撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

箕面駅周辺でグルメを楽しむ!「みのお はしご酒」が5年ぶりに開催されます。

2024年02月19日 | こんなことがあります!

新型コロナウイルス感染症の影響により休止していた、阪急箕面駅周辺の飲食店25店舗でお得に”ちょっと一杯”を楽しめる「みのお はしご酒」が5年ぶりに復活し、2月22日(木曜日)・23日(金曜日・祝日)の2日間で開催されます。

 

「みのお はしご酒」は、阪急箕面線沿線の飲食店事業者中心に構成される「箕面はしご酒実行委員会」が主催するイベントで、「はしご酒」をとおしてまちと飲食店の魅力を発信し、地域活性を図るイベントです。

申込不要で、参加店舗に500円(税込)または1000円(税込)を支払い、ドリンク(ソフトドリンクもあり)&フードのスペシャルメニューを楽しむことができます。

参加店舗は25店舗あり、旬の牡蠣フライやふろふき大根などの和食から、煮込みハンバーグやチーズカナッペなど洋風の料理まで、そのときの気分にあわせて幅広い料理を堪能することができます。

ドリンクについては、ビールやチューハイ、ハイボール、ワインのほかソフトドリンクを用意している店舗もあるので、お酒が苦手なかたでも気軽にご参加いただけます。

また、パンフレットには「みのお はしご酒」が終了したあとでも楽しめる、「特別クーポン」がついており、今回のイベントが終了しても周辺店舗をお得に楽しむことができます。

 「みのお はしご酒」を主催している、箕面はしご酒実行委員会の和田さまは今回の開催について「新型コロナウイルス感染症の影響で休止になってから、はしご酒をお待ちいただいている市民さんの声を度々いただいていたので、今回ついに5年ぶりに開催できることを嬉しく思います。物価高騰が騒がれているなかでの開催ということもあり低価格での提供が難しくなっているのにも関わらず、協力していただいたお店さんには感謝の気持ちでいっぱいです。箕面はしご酒をとおして、箕面をもっと盛り上げ、活気づけていきたいと思い一同開催しておりますので、これを機に以前から気になっていたお店や周辺店舗に是非足を運んでみてください。」と話しました。

●「みのお はしご酒」※店舗によって売り切れの場合あり

【期間】2月22日(木曜日)・2月23日(金曜日・祝日)

【時間】午前9時~午後11時 ※店舗によって開催時間が変わります

【場所】箕面駅周辺

【内容】500円(税込)または1000円(税込)で、ワンフード・ワンドリンク(ソフトドリンクもあり)※スペシャルメニューの支払いは現金のみ

 

【お問い合わせ先】

箕面はしご酒実行委員会 

やきもん亭、フクロウカフェCrew、壺千、嵯峨野茶屋

電話:072-786-6161

 

 

 

<節度を守ってみんな楽しむモミ~!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大好評につき今年も開催!観光ボランティアガイドつき!箕面の山を舞台に鎌倉時代の石蔵を訪ね歩く 「みのお八天石蔵ウォークトライアル」を開催します

2024年01月26日 | こんなことがあります!

毎年ご好評いただいております、自然豊かな箕面の山を舞台に鎌倉時代の石蔵を訪ね歩く「みのお八天石蔵(はってんいしくら)ウォークトライアル」を、今年も令和6年3月3日(日曜日)に開催します。

 

ウォークトライアルには、箕面の山々を熟知した箕面観光ボランティアガイドやボランティアスタッフが同行し、石蔵や各スポットの歴史、自然について箕面観光ボランティアガイドから詳しくレクチャーをいただきます。
コースは、石蔵を2カ所巡る「二天巡りコース」(初心者向け)、4カ所を巡る「四天巡りコース」(健脚向け)からご自身の体力に合わせて選択可能。
身体を動かしながら、箕面の歴史・文化を存分に学べる機会です。ご家族や友人とお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。


「みのお八天石蔵ウォークトライアル」のここがお得!
①箕面駅・千里中央駅からの無料バスがあるので行き帰りラクラク♪
②全員に参加賞としてキューズモールギフト券500円と勝尾寺の勝ちグミを贈呈
③参加者は当日お渡しするパンフレット持参で勝尾寺の入山料が無料に(イベント当日に限る)

八天石蔵は、勝尾寺(箕面市大字粟生間谷2914-1)が、鎌倉時代の寛喜2(1230)年に寺領の境界を明示するために山中に造ったもので、周囲8カ所の石蔵に、仏像が1体ずつ埋められました。石蔵の上には、勝尾寺本堂に面するように3段の石壇が設けられており、寺領の境界を示す?示標(ぼうじひょう)が石壇で築かれていることは珍しいこととされています。
石蔵から出土した、青銅で造られた四天王像及び四明王像の仏像と、その仏像が納められていた信楽焼の陶製壺は国重要文化財に指定されており、現在は勝尾寺に保管(非公開)されています。

【日時】令和6年3月3日(日曜日) 午前10時00分~午後4時30分(受付は午前の部:9時、午後の部:11時30分から)
【場所】勝尾寺園地集合・解散
【対象】小学4年生以上(小学生は保護者同伴で、二天巡りコースのみ参加可)
【定員】300人(申込多数の場合は抽選)(四天巡りコース100人・二天巡りコース(午前/午後) 200人)
【参加費】1人500円
【申込期間】令和6年2月9日(金曜日)まで
【コース】(1)<四天巡りコース>全長:約7.3キロメートル、所要時間:約3時間50分
     (2)<二天巡りコース>全長:約3キロメートル、所要時間:約1時間30分
※保護者同伴の小学生の参加は(2)のみ
【特典】参加者全員にキューズモール500円ギフト券&勝尾寺の勝ちグミプレゼント

詳しくは、市ホームページをご覧ください。

<お問い合わせ先>
 箕面市 子ども未来創造局 保健スポーツ室
 電話:072-724-6998(直通)

<みんなの申し込み待ってるモミ~!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「令和6年能登半島地震」被災建築物の応急危険度判定士を派遣しました。

2024年01月18日 | こんなことがあります!

能登半島地震被災地支援として、被災建築物の応急危険度判定を行うため

大阪府内からも各自治体職員が支援に向かっています。

箕面市からは職員2名で1月15日午後、石川県輪島市に向け出発しました。

派遣期間は19日までの予定です。

活動拠点となる輪島市門前総合支所です。現地では道路の沈下や

割れに加えて屋根の瓦や窓ガラス等の落下物が非常に多く、

そこに10cmほどの積雪も加わっているため非常に足元が悪い状況です。

また、道路側へ倒壊している家屋も多数あるため、安全に注意しながら調査を行っています。

地震発生後の住宅や建築物は、一見被害がないように見えても

その後の余震で倒壊したり、ガラスの破片や崩れた部材が落ちてくるなど

危険な状態になっていることがあります。

そこで、人命に関わる二次災害を防止し、被災された皆さまが

安全に建物を利用できるように判定士を現地に派遣し

応急的に住宅や建築物が安全に使用できるかどうかの調査を行います。

箕面市は輪島市門前町の支所周辺地区を担当し

これまでにおよそ100件の建築物について判定を行いました。

被災された皆さまが安心して生活していただけるように、

今日も引き続き調査を進めていきます。

 

関連情報

令和6年1月1日発生の能登半島地震について/箕面市(minoh.lg.jp).

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月2日は第48回箕面市農業祭です

2023年11月29日 | こんなことがあります!

12月2日土曜日午前10時から「箕面市農業祭」を開催します。

芦原公園では、毎回人気の新鮮な箕面産野菜、葉ボタン、花苗などの直売コーナー、実生ゆずを使ったゆずマーマレードなどの地産地消コーナーがあります。

フードコーナーには、今回からカレーなどのキッチンカーが来ます。

お子様には木工教室やバルーンアートプレゼントなどもありますよ。

また、メイプルホールでは、「箕面食育フェア」を開催します。

栄養バランスを測定する栄養バランシュランや野菜摂取量を確認するベジチェックなどを体験することができます。

次の土曜日はぜひ、エコバッグ持参で芦原公園、メイプルホールへお越しください。

 

 <秋の実りを楽しむモミ~

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箕面支援学校の中学部の学生が「どこでもカフェ」を開催します!

2023年10月20日 | こんなことがあります!

箕面支援学校の中学部の学生が「どこでもカフェ」を開催します!

生徒の皆さんが、飲み物の販売をしますので、ぜひご参加ください!

日時:10月27日(金曜日)10:50~11:45

場所:総合保健福祉センター(ライフプラザ)1Fアトリウム

(箕面市萱野5-8-1)

<みんなぜひ来てモミ!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サントリーサンバーズ箕面ホームゲームが開催されました!

2023年10月17日 | こんなことがあります!

10月14日(土曜日)、10月15日(日曜日)にスカイアリーナでサントリーサンバーズ箕面ホームゲームが開催されました!

サントリーサンバーズは、令和3年10月に本市と包括連携協定を締結しふるさと寄附金返礼品として、練習の手伝いを通して選手とふれあえる体験プランを提供しております。

2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENが開幕し、サンバーズは開幕戦で見事2連勝!

11月18日(土曜日)、19日(日曜日)には再びスカイアリーナで試合が開催され、市民招待デーとして、無料招待(※定員あり)を行います!
詳しくは以下サイトをご確認ください。
「市民招待デー」のお知らせ SUNBIRDS 


みなさんでサントリーサンバーズを応援しましょう!
選手のみなさん、優勝目指して頑張ってください!

 

<モミジーヌもサントリーサンバーズを応援しているモミ~!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

~文化芸能劇場大ホールがメキシコカラーに染まる!~箕面市・クエルナバカ市国際友好都市提携20周年記念イベントFiestaMexicana(フィエスタメヒカーナ)箕面を開催します!

2023年10月05日 | こんなことがあります!

箕面市とメキシコ・クエルナバカ市は、両市の市民がさまざまな分野で交流し、心から相互理解を深めることを目的に、2003年10月12日に、国際友好都市提携を盟約しました。今年で国際友好都市提携20周年を迎えるにあたり、両都市の友好関係とメキシコの素晴らしさを多くの市民の皆さまに知ってもらうため、記念式典とあわせて民族舞踊や伝統的な楽団であるマリアッチの演奏などメキシコ文化を紹介する記念コンサートを開催いたします。

 

 入場無料・申込不要のイベントとなっており、先着300人には、滝ノ道ゆずる&モミジーヌの20周年限定アクリルスタンドをプレゼント!メキシコグッズが当たる抽選もありますので、ご家族や友人と誘い合ってぜひご来場ください。

 

 

【第1部の見どころ】

当初オンラインでの出演予定であった、メキシコ・クエルナバカ市のホセ ルイス ウリオステギ サルガド 市長が来日し登壇することが決まりました。

※ご本人が来日するため、オンラインでの中継は実施しません。

 

ほかにも、北芝解放太鼓保存会「鼓吹」によるオープニングパフォーマンスやアサンプション国際小学校・中学校高等学校ハンドベルクラブ総勢15名によるハンドベルの演奏を披露いたします。

 

【第2部の見どころ】

クエルナバカ市モレロス大学から日本語を学ぶために10月9日から本市に滞在予定の、「モレロス大学箕面研修生」の4名がメキシコの民族舞踊を披露いたします。

マリアッチバンド「エルマノス ミシナ&ステラ」は当初予定していたギター演奏に加え打楽器のパーカッションを追加し、より華やかな演奏となります。

※なお、来日予定であった、メキシコ民族舞踊団「ソルナシエンテ」は来日中止となり、動画による出演に変更いたしました。

さらに、来場者には、メキシコの工芸品をはじめ、メキシコのビールやお菓子などが当たる抽選も実施しますので、ぜひコンサートと一緒にお楽しみください。

 

文化国際室の担当者は「メキシコ・クエルナバカ市のモレロス大学から箕面研修生として、今まで195人の研修生が箕面を訪れました。日本語を学びながら、ホームステイをしホストファミリーと交流の輪を広げ、帰国後も交流が続いています。今回の記念イベントにたくさんの方にお越しいただきメキシコの音楽や文化の素晴らしさに触れてメキシコのことを知ってもらいたいです。メキシコのことを全然知らないという方から大好きな方まで楽しめる内容になっています。入場無料ですのでぜひお気軽にお越しください。」と話しました。

 

 

●箕面市・クエルナバカ市国際友好都市提携20周年記念イベント「Fiesta Mexicana 箕面」

【日時】2023年10月14日(土曜日)午前9時30から(午前9時開場)

手話通訳・要約筆記あり

【申込】不要

【料金】入場料無料

【場所】箕面市立文化芸能劇場 大ホール(所在地:箕面市船場東3丁目10番1号)

【主催】主催:箕面市クエルナバカ市国際友好都市提携20周年記念実行委員会 

(構成団体:箕面市、(公財)箕面市国際交流協会、箕面メキシコ友の会〈順不同〉)

 

【問い合わせ】

箕面市役所 文化国際室 

電話:072-724-6769 Fax:072-724-6010

 

<メキシコの文化にふれる貴重な機会モミ~!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箕面市立中央図書館が映画「ジョゼと虎と魚たち」の舞台に!特別に映画の上映会が行われます。そして同施設内の上映会を記念し図書館で特別撮影会を行います!

2023年09月19日 | こんなことがあります!

箕面市立中央図書館(箕面5-11-23)が映画「ジョゼと虎と魚たち」の舞台に選ばれたことを記念し、令和5年11月26日(日曜日)に同施設内にある箕面市立メイプルホールの大ホールで特別上映会が行われます。

 

「ジョゼと虎と魚たち」は、芥川賞作家・田辺聖子の名編で、平成15年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされました。その後、令和2年12月25日には、青春恋愛小説の金字塔として中川大志・清原果耶を主演声優とした劇場アニメ化もされました。

幼い頃から、独りの世界で塞ぎ込んでいた車椅子の少女と、幼い頃からの夢を追いかける大学生が出会い、真っすぐにぶつかりあっていくふたり。そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていく心の距離。その触れ合いの中で、少女が意を決して夢見ていた外の世界へ踏み出して行く様子と、進展するふたりの関係を描いたアニメーション映画になっています。

 

アニメーション映画は、大阪の街をモデルとしており、「海遊館」「HEP FIVE」「なんばパークス」など多数のスポットが登場します。

その中でも、主人公「ジョゼ」が初めて訪れ、友人となる司書の「花菜」と出会う図書館は、物語の重要なシーンの舞台となるスポットの一つです。物語上では、その図書館はあくまで架空の場所ではあるものの、外観と内観は箕面市立中央図書館を基にデザインされており、映画で見ていただきたいシーンの一つです。

 

 図書館が舞台の一つになったことを知っていただくことを目的に、同施設内にあるメイプルホールにて映画の上映会を行います。さらに、普段は撮影禁止の図書館内で自由に撮影ができる「特別撮影会」を開催します。

それにあわせて、ジョゼが絵本を読み聞かせる映画のワンシーンを実際に体感することの出来る「絵本の読み聞かせ体験会」も開催します。

 

「特別撮影会」では、閉館後の図書館内で自由に撮影することができ、時間予約制で、物語の重要なシーンである、映画内で主人公ジョゼが絵本を読む円形ベンチで撮影をすることができます。また、図書館内のカウンター内での撮影も可能ですので、映画のシーンを再現していただきながら、映画の世界をリアルに体験できる貴重な機会です。

●箕面市立メイプルホール 大ホール「特別上映会」

【日時】11月26日(日曜日)

1回目:午前10時30分~ 2回目:午後1時30分~ 3回目:午後4時~

【申込期間】8月10日(木曜日)午前10時~

【料金】〈前売〉一般:800円 メイプルフレンド会員:700円 中学生以下:700円

〈当日〉一般:1,000円 メイプルフレンド会員:900円 中学生以下:800円

申込方法や注意点など詳しくは下記URLをご覧ください

〈https://minoh-bunka.com/2023/06/26/20231126-spcinema/〉

 

●箕面市立中央図書館「絵本の読み聞かせ体験会」

【日時】11月26日(日曜日) 午後1時~午後4時まで

【申込期間】10月15日(日曜日)午後5時まで

【定員】30名(申込多数の場合は抽選)

【持ち物】読む絵本(貸出も可能です)

●箕面市立中央図書館「特別撮影会」

【日時】11月26日(日曜日)午後5時30分~午後7時まで

【申込期間】10月15日(日曜日)午後5時まで

【定員】120名(申込多数の場合は抽選)

特別撮影会及び絵本の読み聞かせ体験会の申込方法や注意点などの詳細につきましては、下記URLからご確認ください。

〈https://www.city.minoh.lg.jp/library/cyuuou_jozetora.html〉

 

【問い合わせ】

箕面市立中央図書館 

電話:072-722-4580 Fax:072-724-9697

 

 

<映画の舞台なんてすごいモミ~!

 

箕面市では、4月1日から9月30日まで、統一キャンペーン「令和5年度末ついに北急が箕面へ!!」を行っています

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いろんな消防体験ができる!箕面市住宅防火消防フェアの開催とともにAED(自動体外式除細動器)寄贈への市長の感謝状贈呈式をみのおキューズモールで行います!

2023年09月14日 | こんなことがあります!

令和5年9月18日(月曜日・祝日)に、みのおキューズモールのキューズステージで、箕面市住宅防火消防フェア及びAED(自動体外式除細動器)の寄贈への市長の感謝状贈呈式を午前10時から行います。

AEDとは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)に、電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。2004年7月より、医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、箕面市内の公共施設81カ所にAEDが設置されています。(令和5年3月現在)

今回、箕面ロータリークラブから、2台のAEDが寄贈されることとなりました。この寄贈への感謝の意を表して、箕面ロータリークラブに向けて、上島一彦市長、原消防長による感謝状の贈呈式を行います。
AEDを寄贈した経緯について、箕面ロータリークラブは「北大阪急行の延伸にともない、ひろく街づくりが進められている中で、より多くの市民の安全を守るのため、AEDの寄贈に至りました。」と話しました。寄贈された2台のAEDは新駅である「箕面船場阪大前駅」と「箕面萱野駅」に設置される予定です。

当日は、感謝状の贈呈式にあわせて、家族で参加できる箕面市住宅防火消防フェアを開催します。このイベントは、市民の火災予防意識のより一層の向上のため、住宅用火災警報器の設置の促進および適切な維持管理の啓発を目的に開催します。

イベント会場には、子どもに大人気の消防車と滝ノ道ゆずるが登場し、一緒に写真を撮ることができる写真撮影コーナーや、ミニ消防車乗車体験コーナー、子ども用防火衣体験コーナー、煙体験コーナーなど、家族で楽しめるイベントを予定しています。

箕面市住宅防火消防フェアを担当した職員は「この住宅防火消防フェアは、9月1日から9月21日までの住宅防火・防災キャンペーンに合わせて実施するものです。当日は、ご家族で楽しみながら防火について学んでいただきたいと思っていますので、皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。」と話しました。

【お問い合わせ先】
■AED(自動体外式除細動器)の寄贈への感謝状贈呈式
箕面市 消防本部 消防企画室 
電話:072-724-9009 FAX:072-724-3999

■箕面市住宅防災消防フェア
箕面市 消防本部 予防室
電話:072-724-9995 FAX:072-724-3999

 

 

<楽しみながら防火について学ぶモミ~!

 

箕面市では、4月1日から9月30日まで、統一キャンペーン「令和5年度末ついに北急が箕面へ!!」を行っています

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロンとしたゆずるとモミジーヌのデザインがかわいらしい!「箕面の手ぬぐい」を今年も市内各所で販売します

2023年09月13日 | こんなことがあります!

令和2年の「ゆるキャラ(R)グランプリ2020 THE FINAL」で全国第4位となった箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」と箕面市公式ブログナビゲーター「モミジーヌ」、そして、箕面大滝をあしらった「箕面の手ぬぐい」を、令和5年9月16日(土曜日)から市内各所で販売します。

 

「箕面の手ぬぐい」は平成22年に発売を開始して以来、滝ノ道ゆずるとモミジーヌをデザインの主役として、毎年異なるテーマで制作されています。

第14作目となる今回は、涼しげな水色と鮮やかな黄色の2色展開とし、六角形の幾何学文様「麻の葉柄」をあしらった箕面大滝や、箕面市のシンボルである「イロハモミジ」、水まんじゅうをイメージした滝ノ道ゆずるやモミジーヌがデザインされており、かわいらしく、清涼感のある手ぬぐいに仕上がりました。

箕面大滝にあしらった麻の葉文様の由来である麻は、4ヶ月で4メートルにもなるほど成長が早く、まっすぐにグングン成長する植物だそうです。その麻の姿から、麻の葉文様には「子どもの健やかな成長の願い」が込められており、また麻の葉文様にはもともと魔除けの意味も込められていることから、昔は産着として広く親しまれていたとのことです。お子さんの健やかな成長を願い、プレゼントしてみるのも良いかもしれません。

 

今回の手ぬぐいは、手ぬぐい本来の用途としての汗や水を拭う目的だけでなく、テーブルクロスやランチマット、カフェカーテンなどちょっとしたインテリアとしてもお使いいただけるようなデザインになっています。素材は天然綿100%のため、お子さんにも安心してお使いいただけます。

また、黄色の手ぬぐいは、災害時に安否を知らせる「黄色いハンカチ作戦」にも利用できます。

 

箕面営業室の担当者は「今年の手ぬぐいは、例年と違いシンプルなデザインになっており、可愛らしさもあります。手ぬぐいだけでなく、さまざまな用途があるので、ぜひたくさんの人の手にとっていただきたいと思っています。また、箕面を訪れた際のお土産としても、とても喜ばれると思います。」と話しました。

 

■箕面の手ぬぐい 商品詳細

・色:黄色、水色の2色展開

・サイズ、素材:縦90センチメートル、横35センチメートル、天然綿100%

・制作枚数:1,000枚(黄色:650枚 水色:350枚)

・販売価格:750円(税込み)

■販売場所

・箕面市役所(箕面営業室、止々呂美支所)、箕面市立郷土資料館

・市内コンビニエンスストア3か所

・箕面交通・観光案内所

・箕面商工会議所

※上記のほか、箕面市セールスプロモーション実行委員会が参加するイベントで販売予定です。

 

■お問い合わせ先

 箕面市役所 地域創造部 箕面営業室

 電話:072-724-6905

 

 

<シンプルなデザインで色もかわいいモミ~!

 

箕面市では、4月1日から9月30日まで、統一キャンペーン「令和5年度末ついに北急が箕面へ!!」を行っています

 

 




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする