん展示され、来場されたかたも、じっくり見入っておられました。
 
 
 
 
 
 
 

舞台では、バンド演奏、演劇部、吹奏楽部、ダンスチーム、放送部の作品上映など、多彩なパフォーマンス、熱いステージが披露されました。
(バンド演奏)
(バンド演奏)
(合唱)
(リコーダー合奏)
(ハンドベル演奏)
(演劇)
(映像作品)
(吹奏楽演奏)
(チアリーディング)
(ダンス)
(ダンス)
(ダンス)

7日はタッキー816みのおFM「みのたんらじお」で日頃の部活動や青少年文化祭をPR。(お聞きいただけましたか?)
 

 青少年文化祭に参加している子どもたちは、舞台発表や作品の展示、会場の片づけなどだけでなく、実行委員スタッフとして司会や受付、場内整理などの役割も務めました。
(司会1日目)
(司会2日目)
 
(受付)
(作品の監視)

8日の会場では「るいちゃんを救う会」のかたが募金活動の呼びかけも行いました。ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

2日間にわたって本イベントを支えていただきました全ての関係者のみなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。


<ステージ発表も、子どもたちの生き生きとした感性の
              たくさんの作品も、すばらしかったモミ~!!


全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会に出場した南條雄飛さんに箕面市長表彰!

2013年09月11日 | こんなことがありました!

去る8月25日から30日までの6日間にわたり開催された第36回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会(男子9歳以下50mバタフライ)に出場された南條雄飛さんに8月29日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



今回の出場は、南條さんが本年6月30日に行われた(公財)日本水泳連盟公認の記録会において50mバタフライで33秒88と、同連盟が定める標準記録(33秒96)を上回ったことにより出場されたものです。


  
はじめに倉田市長は、今回の全国大会への出場を祝福し、水泳を始めた時期について質問をしました。                                               授賞式に同席されたお母さんから「1歳半からプールに一人で入れるコースから始めました」と答えられました。


 
そして、倉田市長が日頃の練習量について聞くと、南條さんは「日曜日を除き毎日午後6時30分から午後8時まで、土曜日は朝も練習しています」と答えられました。

                                                                          
 
また、倉田市長が大会での様子について尋ねると、南條さんは「会場の雰囲気にのまれ、本番では緊張して自分の泳ぎができませんでした」と悔しそうに答えられました。(応援に行かれたご家族のかたが見ていても、その緊張感がありありと伝わってきたそうです)

 

最後に、南條さんは「次の春季大会には、お兄ちゃんと一緒に出場したいです」と言われ、倉田市長は「兄弟で来年の春季大会をめざし、本番で自己記録が出せるようこれからも頑張ってください。そしてまたここに来てください」と激励しました。



 

<雄飛クン市長表彰おめでとう!今度は兄弟そろって受賞できるといいね!モミジーヌも応援してるよー!


箕面の青少年を応援!(激励金を交付しました。)

2013年09月11日 | こんなことがありました!

箕面市では、青少年、青少年の団体が、全国規模または国際規模の大会に出場される場合などに、青少年健全育成推進奨励金(激励金) を交付しています。

 

9月3日(火曜日)に交付した団体をご紹介します。

大阪府立箕面高等学校ダンス部〕

大阪府立箕面高等学校ダンス部は、日本高校ダンス部選手権 近畿・中国・四国地区予選大会に出場し、スモールクラス・ビッグクラスともに予選を突破。8月19日パシフィコ横浜で開催された、日本高校ダンス部選手権(DANCE STADIAM)に出場されました。

 

 
 スモールクラス ビッグクラス

 

箕面自由学園中学校高等学校チアリーダー部〕

 箕面自由学園中学校チアリーダー部ジュニアベアーズ、高等学校チアリーダー部ゴールデンベアーズは、7月15日に行われた関西チアリーディング選手権大会において優秀な成績を収め、8月23日から8月25日に国立代々木競技場 第1体育館で開催されたJAPAN CUP 2013日本選手権大会に出場されました。


前列が中学校、後列が高等学校のみなさんです。

 

 中学校チアリーダー部

  
高等学校チアリーダー部

これからも、皆さんのすばらしいご活躍に期待しております!!
 
<みんなの日頃の努力が
                          
大きな大会の出場につながったんだね!
                         
モミジーヌも日々の努力を大切にするモミ~!

 


【報告】「滝ノ道ゆずる」が日本一をめざして「ゆるキャラ(R)グランプリ2013」に参戦!!

2013年09月10日 | こんなことがありました!

滝ノ道ゆずるがゆるキャラ(R)グランプリ2013にエントリー!!

 

「今年は日本一をめざして頑張るので、皆さん応援よろしくお願いするでござる!!」

 
統一キャンペーンロゴ

9月17日(金曜日)から開催される「ゆるキャラ(R)グランプリ2013」に滝ノ道ゆずるが参戦します!

※ゆるキャラ(R)グランプリとは、各地のご当地キャラを始め、さまざまなキャラクターをインターネットで投票し、日本一を決めるグランプリです。

箕面市では9月から11月8日まで「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開し、ゆずるの日本一をサポートします!

9月からの統一キャンペーンはこちら

皆さまのおかげで、ゆずるは2年連続で全国トップ10入り・近畿第1位入賞を果たし、テレビ番組やCMに出演するなど、大活躍の一年を過ごすことが出来ました。

今年は昨年以上の大激戦が予想されますが、滝ノ道ゆずるは全国に箕面市をPRするため、「めざせ日本一!」を合言葉に活動しますので、ぜひ皆さん「滝ノ道ゆずる」に投票をよろしくお願いします。

☆ゆるキャラ(R)グランプリ2013

投票期間:9月17日(火曜日)から11月8日(金曜日)

投票方法:9月17日(火曜日)までにグランプリ公式HPに詳細発表→公式HP

※投票方法が発表され次第ブログにて発表します!

 

【昨年の活躍】

アサヒ十六茶全国CM配信

 

<新垣結衣さんと記者発表会にも登場したでござる!

2013年4月 スズキアルト エコCM配信

<緊張しすぎて、歩き方がギコチなくなってしまったでござる~☆

 

ポン・デ・ライオン(ミスタードーナツ)とドーナツたいそう共演

 
(C)MISDO
<最後の大ジャンプ、ぜひ動画でチェックしてくだされ~☆

ハローキティ(株式会社サンリオ)とネクタイコラボ

©1976, 2013 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No.S540910
<父の日に合わせて発売!限定400本でござる!

11月8日(金曜日)までの長期間になりますが、ぜひ毎日の投票をよろしくお願いいたします。

「投票期間中も、いろんな場所へ箕面市のPRに行くでござる~!積極的に投票をお願いするので、ぜひ会いに来てくだされ~☆」

 

ゆずるスケジュールはこちら

 

<フレーフレーゆずる~♪♪目指せ日本一!!


【報告】7日(土曜日)新世界でのイベント報告+串かつグランプリの結果発表!

2013年09月10日 | こんなことがありました!

7日(土曜日)に新世界で行なわれた「第六回 百年縁日」で滝ノ道ゆずるが箕面市をPRしてきました。
 

当日は心配していた雨もイベント開始時にはピタッと止み、新世界にはたくさんの人がお越しになり大盛況でした。

本日参加のキャラクター約70体と参加者が新世界を所狭しと練り歩き、盛り上がりました。

ステージでは、7月20日から8月31日までの期間行われていた「串かつグランプリ」の結果発表が行われました。

さて、ゆずるも期待していた箕面市の「柚子クリームチーズ串」の順位は何位だったのでしょうか・・・!?

 

結果は・・・

 

 

準グランプリ!!

 

なんと、皆さんのおかげで「柚子クリームチーズ串」は1876本販売の堂々の準グランプリ!

昨年15位から大躍進することができました!

 

当日も「美味しかったよ」「20本は食べたよ!」など嬉しいコメントをたくさんいただき、ゆずるも箕面市の実生ゆずの美味しさをPR出来て大満足の表情でした。

全体の結果はご覧のとおりです。
 

 

ドスッドスッドスッ!

商店街の向こうから走ってくれるのは、あのシルエットはレルヒさん!?

 

<レルヒさん、ちょっとだけ苦しいでござるよ・・・。

箕面まつりでお祝いに駆けつけてくれた、仲良しのレルヒさんと熱い熱い抱擁でご挨拶!

ゆずるは、他にもたくさんのお友達と写真撮影をすることができました。

また、PRブースでも滝ノ道ゆずるグッズが大盛況でした!

ゆずるの大好物、もみじの天ぷらも多くのかたに買っていただきました。

 

そして、最後のフィナーレではみんなで記念撮影、ゆずるは最後尾から懸命に手を振りPRしていました。

 

たくさんの人と触れ合い大満足のゆずるは、今度の「ゆるキャラ(R)グランプリ2013」でも上位入賞ができるようビリケン神社に参拝し会場を後にしました。

<ゆるキャラ(R)グランプリでも上位入賞して箕面をもっとPRできますよ~に☆

 

<柚子クリームチーズ串準グランプリおめでとう!ゆるキャラグランプリも応援よろしく!


【予告】滝ノ道ゆずるが9月7日(土曜日)新世界にて箕面市をPR!!

2013年09月06日 | こんなことがあります!

9月7日(土曜日)、新世界で行なわれる「第六回 百年縁日」のイベントに滝ノ道ゆずるが参加します!

「第六回 百年縁日」にはゆるキャラ総勢101体(ビデオレターでイベント参加キャラ含む)が集結して、イベント会場を盛り上げます。

また、ステージイベントでは「串かつグランプリ」の結果発表が行われ、箕面市の「柚子クリームチーズ串」の結果が発表されます。ゆずるはかなり手ごたえを感じている様子ですので、昨年の15位のリベンジを期待しましょう!!

※串かつグランプリとは『ご当地食材』を使用した『ご当地串かつ』を新世界串かつ振興会が商品化し加盟店で販売し、グランプリ期間に最も多く販売された串かつを決めるイベントです。

「柚子クリームチーズ串」は、「第六回 百年縁日」に合わせて当日限定販売されますので、ぜひ堪能してください。

【ゆずるの登場時間】

11:00~11:55 新世界内グリーティング

13:30~13:55 串かつグランプリ結果発表

14:40~14:45 スパワールド前ステージPR

15:00~15:55 新世界内グリーティング

16:00~16:55 天王寺前グリーティング

17:45~   フィナーレ

 

また、会場内のPRブースでは滝ノ道ゆずるグッズも販売していますので、ぜひ皆さん会場に遊びに来てください!

 

<柚子クリームチーズ串、とっても美味しそう~☆当日食べれるんだね


第21回ヤングリーグ選手権大会でチームの優勝に貢献した平野聡士さんに箕面市長表彰!

2013年09月06日 | こんなことがありました!

去る7月21日から岡山県内の野球場で開催された、全日本硬式野球連盟主催の第21回ヤングリーグ選手権大会(中学生の部)において、「兵庫伊丹」チームの優勝に貢献された平野聡士さんに、8月21日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、この「兵庫伊丹」チームは、プロ野球ヤクルトスワローズの山田哲人選手や古野正人選手をはじめ、多くの先輩が高校野球で甲子園に出場されおり、兵庫県を含む近畿地区の強豪チームです。


 
はじめに、倉田市長から優勝に対する祝福をした後、野球を始めた時期について質問があり、平野さんは「小学1年生から地元のリトルリーグで野球をはじめ、中学からは『強豪チームで練習場所も近いところに』との思いから『兵庫伊丹』を選びました」と答えられました。

 

また、日頃の練習は、火・木・土・日曜日の週4日、自宅から自転車で約20分のところにある猪名川河川敷のグラウンドで行っているとのことです。

そして、倉田市長が今後のことについてたずねると、平野さんは「現在中学3年で、高校へ行っても勉強と野球の両立を目指したいと思っています。ただ、公式戦が11月までありますので受験勉強はそれからになります」と答えられました。



最後に倉田市長は「野球で培った集中力で高校受験も頑張っていただき、ぜひ悔いの残らない中学校生活を送ってください」と激励しました。


<聡士くん市長表彰おめでとうございます。高校生になったらいよいよ甲子園目指してガンバッテネ~!モミジーヌも応援してるよ~!
 


中学校給食に箕面産“野菜”を届けます!(萱野・坊島地区編)

2013年09月05日 | こんなことがありました!

箕面市農業公社が、今週から始まっている中学校給食に出荷していただける農家さんを募集し、現在34軒の農家さんに協力いただいています。
9月は、なす、きゅうり、ピーマン、玉ねぎ、ジャガイモなど、箕面で収穫される旬の野菜が農家さんから、直接、各中学校に届けられます。
今回は、萱野・坊島地区の農家さんの一部を紹介します。

大谷浩司さん。畑は、新御堂筋のすぐ西側。
「まちのど真ん中、こんな畑があったんだ。」と改めて感心します。
畑で間近に見る大谷さんのなすは、紫色が濃くツヤがあります。
5日(木曜日)の給食で、2中のなすの味噌炒めに使われました。


長卵型の千両なす長なすを作られていて、“緑色”・“濃い黒紫色”と“光”のコントラストがきれいな畑です。弾力と重みのある“なす”が所狭しとぶら下がっています。


このなすは、大阪版エコ農産物の認証も受けています。
通常の栽培と比較し、農薬や化学肥料を半分以下に抑えてつくられています。


子どもにも人気のスイートコーン
「今から給食用にニンジンもつくります。楽しみにしててください。」と大谷さん。


森田久一さん。箕面で野菜を作って40数年。
“新鮮な野菜を届けたい”想いで、サラダ菜やリーフレタスを朝採り出荷されています。9月の給食では、玉ねぎ38キロを中学校へ届けていただきます。


軒先にぶら下がる玉ねぎの量は莫大。森田さんの手と同じくらいの大きなサイズが並びます。さすがに、ここまで量があると軒先は玉ねぎの香りでいっぱいです。
2中の給食、3日の肉じゃが、4日のポテトサラダ、スープに使われました。


西川雅文さん。きゅうり、ピーマン、ジャガイモ、玉ねぎ・・・を届けてくれます。
「中学1年生と3年生の子どもがいます。学校に通う横を、手を振りながら、野菜を持っていくよ!」


箕面市立病院の北側、壮大に広がる田園。その真ん中に西川さんの畑があります。 

この原風景が保たれているのは、何世代にもわたって耕作が受け継がれてきた証(あかし)。今、西川さんたちが、その足跡を刻(きざ)んでいます。



濃く鮮やかな緑色、ハリとツヤがあり肉厚な西川さんのピーマンです。
4日の2中・3中の鶏肉のトマト煮込みに使われました。


みずみずしく、パリパリした歯ざわりの夏野菜きゅうり
酢の物、和え物、漬け物、サラダのほか、炒め物もおいしい。
畑では、風が当たると茎(くき)や葉が折れるので、支柱を立てて育てています。
触らせてもらうと「ズシリと重たい」。

これだけ多様で豊かな食材が、給食の朝、新鮮なまま中学校へ届けられます。


野菜に病気が出ないように小さな虫の侵入も許さないネット。その中には、1メートル弱の畝(うね)に、3列にまかれているのは小松菜(こまつな)。こんなに小さいのに、9月中に食べられるくらい成長するそうです。 

流通機構が発達した今、都市地域では農家と消費者の方の接点が少なく、ほとんどの場合、農家の顔を知らないことが多いです。
箕面市農業公社は、農家と地域(の消費者)との距離を近づけ、“食”の向こうにある“ふるさと箕面”を発信していきます。 

<リンク>

箕面市農業公社

報道資料

<出荷協力していただいている農家さんをこれからも紹介していきます。よろしくね~☆